海外FXお役立ちガイド

移動平均線の説明

移動平均線の説明
矢印はサインに従い始値でエントリーしています↓(*すべての画像をクリックすると拡大します。)

ダマシ回避のALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せたインジケーター

ダマシを回避することに対応し、ALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せリボン状に表示するインジケーター「2x alma + ribbon mtf BT」をご紹介します。 移動平均線の説明

それら2つの問題を解決したのがALMA(アルノー移動平均線)で、同じような移動平均線としてハル移動平均線(HMA)があります。

2x alma + ribbon BTの使い方

2x alma + ribbon BTは上位足のトレンド方向に2つのALMA(アルノー移動平均線)がゴールデンクロスもしくは、デッドクロスでエントリーします↓

矢印はサインに従い始値でエントリーしています↓(*すべての画像をクリックすると拡大します。)

ただ、この方法だとレンジの部分で機能しずらくなります↓

長期ALMAの色変わりでエントリー法

別のの方法として上位足のトレンドは無視し、単純に2本の色が揃ったタイミングでのエントリーです↓

それでもレンジ幅が狭くなるとインジケーターに従えば振り回されてしまいます。
どちらの方法も移動平均線の宿命でレンジを回避する必要がありますね。

サヤ取り投資検索ツール

サヤトレ

株価 株価の値段の範囲を指定することが出来ます。
株価が安すぎる銘柄の場合値段の変動が激しく、
株価の範囲を指定することで株価の安い銘柄を除外することが可能です。 投資金額 1ペアあたりの投資金額を入力することによって
ユーザーの投資資金内で投資可能な銘柄を検索することが可能です。
売買代金 売買代金は、株価×売買高で計算されます。
売買代金が高いほど市場で活発に取引されている銘柄と判断出来ます。

売買代金を○○円以上と設定することで流動性の低い企業を除外することが可能です。 検索期間 サヤ取りペアを検索する際の検索項目の数値の判断する期間を設定することが可能です。
・3ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年
・3年
・5年

サヤ取りにオススメの値:1年 検索対象 サヤ取りペアを検索する際の対象の範囲を定義します。
・日経平均採用銘柄の225種類
・TOPIX100採用銘柄
・TOPIX1000採用銘柄
・CFD銘柄(IG証券で売買可能な銘柄)

サヤ取りにオススメの値:日経平均採用銘柄の225種類 サヤ移動平均乖離率 サヤがサヤ移動平均線から、どれだけ離れているかを見る指標です。

サヤチャートを確認して2シグマから外れている状態で仕掛けを行った場合でも過去のサヤの値動きによっては、利益が非常に少額になってしまうペアが存在します。
仕掛けを行っても利益が少額にしかならない組み合わせを除外するために移動平均乖離率を設定します。
移動平均線まで、ペアを保有すると仮定した場合、移動平均乖離率は予定利益率となります。
予定利益率が高い程、大きな利益が期待できる半面、サヤが異常値にある状態を示しているので今後、株価の連動性がなくなる前兆の前触れの可能性がありますので注意が必要です。

移動平均乖離率10%以上で設定した場合、現在のサヤ(青色の線)からサヤ移動平均線(赤色の線)までのパーセンテージが10%以上ある銘柄ペアを対象に検索します。
サヤ交差回数 サヤチャートの移動平均線をサヤが何回交差したかを表します。
必ずではありませんが交差回数が多いペアは、サヤの推移が行ったり来たりしているので「平均回帰」を狙う際にご利用いただけます。
反対に交差回数が少ないペアは、「サヤの推移が一方的なペア」を検索する際に使います。 表示順 サヤ取りペアの検索一覧を表示する際の順番を定義します。
・相関係数順
・シグマの数値順
全て降順(大きいものから小さいものへ)で表示します。
ペアに含める銘柄 特定の銘柄を軸にして相関性、サヤ、シグマなどの数値を設定しペアとなる銘柄を探す事が可能です。 日経平均を軸として検索した場合は、日経平均連動型のETFのコードを入力ください。 信用倍率の設定 信用倍率は、信用買い残÷信用売り残によって計算されます。

一般的に
・信用倍率が低い場合=将来的に株価が上昇しやすい
・信用倍率が高い場合=将来的に株価が下落しやすい
上記の公式が成り立ちます。

サヤ取り投資の場合、売りと買いを同時に行う両建て売買なので
・売り銘柄は信用倍率が高く
・買い銘柄は信用倍率が低い
上記のパターンが理想と言えるでしょう。

(例)
買い銘柄の信用倍率は1.0以下
売り名柄の信用倍率は5.0以上
同業種で絞る 同じ業種の範囲のみでサヤ取りペアを検索したい場合にチェックいただきます。
検索条件は非常に厳しくなるので検索結果に反映されるペアは少なくなります。 業種選択 業種を選択して検索の対象範囲を指定する事が可能です。

  • 銀行
  • 証券
  • 保険
  • その他金融

終値=「軸銘柄の終値」・「脇銘柄の終値」
変化率=「軸銘柄の前日比騰落率」・「脇銘柄の前日比騰落率」
業種選択 検索したい業種にチェックを入れることで
検索ペアから特定の業種を除外することが出来ます。
反対に「銀行・証券・保険・不動産」などのみにチェックすることで
金融業のみを対象とすることも可能です。

その他、高機能版サヤトレで出来る事

お気に入りペアの登録 高機能版サヤトレのサヤチャートを表示した際に銘柄名の左側に☆マークのボタンが存在します。
こちらのボタンを押していただくとサヤ取りペアをお気に入り登録が可能です。
気になったペアや仕掛けのタイミングを確認したいペアにお使いくださいませ。 移動平均線の説明 検索条件の保存機能 検索条件を保存する事でユーザーのお気に入りの条件で後日サヤ取りペアを探すことが可能です。

ダマシ回避のALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せたインジケーター

ダマシを回避することに対応し、ALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せリボン状に表示するインジケーター「2x alma + ribbon mtf BT」をご紹介します。

それら2つの問題を解決したのがALMA(アルノー移動平均線)で、同じような移動平均線としてハル移動平均線(HMA)があります。

2x alma + ribbon BTの使い方

2x alma + ribbon BTは上位足のトレンド方向に2つのALMA(アルノー移動平均線)がゴールデンクロスもしくは、デッドクロスでエントリーします↓

矢印はサインに従い始値でエントリーしています↓(*すべての画像をクリックすると拡大します。)

ただ、この方法だとレンジの部分で機能しずらくなります↓

長期ALMAの色変わりでエントリー法

別のの方法として上位足のトレンドは無視し、単純に2本の色が揃ったタイミングでのエントリーです↓

それでもレンジ幅が狭くなるとインジケーターに従えば振り回されてしまいます。
どちらの方法も移動平均線の宿命でレンジを回避する必要がありますね。

ダマシ回避のALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せたインジケーター

ダマシを回避することに対応し、ALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せリボン状に表示するインジケーター「2x alma + ribbon mtf BT」をご紹介します。

それら2つの問題を解決したのがALMA(アルノー移動平均線)で、同じような移動平均線としてハル移動平均線(HMA)があります。

2x alma + ribbon BTの使い方

2x alma + ribbon BTは上位足のトレンド方向に2つのALMA(アルノー移動平均線)がゴールデンクロスもしくは、デッドクロスでエントリーします↓

矢印はサインに従い始値でエントリーしています↓(*すべての画像をクリックすると拡大します。)

ただ、この方法だとレンジの部分で機能しずらくなります↓

長期ALMAの色変わりでエントリー法

別のの方法として上位足のトレンドは無視し、単純に2本の色が揃ったタイミングでのエントリーです↓

それでもレンジ幅が狭くなるとインジケーターに従えば振り回されてしまいます。
どちらの方法も移動平均線の宿命でレンジを回避する必要がありますね。

ダマシ回避のALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せたインジケーター

ダマシを回避することに対応し、ALMA(アルノー移動平均線)2本を組合せリボン状に表示するインジケーター「2x alma + ribbon 移動平均線の説明 mtf BT」をご紹介します。

それら2つの問題を解決したのがALMA(アルノー移動平均線)で、同じような移動平均線としてハル移動平均線(HMA)があります。

2x 移動平均線の説明 alma + ribbon BTの使い方

2x alma + ribbon BTは上位足のトレンド方向に2つのALMA(アルノー移動平均線)がゴールデンクロスもしくは、デッドクロスでエントリーします↓

矢印はサインに従い始値でエントリーしています↓(*すべての画像をクリックすると拡大します。)

ただ、この方法だとレンジの部分で機能しずらくなります↓

長期ALMAの色変わりでエントリー法

別のの方法として上位足のトレンドは無視し、単純に2本の色が揃ったタイミングでのエントリーです↓

それでもレンジ幅が狭くなるとインジケーターに従えば振り回されてしまいます。
どちらの方法も移動平均線の宿命でレンジを回避する必要がありますね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる