FX入門〜初心者におすすめ

テクニカル指標の重要性を理解する

テクニカル指標の重要性を理解する
下記がイメージです。
↓※(MACDが緑、シグナルが黄色)

テクニカル指標の重要性を理解する

この様に書くと身内かと疑われそうですが、この投稿は非常にシンプルですが正真正銘の真実だと理解しています。
FX、株式、先物、全てに共通のお話しだと思います。
私はこれまで約10年間、ありとあらゆる投資の書籍や商材等を見て参りました。
それはそれは様々な物が沢山ありましたが、結局行きつく先は移動平均線とダウでした。
小手先の技術ばかりを提供している物があまりにも多い昨今、一本しっかりとした軸を持つ授業を提供しているのは維新流を置いて他にはないのではないでしょうか。
ただ、維新流トレードは身に付けば最高の技術なのですが人によっては、”言っている事は分かるけれど、それを実際に自分自身が再現出来るか”といえば非常に難しく、やはりある程度の学習が必要となります。
しかし、どの世界もそれは一緒なので一つの技術を横道それる事無く一生懸命勉強し続けていれば、完璧とまではいかないかもしれませんが、必ずや得るものはあると思います。

FXをはじめて、10ヶ月、感覚でポジポジ、退場ぎりぎりのところまで来てしまい、やっと、ポジることができなくなった今日この頃、原点に返り、維新流の本を、もう一度読みなおしています。
ダウ、MA、水平線の大切さ、環境を認識することを心がけ、退場にならないよう頑張って行きたいと思っています。
すっかり、力がなくなってしまいましたが、この世界で生き残れるよう!
これからも、維新流メールを、拝読しながら、シナリオを立てられるエントリーを心がけていきたいと思っております。

ありがとうございます。基本に戻って出直しです。
いつも大切な事ありがとうございます( ^ω^ )/

今日のテーマは共感しました、移動平均線、ダウ理論を深く理解する
まさに今自分が取り組んでいることです
トレーダーズクラブに年会費を払って会員になってから約六か月、最近少しは理解してきたかなと思っています、時間を有効活用していないと言われればそうかもしれませんが、あまりガツガツしないで余裕を持って学びたいと思います。仕事、家庭の事情などで勉強する時間トレードする時間が今は少ししか取れていません。メールチェックも1週間まとめて見たりしています、そんななか「維新流放置系トレード」これは自分にピッタリかも、でもまだ知識が不十分だしと思っていたらマスターズクラブ、集大成プログラム、ライン~など次々と、しかも一週間以内に判断しなければならない、頭が混乱して何がいいのか分からなくなってしまいました。
トレーダーズクラブはあと半年間残っていますがもう学ぶことはないのでしょうか。
初心に返ってトレーダーズクラブの教材をもう一度見直し、学習しなおしたいと思います。

FXのテクニカル分析とは?初心者にもおすすめの手法を紹介

相場の分析には、テクニカル分析のほかにファンダメンタルズ分析も使われます。ファンダメンタルズ分析とは、 国の経済状況や政治の動きを元に相場を分析する方法 のことです。経済成長率や失業率、さらに政権交代や戦争といった幅広い要素が指標となります。これらの指標は、すぐさまチャートに反映されるものもありますが、多くはじわじわと影響が出てくるものです。そのため、ファンダメンタルズ分析は長期的な値動きを予測するのに不可欠だといえるでしょう。

テクニカル分析の種類を解説

テクニカル分析に用いる指標は、トレンド系オシレーター系という2種類に分けることが可能です。この2つはどちらかが有利というものではなく、目的や経験、投資に対する考え方によって、向き不向きや好き嫌いがあります。自分にとって理解しやすい方法や投資のスタイルに合った方法を選ぶために、それぞれの違いや特徴を把握しておきましょう。

トレンド系の指標

オシレーター系の指標

投資家がよく使うテクニカル指標人気ランキング

1位 移動平均線 トレンド分析
2位 ボリンジャーバンド トレンド分析
3位 一目均衡表 トレンド分析
4位 MACD オシレーター分析
5位 RSI オシレーター分析
6位 ストキャスティクス オシレーター分析
7位 酒田五法 ローソク足分析
8位 RCI オシレーター分析

必読!トレンド系のテクニカル分析3選

移動平均線

移動平均線とは、 一定期間における終値の平均値を示すライン のことです。たとえば5日移動平均線は、5日間の平均の移り変わりを表しています。移動平均線はなだらかな曲線を描くので、短いスパンで上がったり下がったりするチャートよりも全体のトレンドが見やすくなるのが特徴です。

移動平均線は、期間の異なる線を2~3種類使って分析を行います。たとえば短期のトレードであれば、5日線と25日線の2種類や5日線10日線25日線の3種類などです。期間が短い線を短期線、中間の線を中期線、長い線を長期線といい、長期線がを突き抜けて短期線が上昇している場合は、ゴールデンクロスと呼ばれる買いどき、逆に下降している場合はデッドクロスと呼ばれる売りどきを示しています。

一目均衡表

一目均衡表とは、基準線・転換線・遅行線・先行スパン1・先行スパン2、という5種類の線と、先行スパン1と先行スパン2の線に挟まれた 雲 と呼ばれるエリアで表されるものです。それぞれの指標を組み合わせて使うことができるほか、単独でも機能します。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上下に3本ずつ引かれる標準偏差をもとにした線のことです。上側の線は移動平均線に近い方から1σ(シグマ)・2σ・3σといい、下側の線は同じく移動平均線に近い方から-1σ・-2σ・-3σといいます。

オシレーター系のテクニカル分析3選

MACD(マックディー)とは、 MACDとシグナルと呼ばれる2本の線から相場の状態を判断する方法 です。MACDは オシレーター系分析として紹介されることが多いですが、実はトレンド系の移動平均線と同様の使い方をされる分析方法です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは 、 %Kと%Dという2本の線で示される指標 です。この2本の線は、どちらも過去の一定期間の値動きから相対的に現在の勢いを示すもので、買われすぎや売られすぎを判断するのに使われます。一般的には70%~80%以上が買われすぎで売りサイン、20%~30%以下になると売られすぎで買いサインです。

RSI(相対力指数)とは相場の過熱感を表す指標で、50%を中心として0から100%の間の数値で示されます。 RSIから分かることは、買われすぎと売られすぎです。 一般的に70%以上が買われすぎ、30%以下が売られすぎのサインとなりますが、そのときの状況や通貨の種類によって多少基準が上下します。買われすぎのときに値下がりを見越して売り、売られすぎのときに値上がりを見越して買うために使用されます。

テクニカル分析を活用するコツ

理解できる簡単なものから試す

テクニカル分析には多種多様な指標がありますが、まずは 自分が理解できる簡単な方法から試してみるといいでしょう。 初心者が複数の分析方法をまとめて習得し、最初からフルに使いこなすのは無理があります。まずはパッと見て分かりやすいものを実際に使ってみて感覚を掴み、そのうえでもの足りないと感じた部分を補える方法をプラスしていくと、少しずつ身についていきます。

複数を組み合わせてダマシを回避する

ダマシとは、 テクニカル分析に出現したサインとは逆の結果が出ること です。テクニカル分析で得られる結果はどんなときでも絶対的に正しいというわけではなく、どれだけ精度を高めたとしても100%にはなりません。つまりダマシを完全に回避するのは不可能です。しかし、複数の分析方法を組み合わせることでダマシにあう確率を減らすことはできます。一つの指標でサインが出現したら、あわてずに別の分析方法でもサインが出ているかどうかを確認してみましょう。

ファンダメンタルズ分析も取り入れる

テクニカル分析に適した口座を紹介

GMOクリック証券 FXネオ

  • FX取引高世界第一位 ※
  • スワップポイントが高金利
  • スプレッドが業界最小水準

取引手数料・口座維持費用 無料
出金手数料 無料
取引単位 10,000通貨
パソコン用取引ツール はっちゅう君FX+・FXツールバー・プラチナチャート
スマホアプリ GMOクリック FXneo

GMOクリック証券は、インターネット関連事業を幅広く手がけているGMOインターネット株式会社のグループ会社です。2020年にはFX取引高世界第一位 ※ に。 高金利のスワップポイント(金利差調整分)と業界最小水準のスプレッド(買値と売値の差)がみんなに利用される人気の理由です。

取引ツールは、はっちゅう君FX+という独自開発のプログラムで、 レイアウトを自由にカスタマイズ することができます。チャートの表示はトレンド系4種、オシレーター系4種に対応し、拡大・縮小機能が可能で、サインを見逃しません。注文作業もスピーディーかつシンプルに行えます。さらにスマホアプリである、GMOクリック FXneoも用意されています。

SBI FXトレード

  • 1通貨から取引可能
  • AIがテクニカル予想をしてくれる
  • 1000通貨までのスプレッドが業界最小水準
取引手数料・口座維持費用 無料
出金手数料 無料
取引単位 1通貨
パソコン用取引ツール Rich Client Next・WEB NEXT
スマホアプリ SBI FXTRADE

SBI FXトレードは、 SBIホールディングスが手掛けるFX専業会社です 。SBI FXトレードは取引単位が1通貨から始められるため、1ドル1ユーロからFXを始めたい方におすすめです 。
さらに1000通貨までのスプレットが業際最小水準なので、少額取引を行いたい方に向いています。

パソコン用取引ツールは、ダウンロードして使用するアプリ式のRich Client Nextとブラウザ上で取引を行うWEB テクニカル指標の重要性を理解する NEXTの2種類があります。
チャート種類はトレンド系オシレーター系合わせて29種類と多彩なチャートが用意されています。 チャート内で注文操作も行える ため、素早い取引にと対応。さらにスマホアプリである、SBI FXTRADEも用意されているので、外出先でもトレードを行うことも可能です。

DMM FX

  • 口座開設数が80万以上
  • 取引ツールが使いやすく機能も充実
  • テクニカル指標の重要性を理解する
  • スマホアプリが高性能
取引手数料・口座維持費用 無料
出金手数料 無料
取引単位 10,000通貨
パソコン用取引ツール DNNFX PLUS・DMMFX STANDARD・プレミアチャート・取引通信簿
スマホアプリ DMM FX

DMM FXを運営するDMM.com証券は、動画配信やゲーム、ミュージアム建設など幅広い事業を展開するDMM.comグループの企業です。取引ツールのDMMFX PLUSはレイアウトをカスタマイズ可能で使いやすく、テクニカル指標はトレンド系10種、オシレーター系10種を備えています。加えてグラフィカルな取引通信簿により、分かりやすいチャート分析や収益管理が可能です。

また、スマホアプリの DMM FXはデスクトップツール並みの高い性能 を備え、取引場所を選びません。見やすく操作性のいいツールが揃っているので、テクニカル分析を活用して利益を出したい初心者に向いています。

外貨ex byGMO

  • 1,000通貨単位から取引可能
  • ガジェットタイプの取引ツールが便利
  • 取引額に応じてPayPayボーナスポイントまたは現金が付与される
テクニカル指標の重要性を理解する
取引手数料・口座維持費用 無料
出金手数料 無料(ただし外貨出金手数料は1回につき1,500円発生)
取引単位 1,000通貨
パソコン用取引ツール Cymo NEXT・Desktop Cymo
スマホアプリ 外貨ex

外貨ex byGMOは、2021年9月にYJFX!テクニカル指標の重要性を理解する から名称が変更されたサービスです。新規の取引を行うと、ランクに応じてPayPayボーナスポイントまたは現金が付与されるお得なキャンペーンが実施されているので、これからFXを始めたい人は要チェックです。1,000通貨単位から取引でき、「外貨ex byGMOアカデミー」やレポートといったFXについて学べるコンテンツが充実しているので、FX初心者にも使いやすい口座だといえるでしょう。

取引ツールのCymo NEXTは、トレンド系オシレーター系で計36種類の指標を利用可能です。モニターに常時表示させておけるガジェットタイプのDesktop Cymoや、スマホアプリの外貨exも用意されています。

コンテンツSEOとテクニカルSEOの違いとは?それぞれの重要性とメリットも解説

コンテンツSEOとテクニカルSEOの違いとは?それぞれの重要性とメリットも解説

コンテンツSEOとテクニカルSEOはどう違うの?


コンテンツSEOとテクニカルSEOの違い。改めて質問されると即答できない、というかたが多いのではないでしょうか

そこでまず、 コンテンツSEO と テクニカルSEO がそれぞれどのようなものなのかをおさらいしておきます。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとはその名の通り、 コンテンツを活用してSEO評価を高める施策 のことです。検索しているユーザーが欲している有益な情報を盛り込んだ記事やニュース記事、コラム、ブログなどが該当します。

Googleは最終的にはユーザーフレンドリー(ユーザーの利便性が高い)なサイトを検索結果の上位に表示することを目指しているため、質の高いコンテンツSEOが必要です。

テクニカルSEOとは

テクニカルSEOとは


テクニカルSEOとは、 検索エンジンに見つけてもらうために内部構造を最適化する施策 テクニカル指標の重要性を理解する のことを指します。コンテンツSEOが記事やコラムによるSEOであったのに対し、テクニカルSEOはWebサイトの土台や基盤を整えることが目的です。

この内部構造のルールはなにが正しくてなにが間違っているかがはっきりしていますので、そのルールにのっとって修正していくことで クローラビリティ を上げていくことができます。

テクニカルSEOのなかには、専門知識が必要なものもありますが、まずはこの スターターガイド をチェックして、内製で対応可能なものがあれば実施していきましょう。

コンテンツSEOとテクニカルSEO、どちらを優先すべき?

コンテンツSEOとテクニカルSEO、どちらを優先すべき?


先ほども説明しましたが、Webサイトの設計図ともいうべきテクニカルSEOを基本に忠実に実装することが最優先です。

  • コンテンツSEO:より多くのユーザーに見てもらうための継続的施策
  • テクニカルSEO:正しくWebサイトをつくるための基盤となる施策

テクニカルSEOを実施したうえで、コンテンツSEOを実装していくかたちが理想です。

テクニカルSEOは検索エンジンのクローラーに対してのアプローチになります。いっぽうコンテンツSEOは同様にクローラーにも影響を与えますが、第一目的は 「有益なコンテンツを閲覧者に見つけてもらう」 ことです。

コンテンツSEO テクニカルSEO
SEO施策の対象 ユーザー(Webサイトの閲覧者) 検索エンジンのクローラー

先ほど紹介したGoogleスタータガイドを確認して、テクニカルSEOに問題がないか、再度確認してみることをおすすめします。

コンテンツSEOとテクニカルSEOの重要性とメリット

コンテンツSEOとテクニカルSEOの重要性とメリット

コンテンツSEOの重要性

  • 情報源が提示され、かつ根拠のあるデータが参照・引用されている
  • 医師や教授などの専門家による監修や執筆
  • つねに最新の情報が更新されている
  • キーワードに対してユーザーのニーズを満たしている
  • 取材やレポートなど独自に作成されたコンテンツを提供している
  • 一次情報に基づいて記事が作成されている

また閲覧者が商品を購入したり契約したりといったアクションも、コンテンツの質が影響します。商品やサービスが必要と思わせられなければ、検索されても利益に直結しません。

コンテンツSEOのメリット

  • 自社と親和性の高い見込み顧客へのアプローチができる
  • イメージアップやブランディングにつながる
  • コンテンツ自体が広告として長期間運用できる
  • コストパフォーマンスがよい
  • SNSでコンテンツが拡散できるなど拡張性がある
  • リスティングなどの広告を回避するユーザーにもリーチできる

テクニカルSEOの重要性

このガイドラインに書かれている内容すべてを内製で反映させるためにはかなりのスキルが必要な場合もありますが、いくつか着手できそうなものだけを実施してみて、いまのWebサイトや対策キーワードの評価が上がるか、試してみるのもひとつの策です。

テクニカルSEOのメリット

テクニカルSEOのメリット


Googleの品質に関するガイドラインやインターネット上に展開されているテクニカルSEOに関する情報をもとに、 実施すべき施策を定型化しやすい 点です。

クローラーがそのページを巡回したか、ページがデータベースにインデックスされているかがわかる 「Google Search Console」 などがその代表的なものです。

改善のPDCAを回してよりWebサイトの構造を最適化していけば、かならず良い結果が得られるはずです。

コンテンツSEOとテクニカルSEOの施策内容

コンテンツSEOとテクニカルSEOの施策内容

コンテンツSEOの施策内容

コンテンツSEOを始めるにあたって重要なのは、 質の高いコンテンツの作成 です。その際大事なのは、「だれにとって役立つコンテンツにするか」という視点です。

キーワードには、ユーザーの属性やユーザーの頭の中にある悩みや課題が内包されています。とくにBtoB向けのメディアであれば、ターゲットが一般社員なのか、決裁権のある社長や部長なのかによって、書くべき内容も変わるはずです。

  • 集客したいターゲットを決める
  • ターゲットが契約・購入するまでの行動や心理を考える
  • 行動や心理の動きを意識した導線設計をする
  • ベンチマークするサイトや競合他社を分析する
  • Webサイトのテーマやメインキーワードを決める
  • ライバルサイトに勝てるサイト構成を考える

いわゆる カスタマージャーニー と呼ばれる、契約や購入するまでの心理変容や行動変容をあらかじめ想定して、ユーザーの反響が得られるようなサイト構成にしておくことが重要です。

  • ページごとのキーワードを考え新規ページを追加していく
  • 自社と親和性の高いユーザーを獲得するキーワードを選別する
  • ユーザーが求めている情報を網羅してリードを獲得する
  • 訪問してくれたユーザーが自社のファンとなってくれるような情報を提供する
  • タッチポイント(顧客接点)を複数確保して成約や購買につなげる

大切なのは本当にターゲットが必要とするキーワードにしぼることです。例えばBtoBの事務クラウドサービスを展開している企業が、キーワード検索数が多いからといって個人相手の確定申告に役立つ記事を書いてもほとんど効果はありません。

  • キーワード選定が合っていない
  • キーワードに沿った内容になっていない
  • ターゲットに必要な情報が足りていない

テクニカルSEOの施策内容

  1. チェックツールで問題を把握する
  2. 対応する優先順位をつける
  3. 優先度の高いものから着手する
  4. 問題を改善する施策を行う
  5. 実施後に改善されているか確認する

もっとも大事なのは最後の確認作業です。改善前と改善後を比較して検証を重ねていくことで、テクニカルSEOの効果を着実なものにしていけるからです。

Webサイトを設計する時点でクロ―タビリティの高いものにできれば理想ですが、テクニカルSEOの施策に着手するなら、まずはクローラーへの対策が先決です。

  • クローラーによるコンテンツ情報の収集を円滑に行えるようにする
  • Webサイトのページが検索エンジンに着実にインデックス登録されるようにする

コンテンツSEOとテクニカルSEOはどちらも重要

コンテンツSEOとテクニカルSEOはどちらも重要


コンテンツSEOとテクニカルSEOの違いやメリットについて説明してきましたが、どちらか一方をやればいいのではなく、両方とも必要であることがおわかりいただけたと思います。

よく筆者も 「SEOは生もの」 と説明するのですが、つねに最新の情報に目を光らせてコンテンツSEOを実施していくのがSEOの定石です。

さらに今後は文章内容だけでなく、商品画像の大きさや画像の代替テキスト(alt属性)の適切な使用やオリジナルの図なども評価対象として重要視されるので、テクニカルSEOのチェック項目を作成して改善のPDCAを回していくようにするのが理想です。

SEO施策やコンテンツSEOに課題があるなら

コンテンツSEOの「わからない」「できない」を解決

全研本社はコンテンツマーケティング支援を得意としておりますが、SEOに関しても知見があります。BtoCはもちろんのこと、 業界に特化したBtoBのコンテンツSEO に関してもご相談を承っております。

初心者のための fx テクニカル分析 の基礎|代表的な7つの指標を覚えよう

3-2_1

↓※ローソク足のみ

3-2_1

↓※ローソク足+移動平均線(赤い線)

使用時のポイント

移動平均線でよく使われる時間軸
【日足】5日、25日、50日、75日、100日、150日、200日
【週足】9週、13週、26週
【月足】12か月、24か月、36か月

移動平均線についての、さらに詳しい解説は下記リンクより読むことが出来ます。
《FXや株式投資のみに関わらず移動平均線を制するものがチャートを制する!移動平均線を徹底解説》

雲が最重要とされる【一目均衡表】

3-2_1

下記がイメージです。
↓※雲はグレーの部分

■一目均衡表で分かる売買ポイント
・ローソク足が雲を下から上に抜けると買い
・ローソク足が雲を上から下に抜けると売り
・基準線に対し転換線が下から上に抜けると買い テクニカル指標の重要性を理解する
・基準線に対し転換線が上から下に抜けると売り
・遅行スパンがローソク足を下から上に抜けると買い
・遅行スパンがローソク足を上から下に抜けると売り

一目均衡表についての、さらに詳しい解説は下記リンクより読むことが出来ます。
《一目均衡表の見方【入門編】|初めてでも分かる!儲けポイントが一目瞭然》

さまざまな場面で役立つ【ボリンジャーバンド】

3-2_1

下記がイメージです。
↓※(移動平均線が青、±2σがピンク)

・バンドの±1σの範囲内に収まる.3確率・・・約68%
・バンドの±2σの範囲内に収まる.4確率・・・約95%
・バンドの±3σの範囲内に収まる.7確率・・・約99%

■エントリーや決済のポイント
±2σのラインにローソク足が達した時。

エントリーの意味づけとして利用する【RSI】


ドル円の14日間の値上がり幅が3円で、値下がり幅が1円の場合
「3÷(3+1)×100=75%」 になります。

■70~80%以上…買われすぎ
買いポジションを決済したり、売りエントリーするタイミング

6:相場分析が得意な【MACD】

■MACDの売買ポイント
・MACDとシグナルが0より上なら上昇トレンド、下なら下降トレンド
・MACDがシグナルを上抜けたら買い
・MACDがシグナルを下抜けたら売り
・MACDとシグナルが乖離し、乖離幅が縮んだら決済
・MACDがダイバージェンスしたらエントリー

■エントリーのタイミング
買い・・・MACDとシグナルが0よりも下にある時に、MACDがシグナルを上に抜けた場合
売り・・・MACDとシグナルが0よりも上にある時にMACDがシグナルを下を抜けた場合

3-2_1

下記がイメージです。
↓※(MACDが緑、シグナルが黄色)

トレンドの見極めに使える【ストキャスティクス】

■%K
ある期間内の最高値と最安値の間で、現在値がどこにあるかを示します。
現在値が最高値と最安値の真ん中であれば%Kは50になります。

■ファストストキャスティクス
「%K」と「%D」の2本の線を使ったもの
■スローストキャスティクス
「%SD」と「%D」の2本の線を使ったもの

3-2_1

下記がイメージです。
↓※(%Kがオレンジ、%Dが青、%SD緑)

3-2_1

下記がイメージです。
↓※ストキャスティクス+移動平均線(赤)

「いつ買っていつ売るのか」の判断はどれだけ投資を続けていても難しいことです。しかし、投資で継続的に利益をあげるためには、相場を分析して勝つ確率を高めていくことが必要となります。そこで、各指標の特徴や活用方法などを把握したうえで、価格の動きから売買タイミングを判断する テクニカル分析 を活用してみてください。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

テクニカル分析とは為替のチャートから相場を予測する分析

テクニカル分析とは、だいたいのイメージがあると思いますが、為替相場のチャートを分析してその チャートの動きから将来の相場がどう動くのかを予測する分析方法 です。ファンダメンタル分析が経済指標などの数値を見てチャートを見ないのとは対照的に、テクニカル分析はあまり経済指標を気にすることなく為替相場のチャートの動きだけを見て分析します。ですが、別に見てはいけないというわけではありませんので、ファンダメンタル分析でチャートを見てもいいし、テクニカル分析で経済指標を重視してもかまいません。その辺は自己の裁量で決めてください。

テクニカル分析には横文字が多い

経済指標に漢字と数字がいっぱいだったファンダメンタル分析とは異なり、テクニカル分析ではいくつかのテクニカル指標という横文字指標を覚えなければいけません。このテクニカル指標という分析方法をもとに、チャートを分析するのが主な方法です。そのテクニカル指標というのが、サポート、レジスタンス、チャンネル、レンジ、RSI、ストキャクティック、MACD、フィボナッチ、ボリンジャーバンド、パラボリック テクニカル指標の重要性を理解する ・・・ ととにかく横文字だらけです。これは、テクニカル指標のほとんどが 海外の学者によって作られたもの であるからです。

またテクニカル指標もファンダメンタル分析の経済指標と同じように凄まじい数の指標があり、とても全部を覚えきることはできません。GFTやSAXOなどの海外系のツールを使ったことがある方は、チャート分析の欄に100以上のテクニカル分析が搭載されているのを見たことがあるかもしれません。それほどに数が多いのです。ですが、だからといって全てを覚える必要などありません。というか全て覚えるなんて無理です。ではどうするか? ・・・ 経済指標と同じように 使えるものだけを覚えればいいのです 。テクニカル指標は100以上ありますが、そこにはマニアックなものもたくさんあり、実際にメジャーなものはほんの10つ程度です。今回紹介するのはそのメジャーなテクニカル指標だけです。これくらいを覚えていれば経済のニュースや、テクニカル分析をしている人の話などがわかるので便利ですよ。

テクニカル指標はシグナルだけ把握すればよい

では数学ができないと使えないのか? ・・・ ということはありません。要は各テクニカル指標というのは、それぞれ分析方法が違いますが、「ここで買ったほうがいい」、「ここで売ったほうがいい」 といった シグナル を出すものがほとんどなのです。ですから 難しい原理自体を理解する必要はなく 、このテクニカル指標はこういう意味のシグナルを出すものだという シグナルだけを覚えておけばよいのです 。ご自分でテクニカル指標を作りたい方や、プログラムしなければいけない方は多少やらなければいけないこともありますが、ほとんどの人は理解する必要はありません。シグナルの出方だけを覚えておけばよいのです。とってもカンタンですよ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる