外為オプション取引

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ

ハイローオーストラリアは海外にあるバイナリーオプション業者ですが、国内からでも取引可能です。日本語にも対応しており、サポートも充実した業者としても知られています。

海外バイナリーオプション業者が禁止するクレジットカードの現金化


(上の図は、一般的なリスクについて。日本の金融庁の資料です)

【バイナリーオプションじゃなくてもやめといたほうが無難】クレジットカードの現金化とは


最初に、一般的なクレジットカード現金化の方法を説明してから、
バイナリーオプション業者を使った方法を書きます。

一般的なクレジットカードの現金化とリスク


バイナリーオプションと関係ない方法です。
有名なのは、クレジットカードでブランド品など値崩れしないものを買いすぐに売ってしまう方法。
せどりとも似ていますがあくまで現金にするのが目的です。

日本では主力のJCBカードの公式サイトでもクレジットカードの現金化の詳しい方法を紹介しています。
「え?なんで?ダメなんじゃないの?」
と思って読んでみると、ちゃんとダメって書いてありました。
ここではリスクとして 犯罪や詐欺にあう確率が増える(代行するという詐欺にあうかも)、クレジットカード会社にわかると一括返済を求められる場合もある 、などです。

バイナリーオプション業者やFX業者を使ったクレジットカードの現金化

海外バイナリーオプションや海外FXでは、口座に入金するときにクレジットカードでもOKなところがあります。
このときショッピング枠で入金できる業者があって、そこではこれができてしまいます。
(ショッピング枠の扱いというのはキャッシングや送金の扱いではないということで、街で買い物をするときと同じ扱い)

一般的な方法の「買い物をしてすぐ売って現金にしてしまう」のと流れは同じです。
入金をクレジットカードでもできるという海外業者の盲点を突いた方法ともいえそうです。
わかりにくくするために、少しだけトレードをしてから出金、というやり方もあるようです。

繰り返しますが、これをやると高確率で口座凍結です。

日本の法律でクレジットカードの現金化は違法とされているのか?


上のほうでも紹介した、JCBカードの公式サイトに書いてありました。

明確に法律でダメと決まっていなくてグレーゾーンなのだそうです。
しかし、あとで微妙に法律が変わって一気に粛清されるなんてこともあったりして~と思いますが。
本来の使い方でない方法でカード会社やバイナリーオプション業者に負担をかけているので、迷惑なのは間違いないです。 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
するほうだって、すでに書いたようにリスクがいっぱいです。

近付かないほうがいいのは言うまでもありません。

平成23年の資料ですが、金融庁でも「ストップ!クレジットカード現金化」としてやらないように呼び掛けています。
クレジットカード現金化について(PDF)
この中で、消費者庁も消費者を守る観点から手を出さないようにと働きかけています。
リスクなどを詳しく知りたい方は一度読んでみてください。

【2022年】国内バイナリーオプションランキング。投資歴10年のプロがおすすめる国内バイナリーオプション業者はこれだ!

woman

国内バイナリーオプション業者のランキング基準

国内バイナリーオプション業者を選ぶ前の前提

  • 最低でも判定時刻までは2時間間隔を開けなければならない
  • ペイアウト額は、1,000円で固定
  • 購入額が変動する仕様(ラダーオプション)

という サービス面ではほぼ横並び となってしまってしまうのです。

そのため、海外バイナリーオプション業者とは違って、国内バイナリーオプション業者を比較するときに 「あまり比較する要素が少ない」 ということを知っておく必要があります。

国内バイナリーオプション業者は、 サービス面で差が少ない のです。

ランキング基準その1.トレードの選択肢の多さ

  1. 取引可能な通貨ペア
  2. 取引可能なコース
  3. 取引可能なバイナリーオプションの種類
  4. スプレッド(転売時のスプレッド)
みんなのオプション/トレイダーズ証券

選べるコースは、 5つ しかありません。

外為オプション/GMOクリック証券

選べるコースは、 7つ あります。

  1. ラダーオプション(あらかじめ決められたコースから選択する)
  2. レンジオプション(レンジの中に納まるかどうか?でトレードする)
  3. ワンタッチオプション(決められたレートにタッチするか?しないか?でトレードする)
  4. ノータッチオプション(決められたれーどにタッチするか?しないか?でトレードする)

多くの国内バイナリーオプション業者では「 ラダーオプションのみ 」を採用していますが、そのほかの取引方法を採用している国内バイナリーオプション業者もあります。

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ teacher

ランキング基準その2.トレードの勝率を上げる情報・ツール

ぱっと見テクニカル

ランキング基順その3.トレードツールの使いやすさ・見やすさ

  • 色使い
  • ローソク足、バー、折れ線グラフ
  • テクニカル分析指標の表示
  • チャートに図形を書き込めるか否か?

teacher

海外バイナリーの危険性について

バイナリ-投資:海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ サイトに甘言 金融庁の警告も無視

『高』か『低』かを選ぶだけのシンプルな取引」「業界トップクラスを誇る魅力的な高配当」「取引は最短で60秒」−−。バイナリーオプションを宣伝するサイトにはこんな言葉が並ぶ。いずれも金融庁が警告した無登録の海外業者だ。

相談が急増しているサイトの一つの「option99」。 所在地は英領ジブラルタルでやはり無登録だ。サイトの運営業者には「返金に応じない」などのクレームが相次ぎ、金融庁が7月に警告を出したが、その後も営業を続けているという。

ただ、FX業者もバイナリー業者も 「金融庁に認可を受けていない=必ず出金させてもらえない」 というものではなく、無登録業者の全て危ないというわけでもないので、 “海外業者だから利用してはいけない” 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ と受け取る必要はありません。

▼オーストラリア金融当局の認可を受けている業者

ハイローオーストラリア は、 ペイアウト率も2.00倍と高く海外の業者の中でも出金が速い ので、安心感が他の業者とは段違いです。
チャンスだからこそこういった業者で取引をしてみると利益は多くなりそうですね。

ハイローオーストラリア

▼ハイローオーストラリア (High 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ Low – Australia)▼

▼キプロス証券取引委員会の認可を受けている業者

アルゴビットやソーシャル取引ツールが最大の特徴!
詳しくは 「オプションビット - Algobit(アルゴビット)の使い方」 を見て頂くとわかりやすいと思いますが、便利です。 オプションビット を利用して簡単にそして戦略的に取引に参加してみてもいいかもしれませんね。

▼オプションビット (海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ optionbit)▼

投資ポータル.com


国内にもバイナリーオプションはできますし、国内にもバイナリーオプション業者は存在します。

「一見すると単純な取引だが、リスクの高い取引である」

「何度も繰り返して損失を被る恐れがある」

具体的には 「1分間や5分間といった短時間での取引を禁止とする」「1日あたりの取引上限回数を12回とする」 などです。バイナリーオプションの1回あたり取引時間が2時間となっているのはこのためです。

海外でライセンスを持っているバイナリーオプション業者にも、日本国内で日本人に対してビジネスを展開するときは、金融庁に対して金融商品取引業としての登録を義務付けており、 金融商品取引法の登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法 と定めています。

国内バイナリーオプション業者で取引するメリット


国内バイナリーオプション業者で取引するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

最低入金額(予算)の低さ

海外の業者の場合、1万円以上など最低入金額が設定されていることが殆どです。それに対し、 国内のバイナリーオプション業者は最低入金額が決まっておらず、自由な金額を選択できる ようになっており、千円からなど自由な金額から取引を開始することが可能です。

最初から元手を少なく抑えておけば、それ以上の損失を出すことはありません。他の投資法とは違い、 バイナリーオプションはエントリーをした金額以上のリスクは発生しない ものです。

金融庁認可のある業者で取引可能

それに対し、 金融庁が定めたルールを守っている業者であればトラブルの心配なく安心 して取引を行うことができます。

ルール規制の存在

もう一つのメリットが、 限度額に関する申請が義務付けられた ことです。

バイナリーオプションのおすすめ国内業者まとめ


ここからはバイナリーオプションの中でもオススメできる国内業者をまとめてご紹介していきます。

国内業者は金融庁の認可を受けて営業している業者のみ取り扱います。

GMOクリック証券

なお、GMOクリック証券では口座開設キャンペーンは実施していますが、バイナリーオプション関連の キャッシュバックなどのキャンペーンは実施していません ので注意が必要です。

オプトレには、 レンジオプションとラダーオプションの2つの取引が用意されていますが、両方ともペイアウト金額は1000円 となっています。

最後に、 出金する場合は、まずオプトレ口座から外貨ex口座にお金を振替えます。 これはYJFX!内での振替ですので、すぐにできます。
その後、自分の銀行口座に出金手続きを行い、翌営業日には出金を確認できます。出金手数料は無料です。

日本国内でも2008年に参入し、 国内で10年以上営業しているという安心感 があります。俳優の斎藤工さんを起用したTVCMもありますので、一度ご覧になった方も多いでしょう。また、毎週木曜日は東証から生LIVEで最新情報を放送しています。

IG証券はバイナリーオプションはもちろんのこと、CFD取引、FXなどが国内で取引可能です。海外のIG証券ではビットコインなども取引可能で、 世界的に幅広い銘柄、幅広い取引方法 が用意されています。

ヒロセ通商

トレイダーズ証券

トレーダーズ証券株式会社は もともと日本初のFXオンライン取引サービスを扱った業者として知られており、いわば業界の老舗 と言えるのではないでしょうか。その営業年数の長さから、FXの取引でお世話になったことがあるという方が多いのも、こちらのトレイダーズ証券の特徴です。

【疑問】国内から海外のバイナリーオプション業者は使えるのか?


意外なことかもしれませんが、 日本国内から海外のバイナリーオプション業者は利用可能 です。

p海外のバイナリーオプション業者は、日本の金融庁の規制などを受けない存在ですので、 日本のものと比べると比較的自由に取引を行うことが可能 です。

国内から取引可能な海外業者

それに対し、 海外の業者は従来のハイロー型を採用しており、シンプルな取引を行うことができる ようになっています。そのため、バイナリーオプションを始める際には、国内の業者ではなくあえて海外の業者を選ぶ人が増えています。

ザバイナリー


ザバイナリーは海外業者でありながら、 日本人スタッフによるサポートが受けられる 業者です。なにか困ったことがあっても日本語でサポートが受けられます。

ワールドクリプトバイナリー

この問題を解決したのがワールドクリプトバイナリーです。ワールドクリプトバイナリーではビットコインやダッシュ、イーサリアム、その他 主要な仮想通貨でバイナリーオプション取引を行うことが可能 となっています。

ハイローオーストラリア


ハイローオーストラリアは海外にあるバイナリーオプション業者ですが、国内からでも取引可能です。日本語にも対応しており、サポートも充実した業者としても知られています。

ハイローオーストラリアの ペイアウト率は1.85倍ですが、キャンペーンによって2倍以上に なることもあります。

【結論】結局、儲かるのは国内業者?それとも海外業者?


結論から申し上げれば、 儲かるのは海外のバイナリーオプション業者 です。

そのため、 LINEでアドバイザーのような存在を作っておく ことが何よりも重要と言えるでしょう。

そして 「そんな投資家やバイナリーオプションに熟練している人間がどこにいるか?」 ということですが、ラッキーなことにここに一人のバイナリーオプション投資家が存在します。

私は元々バイナリーオプションの投資などは関係のないところの人間でしたが、どん底の人生を逆転するべく一念発起してバイナリーオプションの勉強に取り組み、文字どおり 人生の再起をかけてバイナリーオプション投資家として生まれ変わった 人間です。

だからこそ、私はバイナリーオプションで生活を変えたい人、人生を変えたい人、 どん底からの下剋上を達成したい人をライフワークとして支援する ことに決めています。

【2019年6月最新版】海外バイナリーオプション業者11社を徹底比較!

海外BO業者11社徹底比較

会社所在地の公開:所在地の公開は、社会的な信頼に直結します。 取引銀行の公開:金融業としての信頼の証明になります。 金融ライセンス:その国の法令に順守・監督のもと営業していることを意味します。 保険会社への加盟:ユーザーから預かっている資金について保険に加盟しています。 デモトレード:個人情報や資金の預け入れ前に、取引を無料で試すことができます。 口座維持費無料:口座維持費がかかると、せっかく利益を上げても損してしまいます。 出金手数料無料:出金時に手数料を取る業者もあります。 出金条件なし:「出金条件」を満たさないと引き出せない業者もあります。 即日出金対応:スピーディな出金は信頼につながります。

1.ハイローオーストラリア|オススメ度★6点

ハイローオーストラリア公式サイト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
会社名 HTML Ltd
会社所在地 マーシャル諸島マユロ島(Googleマップ確認済み)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 加盟しているが、社名は非公開

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード あり
取引種類 「HighLow」「Turbo」「HighLowスプレッド」「Turboスプレッド」の4つ
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 無料
出金条件 無料
出金にかかる日数 正午12時までの出金依頼で翌営業日に着金

2.ザ・オプション|オススメ度★6点

ザオプション公式ホームページ

ザオプション公式サイト

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
デモトレードあり
取引種類 「ハイロー」」「スプレッドハイロー」「短期」の3つ
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

3.ファイブスターズマーケッツ|オススメ度★3点

ファイブスターズマーケッツ公式サイト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
会社名 Full Rich Limited.
会社所在地 バハマ(Googleマップ確認済)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「High/Low」「Above/Below」「WowFX」の3つ
ペイアウト率 変動制

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
(30日間取引が行われないと毎月30ドルの維持費がかかる)
(現在はかからないと利用規約に記載あり※2019年6月時点)
出金手数料 毎回1000円
出金条件 なし
出金にかかる日数 最短当日~14日

このファイブスターズマーケッツ以降の9社は全てデモトレードが出来ません。

なので、実際に取引口座に資金を入金してみないことには、事前に練習したり使用感をお試し出来ません。

また、出金手数料が毎回1000円発生するので、儲かったお金を引き出す際は注意が必要です。

4.トレード200|オススメ度★2点

トレード200公式サイト

トレード200公式サイト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
会社名 K2 Ventures Limited
会社所在地イギリス領アンギラ(Googleマップ確認済)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」「RETURN200」「短期取引」の3つ
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 3000円 (現在は最初の5回まで無料)(2019年6月時点)
出金条件 (入金額+最初に受け取れるボーナス額)の15倍の取引後
出金にかかる日数 5営業日以上

6回目以降の出金手数料が3000円と高額なのが気になります。

また、最初に取引口座に入金した金額の15倍も取引しないと引き出せないので注意が必要です。(10万円入れたとしたら、150万円分取引しないと利益を引き出せません!)

5.ソニックオプション|オススメ度★3

ソニックオプション公式サイト

ソニックオプション公式サイト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
会社名 K2 Ventures Limited(4.トレード200と同じ会社)
会社所在地 イギリス領アンギラ(Googleマップ確認済)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
デモトレード なし
取引種類 「SHORT」「RANGE」「HighLow」の3つ
ペイアウト率 最大2.02倍

サービス利用にかかるコスト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
口座維持費 不明(おそらくトレード200と同じ無料?)
出金手数料 3000円(海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 現在は無料) (2019年6月時点)
出金条件 (入金額+最初に受け取れるボーナス額)の15倍の取引後
出金にかかる日数 最短当日~5営業日以上

ソニックオプションも、トレード200同様に最初に取引口座に入金した金額の15倍も取引しないと引き出せないので注意が必要です。 (10万円入れた人は、150万円ですよ!)

6.ジェットオプション|オススメ度★3点

ジェットオプションは2.01倍という高いペイアウト率を打ち出しています。

ジェットオプション公式サイト

ジェットオプション公式サイト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
会社名 BILLION ROAD 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ LTD
会社所在地 不明
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「SHORT」「スプレッド」「HighLow」の3つ
ペイアウト率 最大2.01倍

サービス利用にかかるコスト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
口座維持費 無料
(1ヶ月以上取引がないと月1000円の口座維持費が引き落とされ、
取引口座残高が1000円未満になった時点で取引停止)
出金手数料 無料
出金条件 なし
出金条件 3営業日以内

ジェットオプションは、会社所在地を公開していないので、どこの国の会社でどこの国の法にのっとって営業しているのかが不明です。

口座維持費や各手数料が無料なので、ランニングコストはほぼかかりません。

7.ザ・バイナリー|オススメ度★3点

ザ・バイナリー公式サイト

ザ・バイナリー公式サイト

会社名 BILLION ROAD LTD. (ジェットオプションと同じ)
会社所在地 不明
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「SHORT」「RANGE」「HighLow」の3つ
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
(海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 1ヶ月以上取引がないと月1000円の口座維持費が引き落とされ、
取引口座残高が1000円未満になった時点で取引停止)
出金手数料 無料
出金条件 なし
出金にかかる日数 5営業日~
海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ

特にランニングコストがかからないからといって、1ヶ月以上放置していると、忘れた頃に口座維持費がかかってきてしまうので注意が必要です。

8.エフエックスバイナリー|オススメ度★2点

独自に「シェアトレード」という、投資者同士で差益を分配する制度を導入しているようですが、全体的にサイトの情報が少なくどんな取引なのか実際にやってみないと分かりません。

エフエックスバイナリー公式サイト

エフエックスバイナリー公式サイト

会社名 Star Formations Limited Fxbinary Administration Office
会社所在地 セーシェル共和国(インド洋)(Googleマップ確認済み)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引の種類 「ハイ&ロー」1種類
(シェアトレードという投資者間の差益分配制度がある)(不明瞭で
わかりにくい)
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 20万円以下の場合は3500円/回
出金条件 入金額以上の取引後
出金にかかる日数 5営業日以上

9.バイナリーオプションブレイク|オススメ度★2点

エフエックスバイナリー同様、 独自に「シェアトレード」という、投資者同士で差益を分配する制度を導入しているようですが、全体的にサイトの情報が少なく、やってみないと分かりません。

バイナリーオプションブレイク公式サイト

バイナリーオプションブレイク公式サイト

会社名 Star Formations Limited Fxbinary Administration Office
(8.エフエックスバイナリーと同じ会社)
会社所在地 セーシェル共和国(インド洋)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」1種類
(シェアトレードという投資者間の差益分配制度がある)(海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ 不明瞭で
わかりにくい)
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 20万円以下の場合は3500円/回
出金条件 入金額以上の取引後
出金にかかる日数 5営業日以上

10.ネクストトップオプション|オススメ度★3

ネクストトップオプションは、独自に「3連単」という競馬のような制度を導入しています。これは、同じ取引を3つ同時にエントリーし、すべて勝つとペイアウト率が10倍になるというものです。

ハイリスクハイリターンで、投機性が非常に高い(ギャンブル的)です。

ネクストトップオプション公式サイト

ネクストトップオプション公式サイト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
会社名 NEXT TOP INVESTMENT LIMITED
会社所在地 イギリス領バージン諸島トルトラ島(Googleマップ確認済)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」「3連単」の2つ
ペイアウト率 最大10倍

サービス利用にかかるコスト

海外金融庁に登録しているバイナリーオプション業者まとめ
口座維持費 不明
出金手数料 無料
出金条件 なし
出金にかかる日数 2営業日以上

11.ワールドクリプトバイナリー|オススメ度★1点

ワールドクリプトバイナリー公式サイト

ワールドクリプトバイナリー公式サイト

会社名 FINTECH VENTURES ASIA LIMITED.
会社所在地 不明(利用規約記載の準拠法は英領バージン諸島)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」の1つ
ペイアウト率 最大1.81倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 不明
出金手数料 無料
出金条件 出金を受けるには仮想通貨のウォレットが必要かつ入金額以上の取引後
出金にかかる日数 5営業日以上

海外バイナリーオプション業者11社を比べた結果

「金融ライセンス」を取得しているor公表しているのは、ハイローオーストラリアとザ・オプションの2社のみです。(ザ・オプションは所在地とは別の国で取得していますが…)

日本国内において、日本に会社があって金融庁の許可を得ずに金融サービスを提供することは「法律で一切守られない」ことを意味しています。

じゃあハイローオーストラリアやザ・オプションが安心かと言うと、そうとも言い切れません。

海外ナイナリーオプション業者を利用する時点で、金融庁にとっては「管轄外」なので、何かトラブルがあっても日本の法は守ってくれません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる