テクニカル指標

FXでかかる費用

FXでかかる費用
1 FXでかかる費用 いわゆるNFT(非代替性トークン)やFT(代替性トークン)が、 暗号資産などの財産的価値を有する資産と交換できるものである場合 、そのNFTやFTを用いた取引については、 所得税の課税対象 となります。 引用元:国税庁タックスアンサー「No.1525-2 NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係」

入門講座:楽天 FXビギナーズガイド

為替変動とレバレッジ効果によるリスク FXは証拠金という担保を預けることにより、レバレッジをかけて為替変動により差益を狙う取引です。このレバレッジ効果により大きく為替変動利益をあげることができる一方で、保有した建玉に対して、不利な方向に相場が変動すると大きな損失を被るおそれもあります。また、損失が預け入れた証拠金の額を上回ることもあります。 金利変動によるリスク FXは2国間の通貨の金利差によりスワップポイントが発生します。金利の高い方の通貨を保有する際はスワップポイントを受け取ることができますが、金利の低い方の通貨を保有する際はスワップポイントを支払うことになります。また、金利市場や各国の経済情勢により金利差が正しく反映しない場合があります。 ロスカットリスク ロスカットとは、建玉の含み損が増加し、担保である証拠金の保全を図るため、必要な証拠金の50%に到達した段階で、当社の判断により全ての建玉を決済することをいいます。為替相場の急変により、ロスカットや強制決済が執行され、意図しない取引が成立する可能性があります。 スリッページリスク スリッページとは、発注時のレートと約定時(サーバ到達時)のレートが異なる事をいいます。当社のスリッページは「ストリーミング注文」や「ASストリーミング注文」で発生します。取引レートが有利な場合は有利なレートで約定しますが、不利なレートの場合はお客様が予め設定するスリッページの許容範囲内で約定します。

追証リスク(スタンダード25倍コースおよび法人口座のみ) 楽天FXでは、取引日終了時点の為替レートで口座資産の評価を行います。この時点で純資産額が必要維持証拠金額を下回った場合に追加証拠金(追証)が発生します。
原則、毎取引日の取引時間終了時点に属する日の午後6時までに、その下回った額以上の証拠金を入金するか、あるいは建玉の全部又は一部を決済し、追加証拠金(追証)を解消する必要があります。
なお、所定の期限までに追加証拠金(追証)が解消されない場合は、全建玉が強制的に決済されます。 流動性のリスク 外国為替取引はインターバンク(銀行間取引)市場によって取引が行われます。東京・ロンドン・ニューヨークが3大市場と言われ、24時間を通じて高い流動性を持つ市場です。但し、土曜日と日曜日は休日となり、週末の取引終了時である土曜日の朝方(日本時間)や、週明けの取引開始時である月曜日の早朝(日本時間)などは流動性が低いため、取引レートのスプレッドが一時的に拡大するなど、取引レートが不安定になるおそれがあります。 システム障害のリスク 楽天FXは当社の取引システムを介して取引を行います。使用機器、通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消などが行えない可能性があります。

インヴァスト証券の口コミ・評判を徹底解説|メリット・デメリットは?

インヴァスト証券

簡単に自動売買の設定ができる

https://www.invast.jp/lp/triauto/hp/

1つ目のメリットは簡単に自動売買の設定ができることです。

トライオートFXでアカウントを作成すると、用意されている自動売買プログラムの中から自分の好きなものを選択し取引を開始できます。

オリジナルの自動売買プログラムを作成できる

2つ目のメリットはオリジナルの自動売買プログラムを作成できることです。

オリジナルの自動売買プログラムを作成できる

https://www.FXでかかる費用 invast.jp/lp/triauto/hp/

既存のプログラムを改変するのはもちろんのこと、全く新しいプログラムを作り出すことも可能です。

複数のプログラムの長所と短所を組み合わせ、最適化させることで資産に合わせた運用が可能となります。

少額から取引できる

3つ目のメリットは少額から取引できることです。

トライオートFXの最小取引単位は1,000通貨(0.1lot)です。

顧客資産が信託保全で守られている

顧客資産が信託保全で守られている

https://www.invast.jp/triauto/

4つ目のメリットは顧客資産が信託保全で守られていることです。

インヴァスト証券では、証券会社の資産と顧客から預かった資産を明確に分離し、顧客資産を三井住友銀行に信託保全しています。

実家を空き家にしておくとどんな費用が発生する? 空き家になる前にできる対策とは?

親が老人ホームに入居したり亡くなったりして住まなくなったあとに、実家をどうするか決まっていない人は少なくありません。 そこで、空き家のままにすることになった場合の維持管理における手段や費用に、頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。実家を空き家のまま所有していると、税金のほかに修繕費用をはじめとする大きな費用がかかる可能性があります。 本記事では、空き家にかかる税金や維持管理費用の種類と、維持管理に延々と費用をかけずにすむための空き家になる前にできる対策をまとめました。ぜひ、将来実家をどうするかを家族で考えてみてください。

空き家にかかる税金

土地・家屋を所有している場合「固定資産税」が課せられます。これは、人が住んでいる家でも空き家でも同様なので、実家を空き家にしておく場合にも必ず発生します。 また、実家が都市計画法による市街化区域にある場合は、「都市計画税」も課せられます。土地・家屋の固定資産税、都市計画税の納税額は、通常次の式で計算します。 ・土地家屋の評価額に基づく課税標準額×市区町村ごとの税率 課税標準額は原則3年ごとに更新(評価替え)されます。また、税率は市区町村ごとに異なります。例えば東京23区の税率は固定資産税:1.4%、都市計画税:0.3%です。土地が住宅用地であれば、課税標準額には次の特例が適用されます。 ・住宅一戸あたり200平方メートルまでの部分:固定資産税は価格の6分の1、都市計画税は価格の3分の1 ・住宅一戸あたり200平方メートルを超える部分:固定資産税は価格の3分の1、都市計画税は価格の3分の2 税額は土地・家屋の評価額にもよりますが、数万~数十万円が目安です。 ◇空き家が建つ土地は固定資産税・都市計画税の特例除外に注意 所有する住宅が空き家の場合、以下の条件に当てはまると「特定空家等」に認定されることがあります。 ・そのまま放置すると倒壊などの重大な危険が生じるおそれがある ・そのまま放置すると衛生上著しく有害となるおそれがある ・適切に管理されていないために著しく景観を損なっている ・そのほか、周辺の生活環境を守るために放置できない状態である 「特定空家等」に認定されたにもかかわらず、自治体からの改善の勧告に対応しないでいると、住宅用地の特例が適用されなくなります。 つまり、実家を空き家にして荒れたまま放置していると、固定資産税、都市計画税の金額が従来支払ってきた金額の何倍にも膨れる可能性があるということです。これを回避するには、実家が遠方の場合などにも常に状態を把握して、適切に管理していく必要があります。

【STEPN確定申告】GST課税タイミングはいつ?靴・ジェム・修理費用・ミント・レベルアップ費用は資産?経費?年度跨ぎが超重要!

ゲムフォレックス 困った猫

あとはNFTシューズ保有数(最大30足)はFXで言えばロットのようなもので、保有数が多いほど一度に歩ける時間(エナジー)の上限が長くなってよりGSTを稼げます。また、NFTシューズ種類(Walker・Jogger・Runnner)、ステータス(Efficiency・Luck・Comfort・Resilience)、レベル(上限30)によっても稼げるGSTは変わりますし、SOLBSCのどちらのNFTシューズを保有しているのかによっても大きく変わります。

大規模なポンジスキーム

ポンジスキームは昔から投資詐欺でよく使われている古典的な手法ですが、最近大流行してるNFTゲームの殆どがこの仕組みだと言われています。

STEPNの場合、 ユーザーが最初にSOLBSCNFTシューズを購入した時の初期資金をそのまま歩いて獲得できるGST・GMTに回しており、新規参入者がいなくなれば破綻する仕組み なのでは?ということです。STEPNより少し前に、Axie Infinity(アクシーインフィニティ)という人気NFTゲームでも同様にゲーム内トークン(SLPAXS)が暴落してましたし、今や世界規模になったSTEPNでも同様に起こり得るのではという懸念は常にされていました。

尚、とても大規模で長く続いているポンジスキームとして有名なのが日本の年金システムですが、流石にそこまではいかなくても、STEPNも最近アシックスと提携してNFTスニーカーを販売しており、ナイキアディダスとも提携するのではと言われており、ポンジスキーム以外での収入の手立てができるのであればわりと長生きできるのではないかという期待感もありますが・・・

現状はGST大暴落でSTEPN終了?今後巻き返しなるか!

しかし、やはり現実は甘くなく、4月末時点で1GST=約9.43USDT(約1,000円)まで爆上げしてから長い上髭をつけてひたすら右肩下がりで暴落し、現在(2022年6月8日)1GST=約0.71USDT(約80円)まで一気に大暴落しました!なんと 僅か1ヶ月で最高値から10分の1以下の価格 になってしまいました・・・

STEPNポンジスキームだから多くの新規ユーザーを食い物にして終わったのでしょうか?まあビットコイン等の他の仮想通貨勢が全部似たように右肩下がりのチャートになってるので、STEPNだけが要因とはいえないとは思いますが・・・

恐らくSTEPNのサービス自体は続きそうなので、上のチャートの下降チャネル( 青 )上抜け&RSIダイバージェンス辺りを確認できれば底打ちも近い気がするのですが、 今後はナイキアディダスとの提携だったり、Confortが実装されてGMTがゲーム内で稼げるようになったり、レンタルが実装されたりといったイベントの予定 FXでかかる費用 はありますので、今後の巻き返しがあるのかは要注目ですね。

STEPNの課税タイミング・GST保有してるだけでは課税される?されない?

ゲムフォレックス 困った猫

STEPN課税について国税庁は現時点(2022年6月10日)で何も見解を示しておらず、最終的には確定申告後の税務署の判断になります。ネット上に出回っている情報(当ブログ含め)を鵜吞みにし過ぎず、最終的にはご自身で考えて判断するようにしましょう。

まず、国税庁タックスアンサーに、NFTの課税について下記のように明記されています。

1 いわゆるNFT(非代替性トークン)やFT(代替性トークン)が、 暗号資産などの財産的価値を有する資産と交換できるものである場合 、そのNFTやFTを用いた取引については、 所得税の課税対象 となります。

引用元:国税庁タックスアンサー「No.FXでかかる費用 1525-2 NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係」

STEPNで歩いて獲得できるGST・GMTはアプリ内でUSDCSOLに交換できますし、「 暗号資産などの財産的価値を有する資産と交換できるもの FXでかかる費用 」に該当するので、NFTの取引は課税対象と言えます。

その上で、本題のSTEPN課税タイミングについて見ていきたいと思います。

GST保有=FXのポジション保有と同じだとすれば課税されない?

STEPN課税タイミングについてですが、歩いて獲得したGSTを保有しているだけなら課税対象にならないのでは?とお考えの方も結構いらっしゃるのではないかと思います。FXだったらポジション持ってるだけなら課税対象になりませんし(法人だと期末のタイミングで対象になるので要注意ですが)、ビットコイン等の仮想通貨をウォレットで保有してるだけなら同様に課税対象にはなりません。

しかし、STEPNの仕組み上、これが当てはまるとは言い切れないということを次の項目で説明していきます。

STEPN=ステーキング or マイニングだと捉えればGST獲得時点で課税対象!

STEPNの仕組みは「実質仮想通貨(SOL・BSC)のステーキングもしくはマイニング」だと説明していた通り、このように捉えるのであれば国税庁公式サイトステーキングマイニングだとどうなるか確認してみたら下記の記載を確認できました。

いわゆる「マイニング」、「ステーキング」、「レンディング」など(以下「マイニング等」といいます。)により暗号資産を取得した場合、 その取得した暗号資産の取得時点の価額(時価)については所得の金額の計算上総収入金額(法人税においては益金の額)に算入 され、 マイニング等に要した費用については所得の金額の計算上必要経費(法人税においては損金の額)に算入 されることになります。

引用元:国税庁「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(情報)」10ページ目

つまり、 STEPN=ステーキング FXでかかる費用 or マイニングだとすれば、GST獲得時点の時価課税対象 になるということになります。「時価で」ということなので、毎日GST獲得時点で1GST何円なのかをエクセルか何かで記録しておいた方がいいかと思います。

修理費・ミント費用・レベルアップ等は経費?

ここも悩みどころの一つかもしれませんが、 STEPNアプリ内で消費(バーン)されるリペア(修理)・ミント・レベルアップ等については 上記の引用内の文言 ( 黄色の下線 )を見る限りでは経費に当たりそう ですね。歩いて獲得するGSTと同様に、バーンされる経費GSTも時価で記録をつけておくとよいかと思います。

STEPNの靴(NFTシューズ)は資産?経費?ジェムはどっち?

ゲムフォレックス メイド

STEPNのユーザーは最初にSOLBSC靴(NFTシューズ)を購入しますが、その初期費用資産なのか?それとも経費なのか?ここも悩みどころの一つかもしれませんね。

NFTシューズの購入はGSTを稼ぐ為の経費?

例えば、1SOL=1万円の時に10SOLの靴を1足買ったら初期費用は10万円ですが、毎日コツコツ歩いてGSTを稼ぎ、1ヵ月ちょっとで時価10万円分稼いで原資回収した時点では、靴を経費だとみなせばプラスマイナスゼロで税金は発生しないということになります。また、時価15万円分GSTを稼いでも課税対象になるのは5万円で済むから経費だとみなして欲しいと内心思ってる方も多いかもしれませんねw

しかし、ほんとにSTEPNの靴を経費とみなしてもいいのでしょうか?次の項目で説明していきます。

STEPN=ステーキング or マイニングだと捉えれば売却するまでは資産!

ここでも STEPNの仕組みをステーキング・マイニングと同じだと考えた場合、SOLBSCで購入したNFTシューズは売却するまでは資産 という扱いになります。FXで言えばポジションを保有してる状態と同じで、売却した時の売却益課税対象になります。

つまり、上記の例のように時価10万円分GSTを稼いだのであれば、その10万円課税対象ということになります。また、時価10万円で購入した靴を10万円未満で売却したらそのマイナス分は年度跨ぎしなければ相殺できますが、10万円より大きい額で売却して利益を得た場合はその分も課税対象になります。

ジェム(Gem)も同様に考えるなら資産!

STEPNでは靴の稼ぐ効率を高める(資産価値を高める)オプション品として、ジェム(Gem)SOLで購入して装着することができますが、ここでも STEPNの仕組みをステーキング・マイニングと同じだと考えた場合、ジェムも売却するまでは資産 という扱いになります。また、ジェムも売却した時は売却益課税対象になります。

尚、ジェムを装着する為の ソケットを空ける費用GST)については経費 になります。 購入してから売却ができるNFTシューズ&ジェム資産(FXで言うところのポジションを保有する状態)、アプリ内で消費(バーン)するだけのものは経費 という解釈ですね。

STEPNの確定申告は年度跨ぎのタイミングが要注意!

焦って否定する看護師

上記で述べてきたように、 STEPNをステーキング・マイニングだと捉えるのであれば年度跨ぎのタイミングが超重要 で、ここを間違えると想定外の物凄い課税をされる可能性があるので要注意です。

例えば、靴3足購入&レベル30まで上げたら、修理費を差し引いたら1日平均30GST程度稼げますが、これを1年間続けたら単純計算で10,950GSTの稼ぎになります。

ステーキング・マイニングと同じならGST獲得時の時価課税されますので、 課税対象10,950GSTの平均レートが1GST=500円 なら 単純 計算 で 5,475,000円利益とみなされ、課税対象 になります。

しかし、本記事を書いている現在(2022年6月10日)も1GST=70円まで暴落しており、歩いて稼いだGSTを再上昇を期待して保有したまま年度跨ぎ個人なら12月末・法人なら設定した期末)をすればそのまま 5,475,000円利益とみなされて課税対象 になり、実際には全然儲かっていなかったとしても次年度にこの分の税金は確実に発生することになります。

これを防ぐ為には、 年度跨ぎする前に保有しているGST を利確する必要があります。年度末に1GST=10円のレートで全決済した場合、109,500円の利益となり、この額が課税対象になります。利益は想定してたよりも激減するので残念に思うかもしれませんが、その代わり翌年多額の税金が課せられるのを防ぐことができます。

GSTのレートが下がったまま年度跨ぎをして、翌年すぐに上がってくれば税金を払えるかもしれませんが、 さらにGSTのレートが落ちるか、最悪STEPN自体がなくなってGST=0円になるなら利益がないのに凄い課税だけが発生する ・・・ということもありえます。 ロットが大きい(靴の保有数が多い)方、もしくはB国(BSCで靴購入)の方は特に要注意 です。

STEPNは今後Confort実装・レンタル実装・大手メーカーとの業務提携等各種イベントを控えてますし、まだまだGSTGMTのレートが年内にまた上がってくる可能性も残ってるとは思います。また、国税庁STEPNについて何も見解を示していない為、ステーキング・マイニングと同じと解釈されるとは限りません。しかし、もしレートが上がってこなかった場合、年度跨ぎをするとややこしいになりうるということは必ず忘れないようにしておきましょう。

現在GEMFOREXでは 新規口座開設1万円ボーナス キャンペーン を開催中!

6月は初回2万円ボーナスが常時開催の中、入金100%ボーナス+初回2万円ボーナスが週1回ランダム開催のようですね。2022年は1週目木曜日のパターンが多いですが、2週目は水~金曜日のどこかになるのでしょうか?尚、前回のキャンペーンから入金ボーナス上限が 500万円⇒200万円 に下がってますのでご注意ください。

何事も新しいことを始めようとする際には、初期投資、初期費用とよばれるものが必要になります。 いくらその先にメリットがあっても、この初期費用が高額過ぎるのでは、元手をとり返すことも難しくなってしまいますから、賢い資産運用とは言えません。 資金効率が良く、個人投資家にとってメリットが多いといわれる外国為替証拠金取引(FX)においても、いくらかスタートするにあたって用意しておくべき資産というものがあります。 初めての方にとっては、それがどのくらい必要なのか、自分が無理なく用意できる範囲内であるかどうかは、非常に気になるところですよね。 そこで、ここではそんなFXにかかる初期費用について解説するとともに、より初期費用を抑えたトレードの始め方に関するポイントをご紹介しましょう。

FXを始めるときの初期費用っていくらかかるの?

口座開設・維持費は無料!少額からだれでも始められるFX

まずFXを始めるには、自分が取引で利用する業者を選択し、そこに口座を開設しなければなりません。
ここで必要となるのが口座開設費用ですが、こちらはほとんどのFX業者で0となっていますから、気軽に開設できるでしょう。
また、口座維持費も多くの場合無料ですので、まずは試しに口座を開くとよいですね。
なかには初回最低預託金として、口座開設時に数万円を必要とする業者もありますが、初心者ならば、そうしたところではなく、多くの無料で開設できる業者を選ぶことをおすすめします。

次に、取引をスタートさせるために必要なお金として、最低必要証拠金というものが設定されています。
これを入金することで、はじめて実際に外貨を購入することができるようになります。
取引に必要な証拠金の最低額であるこの金額は、FX業者によってまちまちですが、およそ4,000円~100,000円といったところです。
4,000円から始められるのであれば、自己資金が少ないという方も、負担なく、安心して検討できますね。

FXはもともと資金効率が良く、少額からスタートして大きく勝つことが可能な仕組みとなっており、初回入金額が少ないからといって、取引上、デメリットを被ることは全くありません。

より手軽に始められる1000通貨単位取引でFXデビュー!

少額から始められるといっても、やはり自分の資産をつぎ込んで取引するのですから、だれしもできるだけ損はしたくないもの。
とくに慣れないうちは思わぬ失敗も考えられますから、よりリスクを少なく、少しの金額で試してみたいという方もあるでしょう。
自分に合っているか分からない、コツもつかめていないものに、大金をかけるのは抵抗があると感じるのも自然なことです。

そうした方におすすめしたいのが、FXの1000通貨単位取引です。
FXにおける一般的な取引の単位は1万通貨ですが、1000通貨ならばその10分の1、つまり、それだけさらに初期費用を抑えて敷居を低く設定しているので、少額の資金からでも運用を行うことができるようになっているのです。
もちろん単位が10分の1のサイズですから、同じリスクでの取引ならば、利益も10分の1になるので、一度に大きく稼ぐことができるわけではありません。
しかし初めてなのでまずはお小遣いの一部から、資産保全の分散投資先として試したい、またとにかくFXの特徴をつかみたい、挑戦してみたいといった人には、ぴったりの取引でしょう。

1000通貨単位取引はすべてのFX業者が対応しているというわけではありませんから、あらかじめ対応しているかどうか確認する必要があります。
YJFX!であれば、初回入金額0円、1000通貨対応で、4,000円(※)といったわずかな証拠金から、初心者にもやさしく、かつ本格的な取引ができるのでおすすめです。

初期費用を抑えてFXするならYJFX!

FXを少ない資金で始めるなら絶対ココ!初心者にオススメ。

東証マザーズに上場している株式会社YJFX!の100%子会社。その知名度から口コミでも人気の高いFX業者です。スプレットも最低水準、1000通貨対応、スマフォアプリ「Cymo」、オンラインセミナー、シンプルなチャートなど初心者がFXを始めるにあたって欲しい条件は全て揃っています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる