FXのやり方は簡単

ロスカットとは

ロスカットとは
どん太

GEMFOREXのロスカット水準や証拠金維持率の最新情報まとめ

GEMFOREXマスター

ここでは、このように最新情報が知りたいという方に向けて、現在のGEMFOREXにおける 「ロスカット」「マージンコール」「証拠金維持率」 における最新情報をお伝えしていきたいと思います。また、 「ロスカットの対策法」 についてもご紹介していきます。

GEMFOREXの評判

ロスカットはユーザーの損失を抑える救済システム

「ロスカット水準とか証拠金維持率とか言うけど、そもそもロスカットとか証拠金維持率って何のこと?」というように思われている方も、少なからずいらっしゃることでしょう。これからGEMFOREXにおける最新情報をお伝えしていく前に、あらかじめ「ロスカット」「証拠金維持率」についておさらいしておきましょう。

「ロスカット」とは、外国為替証金拠取引(FX)において損失が拡大しないように、証拠金維持率が一定の水準に達した時点で、保持しているポジション(通貨の持ち高のこと)を自動的に清算することです。

すなわち、証拠金維持率が一定水準を達したときにポジションを清算することで、FXの投資家が損失を拡大しないようにするための救済システムが「ロスカット」ということになります。

では、ロスカットについて、具体例をあげて解説していきましょう。
以下の表は、ドル円を元手50万円で1,000万円分の買いエントリーした場合のロスカット水準をDMM FXと比較したものです。

海外FX
(GEMFOREX)
国内FX
DMM FX
レバレッジ1000倍25倍
取引量1,000万円1,000万円
元手50万円50万円
必要証拠金1万円40万円
ロスカット水準2,000円(20%)20,000円(50%)

このように、国内FX業者のDMM FXに比べて、GEMFOREXの方がロスカットまでの余裕があります。

GEMFOREXのボーナス

また、「証拠金維持率」とは、口座残高と建玉評価総額に対する必要証拠金の割合のことを指します。 ちなみに建玉評価総額とは、未決済建玉評価損益(建玉=FXにおける未決済分のこと)と累計スワップ(2国間の金利差から得られる利益を、未決済の建玉に付与したの合計額のこと)の合計のことです。

これでは少し難しいので噛み砕くと、 ユーザーの口座にお金の余裕がどれだけあるかどうかを表しているのが「証拠金取引率」ということ。 では、どのくらいの損失になると、ロスカットが発生するのでしょうか?

証拠金維持率は、「証拠金(時価評価総額)÷必要証拠金×100」という計算で表すことが可能です。 このように証拠金維持率を確認することで、ロスカットのリスク状況を把握することができるようになります。

このように、ロスカットと証拠金維持率はとても密接な関係にあると言えるでしょう。 ただ、FX取引を行うに当たって避けなければならないことに「強制ロスカット」というものがあります。

FXトレーダーにとって危険だとされている「強制ロスカット」とは、いったいどのようなことなのでしょうか?強制ロスカットについての詳細は、次項のでお伝えするとします。

強制ロスカットを回避するためのマージンコール

GEMFOREXを利用するユーザーの救済システムである「ロスカット」。ロスカットの話になると、それに併せて「マージンコール」という用語も出てくることが多いでしょう。ロスカットと同時に話題になることが多いという「マージンコール」とは、いったい何のことを指している言葉なのでしょうか?

ただ、レバレッジを活用し大きな利益を生み出していくということは、それは非常にリスクが高い行為だとも言えます。 なぜかというと、レバレッジを利用して取引を行う場合は投資比率と比べて最大損失見込額(暴落のときに発生する可能性がある損失額の見込みのこと)が大きくなってしまうからです。

そこで、GEMFOREXなどのFX業者がユーザーに対して発信する警告が「マージンコール」です。 「マージンコール」とは、FX業者に預け入れた証拠金がマイナスになる前に、FX業者がユーザーに対して追加料金を求める警告のことを指します。 投資家が保持しているポジションを決済するときに、証拠金がマイナス数値になってしまう場合に、FX業者からマージンコールが警告されるということです。

前項で出てきた「強制ロスカット」について。強制ロスカットは、ここまでご紹介してきたマージンコールによって回避することができるというわけです。

「強制ロスカット」とは、ユーザーがFX業者に預け入れた証拠金以上の損失が出た場合、相場の状況に関わらず強制決済が行われて、取引が強制的に中断されることを指します。 強制ロスカットされてしまうとその時点で損失が確定してしまうため、FXトレーダーは強制ロスカットを絶対に避けなくてはならないというわけです。

そこで、強制ロスカットを回避するために役立ってくれるものが「マージンコール」マージンコールが警告されるということは、ロスカットが近いということを表しているからです。

そのためマージンコールを警告されたら、投資家は「自分の口座に証拠金を追加入金する」「ポジションの縮小」などの対策をすることで、強制ロスカットを防ぐことができます。 結果的に、マージンコールはユーザーの救済システムになっているということが、よくお分かりいただけるでしょう。

GEMFOREXにおけるロスカットとマージンコール【2022年最新情報】

2022年現在における各FX業者の証拠金維持率におけるマージンコールとロスカットの水準は、以下の表のとおりになっています。

【初心者向け】CFDって何?IG証券のロスカットルールを頭に入れておこう!

どん太

CFD
→差金決済取引(contract for difference)のこと。実際に株や金といった現物のやり取りをせず、売買価格差だけ受け取る。FXもこれの一種。証拠金を担保にトレードする。基本的に売りからも買いからも入れる。

追証
→追加保証金の略称。差金決済取引をする際に必要な証拠金が不足した時、追加の保証金を差し入れる必要がある。追証がなく強制ロスカットされる業者もある。

ロスカットとは 証拠金維持率
→保有しているポジションが口座残高に対しどれくらいの比率を占めているかを示す数字。例→ポジション100万円、残高200万円の場合は証拠金維持率は200%。

強制ロスカット
→ある一定の証拠金維持率を下回ると、顧客(と証券会社)を守るためにポジションが強制決済されること。基準は業者により異なる。

レバレッジ
→資金以上の額をトレードすることができる。レバレッジが2倍なら、100万円で200万円分まで取引き可能といった具合で商品により倍率は異なる。

各種通貨ペア、株価指数、商品をノックアウト・オプションで提供する 国内唯一 のプロバイダー

ゆきママ

どん太

ゆきママ

レバレッジ、証拠金維持率は結局のところ、どれぐらいの期間ポジションを持つのかが重要なのだ。
1日、デイトレ以下ならレバレッジ10〜20倍(維持率200%以下とか)でも問題ないと思うのだ。
逆に1週間、1ヵ月とか長めにポジションを保有するなら3〜5倍(維持率500%以上)が目安なのだ。 https://t.co/BIHbM28Dy5

— ゆきママに乗っ取られたアライさん♀ (@pawhara_arai) September 22, 2019

どん太

ゆきママ

どん太

ゆきママ

どん太

基本75%より上回っていればロスカットされません。しかし、東京時間の正午だけは100%を下回るとロスカットされます。

ゆきママ

株の信用と株CFDは別物だから!

どん太

ゆきママ

どん太

ゆきママ

ズーム・テスラ・エヌビディア!次世代の米株が1株から購入可能!

どん太

ゆきママ

どん太

どん太

どん太

帰ってきたIG証券の5万円キャンペーン!先着150名まだ間に合う!?

ゆきママ

どん太

あるちゅう

どん太

・IG証券のロスカットルールは二種類。①75%を切ると自動的に100%を超えるまで強制決済。②東京時間正午に100%未満だと100%を超えるまで強制決済。
・ロスカットされるポジションの順番にもルールがある
・証拠金維持率の目安は取引期間による
・ロスカットルールは取引業者によって異なるので確認しておこう
・簡単にロスカットされないように余裕をもってトレードしよう

どん太

ゆきママ

FXで強制ロスカットはどう計算するのか?国内と海外FXの比較

損切

証券会社側のメリットは、入金した金額以上にトレーダーがマイナスを作ってしまった時の予防線です。強制ロスカットを設定することで、トレーダーは借金を作らずに済み、証券会社は借金の取りっぱぐれを回避することができます。つまり、双方にメリットのあるルールと言えるでしょう。FX業者は国内外を問わず、強制ロスカットのルールを必ず設定しなければならないと法律で決められています。また、ロスカットのルールをトレーダーが変更することはできません。

強制ロスカットの計算方法

イラスト

しかし、途中で強制ロスカットの水準まで一瞬でも含み損を抱えてしまうと強制的に決済されてしまいます。そのため「決済されてなければプラスまで戻っていたのに」と後悔するケースは少なからず存在するでしょう。そうならないように、エントリーする時はいくらになったら強制ロスカットされてしまうのか、この確認は大事。

強制ロスカットになるラインの計算方法は、「通貨金額 × 通貨量 ÷ レバレッジ × 業者が定めたロスカット率」です。仮にこの金額よりも有効証拠金残高(入金した額+評価損益)が下回ると強制ロスカットされてしまいます。

強制ロスカットを回避する方法

  1. ロット数の低くする
    回避する方法で最も良い方法は、注文する時点で通貨量(ロット数)を少なくすることです。最初から取引する通貨量が少なければ評価損益の幅は小さくなり、強制ロスカットになる確率は低くなります。つまり、口座残高に見合った通貨量(ロット数)で取引をするということです。
  2. 資金を補充(入金)する
    新たにお金を補充(入金)して有効証拠金残高を増やす方法もあります。しかし、この方法は、最初の資金以上の損失を出してしまうリスクを負うことにもなります。「強制ロスカットが嫌だから」という理由で資金を補充するのは、あまりおすすめできません。資金管理を徹底した上で、追加で入金するか判断するようにしましょう。
  3. 一部を決済する
    複数ポジションを保有している場合なら、一部決済をして強制ロスカットを回避することもできます。強制ロスカットに近づいているということは、自分の思惑から大きく外れているということ。「また戻る」という強い根拠がないのなら、早めに決済して損失はを減らしたほうが良いでしょう。

国内と海外の強制ロスカットの比較

  • 国内のロスカット率:50%から60%
  • 海外のロスカット率:0%から30%

関連用語について

イラスト

マージンコール

マージンコールとは、含み損が多くなってきて強制ロスカットに近づいてきているのを業者が利用者に知らせるもの。知らせる手段はアラームメールが多いです。伝えるタイミングは業者によって異なり、「絶対に知らせなければならない決まり」はないので、対応していない業者もあります。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスになってしまった時にマイナス分は帳消しにしてくれるシステム。FXでは強制ロスカットがあるため口座残高がマイナスになることは基本的にはありません。しかし、急激な値動きがあった場合にロスカットが間に合わず、マイナスになってしまうことが稀にあります。

一方、国内ではロスカットになる金額が高くマイナスになることはほぼないので、ゼロカットシステムは採用されていません。そのため、万が一マイナスとなってしまった時にはトレーダーが不足分を追加で支払う必要があります。これを追証と呼びます。

【FX版】証拠金維持率、ロスカットレート、含み損が簡単に計算できるツール作りました

証拠金維持率、ロスカットレート、含み損が簡単に計算できるツール作りました

①スタートレートは、注文レートで一番高値のレートを入力してください。
②間隔は、注文を出す間隔で、 単位はpips です。20銭間隔なら20、1円間隔なら100と入力してください。
③本数は、注文を出す本数です。
④通貨数量は、1本の注文で買う数量です。1,000通貨なら1000、10,000通貨なら10000と 1000単位で入力 してください。(1ロットは10,000通貨、0.1ロットは1,000通貨です。)

①スタートレートは、注文レートで一番高値のレートを入力してください。 ロスカットとは
②間隔は、注文を出す間隔で、 単位はpips です。(1pips=0.0001ドル/1pips=0.0001ユーロ) ロスカットとは
③本数は、注文を出す本数です。
④通貨数量は、1本の注文で買う数量です。1,000通貨なら1000、10,000通貨なら10000と 1000単位で入力 してください。(1ロットは10,000通貨、0.1ロットは1,000通貨です。)
⑤分母通貨の対円レートは、AUD/USDで計算する場合はUSD/JPYのレートです。USD/JPYが110円なら110と入力します。

売り自動売買の必要証拠金

①スタートレートは、注文レートで一番安値のレートを入力してください。
②間隔は、注文を出す間隔で、 単位はpips です。20銭間隔なら20、1円間隔なら100と入力してください。
③本数は、注文を出す本数です。
④通貨数量は、1本の注文で買う数量です。1,000通貨なら1000、10,000通貨なら10000と 1000単位で入力 してください。(1ロットは10,000通貨、0.1ロットは1,000通貨です。)

①スタートレートは、注文レートで一番安値のレートを入力してください。
②間隔は、注文を出す間隔で、 単位はpips です。(1pips=0.0001ドル/1pips=0.0001ユーロ)
③本数は、注文を出す本数です。
④通貨数量は、1本の注文で買う数量です。1,000通貨なら1000、10,000通貨なら10000と 1000単位で入力 してください。(1ロットは10,000通貨、0.1ロットは1,000通貨です。)
⑤分母通貨の対円レートは、AUD/USDで計算する場合はUSD/JPYのレートです。USD/JPYが110円なら110と入力します。

証拠金維持率の計算ツール

【証拠金維持率の計算方法】 ロスカットとは
証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

ロスカットレートの計算方法

ポジション平均レート ±(運用資金 – 必要証拠金)÷(ロット数 × 10,000)

運用資金:50万円 ロスカットとは
ポジション数:2ロット 買い
平均レート:108円

108 -(500,ロスカットとは 000 - 必要証拠金)÷ 20,000 = ロスカットレート

【自動売買用】ロスカットレートの計算ツール

買い自動売買のロスカットレート

入力後「 下限レートを算出 」ボタンで、注文で一番安値のレートが出ます。 ロスカットレートは下限レートより下である必要があります 。

入力後「 下限レートを算出 」ボタンで、注文で一番安値のレートが出ます。 ロスカットレートは下限レートより下である必要があります 。

売り自動売買のロスカットレート

入力後「 ロスカットとは 上限レートを算出 」ボタンで、注文で一番高値のレートが出ます。 ロスカットレートは上限レートより上である必要があります 。

入力後「 上限レートを算出 」ボタンで、注文で一番高値のレートが出ます。 ロスカットレートは上限レートより上である必要があります 。

【自動売買用】最大含み損の計算ツール

買い自動売買での最大含み損

「⑤設定レート」には含み損を計算したいレートを入力してください。
入力後「 下限レートを算出 」ボタンで、注文で一番安値のレートが出ます。

「⑥設定レート」には含み損を計算したいレートを入力してください。
入力後「 下限レートを算出 」ボタンで、注文で一番安値のレートが出ます。

売り自動売買での最大含み損

「⑤設定レート」には含み損を計算したいレートを入力してください。
入力後「 上限レートを算出 」ボタンで、注文で一番高値のレートが出ます。

「⑥設定レート」には含み損を計算したいレートを入力してください。
入力後「 上限レートを算出 」ボタンで、注文で一番高値のレートが出ます。

リスク試算表のダウンロード

リスク試算表を使うと以下のシミュレーションができますよ!
【損切り設定ありの自動売買】での必要資金の計算シミュレーション
【損切り設定なしの自動売買】でのロスカットレートのシミュレーション

  • 必要証拠金
  • ポジションの平均レート
  • 上限・下限レート
  • ロスカットレート
  • ロスカットレートでの含み損
  • 設定した損切り幅での含み損
  • 設定した損切り幅で、運用にいくら必要か
  • ポジションごとの損切りレート
  • ポジションごとの必要証拠金
  • ポジションごとの含み損
  • 対円通貨ペア、外貨同士のペアでも試算できます
  • 買い、売り、どちらでも試算できます

リスク試算表のイメージ

【エクセルのサンプルイメージ】

リスク試算表のイメージ

【エクセルのサンプルイメージ】

0120-63-0727

よくある質問 Q&A

カテゴリーから探す

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION ロスカットとは BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる