FXトレード

オシレーター系

オシレーター系
クリックすると別窓が立ち上がりダウンロードできます

RCIが最強のオシレーターと言われる理由とRCI手法

クリックすると別窓が立ち上がりダウンロードできます

RCIを使ったトレード手法

RCIを使ったトレード手法ですが今回は5分足で行う事を前提に 押し目買い・戻り売りのスキャルピング を行いたいと思います
5分足のスキャルピングであれば、時間の少ない兼業トレーダーも利用できます
夜間だけでも、トレードチャンスが来ないという事は無いでしょう

積極的にエントリーして良いのは 黄色の〇でありオレンジは相場状況をチェックしてからエントリー しましょう

2つ目のRCIの手法として、短期中期長期のRCIを組み合わせます
こちらはどちらかというと 小さな天底を取るイメージ になります

長期のRCI(白色)を0.7以上で中期のRCI(黄色)がデッドクロスしたら売りです
利確は長期のRCI(白色)が割ったら利確です
下記画像では35ピップスほどの獲得です

この時に注意してほしいのは 長期のRCI(白色)が平行または下がっている時 です
平行の基準としては過去12本分(1時間)を基準としてみると良いでしょう

別の画面です
下の場面では 16ピップスほどの利益 になっています
(この場面はわかりづらいので縦線を1本づらして引いています)

3つ目のRCIの手法として、2本天井(底)や3本天井を狙う手法です

先ほどの画像の続きとなりますが、価格が切り返してレンジ部分の高値を越えてきます
越えてきた時にRCI長期(白色)も上昇
短期と長期のRCIも下げに転じますが、-0.7まで下がらずに上昇に切り返します

こういう ケースの場合は強い上昇を示唆するケースが多い です

減らす事により、天井付近で最終的に負けるポジションのリスクを減らせます

RCIとTether Lineを使用したトレード手法

Tether Lineで相場の転換を狙う方法とは?(プレゼント付き)

FXフレンズの児島です Tether Line(テザーライン)をご存知でしょうか? あまりメジャーなインジケーターではないですが、相場の転換を捕らえるインジケーターとして秀逸であると考えています Tether オシレーター系 Lin.

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも オシレーター系 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

インジケーターの「オシレーター系」とは?

インジケーター解説

FXは相場を分析して、自分に有利なポイントでトレードしていくものですが、分析にも ファンダメンタルズ分析 やら テクニカル分析 やら、色々な方法がありますよね^^

inji

オシレーター系とは、いったい何ぞや?

どこかで 「上がり過ぎだ!」 オシレーター系 「下がり過ぎだ!」 と考える人がいて、逆張り(価格が高くなったこところで売り・安くなったところで買う)する人が多数になり、価格は多かれ少なかれ「戻って」くるものです。

agarisugisagarisugi

オシレーター代表、3つのインジケータ!

RSIは「Relative Strength index」の略で、現在の相場が売られ過ぎなのか・買われ過ぎなのかを分かりやすく教えてくれるシンプルなインジケータです(´ー`)

rsi-ex

stkyasu

CCIは「Commodity Channel Index」の略でCommodityとあるように、先物商品の取引のために開発されたものです。
しかし、現在では株やFXにも広く使用されているオシレター系のインジケータです(´ー`)

cci-ex

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

こちらもオススメ記事!

CCIの取扱説明書|FX初心者にも分かりやすく使い方を解説

16年間使い続けてる『移動平均線』手法と設定をご紹介の巻

『エンベロープ』で逆張り!トレード機会を増やしてこう(っ・ω・)っ

読者のみなさん、こんにちは! 何事も少数派でありたいニート・オブ・マイノリティ、ORZです(・∀・) 今回は少〜し手を出しにくいと感じている方も多いであろう逆張りで力を発揮する、トレンド系インジケーター『エンベロープ』をご紹介してい.

RSIは「上げ下げ」だけじゃない!誰も教えてくれない基本の使い方。

はじめまして。こんにちは。 プロフェッショナルなニート、通称プロニートORZ(おつ)です。 今回は、FXでもやたらと人気を集めている「RSI」についてのお話(´ー`) オシレーター系 RSIは、株でも、CFDでも、やたらと人気を集めている「売.

オシレーター系指標とは? 【テクニカル指標の用語解説】

1899.jpg

オシレーター系指標のテクニカル分析ではRSIなどが知られていますが、文字通り振れ(オシレーター)を計測して相場を分析し予測する技法であり、相場の勢いを読もうとするものです。基本的には買われすぎ・売られすぎの状態を測定するものであり、したがって、よく逆張りの指標として使われます。
サイコロジカルライン、ストキャスティクスなどもオシレーターの一種です。
■オシレーター系指標の特徴
・一定の範囲で推移する
これが最大の特徴です。オシレーター系指標は一定の範囲(指標により0~100、-100~+100)で推移します。
株価の動きが”絶対評価”であるならば、一定の範囲で推移するオシレーター系指標はある”相対評価”であるといえます。
この相対評価により、株価の動きの強さ・弱さを捉えます。
■オシレーター系指標の弱点
・数値が天井や底にへばりつく状態になることがある
本来、株価には上限や下限はありません。限りがないものに、オシレーター系指標はある範囲の相対評価を、数値でつけてしまう。
そのため、オシレーター(振り子)の限界を超えた急激な値動きが起きると、役に立たなくなります。
下のチャート図は、オシレーター系指標の代表格「RSI」を使って作図されたものです。
図の右下のRSIのラインを見ると、底にへばりついています。

これは、この銘柄が急激に下落したためラインが上を向くことがなく、反発の兆しが捉えれられない状態を示しています。
こうなってしまうと、オシレーター系指標は再びラインが上がってくるまで、役に立ちません。
短期的な逆張り投資の参考になるオシレーター系指標ですが、投資した銘柄のチャートラインが天井や底にへばりついてしまった場合、手仕舞いを考える必要が出てきます。

楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

【FXのテクニカル分析】エルダー博士が独自に考案したダマシが少ないオシレーター系インジケーター『Force Index』について徹底解説してみた

FX Force Index

FXのテクニカル分析

Force Indexとは

FX Force Index テクニカル分析

Force Index エルダー博士

Force Indexは『勢力指数』の指標になります。

具体的には『相場トレンド・価格の変化の幅・出来高』

Force Indexの計算式

Force Indexの計算式は2つあり『MT4標準』『エルダー式の計算式』があります。

MT4標準の計算式

エルダー式の計算式

中長期的なトレードの場合は『FI(13)、FI(50)』だったり、

『FI(13)オシレーター系 、FI(100)』の組み合わせが使用されます。

標準は『Force Index』でエルダー式を『FI』としています。

Force Indexの特徴

ダマシが少ない

シンプルで初心者にもわかりやすい

シグナル発生が非常に早い

Force Indexのトレード方法

Force Indexの期間

Force Indexの期間はデフォルトで『13』になります。

Force Indexの買いサイン

FX Force Index テクニカル分析

Force Indexの買いサインは『0ラインより上抜けした時』になります。

Force Indexの売りサイン

FX Force Index テクニカル分析

Force Indexの売りサインは『0ラインより下抜けした時』になります。

Force Indexと組み合わせると良いオススメのインジケーター

移動平均線(MA)

FX Force Index テクニカル分析

移動平均線は、一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせたテクニカル指標です。 移動平均線はFX初心者からFX上級者までテクニカル分析で活用されています。 今回は、移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

MFI(Money Flow Index)

FX Force Index MFI(Money Flow Index)

Force Indexと良く組み合わせて使用されるインジケーターは『MFI(Money Flow Index)』です。

MFI(オシレーター系 Money Flow Index)は出来高を表しているので、

MFI(Money Flow Index)もMT4に標準搭載されているインジケーターになります。

MFI(Money Flow Index)は、

Force Indexのダウンロード

『ナビゲーター』→『インジケータ』→『オシレーター』の中にある

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

【FXのテクニカル分析】FXで最強のトレード分析手法であるローソク足の値動きを活用したプライスアクションについて徹底解剖してみた

FXのテクニカル分析と言うと、移動平均線やボリンジャーバンドやRSIなど浮かべる方が多いですが、 FX初心者が先に学ばないとけいないのが、ローソク足の形や並び方であるプライスアクションになります。 今回は、FXで最強のトレード分析手法であるローソク足の値動きを活用したプライスアクションについて徹底解剖してみた

極めれば最強な勝率の高いライントレードのやり方や引き方などわかりやすく解説してみた

ライントレードとは、その名の通り、ラインを引いてトレードを行う手法になります。 ライントレードはシンプルでわかりやすく非常にオススメなトレード方法です。 今回は、極めれば最強な勝率の高いライントレードのやり方や引き方などわかりやすく解説してみました。

オシレーター系指標とは? 【テクニカル指標の用語解説】

1899.jpg

オシレーター系指標のテクニカル分析ではRSIなどが知られていますが、文字通り振れ(オシレーター)を計測して相場を分析し予測する技法であり、相場の勢いを読もうとするものです。基本的には買われすぎ・売られすぎの状態を測定するものであり、したがって、よく逆張りの指標として使われます。
サイコロジカルライン、ストキャスティクスなどもオシレーターの一種です。
■オシレーター系指標の特徴
・一定の範囲で推移する
これが最大の特徴です。オシレーター系指標は一定の範囲(指標により0~100、-100~+100)で推移します。
株価の動きが”絶対評価”であるならば、一定の範囲で推移するオシレーター系指標はある”相対評価”であるといえます。
この相対評価により、株価の動きの強さ・弱さを捉えます。
■オシレーター系指標の弱点
・数値が天井や底にへばりつく状態になることがある
本来、株価には上限や下限はありません。限りがないものに、オシレーター系指標はある範囲の相対評価を、数値でつけてしまう。
そのため、オシレーター(振り子)の限界を超えた急激な値動きが起きると、役に立たなくなります。
下のチャート図は、オシレーター系指標の代表格「RSI」を使って作図されたものです。
図の右下のRSIのラインを見ると、底にへばりついています。

これは、この銘柄が急激に下落したためラインが上を向くことがなく、反発の兆しが捉えれられない状態を示しています。
こうなってしまうと、オシレーター系指標は再びラインが上がってくるまで、役に立ちません。
短期的な逆張り投資の参考になるオシレーター系指標ですが、投資した銘柄のチャートラインが天井や底にへばりついてしまった場合、手仕舞いを考える必要が出てきます。

楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピード2の情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる