外国為替市場

FXのリスクとその対処法とは

FXのリスクとその対処法とは
インディケーター

ベルが大幅続伸 サビザブリンがEUAを受ける可能性が高いとの声=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ベルが大幅続伸 サビザブリンがEUAを受ける可能性が高いとの声=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 FXのリスクとその対処法とは また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

FXデモトレードがおすすめのFX口座6選!初心者向け練習のコツも紹介

FXデモトレードがおすすめのFX口座6選!初心者向け練習のコツも紹介

チャートの画像

FXデモトレードは 無料で利用できます

FX初心者でも損を気にせずにトレードできる

FX初心者でも ノーリスクで取引を体験できる のはメリットです。

取引ツール・注文画面に慣れることができる

パソコンとスマホを見る男性

特に多機能ツールは使いこなすまでに時間がかかることもありますが、デモトレードで経験しておくことで 実践に活かせる でしょう。

土日も取引できる

実際のFX取引では、 土日は為替市場が休みのため取引はできません

FXのデモトレードで練習する2つのデメリットと対処法

利用できる取引ツール・機能が制限されている

仮に勝てたとしても利益は一切ない

注意マーク

FXのデモトレードは、大きい損失を出しても実際の資金が減ったり損失を補填したりする必要はありません。デモトレードは現実には存在しない取引なので、こういった リスクはなく安心 です。

利用できる取引ツール・機能が制限されている

ツールの使用感はつかめても、 使いたい機能が使えない可能性があります。

FXデモトレードのやり方

1.デモトレードを利用するFX会社に申し込む

スマホ 操作

まずは、利用したいFX会社が デモトレードの利用が可能であるかを確認 しましょう。デモトレードの利用が可能であると確認できたら、利用申込をします。

2.口座を開設する

FX会社によっては 口座開設前にデモトレードだけ利用できる場合もあります。

3.デモ口座に申し込む

スマホを操作する人

デモ口座に申込が完了すると、登録時に指定したメールアドレス宛に確認メールが送られてきます。IDやパスワードなど、ログインに 必要な情報を確認 してください。

4.アプリからログインして取引開始

デモトレードアプリを起動して、IDとパスワードを入力したら、 ログインしてデモトレードを開始 できます。デモトレードに期限があっても、 期限内であれば何度でも取引をやり直せます

FXデモトレード4つのコツ

様々な注文方法を試してみる

パソコン 入力

実際には使用しないであろう注文方法も、やり方を知っておけば FXのリスクとその対処法とは いつの日か役に立つ 事があるかもしれないからです。

取引ルールを決める

本番のFX取引では、 FXのリスクとその対処法とは 注文や決済を行うタイミングを決める ことを「取引ルール」としています。

本取引と同時進行で進める

スマホでFX取引をしている

デモトレードはノーリスクなので、ある意味では気楽です。しかし、仮想空間での取引ではどんなに利益を出しても 現実の資金は増えません。

トレード結果を分析する

デモトレードで出た結果は実際の損失も利益もありませんが、ただ練習するのではなくトレード結果を分析して 実践に活かすことが大切 です。

デモトレードで利益を出せても、 本番で必ず利益を出せるとは限りません。

FX初心者や未経験者でも、 デモトレードであればノーリスクでFX取引を体験 できます。ゲーム感覚で気軽に練習できるので、本番に活かせるのノウハウが身につくでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

外貨預金代わりにFXは安全?損しないための5つの鉄則

為替

外貨預金は円を海外通貨に交換し、それを預金することで高い金利を得る金融商品です。
海外通貨の現時点での価値などから金利の高低が定められており、種類もアメリカドル(USD)やユーロ(EUR)、ポンド(GBP)、カナダドル(CAD)と豊富です。
また取引先の銀行によっては南アフリカランド(ZAR)やブラジルレアル(BRL)などの結構な金利が期待できる商品を扱っている場合もあります。
また為替の動きに合わせて 価格差(為替差益・差損) も利益として得られるため、やや投資というジャンルに近い商品だと言えるでしょう。

つまり預金という名目の商品ではありますが、 FXとあまり変わらない性質 を秘めているのです。
また外貨預金を行うのであれば、 FX口座を経由して取引をした方がメリットは高い と言えます。
なぜなら 銀行の取り扱っている外貨預金は預金保険制度の対象外 となるため、万が一、契約先の銀行が破綻してしまえば預金の払戻しが行えないといったデメリットがあるからです。

しかしFX口座を利用すれば外貨預金よりも安全に資産運用が行えるのです。
また 信託保全により預け入れ資金は保護 されますので、高金利の恩恵をフルに享受できます。
ところが間違った取引をしてしまうと、損をするリスクも高まります。
ここでは FXをする時の5つの鉄則 を解説していきますので、検討している方はチェックしてみてください。

外貨預金代わりにFXをする時の5つの鉄則

レバレッジは1〜2倍に抑えておく

FX口座を利用して外貨預金を行う場合、この項目が最も重要です。
間違った知識を身につけないためにも、慎重に読み進めていきましょう。

さて本来、FXとは株式投資と同じようにトレードをすることで儲けを期待する金融商品です。
つまり購入通貨が値上がりをしたから儲かった、値下がりしたから損をしたという世界になります。
またFXには レバレッジ と言われる取引方法が存在しています。

例えば口座に10万円のお金を入れれば、レバレッジ10倍で100万円までの為替取引が可能となります。
20倍なら200万円までの取引ができるというわけです。
レバレッジ規制により国内業者では25倍が最大値と定められていますが、そもそも外貨預金を目的としている場合には、あまりにもハイリスクな運用方法と言えるでしょう。

しかし レバレッジを1〜2倍 に抑えておけば、銀行から申し込みをする外貨預金とほとんど変わらない内容となります。
売買利益を狙うのではなく、保有することで得られる スワップポイント(金利) を目的としてFX口座を活用するのです。
ちなみにスワップポイントと呼ばれる金利は、買い付け通貨を保有している限り、毎日受け取ることが可能です。
1日40円のスワップポイントが受け取れるのであれば、その通貨を1年間保有することで 【40円×365日=14,600円】 の金利が得られます。

1回に大きな金額をつぎ込むのではなく。小さな額に分割して取引をする

特定の通貨を買い付けることで金利を狙いにいくわけですが、 ドルやポンドなど海外通貨は日々値動きしています。
国の首相や大統領が辞任をしたり国内で暴動が起きれば、通貨の価値は大きく動くでしょう。
また雇用統計や住宅着工件数、鉱工業生産指数といった経済指標も各国ごとで発表されます。
そのため1度の取引で預け入れたお金全てを使ってしまうと、購入単価が高くなってしまうケースも考えられるのです。

しかし購入資金100万円を10回に分けて、10万ずつ買い付けていけば購入単価の幅も縮小できます。
これを経済用語では 「ドルコスト平均法」 と言います。
為替リスクを抑えるためにも、少額からの取引がオススメです。

同じ通貨ばかり買わない

FXは外貨預金とは違い 流動性が高い 商品です。
基本的に外貨預金は一定期間の解約が行えない定期預金となりますが、FXならばタイミングを見計らって高金利な通貨へと乗り換えが可能となります。
また複数種類の通貨を保有することで、それが リスク分散 へと繋がります。

レバレッジ1倍で取引を行ったとしても、少なからず為替差益・差損の発生する金融商品となるため、複数の通貨を保有することで 為替リスク を下げていきましょう。

少額から取引でき、信頼出来る会社を選ぶ

FX業者によって 最低単元数 は異なります。
1通貨から10万通貨まで単位の幅は大きく変わってきますので、できるだけ取引単位の低い業者を選んだほうが良いでしょう。
「取引単位が低い=少額から買い付け可能」 ということになります。

手数料が安い会社を選ぶ

少しでも多くの金利を受け取るためにも、 売買手数料が安い会社 を探しましょう。
1,000通貨から1万通貨の取引であれば、 片道手数料が無料 という会社も少なくありません。

そのため前述した 少額から取引できる会社 を探す時には、手数料が安いかどうかも同時にチェックしておくと良いです。

イメージがつかめたらレバレッジを上げるのも◎

FXのリスクとその対処法とは FXをする時の5つの鉄則 から、FX業者の選び方や取引方法が理解できたかと思います。
最初は分からない事だらけでしょうが、少額から取引を開始することで、すぐに 仕組み魅力 も分かってくるでしょう。

MACDはトレンド相場に強いがレンジ相場に弱い、その理由と対策を解説

MACDはトレンド相場に強いがレンジ相場に弱い、その理由と対策を解説

インディケーター

MACDとは何か

MACDとは、アメリカの投資顧問会社シグナラート・コーポレーション社の
ジェラルド・アペル氏が開発したインディケーターであり、
Moving average Convergence/Divergence Trading Method
日本語だと「移動平均・収束拡散トレード法」と呼ばれます。

MACD

MACDの計算式

MACDは通常、指数関数移動平均線(EMA)を使って計測されていますが、
JForex3 では単純移動平均線(SMA)バージョンや他の移動平均線バージョンを
設定できるものがあります。
(インディケーター名:MACDEXT)

MACD(マックディ線)=12日EMA-26日EMA
シグナル=MACDの9日EMA

ヒストグラム=MACD−シグナル

MACD

ヒストグラムはMACDとシグナルの差のため、特に表示させなくても構いません。
その理由は後述します。
(MT4ではMoving Average of Oscillatorという名称)

MACDを詳しく見ていく

MACDライン

MACD

MACD0ライン

MACD0ライン

MACDヒストグラム

ヒストグラムはMACD−シグナルのため、ヒストグラムで0ラインを意味するのは
MACDラインとシグナルラインがクロスしたということ です。

結論として、MACDというのは、プライスチャートの12EMAと26EMAがクロスし、
ヒストグラムが同じ方向にクロスしていたら、その方向に値動きが動いていると
判断していくインディケーターということになります。

ダイバージェンス/コンバージェンス

ダイバージェンスパターン4つ

MACDダイバージェンス、コンバージェンス

ダイバージェンスが起きた時はトレンドが転換するという説がありますが、
正しくは その方向への動きが鈍くなる ということです。
必ずしもトレンド転換するわけではなく、ダイバージェンスが起きたポイントを
超えていくような動きが出ると、その方向へ一方的に動きやすくなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる