外国為替ニュース

オーバーナイトポジション

オーバーナイトポジション

今季限りで去り行くホールデンが、ナイトレースで通算600勝のメモリアルウインを達成/RSC第4戦

オーストラリア西部、パース近郊に位置するワネルー・レースウェイで争われたRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップ第4戦『バニングス・トレード・パース・スーパーナイト』は、昨季2度目の戴冠を果たしたレッドブル・アンポル・レーシングのディフェンディングチャンピオン“オーバーナイトポジション SVG”ことシェーン-ヴァン・ギズバーゲン(トリプルエイト・レースエンジニアリング/ホールデン・コモドアZB)がオープニングヒートを制覇。 【写真】2010年王者で、日本でも活躍したジェームス・コートニー(フォード・マスタング)もひさびさの表彰台を獲得 これによりホールデンはATCC(オーストラリアン・ツーリングカー選手権)時代を含むシリーズ通算600勝のメモリアルウインを達成し、2022年限りでその幕を閉じるとともに、来季は新車両規定のもと『シボレー・カマロZL1スーパーカー』にその座を引き継ぐブランドにとって記念すべき1戦となった。 RSCとしても、長きに渡って続いた州境封鎖など人流抑制措置の影響等で、4月30~5月1日の週末にひさびさの開催となったパースでのイベントは、レースウイークを前に開催されたファン交流イベントから大盛況の人手となり、今シーズン初開催のナイトレースに向けボルテージが高まる雰囲気が続いた。 そんななか土曜オープニングヒートに向けた予選では、今季ここまで未勝利の続くフォード陣営が奮起し、キャメロン・ウォーターズ(ティックフォード・レーシング/フォード・マスタング)を0.1082秒差で降した、シェルVパワー・マスタングのアントン・デ・パスカーレ(ディック・ジョンソン・レーシング/フォード・マスタング)が「このトラックで限界を極めようと猛烈にプッシュした甲斐があった。でも、あのタイトな差を見たかい? ここにいる誰もが、僕らのような良いラップを刻んだっていうことさ」と、僅差ながらもポールポジションを確保。王者SVGは、首位からコンマ2秒差の2列目3番手から逆襲を期す構図となった。 現地時間午後18時40分にスタートが切られた150kmのナイトスプリントは、パスカーレとウォーターズのマスタング編隊がレース序盤から支配権を握り続けると、背後に控えたトリプルエイトのエースは異なるピット戦略を選択し、レース終盤に向けよりフレッシュなタイヤを装着するオーバーカットを敢行。 32周目にニュータイヤを得たSVGは、そのわずか2周後にウォーターズを。そして残り12周の時点でパスカーレも仕留めると、36周目にはファステスト更新のオマケ付きで2.308秒差のトップチェッカーをくぐり、早くも今季7勝目を飾るとともに、キャリア通算61勝目にしてパースでの初勝利を手にした。 オーバーナイトポジション ■フォード勢が早めにピットに入ったことに「驚いた」と王者SVG 「ありがとう、素晴らしいクルマをドライブするのは本当に楽しいね。これまではここで最高の走りができたわけじゃないが、僕自身はいつもこのイベントを楽しんできた」と喜びを語ったチャンピオン。 「前を行く2台のフォードはスタートからとても速かった。だから、引き離されていく僕の方は『優勝争いからは脱落だな』と感じていたんだ。それだけに、彼らが早めにピットへ向かったときには驚いたよ」 「もはや僕ら(ブランド消滅のホールデン)に未来はないけれど、ゼネラルモーターズのために記念すべき勝利を挙げられたのはクールだ。僕ら(トリプルエイト)がその大役を果たせたことも含めてね」と、驚くべきことにホールデンの450回、500回、550回、そして600回目の勝利も収めているSVG。 ■赤旗中断を挟んだレース2は、フォード・マスタングが今季初勝利 明けた日曜午前は残る2ヒートに向けた予選でウィル・デイビソン(ディック・ジョンソン・レーシング/フォード・マスタング)とSVGが最前列を分け合うと、レース2ではスコット・パイ(チーム18/ホールデン・コモドアZB)がジャック・ルブローク(マット・ストーン・レーシング/ホールデン・コモドアZB)との攻防で押し出され激しくウォールにヒット。バリア修復の必要性からレッドフラッグに発展する。 長い中断ののちに再開されたレースは、首位ウォーターズとデイビソンの一騎打ちに。お互い接触しながらも続いた勝負は、古いピットエントリーの一部を使用して首位を守り、デイビソンの進路を妨害したとしてウォーターズに5秒加算のペナルティが課される展開に。 その後のセーフティカー出動にも阻まれた6号車のモンスターエナジー・マスタングは、トップチェッカーながら優勝へのマージンを稼ぐことができず、最終結果は4位が精一杯に。結果、デイビソンが2022年のフォード陣営初勝利を手にし、2位に続いたパスカーレとともにDJRがワン・ツー・フィニッシュを飾っている。 そして同じくデイライト・レースとなった最終ヒートは、首位発進のSVGを出し抜き、アンダーカットで首位浮上を果たしたジェームス・コートニー(ティックフォード・レーシング/フォード・マスタング)が気を吐いたものの、40周目のターン7でポールシッターに捕まり万事休す。週末2勝目を挙げたSVGが選手権リードを拡大し、2番手パスカーレに対し164ポイント差の大量マージンを築いている。 続く第5戦はビクトリア州ウィントンに位置するモーターレースウェイにて、5月21~22日に恒例『ウイントン・スーパーナイト』が開催される。 [オートスポーツweb ]

「希少性なぞ知ったことか!」カウンタック・アニバーサリーの漢気チューンドに乾杯

template-parts/content/entry/content/content [name] => post [template-slug] => template-parts/content/entry/content/content --> template-parts/content/share-buttons [name] => [template-slug] オーバーナイトポジション => template-parts/content/share-buttons -->

template-parts/content/share-buttons [name] => [template-slug] => オーバーナイトポジション オーバーナイトポジション template-parts/content/share-buttons --> template-parts/common/profile-box [name] => [template-slug] => template-parts/common/profile-box -->

著者プロフィール

weboption

template-parts/content/entry/footer/footer [name] => post [template-slug] => template-parts/content/entry/footer/footer --> template-parts/content/prev-next-nav [name] => post [template-slug] => オーバーナイトポジション template-parts/content/prev-next-nav -->

template-parts/content/prev-next-nav [name] => post [template-slug] => template-parts/content/prev-next-nav オーバーナイトポジション --> template-parts/content/related-posts [name] => post [template-slug] => template-parts/content/related-posts -->

「NEWS」の最新記事

  • template-parts/loop/entry-summary [name] => post [template-slug] オーバーナイトポジション => template-parts/loop/entry-summary-post -->template-parts/loop/entry-summary/figure/figure [name] => post [template-slug] => template-parts/loop/entry-summary/figure/figure -->

template-parts/loop/entry-summary/figure/figure [name] => post [template-slug] => template-parts/loop/entry-summary/figure/figure -->

「200系ハイエース1〜3型にも対応!」究極系LEDヘッドライトがナイトシーンを盛り上げる

今の待遇に不満がある2級整備士の方、必見。月収40万円超、土日休みなど、好条件求人をご紹介![PR]

template-parts/loop/entry-summary/figure/figure [name] => post [template-slug] => template-parts/loop/entry-summary/figure/figure -->

「JZX100ドリフト仕様のお手本!」計算し尽くされたメイキングは感動モノだ

template-parts/loop/entry-summary/figure/figure [name] => post [template-slug] => template-parts/loop/entry-summary/figure/figure -->

「あの頃キミは若かった」D1GP選手の昔と今を比較してみた!Part.1

sidebar [name] => [template-slug] => sidebar --> templates/layout/sidebar/sidebar [name] => [template-slug] => templates/layout/sidebar/sidebar --> template-parts/widget-area/sidebar [name] => [template-slug] => template-parts/widget-area/sidebar -->

デイリーランキング

「生涯現役を貫くGZ20ソアラ」耐久性と今後の維持を考えて1JZ-GTEを換装

「このホンダビート、危険につき」匠のターボチューンで140馬力まで進化!

「無音で駆け抜ける600馬力のS2000!?」コンバートEVチューニングの現在地

「ハイエースやプロボックスのドラポジを改善!」オフセット量40mmのステアリングスペーサーが・・・

「官能性はチューンド4A-G並み!」初代ヴィッツRSの拘りメカチューンスペックに迫る

web option 公式SNS

最新ニュースをお届け!
Web optionをフォローしよう!

Motor-Fan Media

Motor-Fan

template-parts/widget-area/sidebar [name] => [template-slug] => template-parts/widget-area/sidebar --> template-parts/widget-area/sidebar-sticky [name] => [template-slug] => template-parts/widget-area/sidebar-sticky -->

template-parts/widget-area/sidebar-sticky [name] => [template-slug] => template-parts/widget-area/sidebar-sticky --> templates/layout/sidebar/sidebar [name] => [template-slug] オーバーナイトポジション => templates/layout/sidebar/sidebar --> sidebar [name] => [template-slug] => sidebar -->

footer [name] => [template-slug] => footer --> templates/layout/footer/footer [name] => [template-slug] => templates/layout/footer/footer --> template-parts/widget-area/footer [name] => [template-slug] => template-parts/widget-area/footer -->

template-parts/widget-area/footer [name] => [template-slug] => template-parts/widget-area/footer --> template-parts/footer/copyright [name] => [template-slug] オーバーナイトポジション => template-parts/footer/copyright -->

template-parts/footer/copyright [name] => [template-slug] => template-parts/footer/copyright --> templates/layout/footer/footer [name] => [template-slug] => templates/layout/footer/footer --> footer [name] => [template-slug] => footer --> template-parts/common/page-top [name] => [template-slug] => template-parts/common/page-top -->

template-parts/common/overlay-search-box [name] => [template-slug] => template-parts/common/overlay-search-box -->

template-parts/common/search-form [name] => overlay-search-box [template-slug] => template-parts/common/search-form --> template-parts/common/search-form [name] => overlay-search-box [template-slug] => template-parts/common/search-form -->

template-parts/common/overlay-search-box [name] => [template-slug] => template-parts/common/overlay-search-box -->

初開催F1マイアミGPは、なぜレコードライン外のグリップが極端に低かったのか? 背景には意外な事情が

アメリカ・フロリダ州に新設されたマイアミ・インターナショナル・オートドロームで行なわれたF1マイアミGP。ドライバーたちは低速のシケインを除けばそのレイアウトに満足しているが、こと路面に関しては不満が噴出した。 【動画】角田裕毅が爆走! フェルスタッペンと900馬力の”スワンプ・バギー”で一騎打ち 路面はレコードラインの外が特に汚れており、オーバーテイクのリスクを冒すのが非常に難しくなっていた。そのため、レースが台無しになったと主張するドライバーもいた。 この問題は来季に向けて改善が目指されるのは間違いないだろうが、最終的にはドライバーが懸念していた“パレードラン”のようなレースにならなかったのも事実だ。 実際、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)はドライバーズパレードの段階でターン1のアウト側の路面が予想以上に綺麗であることを発見し、スタートではそのラインを通ってポジションを上げた。その他にも、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がシャルル・ルクレール(フェラーリ)から首位の座を奪ったシーンなど、オーバーテイクは各所で見られた。 メルセデスのトト・ウルフ代表は、マイアミの路面は観戦に適した路面だったと語る。 「例えばターン17のブレーキングでも、良い戦いが見られた。ターン17へのブレーキングは非常に難しいんだ」 「ラインを外せばポジションを失うことになる。ドライバーは『最適な路面ではない』と言うかもしれないが、レースとしてもエンターテインメントとしても素晴らしかった。まさにあるべき姿だと思う」 「エキサイティングなアクションを生み出すための仕掛けのようなものだ。全体として、初めてのイベントとしては10点満点中9点といったところだ」 ■他のサーキットとは“異なる”路面 例えばサウジアラビアのジェッダのように、他の新設サーキットでは路面に関する問題が噴出することはなかった。ただジェッダはナイトレースでの開催だったためコンディションも異なり、マイアミとの単純な比較には注意が必要ということも事実ではある。 また今回のレースウィークでは、路面の再舗装も何度か行なわれた。走行開始前に路面のアスファルトを剥がす際、機械の設定を誤って油圧油が落ちてしまっていたことにより、マシンが走行するとすぐに路面が損傷してしまうなど、踏んだり蹴ったりの状況だった。 そういったハプニングもあり問題の本質が見えづらくなっていたが、実は今回のレースで使われた路面は、他のF1サーキットとは異なる素材が用いられていたのだ。 ではなぜ、他のサーキットと同じ素材を使わなかったのか? それには理由がある。マイアミは土地柄、フロリダ州の運輸局(FDOT)の厳しいガイドラインを遵守する必要があり、路面の材料には地元産のものを使用しなければいけなかったのだ。 マイアミのコース敷設に携わったF1トラックスペシャリスト、デビッド・ウッドワードはこう語る。 「我々は地元の素材、地元の骨材、地元のアスファルト会社を使う必要があった。地元のFDOTの要件を満たす中で仕事をしなければいけなかった」 「だからある意味難しい条件だった。というのも、一般的なF1サーキットとは少し異なる考え方をしなければいけなかったからだ」 「F1のサーキットで使われる骨材やアスファルトは種類も豊富なのだが、今回はFDOTが定める材料にこだわっていたし、その点ではよりチャレンジングだった」 最終的に彼らは、石灰岩にジョージア州で採れた花こう岩を60%混同したもので骨材を作り、F1に適した路面を作ろうとした。 通常、石灰岩はF1のサーキットではあまり使用されないものだ。というのも、石灰岩は分解されやすく研磨されやすいため、グリップを確保することが難しい。 しかしながらフロリダ産の石灰岩は、少し違った特性を持っている。シリカを多く含んでおり、ガラスの破片のような質感となっているため、車両が走行するとグリップを発揮するシリカが露出する。つまり、石灰岩の弱点をシリカが補うような特性となっているのだ。 そのため、全体的にはツルツルとした路面であるものの、走行ラインに限っては粗くグリップしやすい路面になっていたのだ。 ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラは次のように語る。 「このアスファルトは他とは異なっている。全体的には路面の粗さが極めて少ないものの、局地的にはF1の中でも最も高いレベルの粗さがあった」 「だからグリップレベルは最初から良く、もちろん路面もどんどん良くなっていった」 しかしながら、F1マシンが走行することで路面が削られていくと、小石の破片が飛んでいってしまうという現象も起きていた。ピレリはマイアミGPの週末を通して、タイヤに小石をつけてピットに戻ってくるマシンが多いことに気付いていた。 「マシンがアスファルトから小石を削り取っていたんだ。我々はタイヤに小石がついているのを見たが、それはつまり小石が削り取られていて、それがレコードラインの外にも落ちているということだった」 「だからラインから外れるとグリップを失うんだ」 ただレースウィークが進むにつれて状況は好転した。金曜に最初に小石が発見された時は厳しい状況だったが、清掃用の機械を使用したことで大きく改善されていた。 今考えるべきなのは、初開催のレースを終えて、次のレースが行なわれるまでの1年間で、風化によってコースがどう変化するのかという点だ。 小石が削り取られる現象は、路面が使われる度になくなっていき、自然と解決するのか? それとも路面自体を見直す必要があるのか? これには分析が必要となるだろうが、関係者が2023年のレースを最高のものとするため、必要なことは何でもすると宣言しているのは心強いと言えるだろう。

外観・デザイン

デザイン

Photo:G leather edition。ボディカラーはガーネットレッド(CP)/スーパーブラック 2トーン〈#XBT〉(特別塗装色)。ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)+統合型インターフェースディスプレイ+USB電源ソケット(タイプA 2個、タイプC 1個)+ワイヤレス充電器+NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)+NissanConnect専用車載通信ユニット(TCU[Telematics Control Unit])+BOSEパーソナルプラスサウンドシステム(8スピーカー〈フロント、前席デュアルヘッドレスト、ツイーター〉、パーソナルスペースコントロール)+ETC2.0ユニット(ビルトインタイプ)+プロパイロット(ナビリンク機能付)+プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)+SOSコールは、セットでメーカーオプション。

Photo:G leather edition。ボディカラーはガーネットレッド(CP)/スーパーブラック 2トーン〈#XBT〉(特別塗装色)。ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)+統合型インターフェースディスプレイ+USB電源ソケット(タイプA 2個、タイプC 1個)+ワイヤレス充電器+NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)+NissanConnect専用車載通信ユニット(TCU[Telematics Control Unit])+BOSEパーソナルプラスサウンドシステム(8スピーカー〈フロント、前席デュアルヘッドレスト、ツイーター〉、パーソナルスペースコントロール)+ETC2.オーバーナイトポジション 0ユニット(ビルトインタイプ)+プロパイロット(ナビリンク機能付)+プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)+SOSコールは、セットでメーカーオプション。

Photo:G leather edition。ボディカラーはガーネットレッド(CP)/スーパーブラック 2トーン〈#XBT〉(特別塗装色)。ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)+統合型インターフェースディスプレイ+USB電源ソケット(タイプA 2個、タイプC 1個)+ワイヤレス充電器+NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)+NissanConnect専用車載通信ユニット(TCU[Telematics Control Unit])+BOSEパーソナルプラスサウンドシステム(8スピーカー〈フロント、前席デュアルヘッドレスト、ツイーター〉、パーソナルスペースコントロール)+ETC2.0ユニット(ビルトインタイプ)+プロパイロット(ナビリンク機能付)+プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)+SOSコールは、セットでメーカーオプション。

オーバーナイトポジション

CFDのオーバーナイト金利|FXのスワップのような金利

オーバーナイト金利

OANDA JAPAN (オアンダ ジャパン) CFD

CFDはキャピタルゲインだけじゃない!

CFDの説明

CDFの場合は「 オーバーナイト金利 」と言います。

【CFD】取扱い業者

投資のコンビニ CFD 【GMOクリック証券 CFD】

GMOクリック証券 CFD 外国株

    ( *即、音声が出ます。 )

OANDA JAPAN CFD

DMM.com証券【CFD】

EZインベスト証券【CFD】】

  • MT4 で 「FX取引」と、 日経225指数等の 「証券CFD取引」を提供!

フィリップ証券

  • MT5 で「FX口座」と、 「株価指数CFD口座」「商品CFD口座」を提供!

※お申し込みをされる際は、各証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じた いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。

CFD口座開設ランキング

持ち歩くのは、投資チャンス! 高機能 スマートフォンアプリ「 GMOクリック CFD 」。パソコン用、自分好みにカスタマイズできるCFD取引ツール「 はっちゅう君CFD 」、インストール不要の高機能分析ツール「 PLATINUM CHART 」を搭載!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる