FXビギナーズガイド

チャートの見方から分析方法まで徹底解説

チャートの見方から分析方法まで徹底解説

2つ目にMT4チャート内に載っている通貨強弱の情報です。

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金相場|2022年6月11日チャート今後の予想

今回の動画では、 トレンド/レンジ相場の両方で安定成績を出すための方法を考察していきます。 どの商品の相場であってもトレンド相場、レンジ相場という2つのタイプに大別されるので、両方の相場の攻略をテクニカル分析で出来れば大きな武器にな.

という感じで、またしても中期レンジ底辺の1832ドルに到着しましたが、ここで注目のCPI、 消費者物価指数が公表 されました。

金曜日の21:30に公表されたこの経済指標ですが、まずは総括として 「予想外に物価高」 という感じでした。


(参照元:Trading Economics)

しかし、 その慎重な市場予想すら、今回の値は越えてくる ことになりました。

結果の値は8.6%ということで、せっかく直前に8.5%から8.3%という折り返し感を見せたにもかかわらず、再度上昇感を匂わせる形になり、値としても、8.5%よりも高い 8.6%という直近での最高値更新 という状況を生み出しました。

この結果を受けて、政策金利の引き上げ観測が加速して ドル高株安 という状況が生まれました。

いかにこのグレーの 中期レンジが堅いかを思い知る1週間 となりました。

ただし、 1832ドル辺りはかなりロング勢に対して信頼感を高めてきている 印象なので、そこを固めつつ推移してくる可能性が出てきております。

ゴールド相場(GOLD)_今後のトレンド見通し

長期では上寄りに見つつまだ強気には材料が足りない

トレンドの概要が前回と変わっていないのでサボっているように認識されるかもしれませんが、長期トレンドで 強気の上目線になるにはあと少し足りない 印象です。

そのため、ダウ理論のトレンド継続の条件を当てはめたときに、 「高値と安値の更新で言えば一応下降トレンド」 と取れてしまうのが現状です。

ファンダメンタルは急にゴールド追い風

物価高がどれだけ今回脅威に映ったのかは、CME Fed Watchさんの政策金利の見通しにきれいに反映されております。

簡潔に言えば、 「政策金利の見通しは加速」 しております。

特に顕著なのが9月の見通しで、一時は0.25%の利上げでよさそうと見通されていたものが、 「少なくとも0.5%は利上げしないと」 という雰囲気の見通し構成に切り替わっております。


(参照元:FRED)

結局は中期レンジ内

いろいろとトレンド系のお話をしておりますが、 結局は1875~1832ドルの中期レンジを脱することなく今週も着地 をしております。

期待できるのは 6月FOMC で、来週の木曜日午前3:00ごろから声明などが始まります。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

長期下降トレンドライン

ただし、 2000ドルの高値が一度キレイについているのである程度は意識されてくる と踏んでおります。

現状がレンジ相場なので、レンジ上辺の 1875ドルが抜かれると損切り多発のエネルギーによってこのトレンドラインもまとめてブレイク というのがあり得ます。

1875ドルのレジスタンスエリア

一応、テクニカル的には レンジ上辺としての水平線がメイン になってきます。

1850ドルのエリア

こちらはもはやネタ枠というぐらいに 値動きを止められない価格として認識 をしております。

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じていることは大変良いこと です。
リスクをしっかりと把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、基本的に海外業者のご利用を推奨いたします。
理由としては、海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。
10年間貯金した資産が一瞬で溶けたら、落ち込むどころではないかと思います。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無くて、
「どこの業者でも同じだからボーナスが多いほうがいい!」という方がいると危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私個人の話をすると、 ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

海外FX業者Exness(エクスネス)のレバレッジ・スプレッド・ボーナスや口座開設方法について徹底解説してみた

FX業者 Exness(エクスネス)

FX業者

Exness(エクスネス)とは

Exness(エクスネス)のレバレッジ

無制限レバレッジというのはポジションを取るための必要証拠金がないということです。

経済指標前後

土日・祝日の市場の開始と終了

ゴールドとシルバーの制限

Exness(エクスネス)のゼロカットシステム

Exness(エクスネス)のスプレッド

Exness(エクスネス)のロスカット水準

Exness(エクスネス)はなんと強制ロスカットの証拠金維持率が0%なんですね。

0%ということは事実上資金をすべて使って含み損に耐えることができるということです。

よってトレードの資金効率が良くなります。

Exness(エクスネス)の取引ツール

Exness(エクスネス)の口座タイプ

また、最低入金額は『初回の入金のみ』であり、

スタンダード口座

スタンダートセント口座

ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた『Scarlet(スカーレット)』 Scarlet(スカーレット)です。Scarletの由来は、 東方Projectのスカーレット姉妹から取ってきました。 Scarlet.

ロースプレッド口座

Exness(エクスネス)のボーナス

Exness(エクスネス)のサポート

Exness(エクスネス)の安全性

信託保全が分別管理されている

Exness(エクスネス) デロイト・トウシュ・トーマツ

Exness(エクスネス)のライセンスを4つ取得

Exness(エクスネス) ライセンス

・キプロス証券取引委員会(CySEC):ライセンス番号178/12
・セイシェル共和国金融庁(FSA):ライセンス番号SD025(Nymstar Limited社)
・金融行動監視機構(FCA):登録番号730729

レアル・マドリードがスポンサー

Exness(エクスネス) レアル・マドリード

Exness(エクスネス) の入出金

Exness(エクスネス)のよくある質問

Exness(エクスネス)はEAは使えるのか?

Exness(エクスネス)の口座開設

公式サイトにアクセス

必要事項を記入

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス) 口座開設

取引口座を選択する

Exness(エクスネス) 口座開設

パーソナルエリアにログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)の追加口座の開設

Exness(エクスネス) 口座開設

メール・電話番号・個人情報を認証する

Exness(エクスネス) 口座開設

身分証明書と住所確認書類

本人確認書類(写真付き・両面・有効期限内)

Exness(エクスネス) 口座開設

現住所確認書類(発行から6ヶ月以内のもの)

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)でMT4やMT5にログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

【大問題】3すくみトレードで話題のFXSuitが突然のスプレッド拡大でロスカット祭りに!?情報についてまとめてみた

海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみた

XMとは2009年から運営を開始している海外FX業者であり、 XMは2018年時点で新規口座開設数100万人突破している世界でも人気の高い業者になります。 海外FX業者は数多く存在しますが、その中でもNo.1の人気を誇るのはXMです。 今回は海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみました。

FXの通貨強弱って何?分析方法とおすすめツール・手法を徹底解説!

各通貨の強弱をトレンド化したもの


通貨強弱とは、各通貨ごとの強さ・弱さをグラフで示したもの です。

定まった期間中、買われる傾向にある通貨は上昇傾向となっていますし、売られる傾向にある通貨は下降傾向になります。

通貨強弱で通貨ペアのトレンドを把握できる

トレンドを把握


通貨強弱で通貨ペアのトレンドも把握することができます。

また、同じ方向に動いている通貨のペアの場合は、あまり変動せず安定した動きとなっていいます。

このように各通貨のトレンドを把握できれば、それらを通貨ペアにした場合、どのような動きをするのかおおよそ予測できます。

▼FXの通貨ペアについては以下の記事で詳しく解説しています

FXの通貨強弱の見方

それではつぎに通貨強弱の見方について解説していこうと思います。

みんなのFXでは通貨強弱の情報を開示しており、今回はそれを参考にして通貨強弱の見方を説明していこうと思います。

公式サイトから口座開設しておきましょう。

\当サイト限定!最大53,000円もらえる/

アプリ内で通貨強弱を表示する方法

通貨強弱の見つけ方


アプリ内で通貨強弱のグラフを表示させる方法について紹介していきます。

まず、 最下部の「マーケット」を押下し、そしたら最上部にいくつかタブが表示され、その中から「通貨強弱」を選択 しましょう。

そうすれば通貨強弱のグラフが表示できます。

「チャート」を選択すればチャートで表示された通貨強弱を表示でき、「通貨ペアランキング」を選択すると、通貨ペアの強弱をランキング形式でみることができます

チャートの通貨強弱の見方

チャート形式


次にチャートでの通貨強弱の見方について見ていきます。

チャート形式の方は、各通貨ごとに通貨の強弱が示されています

時間軸は「本日」「前営業日」「1週間」「1か月」「1年」「10年」から選択することができます。

通貨ペアランキングの見方

通貨ペアランキング


次に通貨ペアランキングの見方を説明していきます。

これは通貨ペアの強弱をランキング形式で示しています

1位は最もLong(チャートの見方から分析方法まで徹底解説 買い)ポジションが集まっている通貨ペアで、順位が下がるにつれて買われる量が減り

最下位はLong(買い)ポジションが最も少ない or Short(売り)ポジションが最も多い通貨ペアになります。

一目でどの通貨ペアが買われているのか売られているのかを確認することができます。

通貨強弱を利用したトレード手法

次に、通貨強弱を利用したトレード手法について説明していこうと思います。

先ほど説明したように、通貨強弱の情報をもとにすればどの通貨ペアが強い動きをしているのかがわかります

真逆の動きをしている通貨のペアを売買

真逆の動きをする通貨をトレード


まず一番に思いつくであろう戦略は、真逆の動きをしている通貨ペア同士を結びつけた通過ペアを取引することです。

そうすることで確実に大きく変動する通貨ペアを効率よく見つけることができます

逆に同じ動きをしている通貨同士の通貨ペアであると、その通貨同士の引っ張り合いになり、膠着状態で推移するか、どちらか強い方に若干引っ張られる程度になります。

円やスイスフランなど安全通貨に着目する

安全通貨に着目


2つ目は、円やスイスフランなどの安全通貨の強弱に注目することです。

これらの通貨は景気がよくリスク選好的な相場か、それともリスクを避けるようなタイミングなのかを教えてくれます。

リスク選好的なタイミングですと、ドルやユーロなどその他の外国通貨が買われやすくなります

これらの外国通貨の中から、 直近の経済指標でよい数値が出たり、ポジティブな経済的・政治的ニュースが出た国の通貨を選べばよい とでしょう。

これらの外国通貨を買い、円を売るような通貨ペアで取引をすれば利益を出しやすいです。

逆に、リスクを避けたいような相場であれば、円やスイスフランが買われやすくなります

それと直近で売られやすい外国通貨を選んできて、その通貨を売って円を買う取引をすれば利益が出てくるのではと思います。

FXの通貨強弱を分析できるツール

次に、FX取引で使用できる通貨強弱を参照できるツールを紹介したいと思います。

主に以下の3つに分けることができると思います。

通貨強弱情報の主な参照先
・FX業者が提供するアプリ
・MT4/MT5チャート
・インディケータ(ネットなどの情報も含む)

FX業者のアプリ

FX業者のアプリ


まず、一つ目としてはFX業者が提供するアプリ内に載っている強弱情報です。

これは情報提供しているかどうかは各FX会社によりますが、みんなのFXでは通貨強弱の情報を提供しています。

ただし、アプリ内で提供している情報ですので、ログインしないと見ることはできません

ログインするためには、みんなのFXでの口座開設が必要になります。

口座開設にはお金はかかりませんので、仮に取引するつもりがなくても口座開設するだけしてみてもよいのではと思います。

今なら、 口座開設&取引で最大50,000円がもらえるキャンペーン中 ですので、ぜひ口座開設してみましょう!

\当サイト限定!最大53,000円もらえる/

▼みんなのFXの評判については以下の記事をご参考ください

【ヤバイ】みんなのFXの評判・口コミを辛口評価!?メリット・デメリットとは? 今回はみんなのFXの評判や口コミを詳しく紹介していきたいと思います。 トレイダーズ証券が運営するこのみんなのFXですが、開設する価.

MT4/MT5のツール

MT4_MT5チャートのツール


2つ目にMT4チャート内に載っている通貨強弱の情報です。

MT4チャートでは、ccfpやMTF(Multi Time Frame)というツールが用意されています。

MT4チャートは色々な分析ツールが揃っており、アカウント登録すればMT4/MT5チャートは無料で利用することができます。

もちろん、国内FX会社の中にはMT4/MT5チャートを採用している会社もあります

しかし残念ながら、現在みんなのFXではMT4チャートは採用していませんが、自分の独自のデモアカウントを開設するなどして分析ツールだけ利用するというのもありだと思います。

もちろん、みんなのFXが独自に提供しているアプリや取引ツール内には通貨強弱の情報が揃っていますので、それを利用すれば問題ないと思います。

▼おすすめのMT4が使えるFX会社については以下の記事をご参考ください

インジケータ

インジケータ


次に、インターネット内でFX会社や金融系の情報を扱うwebページなどにのっている情報です。

FX会社が一般に公開している場合もありますし、金融系の情報を提供する一部webページなどでは、通貨強弱のグラフを載せていることがあります

ただし、一般向けにフリーで提供されている情報ですので、無いとは思いますが誤った情報のもと分析されている可能性もありますので、注意は必要です。

メインの分析ツールとして使いたいなら、FX会社が提供する分析ツールを参照するのが一番安全であると思います。

ですのでしっかりとしたFX会社が提供する情報を利用すべきであると思います。

▼MT4のインジケータについては以下の記事をご参考ください

通貨強弱を活用するポイント・注意点

次に、通貨強弱を活用するポイント・注意点について紹介していこうと思います。

通貨強弱をあなたのトレードに活かしていく上でのポイントや注意点という形で説明していこうと思います。

トレンドの強さを適宜確認する

トレンドの強さを確認


まず、トレンドの強さが重要です。

トレンドとは、通貨強弱のトレンドもですが、通貨ペアの価格推移も重要です。

理由としては、各通貨レベルで急激に強弱トレンドが変動していたとしても、全ての通貨で同じように変動していたら、通貨ペアでみるとその変動は相殺され、結果的に通貨ペアのトレードでは利益が大きく出ない可能性があります。

言い換えていうと、通貨強弱のグラフにおいて全ての通貨で変動しているような場合、通貨ペアでみると大きく変動していない可能性が高いです。

ですので、 通貨強弱のグラフをみる際、特定の通貨だけ急激に変動しているものだけをターゲットにするべき です。

それと反対に変動している通貨を組み合わせた通貨ペアをトレードすれば、効率よく利益を上げることができると思います。

強いトレンドが発生する時間帯やタイミングでエントリーする

大きく変動する時間帯に取引


次に、強いトレンドが発生する時間帯やタイミングでエントリーすることも重要です。

なぜなら、通貨強弱のグラフは全て相対的なものです。

それまでの変動率と比べて、どれだけ変動しているかがグラフに描かれますので、あまり変動していなかったら、少し大きめの変動が来ただけで通貨強弱上では大きな変動ととられてしまいます

グラフや統計ツールなどは全て相対的な分析である一方、トレードの利益は絶対的な数値で決まります

ですので、 一番大事なのは最も値動きするタイミングでトレードすること です。

そして、一番値動きするのはヨーロッパ市場が開始される日本時間午後4〜5時くらいからです。

トレンドが長期的・短期的なものなのかを分析する

トレンドが長期的に続くか見極める


最後に、トレンドが長期的・短期的なものなのかを分析する必要があります

通貨強弱が示しているのは、ある一定期間の間での変動率に基づく通貨の動きを示しているので、期間が違えば変動する量も異なってきます

また、より長期的に見れば見るほど、その変動が長期的に見て大きな変動なのか小さな変化に過ぎないのかもわかってきます

そして、その変動がどれだけ続くのかも予測したいと思いますが、それはターゲットとしている通貨ペアのチャートを参考にしましょう!

チャートの期間をできるだけ長期に、たとえば日足や週足、月足でみてもよいと思います。

また、トレンドに乗っていても直近の高値・底値近くに差し掛かっていたり、

ゴールデンクロス・デッドクロス間近orクロスして強く変動し続けているのかなど、その時々によってトレンドが長引くのかどうかわかりません。

ですので、 トレンドがどれだけ続くのかはできるだけ長い期間のチャートを見て、それがどの期間におけるトレンドなのかを見極めることが重要 です。

トレードする際には、必ず通貨強弱と合わせて通貨のトレンドがどれだけ続きそうなのかをチャートから判断しましょう

【まとめ】通貨強弱を活用したFXトレードしよう

まとめ


今回の記事では通貨強弱を活用したFXトレードについてまとめました

みんなのFXでは、通貨強弱ツールは当然のことながら、そのほかの統計分析に基づくツールが多数提供されています。

今なら新規口座開設と取引開始で チャートの見方から分析方法まで徹底解説 最大で50000円がもらえるキャンペーン中なので、ぜひこの機会に口座開設しておきましょう!

バイナリーオプションのチャート分析(テクニカル分析)方法を徹底解説

必勝法

  • テクニカル分析の重要性がわかる
  • どのような分析方法があるのかがわかる

そもそもテクニカル分析とは何なのか?

具体的にどのような分析を行えばいいのか?

バイナリーオプションでは テクニカル分析(チャート分析) を使って取引を行うのが一般的なので、 これからバイナリーオプションで稼ぎたいと思っている方はぜひご覧になってください。

  • 1 バイナリーオプションにおけるテクニカル分析(チャート分析)の基本
    • 1.1 テクニカル分析をすると勝率が上がる理由
    • 1.2 テクニカル分析で相場を読む
    • 2.1 チャートの読み方
    • チャートの見方から分析方法まで徹底解説
    • 2.2 チャートを読むためのツール
    • 2.3 チャートの見方
    • 2.4 バイナリーオプションでは逆張りがメイン
    • 3.1 ダウ理論
    • 3.2 ライントレード
    • 3.3 フィボナッチリトレースメント
    • 3.4 チャートの見方から分析方法まで徹底解説 チャートパターン
    • 3.5 マルチタイムフレーム分析(MTF分析)
    • 3.6 ダイバージェンス
    • 3.7 バンドウォーク

    バイナリーオプションにおけるテクニカル分析(チャート分析)の基本

    バイナリーオプションは15分以内の短期取引(長くても1時間)の投資ですので経済指標など世界情勢から価格予測するファンダメンタルズ分析より 過去の値動きを見て価格を予測するテクニカル分析がメインの分析方法 となります。

    ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金相場|2022年6月11日チャート今後の予想

    今回の動画では、 トレンド/レンジ相場の両方で安定成績を出すための方法を考察していきます。 どの商品の相場であってもトレンド相場、レンジ相場という2つのタイプに大別されるので、両方の相場の攻略をテクニカル分析で出来れば大きな武器にな.

    という感じで、またしても中期レンジ底辺の1832ドルに到着しましたが、ここで注目のCPI、 消費者物価指数が公表 されました。

    金曜日の21:30に公表されたこの経済指標ですが、まずは総括として 「予想外に物価高」 という感じでした。


    (参照元:Trading Economics)

    しかし、 その慎重な市場予想すら、今回の値は越えてくる ことになりました。

    結果の値は8.6%ということで、せっかく直前に8.5%から8.チャートの見方から分析方法まで徹底解説 3%という折り返し感を見せたにもかかわらず、再度上昇感を匂わせる形になり、値としても、8.5%よりも高い 8.6%という直近での最高値更新 という状況を生み出しました。

    この結果を受けて、政策金利の引き上げ観測が加速して ドル高株安 という状況が生まれました。

    いかにこのグレーの 中期レンジが堅いかを思い知る1週間 となりました。

    ただし、 1832ドル辺りはかなりロング勢に対して信頼感を高めてきている 印象なので、そこを固めつつ推移してくる可能性が出てきております。

    ゴールド相場(GOLD)_今後のトレンド見通し

    長期では上寄りに見つつまだ強気には材料が足りない

    トレンドの概要が前回と変わっていないのでサボっているように認識されるかもしれませんが、長期トレンドで 強気の上目線になるにはあと少し足りない 印象です。

    そのため、ダウ理論のトレンド継続の条件を当てはめたときに、 「高値と安値の更新で言えば一応下降トレンド」 と取れてしまうのが現状です。

    ファンダメンタルは急にゴールド追い風

    物価高がどれだけ今回脅威に映ったのかは、CME Fed Watchさんの政策金利の見通しにきれいに反映されております。

    簡潔に言えば、 「政策金利の見通しは加速」 しております。

    特に顕著なのが9月の見通しで、一時は0.25%の利上げでよさそうと見通されていたものが、 「少なくとも0.5%は利上げしないと」 という雰囲気の見通し構成に切り替わっております。


    (参照元:FRED)

    結局は中期レンジ内

    いろいろとトレンド系のお話をしておりますが、 結局は1875~1832ドルの中期レンジを脱することなく今週も着地 をしております。

    期待できるのは 6月FOMC で、来週の木曜日午前3:00ごろから声明などが始まります。

    ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

    長期下降トレンドライン

    ただし、 2000ドルの高値が一度キレイについているのである程度は意識されてくる と踏んでおります。

    現状がレンジ相場なので、レンジ上辺の 1875ドルが抜かれると損切り多発のエネルギーによってこのトレンドラインもまとめてブレイク というのがあり得ます。

    1875ドルのレジスタンスエリア

    一応、テクニカル的には レンジ上辺としての水平線がメイン になってきます。

    1850ドルのエリア

    こちらはもはやネタ枠というぐらいに 値動きを止められない価格として認識 をしております。

    ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

    まず、 不安を感じていることは大変良いこと です。
    リスクをしっかりと把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

    ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
    急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

    それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

    ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

    ゴールドのトレードをするなら、基本的に海外業者のご利用を推奨いたします。
    理由としては、海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

    FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
    レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

    レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
    100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

    厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。
    10年間貯金した資産が一瞬で溶けたら、落ち込むどころではないかと思います。

    それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
    「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

    ゼロカットシステムによって、
    最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
    勝ち分は無限に膨らませることができます。

    それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

    「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
    という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

    中には危険な海外業者も

    逆に不安が全く無くて、 チャートの見方から分析方法まで徹底解説
    「どこの業者でも同じだからボーナスが多いほうがいい!」という方がいると危険なので、
    海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

    上記は私も相談を受けたことがありますが、
    「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
    口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

    ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
    その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

    私個人の話をすると、 ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
    こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる