オンライン外国為替取引

レジスタンスラインの引き方や使い方は

レジスタンスラインの引き方や使い方は
オリジナルインジケーター

松下誠の投資家を元気にするブログ

今、最も支持されているカリスマトレーダー松下誠が、毎日の市況やトレードの心構え、資金管理やルールなど、実践に即して相場を語ります。毎日のメンタルコントロールに最適です。

サポートライン、レジスタンスラインの引き方、使い方!


NYダウ、高値での調整ですね、チャートパターン的にいうと、
十字線といったところでしょうか。
国内株も一旦調整でしょうか。


FX市場では、円安が進んでいるようですね、
材料はさておき、事実を確認しましょう!
NY金も方向感を見極める展開のようです。


いただいた質問は、
「サポートラインやレジスタンスラインの引き方、使い方に関して」で、
このような引き方でいいのでしょうか?というものでした。


サポートラインやレジスタンスラインというのは、
比較的ポピュラーな道具で、色々なところで解説されたり、
使われたりします。


しかし、その正式な手法や考え方があるか?と聞かれると、
おそらく「○○セオリー」といったような、体系化されたものは
ないのではないでしょうか。


この際、節目となって形成された安値や高値同士を引くことで、
安値同士を結んだ線をサポートライン、高値同士を結んだ線をレジスタンスラインと
呼ぶのが一般的です。


安値や高値に関しては、ヒゲの先を採用するか、終値ベースで引くかは
どちらにも意味がありますので、自分の目指すトレードでどちらかに
決めてください。


あとは、より多くの価格がライン近辺で転換すればするほど、
その市場に参加している投資家がそのラインや価格帯を
強く意識していることになりますので、より利用する確率が
高くなると考えて良いでしょう。


ラインの使い方としては、
「そのライン上でサポートやレジスタンスが働くはず」と予想的に
つかいうのではなく、ライン近辺で実際に転換が起こったことを確認し、
トレードとして採用するかどうかを決めます。


ラインを使ったトレードとしては、
1.エントリーサインとして使う
2.利食いのターゲットとして使う
という使い方が、その主なものになると思われます。


あとは、いつものようにそのラインがなぜ形成されているのか、
そのラインはどういう環境下で形成されているのか、といったことを
考えると、より有利なポイントでトレードを行えます。

【反発する水平ラインを自動で】ピボットポイントMT4インジケーター

オリジナルインジケーター

MT4一括決済インジケーターFund Manager

【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

「Fund Manager」の機能

今までなかったピボットポイントMT4インジケーター「Multi-Pivots」

  • 再現性の高いトレードができるようになります
  • マルチタイムフレーム分析が上手くなります
  • 押し目買い、戻り売り、ブレイクアウトするべきポイントがわかるようになります
  • 反発しやすいラインがわかります
  • 今までになかったピボットポイントで分析ができます

「ピボットポイント」とはどんなインジケーター?【基本を解説】

ピボットポイントをすごく簡単に説明すると、 意識されやすい価格に サポート(支持)、レジスタンス(抵抗)を自動で表示してくれる インジケーターです。

ピボットポイントの種類

ピボットポイント種類

  • デイリーピボットポイント(DP、日足)→1日限定のサポート、レジスタンス
  • ウィークリーピボット(WP、週足)→1週間限定のサポート、レジスタンス
  • マンスリーピボット(MP、月足)→1か月限定のサポート、レジスタンス

ピボットポイントが人気の理由 「設定不要で反発するラインがわかる」

ピボットポイントとサポート、レジスタンスライン

ピボットポイントが人気の理由は 「設定が必要なく、誰でも同じ反発しやすいライン(価格)を見れる」 からです。

別の言い方をすると、 「誰のチャートにも同じように表示される」 です。

ピボットポイントは 設定が必要なく 初 心者から上級者まで同じサポート、レジスタンスを見ることができるのが人気の理由です。

裁量でライン(サポート・レジスタンス)を引くのはやめるべき

ラインを裁量(自分の感覚)で引くデメリットとして、

裁量でラインを引くことによって、チャート分析する時に迷ったり、引いたラインに自信を持てなかったり するというのはよくあることなので、できるだけラインは裁量なしで引くことをおすすめしています。

ピボットポイントMT4インジケーター「Multi-Pivots」の4つの特徴

  • 様々な時間軸「1時間足~年足+マーケット」 ピボットを表示できる
  • ピボットをボタン ワンクリックで 表示、非表示 できる
  • レジスタンスラインの引き方や使い方は
  • 過去のピボット を好みで表示、非表示できる
  • S1(R1)~ S5(R5) までのピボットを好みで表示できる

特徴① 業界初? 様々な時間軸のピボット を表示できる

ピボットポイント時間軸

  • 月足ピボットは1か月間意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 週足ピボットは1週間意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 日足ピボットは1日意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 4時間足ピボットは今の4時間足で意識されやすいサポート、レジスタンス

期間限定の水平ラインという感じで、 各時間軸で意識される価格が設定なしで認識できる ようになります。

「Multi-Pivots」で表示できる時間足

トレンドフォローするのに上位足の流れが大事 だというのは誰もが知っていると思います。

上位足のピボットを使うことで、上位足の流れを簡単に把握できるようになるので、 トレンドフォローを意識したトレードができるようになります。

特徴② ボタンワンクリックで ピボットを表示・非表示 できる

「Multi-Pivots」は ボタンワンクリックでピボットを表示、非表示 することができます。

特徴③ 過去のピボット を好みで表示・非表示できる

「Multi-Pivots」は 過去のピボットを非表示(調節)にすることができます

無料でダウンロードできるピボットポイントは 過去のピボットは全て表示 されるので、上位足を見る時ラインだらけで ローソク足が見にくくなるのがデメリット でした。

過去のピボット非表示

「Multi-Pivots」は過去のピボットを好みで表示 させられます。

特徴④ S1(R1)~S5(R5)のピボット レジスタンスラインの引き方や使い方は 表示+好みで表示

「Multi-Pivots」は S1(R1)~S5(R5) まで表示することができます。

「Multi-Pivots」表示できるサポート、レジスタンス

さらに、 ピボットを好みで表示 することもできます。

おそらくR5(S5)を表示できるピボットはネットを探してもありません

「Multi-Pivots」機能まとめ

  • 様々な時間軸「1時間足~年足+マーケット」 ピボットを表示できる
  • ピボットをボタン ワンクリックで 表示、非表示 できる
  • 過去のピボット を好みで表示、非表示できる
  • S1(R1)~ S5(R5) までのピボットを好みで表示できる

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」を使う5つのメリット

メリット① マルチタイムフレーム分析 が上手くなります

メリット② フラクタル構造 を利用したトレードができるようになります

毎回チャート分析に悩んだり、ブレたりするということがなくなります

メリット③ 再現性の高いトレード ができるようになります

メリット④ 相場分析がしやすくなります

今までのピボットのデメリット

メリット⑤ 今までなかったピボット で分析できる

ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」の実践的な使い方【一部公開】

ピボット使い方① サポート・レジスタンスでトレード

ピボットポイントでエントリー利食い

ピボット使い方② トレンドの方向がわかりやすい

トレンド方向の見方①

ピボットポイントとトレンド方向

ピボットポイントの上に価格があれば上昇しやすく、価格が下にあれば下降しやすい という、シンプルな考え方になります。

トレンド方向の見方②

ピボットポイントの切り上げ、切り下げ

ピボット使い方③ トレンドの強弱

ピボットポイント間隔

その他のピボットの使い方は特典

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」をおすすめしないトレーダー

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」はこんなトレーダーにおすすめ

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」の購入特典

特典① インジケーターの取扱説明書

特典② インジケーター永久サポート

特典③ ピボットポイントの実戦的な使い方

  1. ピボットポイントを使ったトレード方法
  2. ピボットポイントでフラクタル構造を意識した分析方法
  3. ピボットポイントを使ったマルチタイムフレーム分析方法

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」のダウンロード方法

最初に記載した通り、 トレードで勝てないのは「再現性が低い」ことが原因になっていることが多いです。

ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」

Check out the YTCインジケータサポート community on Discord - hang out with 471 other members and enjoy free voice and text chat.

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」のよくある質問

ゴールドやどの通貨ペアでも使えますか?

ボタンは移動できますか?

ボタンのサイズは変更できますか?

MT5では使えますか?

サポート、レジスタンスラインの色や形状は変更できますか?

R3、S1、価格などの表記は非表示にすることができますか?

リペイントはしますか?

背景を塗りつぶすことはできますか?

ピボットにタッチしたらアラートする機能はありますか?

ピボットポイント使えば勝てますか?

Check out the YTCインジケータサポート community on Discord - hang out with 471 other レジスタンスラインの引き方や使い方は members and enjoy free voice and text chat.

【著作権について】 当コミュニティYTCは著作権法で保護されている著作物です。 下記の点にご注意戴きご利用下さい。本講座の著作権はyaniに属します。 著作権者の許可なく、本講座の全部又は一部をいかなる手段において も複製、転載、流用、転売等することを禁じます。本講座の閲覧をもって下記の事項に同意したものとみなします。本講座は秘匿性が高いものであるため、著作権者の許可なく、このコンテンツの全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。 著作権等違反の行為を行った時、その他不法行為に該当する行為を行った時 は、関係法規に基づき損害賠償請求を行う等、民事・刑事を問わず法的手段 による解決、強制退会を行う場合があります。本講座に書かれた情報は、作成時点での著者の見解等です。著者は事前許可を得ずに誤りの訂正、情報の最新化、見解の変更等を行う権利を有し ます。本講座の作成には万全を期しておりますが、万一誤り、不正確な情報等 がありましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任負わないことをご了承願います。本講座のご利用は自己責任でお願いします。本講座の利用することにより生じたいかなる結果につきましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任を負わないことをご了承願います。

・一括、分割決済
・トレード履歴
・トレール7種類
・スクリーンショット
・ロット計算
・強制資金管理
・LINE通知

株のトレンドラインの見方や使い方は?主な相場のパターンも

基本的なトレンドの見方として、株価の山(高値)と山(高値)、谷(安値)と谷(安値)を比較します。以下の図をご覧ください。

安値「B」が以前の安値「A」を上回り、直近の高値「a」を上回ったときに「上昇トレンド」に転換したと判断します。そして高値と安値を連続的に切り上げる値動きのときは、「上昇トレンドを形成している」と判断するのです。

3.トレンドの転換を見極める

3-1.買いのポイント(下落トレンド→上昇トレンド)


下落トレンドから上昇トレンドへの転換は、「買いのサイン」になります。下落トレンドがしばらく続いた後、株価がレジスタンスライン(上値抵抗線)を超えて上昇した場合、上昇トレンドに変わったと判断できるので、買いのサインになります。

3-2.売りのポイント(上昇トレンド→下落トレンド)


上昇トレンドがしばらく続いた後、株価がサポートライン(下値支持線)を割り込んで下がった場合、下落トレンドに転換して売りのタイミングになったと判断します。ただ、一時的にサポートラインを割り込んだだけで、再び上昇トレンドに戻る場合もあります。

プロのFXチャート分析実践講座 「サポートラインとレジスタンスラインとは?サポートライン・レジスタンスラインで勝つための活用法」

サポートライン


サポートラインのベーシックなパターンはチャート上に水平に伸びるサポートラインです。

このサポートラインがトレンドが転換するかどうかの重要なポイントとして見ることができます。今後の相場予想において判断の目安になるのです。

レジスタンスライン

レジスタンスライン

上図チャートを見てもわかるように、レジスタンスラインにくるたびに価格は下に折り返していますね。レジスタンスラインは上昇トレンドが継続するのか、それともここで反転して下降トレンドに向かうのが重要なトレンド転換のポイントとなります。

レジスタンスライン・サポートラインの引き方

下降から上昇に転換した場所にサポートライン

下降から上昇に転換した場所にサポートライン

まずは、下降した相場が上昇に転換した場所に水平ラインを挿入してみます。後からいくらでも修正はできますので、だいたいの場所に引いておけば大丈夫です。この位置がサポートラインですね。

上昇から下降に転換した場所にレジスタンスライン

上昇から下降に転換した場所にレジスタンスライン

次に、相場が上昇に向かって今度は下がり始めた場所にレジスタンスラインを挿入します。これで、安値の目安となるサポートラインと高値の目安となるレジスタンスラインが挿入できました。

次の動きをサポートとレジスタンで読む

次の動きをサポートとレジスタンで読む

このチャートの場合はサポートライン付近で苦戦していますね。反発するのか下に下がるのか微妙なところです。そして、とうとうサポートラインを価格は下回りました

数か所の反転ポイントにラインを引いてみる

数か所の反転ポイントにラインを引いてみる

慣れてきたら、数か所の反転ポイントに水平ラインを入れてみて下さい。

時間足を変えてラインを数本入れてみる

週足を縮小してレジスタンス・サポートを挿入

週足を縮小してレジスタンス・サポートを挿入

そうすると、トレンドが下に向かうポイントや上に向かうポイントがいくつか出てきますので、どこが重要なラインになるのか探しやすいですよね。目立つ部分に何本がラインを引いておきます。これが週足ペースで見たトレンド転換のポイントです。

サポートラインとレジスタンスラインの見方・使い方

サポートラインとレジスタンスラインの見方・使い方

サポート・レジスタンスラインでエントリー

サポート・レジスタンスラインでエントリー

サポートラインに触れた後で、価格が確実に上に向かい始めたら「買いエントリー」です。このチャートでは、この後ですぐにレジスタンスラインが待っていますね。もし、ここで価格が下がり始めたら、もとのサポートラインまで下がる可能性がありますので「即損切り」です。

ここで、レジスタンスラインを確実に上に抜けたら、一気に価格が上に向かう可能性があります。このラインを目安に「買いエントリー」することもできます。

サポート・レジスタンスラインでエグジット

サポート・レジスタンスラインでエグジット

下に抜けるのを確認したら「売りエグジット」で利確です。下降トレンドが継続した後でサポートラインをさらに下に抜けました。下降トレンドがここから継続する可能性があります。このポイントで「売りエントリー」することも可能です。

【反発する水平ラインを自動で】ピボットポイントMT4インジケーター

オリジナルインジケーター

MT4一括決済インジケーターFund Manager

【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

「Fund Manager」の機能

今までなかったピボットポイントMT4インジケーター「Multi-Pivots」

  • 再現性の高いトレードができるようになります
  • マルチタイムフレーム分析が上手くなります
  • 押し目買い、戻り売り、ブレイクアウトするべきポイントがわかるようになります
  • 反発しやすいラインがわかります
  • 今までになかったピボットポイントで分析ができます

「ピボットポイント」とはどんなインジケーター?【基本を解説】

ピボットポイントをすごく簡単に説明すると、 意識されやすい価格に サポート(支持)、レジスタンス(抵抗)を自動で表示してくれる インジケーターです。

ピボットポイントの種類

ピボットポイント種類

  • デイリーピボットポイント(DP、日足)→1日限定のサポート、レジスタンス
  • ウィークリーピボット(WP、週足)→1週間限定のサポート、レジスタンス
  • マンスリーピボット(MP、月足)→1か月限定のサポート、レジスタンス

ピボットポイントが人気の理由 「設定不要で反発するラインがわかる」

ピボットポイントとサポート、レジスタンスライン

ピボットポイントが人気の理由は 「設定が必要なく、誰でも同じ反発しやすいライン(価格)を見れる」 からです。

別の言い方をすると、 「誰のチャートにも同じように表示される」 です。

ピボットポイントは 設定が必要なく 初 心者から上級者まで同じサポート、レジスタンスを見ることができるのが人気の理由です。

裁量でライン(サポート・レジスタンス)を引くのはやめるべき

ラインを裁量(自分の感覚)で引くデメリットとして、

裁量でラインを引くことによって、チャート分析する時に迷ったり、引いたラインに自信を持てなかったり するというのはよくあることなので、できるだけラインは裁量なしで引くことをおすすめしています。

ピボットポイントMT4インジケーター「Multi-Pivots」の4つの特徴

  • 様々な時間軸「1時間足~年足+マーケット」 ピボットを表示できる
  • ピボットをボタン ワンクリックで 表示、非表示 できる
  • 過去のピボット を好みで表示、非表示できる
  • S1(R1)~ S5(R5) までのピボットを好みで表示できる

特徴① 業界初? 様々な時間軸のピボット を表示できる

ピボットポイント時間軸

  • 月足ピボットは1か月間意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 週足ピボットは1週間意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 日足ピボットは1日意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 4時間足ピボットは今の4時間足で意識されやすいサポート、レジスタンス

期間限定の水平ラインという感じで、 各時間軸で意識される価格が設定なしで認識できる ようになります。

「Multi-Pivots」で表示できる時間足

トレンドフォローするのに上位足の流れが大事 だというのは誰もが知っていると思います。

上位足のピボットを使うことで、上位足の流れを簡単に把握できるようになるので、 トレンドフォローを意識したトレードができるようになります。

特徴② ボタンワンクリックで ピボットを表示・非表示 できる

「Multi-Pivots」は ボタンワンクリックでピボットを表示、非表示 することができます。

特徴③ 過去のピボット を好みで表示・非表示できる

「Multi-Pivots」は 過去のピボットを非表示(調節)にすることができます

無料でダウンロードできるピボットポイントは 過去のピボットは全て表示 されるので、上位足を見る時ラインだらけで ローソク足が見にくくなるのがデメリット でした。

過去のピボット非表示

「Multi-Pivots」は過去のピボットを好みで表示 させられます。

特徴④ S1(R1)~S5(R5)のピボット 表示+好みで表示

「Multi-Pivots」は S1(R1)~S5(R5) まで表示することができます。

「Multi-Pivots」表示できるサポート、レジスタンス

さらに、 ピボットを好みで表示 することもできます。

おそらくR5(S5)を表示できるピボットはネットを探してもありません

「Multi-Pivots」機能まとめ

  • 様々な時間軸「1時間足~年足+マーケット」 ピボットを表示できる
  • ピボットをボタン ワンクリックで 表示、非表示 できる
  • 過去のピボット を好みで表示、非表示できる
  • レジスタンスラインの引き方や使い方は
  • S1(R1)~ S5(R5) までのピボットを好みで表示できる

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」を使う5つのメリット

メリット① マルチタイムフレーム分析 が上手くなります

メリット② フラクタル構造 を利用したトレードができるようになります

毎回チャート分析に悩んだり、ブレたりするということがなくなります レジスタンスラインの引き方や使い方は 。

メリット③ 再現性の高いトレード ができるようになります

メリット④ レジスタンスラインの引き方や使い方は レジスタンスラインの引き方や使い方は 相場分析がしやすくなります

今までのピボットのデメリット

メリット⑤ 今までなかったピボット で分析できる

ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」の実践的な使い方【一部公開】

ピボット使い方① サポート・レジスタンスでトレード

ピボットポイントでエントリー利食い

ピボット使い方② トレンドの方向がわかりやすい

トレンド方向の見方①

ピボットポイントとトレンド方向

ピボットポイントの上に価格があれば上昇しやすく、価格が下にあれば下降しやすい という、シンプルな考え方になります。

トレンド方向の見方②

ピボットポイントの切り上げ、切り下げ

ピボット使い方③ トレンドの強弱

ピボットポイント間隔

その他のピボットの使い方は特典

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」をおすすめしないトレーダー

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」はこんなトレーダーにおすすめ

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」の購入特典

特典① インジケーターの取扱説明書

特典② インジケーター永久サポート

特典③ ピボットポイントの実戦的な使い方

  1. ピボットポイントを使ったトレード方法
  2. ピボットポイントでフラクタル構造を意識した分析方法
  3. ピボットポイントを使ったマルチタイムフレーム分析方法

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」のダウンロード方法

最初に記載した通り、 トレードで勝てないのは「再現性が低い」ことが原因になっていることが多いです。 レジスタンスラインの引き方や使い方は

ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」

Check out the YTCインジケータサポート community on Discord - hang out with 471 レジスタンスラインの引き方や使い方は other members and レジスタンスラインの引き方や使い方は enjoy free voice and text chat.

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」のよくある質問

ゴールドやどの通貨ペアでも使えますか?

ボタンは移動できますか?

ボタンのサイズは変更できますか?

MT5では使えますか?

サポート、レジスタンスラインの色や形状は変更できますか?

R3、S1、価格などの表記は非表示にすることができますか?

リペイントはしますか?

背景を塗りつぶすことはできますか?

ピボットにタッチしたらアラートする機能はありますか?

ピボットポイント使えば勝てますか?

Check out the YTCインジケータサポート community on Discord - hang out with 471 other members and enjoy free voice and text chat.

【著作権について】 当コミュニティYTCは著作権法で保護されている著作物です。 下記の点にご注意戴きご利用下さい。本講座の著作権はyaniに属します。 著作権者の許可なく、本講座の全部又は一部をいかなる手段において も複製、転載、流用、転売等することを禁じます。本講座の閲覧をもって下記の事項に同意したものとみなします。本講座は秘匿性が高いものであるため、著作権者の許可なく、このコンテンツの全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。 著作権等違反の行為を行った時、その他不法行為に該当する行為を行った時 は、関係法規に基づき損害賠償請求を行う等、民事・刑事を問わず法的手段 による解決、強制退会を行う場合があります。本講座に書かれた情報は、作成時点での著者の見解等です。著者は事前許可を得ずに誤りの訂正、情報の最新化、見解の変更等を行う権利を有し ます。本講座の作成には万全を期しておりますが、万一誤り、不正確な情報等 がありましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任負わないことをご了承願います。本講座のご利用は自己責任でお願いします。本講座の利用することにより生じたいかなる結果につきましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任を負わないことをご了承願います。

・一括、分割決済
・トレード履歴 レジスタンスラインの引き方や使い方は
・トレール7種類
・スクリーンショット
・ロット計算
・強制資金管理
・LINE通知

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる