外国為替

FXトレードバトル投票キャンペーン

FXトレードバトル投票キャンペーン
LAND-FX

【7月4日~の週】為替相場の注目材料スケジュールと焦点

■ 7月4日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→オーストラリア(5日)の金融政策の発表と欧州(7日)、米国(FXトレードバトル投票キャンペーン 6日)の議事録の公表を予定
▼ 4日(月)→米国が祝日・休場(独立記念日、金融市場は軒並み休場)
▼ 5日(火)→RBA金融政策の発表
▼ 6日(水)→米国のISM非製造業指数の発表、FOMC議事録(6月14日・15日開催分)の公表
▼ 7日(木)→ECB議事録(6月9日開催分)の公表
▼ 週末・8日(金)→米国の雇用統計の発表
▼ 10日(日)→参院選投開票
▼ 来週→米国の消費者物価指数の発表を控える FXトレードバトル投票キャンペーン
▼ 20日(月)→
▼ 21日(火)→
▼ 22日(水)→
▼ 23日(木)→
▼ 24日(金)→
--> ▼ FXトレードバトル投票キャンペーン 主要な株式市場(米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(6月15日に金融政策の発表を消化済み→今週・7月6日に議事録の公表を予定→7月27日に次回の金融政策発表を予定、引き続きインフレ懸念や今後の金融政策への思惑がキモ)
▼ 米国のインフレの行方
FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 金融当局者や要人による発言(引き続きFRB高官の発言に注目が集まる
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は週末の米国の雇用統計がメイン、6日のISM非製造業指数にも注目)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ 欧州の金融政策への思惑(6月9日に金融政策の発表を消化済み→今週・7月7日に議事録の公表を予定→7月21日に次回の金融政策発表を予定)
▼ 日本の金融政策への思惑(6月17日に金融政策の発表を消化済み→7月21日に次回の金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ バイデン米大統領の発言
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

■表の見方■
・米国以外の要人発言や注目材料は重要な物のみピックアップ
・注目材料のうち、特に注目度の高いものを 赤色 、その次を 太字 で表記。
・金融政策関連のものはイベントの欄へ 桃色 で表記。

FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン
経済指標&注目材料&イベント
7/4
(月)
・ 米国は祝日・休場(FXトレードバトル投票キャンペーン 独立記念日、金融市場は軒並み休場)
・ 週明け
イベント
など
豪)住宅建設許可件数 米国以外
米) 注目度の高い経済指標の発表はない 米国
7/5
(火)
・ 五十日(5日) イベント
など
中)財新サービス業PMI
豪) RBA政策金利 & 声明発表
英) BOE金融安定報告書公表
英) ベイリーBOE総裁の記者会見
米国以外
米)製造業受注指数 米国
7/6
(水)
- イベント
など
英)建設業PMI 米国以外
米) MBA住宅ローン申請指数
米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)
米) サービス業PMI【確報値】
米) ISM非製造業景況指数
米) JOLT労働調査
米) FOMC議事録公表(6月14日・15日開催分)
米国
7/7
(木)
- イベント
など
豪) 貿易収支
欧) ECB理事会議事要旨公表(6月9日開催分)
加)貿易収支
加)Ivey購買部協会指数
米国以外
米) チャレンジャー人員削減予定数
米) ADP全国雇用者数
米)新規失業保険申請件数
米)貿易収支
米) 週間天然ガス貯蔵量 FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン
米)週間原油在庫
米) ブラード:セントルイス連銀総裁の発言(投票権あり)
米) ウォラーFRB理事の発言(投票権あり)
米国
7/8
(金)
・ 週末 イベント
など
欧)ラガルドECB総裁の発言
加) 失業率 & 雇用ネット変化
米国以外
米) 雇用統計 FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン : 非農業部門雇用者数 / 失業率 / 製造業雇用者数 / 平均時給
米) 卸売在庫【確報値】
米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)
米) 消費者信用残高
米国


■主要国の金融政策発表■
5月3日◆オーストラリア
5月4日◆米国
5月5日◆英国
5月19日◆南アフリカ
5月25日◆ニュージーランド
5月26日◆トルコ
6月1日★カナダ
6月7日★オーストラリア
6月9日★欧州
6月15日★米国
6月16日★英国、スイス
6月17日★日本
6月23日★トルコ
7月5日●オーストラリア
7月13日●ニュージーランド、カナダ
7月21日●日本、欧州、トルコ、南アフリカ
7月27日●米国
8月2日▼オーストラリア
8月4日▼英国
8月17日▼ニュージーランド
8月18日▼トルコ
9月6日■オーストラリア
9月7日■カナダ FXトレードバトル投票キャンペーン
9月8日■欧州
9月15日■英国
9月21日■米国
9月22日■日本、スイス、トルコ、南アフリカ

■主要国の休場日■
5月2日▼香港、中国、トルコ、英国
5月3日▼中国、日本、トルコ
5月4日▼中国、日本、トルコ
5月5日▼日本
5月9日▼香港
5月19日▼トルコ
5月23日▼カナダ
5月26日▼スイス
5月30日▼米国
6月2日★英国
6月3日★香港、中国、英国
6月6日★ニュージーランド、スイス
6月13日★オーストラリア
6月16日★南アフリカ
6月20日★米国
6月24日★ニュージーランド
7月1日●香港、カナダ
7月4日●米国 FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン
7月11日●トルコ
7月12日●トルコ
7月15日●トルコ
7月18日●日本
8月1日▼オーストラリア、スイス、カナダ
8月9日▼南アフリカ
8月11日▼日本
8月29日▼英国
8月30日▼トルコ

全力FX♪ 両建て編

一人暮らしなので仕事中の外出している12時間の老猫をを監視する枠です。餌場メインで撮っていますのでなかなか姿は見れないと思います。姿が見えたらコメントでとろちゃん=T、ぷっぷくん=Pとコメントを打っていただけるとあとで見返すときに楽なので助かります。暇な時間帯動画を流したりゲームをしたりするかもしれません。貼りつけは自由です。主は棒読みコマンドが好きなので自由に遊んで行ってください!
コマンドの使い方は→http:FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン //tukaikatamatome.com/Software/boyomityan/komando.html
趣味 FX スポーツ観戦 自作PC ドライブ

猫2匹 20歳三毛の女の子:とろ
15歳クリーム色の男の子:ぷっぷ

みんなでつりっくま 10万点オーバー3回(つりっくまんさんとあっとさんとMACAさんの枠※MACAさん枠はプレミアムDAYイベント)ニコニコタワー最高3931.FXトレードバトル投票キャンペーン 9mFX配信・猫配信・料理配信等やっております。飼い猫の動画見てって下さいな^^ 2020年7月現在 生涯収支ー2600万。2016年1月、前コミュをFXで担がれて予告通り爆破。2016年9月11日再スタート!この時点でさらに損益が増えているのになぜだろう(-650万位)千葉県に住んでいる49才くらいの男です。生まれは福島です。住んだところは秋田→神奈川→東京→千葉(現在)職業はドライバーです。 猫2匹と暮らしてます。2020年7月時点 ★三毛:メス20歳。静岡にドライブに行った時、パチ屋の駐車場にいた野良。★クリーム:オス15歳。近所の葬儀屋の玄関に段ボールに入れられて置き去りにされていた。趣味 FX 。スポーツ観戦(特に高校野球・ボクシング・サッカー日本代表)PCの自作や車など浅く広く趣味がありましたが、FXを始めてから、興味が無くなってしまいました。パチスロや競馬もやめれました^^;。 スカイプID:fx99995 (山本太郎) FXで担がれ過ぎて人生終わる直前まで行きました。鬱っぽくなってしまいました。徐々に回復したいと思っています。 YJFX 2015年5月27日スタート 5月 +9,852円 300万入金スタートで少額トレードで「勝てんじゃね?」と勘違いしてしまう。 6月 +22,216円 始めて1週間で100万の利益を出すも、調子に乗ってトントンになってしまう。6月後半ギリシャショックガラ有り。 7月 -367,FXトレードバトル投票キャンペーン 880円 カナダ円36万損切り.。適当にポジるのはやめようと思ったが、その後も適当なトレードが続く。 8月 +63,849円 チャイナショックで122円付近から116円付近まで短時間でガラった。たまたまノーポジで危機回避。 9月 -54,666円 NZ円16万損切り。前後1か月世界経済の不安を抱えたまま利上げ期待もあり、膠着状態が続く。 10月 +413,429円 利上げ期待上げ相場 11月 -107,406円 雇用統計で爆上げでのSをしてしまい一瞬で20万の損有り。 12月 +98,954円 FXトレードバトル投票キャンペーン 利上げ発表でドル円の下げのターンになった。雇用統計で織り込んだ。2015年の感想。ほとんど勉強しないままスタートし、たまたま爆益スタートから始まってしまったのが運の尽き。結局微益で終了。こんなんで勝てるわけがないと思った。2016年 1月 -71,891円 日経のガラ始まりと円売り仕掛けの始まり。.原油安値26ドル付近まで急落。 2月 -3,248,700円 ドル円売り仕掛けガラ。世界経済の衰退。原油価格の影響。 3月 +60,393円 後半、しばらく守り続けてきた111円を割ってしまう。 4月 +1,390,683円 +だけど含み損増えてる。日高記事で金融緩和期待上げ111.800まで爆上げしたが、緩和無く急落。約2日で106円付近までガラ。日経も一瞬で1000円ガラ 5月 +76,902円 +だけど含み損増えてる。この頃、日本とアメリカの要人の通貨高けん制などで不安定な相場が続く。緩和期待で上げて、無しで下げる展開が続いた。 6月 +1,531,839円 +だけど含み損増えてる。英国の国民投票でのEU離脱でクロス円が急落した。原油は50ドル付近に回復。 7月 +172,4228円 +だけど含み損増えてる。緩和期待の上げ下げ。 8月 +622,649円 レンジ相場のスキャ 101~105円。緩和期待の上げ下げ 9月 +893,739円 レンジ相場のスキャ 101~105円。緩和期待の上げ下げ FXトレードバトル投票キャンペーン 10月 +1,542,538円 レンジ相場 のスキャ 101~105円。緩和は無い空気になってくるがドル円は後半から安値を切り上げていく。12月利上げ期待が出てくる。原油は50ドル付近まで回復している。 11月 -7,106,931円 ドル円ポン円800万損切り。11月9日のアメリカ大統領選で101.200までガラ、含み損1300万超え後、米金利上昇と共にバイーンし、105.700で損切り(その後7日で111円付近まで上げた14年の黒田バズーカを凌ぐ過去最高の上げスピードであった。11月25日に113.800付近まで上昇)。日経も1月の高値をようやく超えた18,200円12月 +1,040,403円 最終日まで1円以上動く相場になった。終値117円付近。ドル円の高値付近での押し目買いで何とか損を取り戻した。ヒロセ 2016年10月24日スタート 10月 +116,673円 11月 +55,669円 ヒロセトレードバトル、ユロ円部門3位 賞金3万円 詳細(総合30位+1,285,384円。ユロ円3位+1,FXトレードバトル投票キャンペーン 009,269円。PIPS 1位+798,179PIPS。微益の通貨は省略)ポン円70万円ロスカット有りの大荒れ収支(SP70でロスカ46万有り)12月 +1,266,823円 ヒロセトレードバトル総合部門8位 賞金1万円 詳細(総合8位+1,FXトレードバトル投票キャンペーン 033,958円。ドル円8位+942,590円。ポンド円30位+89,727円。PIPS1位+1,032,420Pips。微益の通貨は省略) FXだけの生涯収支-686,534円Tポイント、キャッシュバック 約+567,000円全トータル -109,534円※2016年12月31日現在 '(含み損20万位は含まれていません)2016年の感想。最大900万の損益まで行ったが、なんとか持ちこたえた。FXなんてやめたいががやめれない。自分には無理なゲームだとは分かっているが。。。2016年12月頃に、リスナーさんでありトレーダーのめりさんがリスナーさん参加型のスカイプ会議での勉強会を開いてくださり、確実に心構えは変わったと思うので、それを生かして慎重にトレードしていきたい。FXの心得①損切りできなければいつか負ける!(逆指し重要!)②利益を伸ばせない者は億トレにはなれない!今の自分は絶対無理です。③負け組は損切りできなくて苦しむ!勝ち組はポジション取りで苦しむ!(リスナーさんに頂いた印象的な言葉)※FXでは大事なものを失ってしまう可能性があります。(経験より)精神的にもおかしくなってしまう可能性もあります(経験より)。覚悟を持ってやる危険なギャンブルだと思ってます。追証で死に追い込まれる事も実際あるので、個人的にはFXをおすすめしません。放送するのも面白いし、コメントで勉強になる事もあるので放送してます。他の放送を見るのも好きです。 ★YJFX Tポイントキャンペーン約8万円(2016.11月現在) ★ヒロセキャッシュバック&キャンペーン履歴 口座開設キャッシュバック1.2万円ポン円キャッシュバック30万円 1回 ユロ円キャッシュバック7.5万円 1回 2016年11月 ヒロセトレードバトルユロ円部門3位 賞金3万円 詳細(総合+1,285,384円。ユロ円+1,009,269円。PIPS+798,179PIPS。微益の通貨は省略) 2016年12月 ヒロセトレードバトル総合部門8位 賞金1万円 詳細(総合8位+1,033,958円。ドル円8位+942,590円。ポンド円30位+89,727円。PIPS1位+1,032,420Pips。微益の通貨は省略) 2016年12月 餃子400個まぜそば焼きおにぎりセット 1回(焼きおにぎりはちょうどいい味付けと食感、まぜそばはしょっぱいので、お湯を入れてほうれん草などを入れてラーメン風で食べた、餃子はまぁ普通。量が多くて困った。)551セット ラーメン2人前(酸っぱい味がしてちょっとおいしくない)・餃子15個(合格)・焼売10個(味が濃くておいしくない)・豚まん6個(おいしい)・ビビンバ12人前(丸美屋製:味が濃くて?まずい)・鳥釜飯12人前(丸美屋製:おいしい)・レンゲ2本(便利)11月トレードバトル勝利賞・Tシャツ(政策金利発表というロゴが後ろの首元にプリントされており外では恥ずかしくて着れない・栄養ドリンク5本・ニギニギボール(ストレス解消グッツ)12月トレードバトル勝利賞国産高級牛肉300g 2回おせち&カレー(3種類のカレー合計34人前とごはん34人前) 年越しそば 5人前(1人前にエビ天3個とごぼう天が付いていてちょっと豪華) 2017年マリンカレンダー2個 配信環境 自作PC Corei7 2700K メモリ16G SSD256G 24インチモニタ2枚+37インチテレビモニタ1台 FXニコ生配信時はロジクールC270を3個使って、にゃんこ等を映して、ノートPCでもチャートを出してます。 通信環境 Sonet光1G回線

7月4日(月)■『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『米ドルと日本円、ユーロの方向性』、そして『米国が独立記念日で休場となる点』に注目!

米ドル/円 直近3日間のチャート

ユーロ/米ドル 直近3日間のチャート


米国の経済指標及びイベントは、
注目度の高いものの発表はない。
※ 本日→ 注目度の高い米国の経済指標の発表 はない

米国以外では、
・10時30分: 豪)住宅建設許可件数
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
・ 米国は祝日・休場(独立記念日、金融市場は軒並み休場)
・ 週明け
・明日・5日(火)→RBA金融政策の発表 FXトレードバトル投票キャンペーン
・6日(水)→米国のISM非製造業指数の発表、FOMC議事録(6月14日・15日開催分)の公表
・週末・8日(金)→米国の雇用統計の発表
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(6月15日に金融政策の発表を消化済み→今週・7月6日に議事録の公表を予定→7月27日に次回の金融政策発表を予定、引き続きインフレ懸念や今後の金融政策への思惑がキモ)
・米国のインフレの行方
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言(引き続きFRB高官の発言に注目が集まる
・注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は週末の米国の雇用統計がメイン、6日のISM非製造業指数にも注目)
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場の動向 FXトレードバトル投票キャンペーン
・欧州の金融政策への思惑(6月9日に金融政策の発表を消化済み→今週・7月7日に議事録の公表を予定→7月21日に次回の金融政策発表を予定)
・日本の金融政策への思惑(6月17日に金融政策の発表を消化済み→7月21日に次回の金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・今週→オーストラリア(5日)の金融政策の発表と欧州(7日)、米国(6日)の議事録の公表を予定
・10日(日)→参院選投開票
・来週→米国の消費者物価指数の発表を控える
などが重要となる。

本日は、 週明け月曜日 だが、 米国は祝日・休場(独立記念日、金融市場は軒並み休場) となる。

本日の 米国の経済指標 は、注目度の高いものの発表はない。
一方、 経済指標以外のイベント も、特に予定されていない。

本日は、 主要な株式市場 及び 米国債利回りの動向 と 米ドル・日本円・ユーロの方向性 、 6日(水)に FOMC議事録(6月14日・15日開催分)の公表 を控える点 、 週末に FXトレードバトル投票キャンペーン 米雇用統計の発表 を控える点 が重要となる。
その他、 米国が独立記念日で休場 となる点 や 米国の金融政策への思惑 、 金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言が重要) 、 金融市場のリスク許容度 、 原油と金を中心とした商品市場 、 欧州の金融政策への思惑 、 日本の金融政策への思惑 などにも注意したい。


■□■ 本日のトレード用のエサ (FXトレードバトル投票キャンペーン 羊飼いの見解)■□■( ※毎日更新 )

※ 本日→ 注目度の高い米国の経済指標の発表 はない
→米国は独立記念日で祝日休場
取り敢えずは、米国の連休明け待ち


■ 7月4日~の週の為替相場の焦点(FXトレードバトル投票キャンペーン ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→オーストラリア(5日)の金融政策の発表と欧州(7日)、米国(6日)の議事録の公表を予定
▼ 4日(月)→米国が祝日・休場(独立記念日、金融市場は軒並み休場)
▼ 5日(火)→RBA金融政策の発表
▼ 6日(水)→米国のISM非製造業指数の発表、FOMC議事録(6月14日・15日開催分)の公表
▼ 7日(木)→ECB議事録(6月9日開催分)の公表
▼ 週末・8日(金)→米国の雇用統計の発表
▼ 10日(日)→参院選投開票
▼ 来週→米国の消費者物価指数の発表を控える
▼ 主要な株式市場(米国中心)の動向 FXトレードバトル投票キャンペーン
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(6月15日に金融政策の発表を消化済み→今週・7月6日に議事録の公表を予定→7月27日に次回の金融政策発表を予定、引き続きインフレ懸念や今後の金融政策への思惑がキモ)
▼ 米国のインフレの行方
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 金融当局者や要人による発言(FXトレードバトル投票キャンペーン 引き続きFRB高官の発言に注目が集まる
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は週末の米国の雇用統計がメイン、6日のISM非製造業指数にも注目)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ 欧州の金融政策への思惑(6月9日に金融政策の発表を消化済み→今週・7月7日に議事録の公表を予定→7月21日に次回の金融政策発表を予定)
▼ 日本の金融政策への思惑(6月17日に金融政策の発表を消化済み→7月21日に次回の金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ バイデン米大統領の発言
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

第1位

FXトレードバトル投票キャンペーン
現役FXトレーダー1000名に聞き取り調査(調査元:投資の教科書)

2022年7月4日「本日はドル円は買い、その他は戻り売りから参入する。」

先週金曜日の概況と本日の見通し 7月4日 作成時 10:38 AM

ドル円は134.70‐60で買い、134.35でストップ、135.30‐40で利食い。
レンジ 134.600(134.700)--(135.FXトレードバトル投票キャンペーン 300)135.400 作成時 135.085-087 10:10AM

ユーロドルは1.0445‐55で売り、1.0480でストップ、1.0395‐85で利食い。
レンジ 1.03850(1.03950)--(1.04450)1.04550 作成時 1.04267-270 10:19AM

ユーロ円は141.15‐25で売り、141.40でストップ、140.50‐40で利食い。
レンジ 140.400(140.500)--(141.150)141.250 作成時 140.799-807 10:22AM

ポンド円は163.70‐80で売り、164.00でストップ、162.90‐80で利食い。
レンジ FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン 162.800(162.900)--(163.700)163.800 作成時 163.308-318 10:25AM

対ドルは1.2125‐35で売り、1.2165でストップ、1.2070‐60で利食い。
レンジ 1.20600(1.20700)--(1.21250)1.21350 作成時 1.20938-944 10:25AM

豪ドル円は92.15‐25で売り、92.45でストップ、91.40‐30で利食い。
レンジ 91.300(91.400)--(92.150)92.250 作成時 91.787-793 10:29AM

対ドルは0.FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン 6830‐40で売り、0.6865でストップ、0.6775‐65で利食い。
レンジ 0.67650(0.67750)--(0.68300)0.68400 作成時 0.67993-997 FXトレードバトル投票キャンペーン FXトレードバトル投票キャンペーン 10:29AM

NZ円は83.90‐84.00で売り、84.20でストップ、83.25‐15で利食い。
レンジ 83.150(83.250)--(83.900)84.000 作成時 83.585-593 10:34AM

対ドルは0.6225‐35で売り。0.6255でストップ、0.6170‐60で利食い。
レンジ 0.61600(0.61700)--(0.62250)0.62350 作成時 0.61977-987 10:34AM

ドル円 レンジ 134.600(134.700)--(135.300)135.400 作成時 135.085-087 10:10AM
ユーロドル レンジ 1.03850(1.03950)--(1.04450)1.04550 作成時 1.04267-270 10:19AM
ユーロ円 レンジ 140.400(140.500)--(141.150)141.250 作成時 140.799-807 10:22AM
ポンド円 レンジ 162.800(162.900)--(163.700)163.800 作成時 163.308-318 10:25AM
ポンドドル レンジ 1.20600(1.20700)--(1.21250)1.21350 作成時 1.20938-944 10:25AM
豪ドル円 レンジ 91.300(91.400)--(92.150)92.250 作成時 91.787-793 10:29AM
豪ドルドル レンジ 0.67650(0.67750)--(0.68300)0.68400 作成時 0.67993-997 10:29AM
ニュージー円 レンジ 83.150(83.250)--(83.900)84.000 作成時 83.585-593 10:34AM
ニュージードル レンジ 0.61600(0.61700)--(0.62250)0.62350 作成時 0.61977-987 10:34AM
----------------------------------------------------------------------------------------------

■関東財務局長(金商)第238号/(社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■注意喚起 FXトレードバトル投票キャンペーン
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

copyright c 2015 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.

FXDD (FXDD Trading)よりFXコンテスト「春のFXトレードバトル」第1週結果報告

FXDD (FXDD Trading)よりFXコンテスト「春のFXトレードバトル」第1週結果報告

新着情報・お知らせ

最新のページ

  • IronFX(アイアンFX)が、最大レバレッジ引き上げ – CFD取引の必要証拠金額を引き下げ
  • TitanFX(タイタンFX)が、FX口座と証券CFD口座を統合
  • LAND-FX(ランドFX)の担当インタビュー – レバレッジ無制限に挑む理由。新体制での挑戦
  • exness(エクスネス)が、取引体験向上のために実施した7つのステップ
  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ

FXDDFXDD (FX Direct Dealer)

最新のお知らせ

クチコミとレビュー

  • コメント コメント (0)
  • クチコミ FXDDのクチコミ

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

利用規約をお読みになった上で投稿してください。

ページナビゲーション

次の記事 ビットコイン取引所 bitFlyer (ビットフライヤー)よりビットコイン先物取引「Lightning Futures」リリースのお知らせ

ビットコイン取引所 bitFlyer (ビットフライヤー)より、ビットコイン先物取引「Lightning Futures」リリースのお知らせです。

前の記事 ePayments (eペイメント) プリペイドMastercard®を無料で利用しよう! - ePayments プリペイドMastercard®が会費無料になる新料金体系のご案内

ビットコイン対応オンライン・ウォレット ePayments (eペイメント) のePayments プリペイドMastercard®に新料金体系が登場。 さらに、月会費が無料となる条件とキャンぺーンが始まりました。

トピックス

最大50万円の入金ボーナスが貰える!

M4Markets 100%入金ボーナス

現金出金できる100%入金ボーナスがもらえる!

AXIORY 100%入金ボーナス&最大5万円プレゼント - お中元ボーナスキャンペーン2022

週末に仮想通貨取引して、現金がもらえる抽選に参加!

FXGT 現金プレゼント - 暗号通貨ファン向け週末宝くじ

2017年の海外FX口座は、ビットコイン・ウォレットが必須の入出金ツールに - 海外口座とウォレットはセットで準備しよう

2017年の海外FX口座は、ビットコイン・ウォレットが必須の入出金ツールに - 海外口座とウォレットはセットで準備しよう

New XM

XMからのお知らせ: XMのウェブサイトが刷新され、新しいサービスや機能が追加されました

海外FX業者 Windsor Brokers(ウィンザーブローカー)の口座開設ボーナスは、30ドル!無料で、ハイレバのFXが出来る口座開設ボーナス(未入金ボーナス)

WindsorBrokers 口座開設ボーナス 30ドル

関連ページ

ビットコイン取引所 bitFlyer (ビットフライヤー) 2017年ゴールデン・ウィークの営業について

IFCMarkets

IFC Markets (IFCマーケット)より米国の2017年 夏時間開始に伴う取引時間変更のご案内

LAND-FX

XM

XM (XMTrading)より2017年フランス大統領選挙決選投票にあわせた取引条件変更 (レバレッジ制限)のお知らせ

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. 海外FX会社
  3. FXDD
  4. 新着情報・お知らせ
  5. FXDD (FXDD Trading)よりFXコンテスト「春のFXトレードバトル」第1週結果報告

最近のコメント

やはた のコメント

axiorier のコメント

Baba のコメント

ランド使ってます のコメント

わんちゃん のコメント

シン・アンパンマン のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • IronFX(アイアンFX)が、最大レバレッジ引き上げ - CFD取引の必要証拠金額を引き下げ
  • FXトレードバトル投票キャンペーン
  • TitanFX(タイタンFX)が、FX口座と証券CFD口座を統合
  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • FXトレードバトル投票キャンペーン
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • ThreeTrader LAMYのボールペン 先着100名
  • FXGT公式キャッシュバック FXトレードバトル投票キャンペーン 最大50ドル/GTロット
  • XM(XMTrading)100%入金ボーナス
  • Focus Markets 100%入金ボーナス
  • AXIORY お中元ボーナスキャンペーン 100%入金ボーナス
  • LAND-FX 100%入金ボーナス

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる