利食い

フィボナッチ

フィボナッチ
50も同じ要領で設定してほしい。

フィボナッチ数列 (読み)ふぃぼなっちすうれつ

初項と第2項を1とし、第3項以後次々に前2項の和をとって得られる数列。つまり、
a1=1, a2=1, an+1anan-1
(n=2, 3, 4,……)
で表され、
1, 1, 2, 3, フィボナッチ 5, 8, 13, 21, 34,……
という数列となる。これはフィボナッチが『算術の書』(1202)のなかで、次のような問題として提起したものである。「一つがいのウサギは、生まれて2か月後から、毎月一つがいの子供を産むとする。初めの生まれたての一つがいがいるとき、1か月後、2か月後、……のウサギのつがいの総数を求めよ」。

フィボナッチ数列の相隣る項の比をとってできる数列a2/a1, a3/a2,……つまり、
1, 2, 5/3, 8/5,……
は、無限連分数

を途中で打ち切って得られる分数の列である。この分数列は (1+)/2 に収束する。この極限値は、黄金比(黄金分割の比)として、古来、重要視された数である。anは、

と表すことができる。

占い用語集 「フィボナッチ数列」の解説

フィボナッチ数列

「フィボナッチ」は12~13世紀に実在したイタリアの数学者のこと。数列は、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946, 17711, 28657. となり、どの項も、その前の2つの項の和となる。「フィボナッチ数列」は自然界に数多く存在し、例として「花の花弁の枚数が3枚、5枚、8枚、13枚のものが多い」・「ひまわりの種は螺旋状に21個、34個、55個、89個・・・と並ぶ。」などが挙げられる。

デジタル大辞泉 フィボナッチ 「フィボナッチ数列」の解説

フィボナッチ‐すうれつ【フィボナッチ数列】

《 Fibonacci numbers 》数学で、最初の二項が1で、第三項以降の項がすべて直前の二項の和になっている数列。すなわち、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, フィボナッチ 55, 89…という数列のこと。イタリアの数学者レオナルド=フィボナッチの名にちなむ。

世界大百科事典 内の フィボナッチ数列 の言及

【黄金分割】より

…正五角形の同じ頂点を通らない2本の対角線は互いに他を黄金分割する(図3)。1,1よりはじめて順次に前の2項の和をつくることによって得られる数列 1,1,2,3,5,8,13,……をフィボナッチ数列というが,この数列より相隣る2項の比をつくることによって得られる分数の数列 1/1,1/2,2/3,3/5,5/8,8/13,……は黄金比に近づく。黄金比は連分数により次のように表される。…

フィボナッチを使ったエントリー・利確ポイントの選定方法

フィボナッチを使ったエントリー・利確ポイントの選定方法

50も同じ要領で設定してほしい。

フィボナッチ・リトレースメントはどの数値が効くのか

ここまでの説明でフィボナッチ・リトレースメントは相場がどこまで戻すか目安になるものだということは理解いただけたと思う。
フィボナッチ・リトレースメントの23.6、38.2、50、61.8が表示されるよううに設定してもらったが「 結局どの数字が一番効くの? 」ということが知りたいですよね。

答えとしては「 そんなことわかりません。どれかで効きます。というか効かないこともあります 」です。
ぶっちゃけフィボナッチ・リトレースメントの数値はその数値で「効くことが多い」というだけで必ず効くわけでもなければどの数字も効かないこともあります。

「なんだよそれ!そんなことじゃフィボナッチ・リトレースメントなんて使えないじゃないか!」と思ったかもしれない。
だが安心してほしい。 フィボナッチ・リトレースメントはめっちゃ使えるから続きを読み進めてほしい 。

フィボナッチ・リトレースメントのどの数値が効いたか知る方法

フィボナッチ・リトレースメントのどの数字が効くか(効いた)フィボナッチ はわからないがどの数字が効いた(事実)かは知る方法がある。
要するに フィボナッチ・リトレースメントが効いた事実を確認してから売買すれば良い のである。

添付画像はフィボナッチ・リトレースメントの61.8が効いた例である。
画像を見ると フィボナッチ・リトレースメント23.6、38.2、50では安値が切り上がる形で3回反発していない ことがわかる。
このような値動きが確認されたのがフィボナッチ・リトレースメントの61.8で 結果的にフィボナッチ・リトレースメント61.8が効いたことになる 。この形が確認出来たら買いを入れれば勝てた相場である。

この「安値が切り上がる形で3回反発する」という値動きが38.2付近で出ればフィボナッチリトレースメント38.2が効いたことになるし、50付近で出ればフィボナッチリトレースメント50が効いたことになる。

これが私が「フィボナッチ・リトレースメントの数値なんてどれが効くかわからん」と言った理由で、どの数値が効くのか事前にわかる必要なんてなく 効いた事実を確認してから売買 すればいいだけなのである。

フィボナッチリトレースメント50に到達したから、61.8に到達したからという理由だけで売買していては添付画像のように フィボナッチリトレースメントが効かなかった場合に負ける 。
普通に考えれば当たり前だがフィボナッチ・リトレースメントの数値に到達したからという理由だけで売買して勝てればみんな億万長者である。
必ず「 安値が切り上がる形で3回反発 」を確認しよう。

フィボナッチリトレースメント到達直前の値動きも大事

添付画像を見てほしい。
フィボナッチリトレースメント38.2付近で安値を切り上げる形で3回止めらていて、 どうやら38.2が効いていてここで買えば勝てそう である。
しかも移動平均線もある。ここで買うとどうなったかが次の画像である。

フィボナッチリトレースメント38.2で安値を切り上げる形で3回止められている事を確認したにも関わらず結果的に負けている。
だがフィボナッチリトレースメント38.2付近で3回止まる直前の値動きに注視してほしい。
逆V字型で勢いの強い上昇を一瞬で戻している。
この値動きの意味するところは「 下げの勢いが強い 」ということになりその直後にフィボナッチリトレースメント数値で3回止まったという事実が確認できても下げの勢いが強いのでわずかの上昇で反発して下落してくることはよくあることである。
このように 直前の値動きを観察しておく ことも重要である。

フィボナッチリトレースメントを用いて誰でも簡単に20pips抜く方法

ここまでフィボナッチリトレースメントは本当に効いたか確認して売買する必要があること、直前の値動きを確認することも大事であることをお伝えした。
だが フィボナッチリトレースメントを機械的に用いて誰でも20pips抜く方法 があるので紹介する。

ステップ1:1時間足で直線的に上昇している場面を見つける

ステップ2:5分足に落としフィボナッチリトレースメント38.フィボナッチ 2へのファーストタッチで買う

添付画像は1時間足でのフィボナッチリトレースメント38.2にタッチした場面を5分足で拡大した場面である。
5分足でフィボナッチリトレースメント38.2にタッチしたタイミングを細かく見てファーストタッチでエントリーする。(画像で言うと赤丸部分)
そうすると 高確率で20pips程度なら誰でも簡単に抜くことができる 。

フィボナッチ・エキスパンションとは?

フィボナッチ・エキスパンションは下落を例に説明する。
フィボナッチ・エキスパンションとは 発生したトレンドがどこまで続くか目安 を示すものである。
重要な数値としてはフィボナッチ・エキスパンション161.8、261.8で、ここまでトレンドが到達するとトレンドの終焉が近い可能性が高い。
また、そこからトレンド転換が起こることもよくある。
よって添付画像の赤矢印辺りで売りエントリーをした場合、赤丸部分で利益確定することが無難である。
また、フィボナッチ・リトレースメントと併用することでエントリーの根拠の1つにもなり得る。

用途1:利益確定の目安になる
用途2:エントリーを避けたほうがいいポイントを表す(161.8、261.8付近)
用途3:リトレースメントと組み合わせることでエントリーポイントの根拠の1つになる

フィボナッチ・エキスパンションの引き方

添付画像のようにフィボナッチ・エキスパンションは チャートの高値でV字型の形状を見つけ、その始点、頂点、終点の3点を指定 し描画する。
次に添付する画像のようにトレンドの途中でフィボナッチ・エキスパンションを描画することはしない

フィボナッチ・エキスパンションはどの数値が効くのか?

フィボナッチ・リトレースメントの主な用途は 利益確定ポイント を知ることと、 エントリーを避けたほうが良い場所 を知ることである。
よってフィボナッチ・リトレースメントの説明では「どの数値が効くかわからん」という言い方をしたがフィボナッチ・エキスパンションに関しては 161.8は利益確定を検討する、エントリーはよっぽどじゃないとしない、261.8は利益確定するべきだしエントリーは絶対しない という認識を持ってもらえればOKである。

フィボナッチ・エキスパンションを使用したエントリーの例

フィボナッチ・リトレースメントの色々な例

このように全てのトレンド相場でフィボナッチ・エキスパンションが描画できるわけではないが、 描画できる相場になった場合高い確率 で効いてくる。
これはわかりやすくフィボナッチ・エキスパンションが描画できる相場になった場合、チャートを見ている世界中の人が161.8などの数値を意識するので効く確率が高いのである。

ひげ先は考慮しますか?問題に回答

フィボナッチに限らず「ひげ先と実体どちらに当てますか?」という質問は良くいただく。
これに対する私の回答としては「極端なヒゲじゃなければヒゲ先でも実体でもどっちでもいい」です。
極端なヒゲというのは目安としては次の画像くらいのサイズ感である。

目的別フィボナッチ比率の一覧【エリオット波動考慮した秘密も】

エリオット波動とフィボナッチ

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

フィボナッチ数列 関係

フィボナッチ

DNA フィボナッチ

人体とフィボナッチ

人体の各部位のサイズもフィボナッチ数になってるとか。

だったら、チャートの値動きもフィボナッチになるんじゃない?

チャートの値動きとフィボナッチ

黄金比率とフィボナッチ比率

黄金比率というフィボナッチの比率

黄金比率

黄金比率 0.618

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, フィボナッチ 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

黄金比率 0.382

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, フィボナッチ 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

2つの黄金比率の関係

0.382 ÷ 0.618 = 0.618

その他の黄金比率

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, フィボナッチ 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, フィボナッチ 4181, 6765, 10946…..

リトレースメントに使われる1よりも小さな黄金比率

エクスパンションに使われるのは1よりも大きな黄金比率

フィボナッチと他の分析手法を組み合わせる

フィボナッチ比率 まとめ

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, フィボナッチ 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, フィボナッチ 6765, 10946…..

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはFXのかなり深い内容をお伝えしていますので、一通り読んでいただければ、相当な力がつきます。

エリオット波動の完全マップ【基礎から実践を6記事で】

FX完全マップ【基礎から実践的ノウハウまで】

FXのアノマリー通貨ペア 6月6日からの週

FXの通貨ペアで、6月6日からの週に勝ちやすそうなアノマリーの存在する通貨ペアをピックアップしました。 デイトレやスイングトレードのトレードアイデアの立案に役立ててください。 USDCAD(米ドルカナダドル)が下がりやす […]

FXのアノマリー通貨ペア 5月30日からの週

FXで今週勝ちやすそうなアノマリーがある通貨ペアについて書いています。 今週はUSDが弱くなる、つまりドルストレートの通貨ペアが上がりやすいアノマリーがあります。 ユーロドル(EURUSD)が上がりやすいアノマリー ユー […]

株のアノマリー銘柄 5月23日からの週

日本株のアノマリー銘柄です。今週買うとアノマリー的に有利そうな銘柄をピックアップしました。 対象は日経225に採用されている銘柄です。過去15年の日足を使ってアノマリーを分析しました。 キリンホールディングス(2503) […]

FXのアノマリー通貨ペア 5月23日~の週

今週勝ちやすそうなFXのアノマリー通貨ペアについて解説します。 過去15年の日足データを使ったアノマリーの分析を基にしています。今週のデイトレやスイングトレードに役立つ情報です。 AUDUSDのアノマリー AUDUSDは […]

日本株でアノマリー的に狙いたい銘柄 2022年5月16日の週

FXアノマリー通貨ペア 2022年5月16日~の週

過去15年間のデータを分析して見つけたアノマリーデータを基に、5月16日ごろから上昇しやすい(もしくは下落しやすい)通貨ペアを解説します。 過去15年間で勝率が80%程度以上のものをピックアップしております。 AUDNZ […]

About サンチャゴ

専業投資家。
FXの短期トレードでコツコツ稼ぎながら、そこで稼いだ資金を米国株の長期投資に突っ込むのが生きがいのおじさん。
最近は一日中全通貨ペアのエリオット波動分析をしてます。良い感じのエントリーポイントが見つかったらMT4で下位足を開いてEAを仕掛ける、みたいな毎日を面白おかしく生きています。
AmazonKindleで2冊のベストセラー電子書籍を持つ「プロになるためのデイトレード入門」「日本一即戦力なFX講座」

目的別フィボナッチ比率の一覧【エリオット波動考慮した秘密も】

エリオット波動とフィボナッチ

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, フィボナッチ 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

フィボナッチ数列 関係

フィボナッチ

DNA フィボナッチ

人体とフィボナッチ

人体の各部位のサイズもフィボナッチ数になってるとか。

だったら、チャートの値動きもフィボナッチになるんじゃない?

チャートの値動きとフィボナッチ

黄金比率とフィボナッチ比率

黄金比率というフィボナッチの比率

黄金比率

黄金比率 0.618

0, 1, 1, 2, フィボナッチ 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

黄金比率 0.382

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

2つの黄金比率の関係

0.382 ÷ 0.618 = 0.618

その他の黄金比率

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, フィボナッチ 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

リトレースメントに使われる1よりも小さな黄金比率

エクスパンションに使われるのは1よりも大きな黄金比率

フィボナッチと他の分析手法を組み合わせる

フィボナッチ比率 まとめ

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…..

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはFXのかなり深い内容をお伝えしていますので、一通り読んでいただければ、相当な力がつきます。

エリオット波動の完全マップ【基礎から実践を6記事で】

FX完全マップ【基礎から実践的ノウハウまで】

FXのアノマリー通貨ペア 6月6日からの週

FXの通貨ペアで、6月6日からの週に勝ちやすそうなアノマリーの存在する通貨ペアをピックアップしました。 デイトレやスイングトレードのトレードアイデアの立案に役立ててください。 USDCAD(米ドルカナダドル)が下がりやす […]

FXのアノマリー通貨ペア 5月30日からの週

FXで今週勝ちやすそうなアノマリーがある通貨ペアについて書いています。 今週はUSDが弱くなる、つまりドルストレートの通貨ペアが上がりやすいアノマリーがあります。 ユーロドル(EURUSD)が上がりやすいアノマリー ユー […]

株のアノマリー銘柄 5月23日からの週

日本株のアノマリー銘柄です。今週買うとアノマリー的に有利そうな銘柄をピックアップしました。 対象は日経225に採用されている銘柄です。過去15年の日足を使ってアノマリーを分析しました。 キリンホールディングス(2503) […]

FXのアノマリー通貨ペア 5月23日~の週

今週勝ちやすそうなFXのアノマリー通貨ペアについて解説します。 過去15年の日足データを使ったアノマリーの分析を基にしています。今週のデイトレやスイングトレードに役立つ情報です。 AUDUSDのアノマリー AUDUSDは […]

日本株でアノマリー的に狙いたい銘柄 2022年5月16日の週

FXアノマリー通貨ペア 2022年5月16日~の週

過去15年間のデータを分析して見つけたアノマリーデータを基に、5月16日ごろから上昇しやすい(もしくは下落しやすい)通貨ペアを解説します。 過去15年間で勝率が80%程度以上のものをピックアップしております。 AUDNZ […]

About サンチャゴ

専業投資家。
FXの短期トレードでコツコツ稼ぎながら、そこで稼いだ資金を米国株の長期投資に突っ込むのが生きがいのおじさん。
最近は一日中全通貨ペアのエリオット波動分析をしてます。良い感じのエントリーポイントが見つかったらMT4で下位足を開いてEAを仕掛ける、みたいな毎日を面白おかしく生きています。
AmazonKindleで2冊のベストセラー電子書籍を持つ「プロになるためのデイトレード入門」「日本一即戦力なFX講座」

フィボナッチを使ったエントリー・利確ポイントの選定方法

フィボナッチを使ったエントリー・利確ポイントの選定方法

50も同じ要領で設定してほしい。

フィボナッチ・リトレースメントはどの数値が効くのか

ここまでの説明でフィボナッチ・リトレースメントは相場がどこまで戻すか目安になるものだということは理解いただけたと思う。
フィボナッチ・リトレースメントの23.6、38.2、50、61.8が表示されるよううに設定してもらったが「 フィボナッチ 結局どの数字が一番効くの? 」ということが知りたいですよね。

答えとしては「 そんなことわかりません。どれかで効きます。というか効かないこともあります 」です。
ぶっちゃけフィボナッチ・リトレースメントの数値はその数値で「効くことが多い」というだけで必ず効くわけでもなければどの数字も効かないこともあります。

「なんだよそれ!そんなことじゃフィボナッチ・リトレースメントなんて使えないじゃないか!」と思ったかもしれない。
だが安心してほしい。 フィボナッチ・リトレースメントはめっちゃ使えるから続きを読み進めてほしい 。

フィボナッチ・リトレースメントのどの数値が効いたか知る方法

フィボナッチ・リトレースメントのどの数字が効くか(効いた)はわからないがどの数字が効いた(事実)かは知る方法がある。
要するに フィボナッチ・リトレースメントが効いた事実を確認してから売買すれば良い のである。

添付画像はフィボナッチ・リトレースメントの61.8が効いた例である。
画像を見ると フィボナッチ・リトレースメント23.6、38.2、50では安値が切り上がる形で3回反発していない ことがわかる。
このような値動きが確認されたのがフィボナッチ・リトレースメントの61.8で 結果的にフィボナッチ・リトレースメント61.8が効いたことになる 。この形が確認出来たら買いを入れれば勝てた相場である。

この「安値が切り上がる形で3回反発する」という値動きが38.2付近で出ればフィボナッチリトレースメント38.2が効いたことになるし、50付近で出ればフィボナッチリトレースメント50が効いたことになる。

これが私が「フィボナッチ・リトレースメントの数値なんてどれが効くかわからん」と言った理由で、どの数値が効くのか事前にわかる必要なんてなく 効いた事実を確認してから売買 すればいいだけなのである。

フィボナッチリトレースメント50に到達したから、61.フィボナッチ 8に到達したからという理由だけで売買していては添付画像のように フィボナッチリトレースメントが効かなかった場合に負ける 。
普通に考えれば当たり前だがフィボナッチ・リトレースメントの数値に到達したからという理由だけで売買して勝てればみんな億万長者である。
必ず「 安値が切り上がる形で3回反発 フィボナッチ 」を確認しよう。

フィボナッチリトレースメント到達直前の値動きも大事

添付画像を見てほしい。
フィボナッチリトレースメント38.2付近で安値を切り上げる形で3回止めらていて、 どうやら38.2が効いていてここで買えば勝てそう である。
しかも移動平均線もある。ここで買うとどうなったかが次の画像である。

フィボナッチリトレースメント38.2で安値を切り上げる形で3回止められている事を確認したにも関わらず結果的に負けている。
だがフィボナッチリトレースメント38.2付近で3回止まる直前の値動きに注視してほしい。
逆V字型で勢いの強い上昇を一瞬で戻している。
この値動きの意味するところは「 下げの勢いが強い 」ということになりその直後にフィボナッチリトレースメント数値で3回止まったという事実が確認できても下げの勢いが強いのでわずかの上昇で反発して下落してくることはよくあることである。
このように 直前の値動きを観察しておく ことも重要である。

フィボナッチリトレースメントを用いて誰でも簡単に20pips抜く方法

ここまでフィボナッチリトレースメントは本当に効いたか確認して売買する必要があること、直前の値動きを確認することも大事であることをお伝えした。
だが フィボナッチリトレースメントを機械的に用いて誰でも20pips抜く方法 があるので紹介する。

ステップ1:1時間足で直線的に上昇している場面を見つける

ステップ2:5分足に落としフィボナッチリトレースメント38.2へのファーストタッチで買う

添付画像は1時間足でのフィボナッチリトレースメント38.2にタッチした場面を5分足で拡大した場面である。
5分足でフィボナッチリトレースメント38.2にタッチしたタイミングを細かく見てファーストタッチでエントリーする。(画像で言うと赤丸部分)
そうすると 高確率で20pips程度なら誰でも簡単に抜くことができる 。

フィボナッチ・エキスパンションとは?

フィボナッチ・エキスパンションは下落を例に説明する。
フィボナッチ・エキスパンションとは 発生したトレンドがどこまで続くか目安 を示すものである。
重要な数値としてはフィボナッチ・エキスパンション161.8、261.8で、ここまでトレンドが到達するとトレンドの終焉が近い可能性が高い。
また、そこからトレンド転換が起こることもよくある。
よって添付画像の赤矢印辺りで売りエントリーをした場合、赤丸部分で利益確定することが無難である。
また、フィボナッチ・リトレースメントと併用することでエントリーの根拠の1つにもなり得る。

用途1:利益確定の目安になる
用途2:エントリーを避けたほうがいいポイントを表す(161.8、261.8付近)
用途3:リトレースメントと組み合わせることでエントリーポイントの根拠の1つになる

フィボナッチ・エキスパンションの引き方

添付画像のようにフィボナッチ・エキスパンションは チャートの高値でV字型の形状を見つけ、その始点、頂点、終点の3点を指定 し描画する。
次に添付する画像のようにトレンドの途中でフィボナッチ・エキスパンションを描画することはしない

フィボナッチ・エキスパンションはどの数値が効くのか?

フィボナッチ・リトレースメントの主な用途は 利益確定ポイント を知ることと、 エントリーを避けたほうが良い場所 を知ることである。
よってフィボナッチ・リトレースメントの説明では「どの数値が効くかわからん」という言い方をしたがフィボナッチ・エキスパンションに関しては 161.8は利益確定を検討する、エントリーはよっぽどじゃないとしない、261.8は利益確定するべきだしエントリーは絶対しない という認識を持ってもらえればOKである。

フィボナッチ・エキスパンションを使用したエントリーの例

フィボナッチ・リトレースメントの色々な例

このように全てのトレンド相場でフィボナッチ・エキスパンションが描画できるわけではないが、 描画できる相場になった場合高い確率 で効いてくる。
これはわかりやすくフィボナッチ・エキスパンションが描画できる相場になった場合、チャートを見ている世界中の人が161.8などの数値を意識するので効く確率が高いのである。

ひげ先は考慮しますか?問題に回答

フィボナッチに限らず「ひげ先と実体どちらに当てますか?」という質問は良くいただく。
これに対する私の回答としては「極端なヒゲじゃなければヒゲ先でも実体でもどっちでもいい」です。
極端なヒゲというのは目安としては次の画像くらいのサイズ感である。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる