お取引ガイド

FX長期運用で読むべき本

FX長期運用で読むべき本
Photo: Adobe Stock

なぜ「長期分散投資」が資産運用の王道なのか(1)

内藤 忍

1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院修士課程卒(MBA)。金融機関勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。マネックス・ユニバーシティなどグループ会社の代表取締役を歴任後、株式会社資産デザイン研究所代表取締役就任。著作は40冊を超え、「初めての人のための資産運用ガイド」はシリーズ24万部のベストセラーに。 早稲田大学、明治大学などで、資産運用に関する講座を開講。 毎週金曜日配信の資産デザイン研究所メールは、配信数47,000通を超える人気。ブログ「SHINOBY'S WORLD」も毎日更新中。 閉じる

なぜ「長期分散投資」が資産運用の王道なのか(1)

  • 長期分散投資には理論的根拠がある
  • 「大数の法則」を投資に応用
  • FX長期運用で読むべき本
  • 「短期」より「長期」で保有する方がプラスのリターンを期待できる

長期分散投資には理論的根拠がある

「大数の法則」を投資に応用

「短期」より「長期」で保有する方がプラスのリターンを期待できる

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

内藤忍の「お金から自由になる方法」

家計再生のプロ横山光昭の強い投資をする家計のツボ

内藤忍の「お金から自由になる方法」

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。 現在の純資産残高は約683兆円。一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、 日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる

Photo: Adobe Stock

株式100%をベースとして「日本を含む先進国株式60%」
「新興国株式40%」がモデルポートフォリオ

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる


拡大画像表示

株式100%で運用する場合、複数の銘柄を買うのが面倒だという方や、まとめて投資できる額があまり大きくなく、複数銘柄でポートフォリオを作るのが難しいという方の場合、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」1本だけで運用するのも一つの方法です。

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

資産運用の貯金割合【僕の現金比率を公開】何割を投資にまわすべき?

僕の資産運用ノート


僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

資産運用の投資配分!現金はいくら残せばいい?

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート


家計の計算(お金がない)

資産運用 における ポートフォリオ ・・運用資産の構成状況( いくら現金を残すか? )は、その人の状況によって異なりますが、若い人ほど、また高収入な人ほど、現金比率は少なくなります。

理由は単純で、 若くて高収入 ならば、投資・資産運用で 損失が出ても 、次から次へと入ってくる収入によって リカバリーできる からです。

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

読者

読者

一般的な考え方ですが、僕も「 そうだ 」と同意しています。

投資割合・貯金割合の目安!年齢別

分散投資する金貨(お金)

目安としては、20代ならば、 運用や投資の失敗も「 経験を積むための勉強代 」となるので、投資比率を上げてよく、 貯金100万円以上のお金は、全て投資 にまわしても、悪くはないでしょう。

30代の目安としては、 現金比率は、 総資産の3~5割 程度となるでしょうか。

「残り5割を投資にまわす」と言っても、投資のポートフォリオの中身は 安全重視 であるべきですが・・。

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

貯金は、使わないお金だとしても、あるだけで安心できる【心の安定剤】 という意味合いがあり、また「 いくら貯金額があると安心できるか? 」は人によって異なります。

及び、以下の記事のとおり、銀行預金と同じくらい、 投資元本が保証 されている安全な金融商品もあれば、投機性の高いリスク商品もあるので、単純に現金比率だけでは考えることができません。

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

読者

読者

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。 現在の純資産残高は約683兆円。一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、 日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる

Photo: Adobe Stock

株式100%をベースとして「日本を含む先進国株式60%」
「新興国株式40%」がモデルポートフォリオ

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる


拡大画像表示

株式100%で運用する場合、複数の銘柄を買うのが面倒だという方や、まとめて投資できる額があまり大きくなく、複数銘柄でポートフォリオを作るのが難しいという方の場合、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」1本だけで運用するのも一つの方法です。

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

なぜ「長期分散投資」が資産運用の王道なのか(1)

内藤 忍

1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院修士課程卒(MBA)。金融機関勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。マネックス・ユニバーシティなどグループ会社の代表取締役を歴任後、株式会社資産デザイン研究所代表取締役就任。著作は40冊を超え、「初めての人のための資産運用ガイド」はシリーズ24万部のベストセラーに。 早稲田大学、明治大学などで、資産運用に関する講座を開講。 毎週金曜日配信の資産デザイン研究所メールは、配信数47,000通を超える人気。ブログ「SHINOBY'S WORLD」も毎日更新中。 閉じる

なぜ「長期分散投資」が資産運用の王道なのか(1)

  • 長期分散投資には理論的根拠がある
  • 「大数の法則」を投資に応用
  • 「短期」より「長期」で保有する方がプラスのリターンを期待できる

長期分散投資には理論的根拠がある

「大数の法則」を投資に応用

「短期」より「長期」で保有する方がプラスのリターンを期待できる

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

内藤忍の「お金から自由になる方法」

家計再生のプロ横山光昭の強い投資をする家計のツボ

内藤忍の「お金から自由になる方法」

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる