FXの相対取引とは

テクニカル指標の全

テクニカル指標の全
第 5 位

コピペで作れる!MT4でFX自動売買システム(EA)大辞典

double iStochastic(string symbol, int timeframe, int %Kperiod, int %Dperiod, int slowing, int method, int price_field, int mode, int テクニカル指標の全 テクニカル指標の全 shift)
%Kperiod:%Kラインの期間
%Dperiod:%Dラインの期間
slowing:スロー値
price_field:価格フィールドのパラメータ。次の値のいずれかを指定できます:0 - 安値/高値 もしくは、1 - 終値/終値。
インディケーター ライン識別子
MODE_MAIN:0:インディケーターの基本線
MODE_SIGNAL:1:シグナル線


double Stochastic_MAIN = iStochastic(NULL, 0, 5, 3, 3, MODE_SMA, 0, MODE_MAIN, 0);
double Stochastic_SIGNAL = iStochastic(テクニカル指標の全 NULL, 0, 5, 3, 3, MODE_SMA, 0, MODE_SIGNAL, 0);

テンプレート
extern string Stochastic_Parameters="---Stochastic---";
extern int Kperiod = 5;
extern int Dperiod = 3;
extern int slowing = 3;
extern string Ma_Type="----SMA0-EMA1-SMMA2-LWMA3";
extern int MA_MODE = 0;
extern double Stoc_Level_UPPER = 70;
extern double Stoc_Level_LOWER = 30;

double Stoc_MAIN0 = iStochastic(NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, MA_MODE, 0, MODE_MAIN, 0);
double Stoc_SIGNAL0 = iStochastic(NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, テクニカル指標の全 MA_MODE, 0, MODE_SIGNAL, 0);テクニカル指標の全
double Stoc_MAIN1 = iStochastic(NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, MA_MODE, 0, MODE_MAIN, 1);
double Stoc_SIGNAL1 = iStochastic(NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, MA_MODE, 0, MODE_SIGNAL, 1);

ストキャスが70以上でデッドクロス
Stoc_MAIN0 >= Stoc_Level_UPPER && Stoc_MAIN0 = Stoc_SIGNAL1

ストキャスが30以下でゴールデンクロス
Stoc_MAIN0 Stoc_SIGNAL0 && Stoc_MAIN1 RVI_SIGNAL0 && RVI_MAIN1 = RVI_SIGNAL1

Relative Strength Index (RSI・相対力指数)

  • 2010-05-23(20:52) /

Relative Strength Index (テクニカル指標の全 RSI) は過去一定期間の変動幅に対して、どれほど上昇したかを割合で表示する指標です。
RSIがとりうる値は0%~100%になります。
一般的に70%以上であれば買われすぎ、30%以下であれば売られすぎと考えて売買シグナルを判断します。

double iRSI(string symbol, int timeframe, int period, int applied_price, int shift)


double RSI = iRSI(NULL, 0, 14, PRICE_CLOSE, 0);

テンプレート
extern string RSI_Parameters="---RSI---";
extern int RSI_period = 14;
extern テクニカル指標の全 double RSI_Level_UPPER = 70;
extern double RSI_Level_LOWER = 30;

double RSI0 = iRSI(NULL, 0, RSI_period, PRICE_CLOSE, 0);
double RSI1 = iRSI(NULL, 0, RSI_period, PRICE_CLOSE, 1);

勝率9割、シグナルに従うだけの簡単バイナリーオプション攻略を伝授!テクニカル指標の全一致がカギ!

単純に情報量は7つのテクニカルからなるので7倍となります。

バイナリーオプションでの使い方 はこの7つのテクニカル指標のシグナルを参考に売買をします。

さらに 7つのテクニカル指標が全一致したときには大チャンス となります!!

この手法で私も試してみましたが、いまのところ 勝率9割近い勝率 をKEEPしています!

この さきどりテクニカル は ひまわりFX の口座を開設するだけで 無料で利用 することができます。

口座開設・詳細についてはこちらから


タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「TariTali(タリタリ)」って、Twitterなんかでたまに見かけるけど、いったいなんなの?って思ったことありませんか?

キャッシュバックサイトらしいけど、どういう仕組なんだろうって思いますよね。

今回は、FXキャッシュバックサイトとして有名な「TariTali(タリタリ)」の仕組みについて以下の3点について解説していきます。

  1. キャッシュバックサイトとは?
  2. キャッシュバックサイトの仕組みは?どのようにして還元されるのか?
  3. TariTali(タリタリ)の評判・評価とは?

FX博士

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバック業者を大雑把に述べると、アフィリエイト業者のようなものです。厳密に述べるならばIB(Introducing Broker)業者。IB業者によるスプレッドバックの仕組みは古くから存在します。

FXレンジ相場で稼ぐには?テクニカル指標が活かしにくい相場で勝つコツ ~ FX

FXレンジ相場で稼ぐには?テクニカル指標が活かしにくい相場で勝つコツ

そこで、この相場はしばらく続くだろうという判断基準が勝つには必要となってきます。ポイントは、 インジケーターを使い視覚的に判断すること 。インジケーターはチャート上に重ねて表示させるいわばサポートラインです。種類も豊富で代表的な移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、パラボリック、GMMA、HLバンドなど他にも多数あります。これらは複数使うと線が重なり見づらくなりますが、ご自身に合ったトレンド系ラインを使うことで相場の流れや方向を予想することができます。

レンジとトレンドを見分けるインジケーターの使い方を紹介!相場の判断はツールに任せてFXの勝率を高めよう

なぜ負けるレンジ相場となるのか

メジャーなインジケーターを選択し、チャート上にサポートラインを表示させたからこれで勝てる、というとなかなかそうもいきません。FXトレーダーの多くの方がなぜレンジ相場で勝つことが困難なのでしょうか。それは、 サポートラインを定番なものに選択していると多くの方も同じような手法を取っているため、売買のエントリータイミングが集中してしまい結局相場の変動へと繋がってしまうことがあるから です。かと言って、あまりにもマイナーなインジケーターでは誰も指標としていないことから相場に反映されにくく使いづらい一面もあります。

レンジ相場で勝ち抜くコツ3選

最後に、レンジ相場では使えないインジケーターが増えるのでオキシレーター系ツールで相場の過熱感にも注意を払うことです。渦中にいると気付きにくい相場の変動を冷静に分析していけば、まんまと鴨になる負け戦のトレードもきっと減るはずです。 ライバルの動向を意識することも重要な戦略の一つ です。そして、うまくいかないときは戦略を立て直す、一度休んでみる、など対応の柔軟性も不可欠です。

スマートフォン専用トレーディングアプリ

補足

テクニカル指標は、メインチャート、サブチャート1、サブチャート2に、それぞれ1種類ずつ表示できます。

テクニカル指標の設定を変更する

  • 1. 「テクニカル」をタップする

補足

テクニカル指標の変数は、以下の範囲で変更できます。

テクニカル指標の全 テクニカル指標の全
テクニカル指標 変数の範囲
移動平均線 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
ボリンジャーバンド 期間を1~150まで設定できます。
一目均衡表 転換線、基準線、スパンともに1~150まで設定できます。
指数平滑移動平均 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
多重移動平均 最短期間は1~254、最長期間は1~255、本数は15まで設定できます。
パラボリック AF、上限ともに0.01~1.00まで設定できます。
MACD 短期EMA、長期EMA、シグナルともに1~150まで設定できます。
RSI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
RCI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
DMI/ADX DI、ADX、ADXRともに1~150まで設定できます。
ストキャスティクス %k、%D、Slow%Dともに1~150まで設定できます。
移動平均乖離率 短期、長期ともに1~255まで設定できます。
サイコロジカル 期間を1~255まで設定できます。
標準偏差 期間を1~255まで設定できます。
モメンタム 期間、シグナルともに1~255まで設定できます。

比較チャートを表示する

  • 1. 片方の銘柄のチャート画面で、「テクニカル」をタップする

補足

比較チャートを表示している場合は、同時にサブチャートは表示できません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる