取引戦略

トレーリングストップとは

トレーリングストップとは
ぶんぺい

auカブコム証券が1/24から米国株取引開始!手数料は最小水準で、注文方法が多彩なのがメリット

auカブコム証券で米国株サービス開始

おすすめ証券会社

為替スプレッド(為替手数料に相当)が安い ことや、 注文方法が豊富 な点が特長です。さらなるサービス拡充が予定されているようですので、今後の発展に期待したいです。

auカブコム証券の米国株サービスの概要

項目概要
取扱銘柄 約360銘柄(個別株200銘柄&ETF162銘柄)
※順次拡充予定
取引手数料 0.495%(税込)
最低手数料:0ドル、上限手数料:22ドル(税込) トレーリングストップとは
※国内ネット証券で最小水準
為替スプレッド 1ドルにつき20銭
決済方法 当初は円貨決済のみ(2022年度内に外貨決済に対応予定)
注文方法 成行、指値、逆指値、トレーリングストップ、Uターン注文
※トレーリングストップ:株価に合わせて逆指値の価格を自動的に修正する注文方法
※Uターン注文:買い注文と同時に売り注文を予約する注文方法
取引ツール ・WEB(PC、スマホ)
・スマホアプリ(kabu.com for iPhone/Android)
・PCソフト(kabuステーション)
投資情報の提供 ・ビジュアル決算
・投資テーマ検索
・株価分析
・無料で海外株式レポートを配信(2022年春から)

auカブコム証券の米国株取引は スマホアプリに対応 していますので、外出中でも取引しやすくて便利です。今後、外貨決済に対応(2022年度内の予定)したら、さらに使いやすくなりそうです。

auカブコム証券の米国株サービスの特長2点

手数料が国内ネット証券で最小水準(特に為替手数料が安い)

  • 取引手数料は 0.495% (税込)
    最低手数料は0ドル、上限手数料は22ドル(税込)
  • 為替スプレッド(為替手数料に相当)は 20銭/ドル

取引手数料 は他の国内ネット証券3社(米国株を取り扱っている楽天証券、SBI証券、マネックス証券)と 全く同じ です。

一方、 為替スプレッドは20銭/ドル です。他社では通常25銭/ドルとなっているところが多いため、auカブコム証券の 為替スプレッドはやや安く なっています。

多彩な注文方法に対応している

  • 成行
  • 指値
  • 逆指値
  • トレーリングストップ (株価に合わせて逆指値の価格を自動的に修正する注文方法)
  • Uターン注文 (買い注文と同時に売り注文を予約する注文方法、他社ではIFD注文などと呼ばれる注文方法)

簡単にいうと、価格変動に合わせて 自動的に利益確定や損切りするための予約注文 ができるようになります。

多くのサラリーマンの方にとって、米国の取引時間(日本時間の夜中)に合わせて注文管理をするのは大変だと思います。あらかじめ 自動売買を指示可能 な手段が用意されているのは便利です。

auカブコム証券の米国株サービスは損益管理を徹底したいトレーダータイプに向いている

これらの注文方法を使えば、株価変動に合わせて自動的に利益確定や損切りするようにあらかじめ注文できます。そのため、 夜遅くまで起きて注文状況をチェックしたり、毎日注文を修正したりするような手間から解放 されます。

これらの注文方法は 損益管理を徹底したいトレーダータイプの方 にとって、大変便利な機能です。

もともとauカブコム証券は日本株の信用取引などにおいて トレーダー型の投資家に評判のよいネット証券 です。米国株においても同様にトレーダータイプの方にとって相性がよいサービス内容となっています。

auカブコム証券の米国株サービスは 手数料が最小水準 であり、 注文方法の多彩さ の点から特にトレーダータイプの方にとって使いやすい仕様になっています。

覚えればとても便利な注文方法を使いこなそう!!

覚えればとても便利な注文方法を使いこなそう!!

また、例えば既に 売りポジションを持っていて、上がれば損失限定の買い決済、下がれば利益確定の買い決済をW指値を使って発注 することができます。

<W指値注文の発注画面>

新規買いの場合で、 現値28655円だが、28500円でミニ100枚を買いたい 。

上昇していき 28700円を超えて行くようなら、28800円までであればミニ100枚を買い発注 。

どちらかが約定した時点で、もう片方の注文が自動的に取り消されます。

Uターン(ゆーたーん)注文

買い注文と同時に売り注文を予約することができます。

「29500円で買って、29530円で売る」といった設定が自由自在に行うことができます。

日経225先物ではもちろん売り注文からUターン注文で買い戻し返済の注文もできます。

「29650円で売って、29000円で買う」

また、以下のように 逆指値の買い注文を入れ ておいて、下げてきた場合に 損失限定の売り決済注文を入れる こともできます。

デイトレーダーの方や時間に余裕のない方は便利 ではないでしょうか。

<Uターン注文発注画面>

現値28675円、ミニ1枚の買い指値28650円。

決済をW指値であらかじめ発注しておきたい場合。

売り指値29000円。

損切りの売り逆指値28600円以下になったら 28000円 までなら売り返済発注。

28000円を例えば 28590円 にしていると、 急激に株価が下がった場合に決済されない ことがありますので、注意してください。

±指値(ぷらまいさしね)注文

±指値(ぷらまいさしね)注文 とは、「 始値(はじめね)・終値(おわりね)・約定価格(やくじょうかかく) 」を基準とした注文が出せる注文方法です。

始値±指値、終値±指値、約定価格±指値の3種類 があります。

始値は 当日の始値 、終値は 前日の終値 、また Uターン注文とセットで発注し、Uターン注文で約定した価格の3つ です。

「約定価格±指値」は 「指値」 以外にも、 「逆指値」「W指値」と組み合わせて発注することも可能 です。

「約定価格±指値」注文 や寄付前に発注していた 「始値±指値」注文 では、 発注時点ではまた確定していない価格を基準に設定できる点が大きな特徴 です。

日経225先物取引で、 新規買いで「始値から30円上がれば買い」の±指値注文 を出しておき、この 新規買い注文が約定したらUターン注文を発注 する。

このUターン注文で、 「約定価格+50円なら指値で利食い売り、もし約定価格-20円となったら、損切りのため-100円で売り、のW指値」 といった 返済売り注文を、最初の始値が決定する以前にあらかじめ設定しておくことが可能 になります。

<買い注文>始値から30円上がれば成行買い。

<売り注文の予約(Uターン注文)>約定価格の50円上で指値売り注文を発注し、もし株価が約定価格-20円となったら約定価格-100円で売り注文、という約定±W指値を設定。

トレーリングストップ

トレーリングストップ とは、 高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する注文方法 です

同じ売りなら少しでも高いところで売りたい、高値から下落してきたところで売りたい、という場合に活用できます。

売りの場合であれば、「株価の上昇にあわせて、高値から〇円の逆指値を切り上げ、株価の値上がりに追従しつつ、反落し始めたところで売り発注」ということが可能です。

買いの場合は、「少しでも安いところで買いたいが、安値から〇円上がって来たら買い発注」ということが可能です。

例:日経225先物ミニ5分足

トレーリングストップとは 上昇トレンドの下落中(調整中)に安値(29235円)から+30円(29265円)上昇したらトレーリングストップの成行買い注文が発注され29265円で約定。

また、 既に 買いポジション を持っていて、 利益が出ているが上昇中は少しでも利益を伸ばしたい といった場合に、 高値から〇円下がったら売り発注 することができます。

売りのポジション を持っている場合は、 下落中に少しでも利益を伸ばしたい場合に、安値から〇円上がったら買い発注 することができます。

時間指定注文

時間指定(じかんしてい)注文 とは、「〇時〇分になったら」「〇分後になったら」といった 時間を指定して発注/訂正/取消しできる 注文方法 です。

「時間指定指値・成行」「時間指定取消し付き指値」「時間指定訂正付き指値」「時間指定W指定」の4種類 があります。

各注文方法は例えば、以下のような場合に使えます。

「時間指定成行」

値動きが激しいことが多い寄付を避けて、9:15に成行で買う。

「時間指定取消付き指値」

今から60分後までに指値で買えなければ注文取消し→時間指定取消し付き指値

「時間指定訂正付き指値」 トレーリングストップとは

指値28500円発注、発注完了より30分後までに約定しない場合、成行に訂正。

「時間指定W指定」

指値28500円発注、株価28700円以上、または、発注完了より30分後までに約定しない場合、指値28650円に訂正。

引け前訂正指値注文

引け前訂正指値(ひけまえていせいさしね)注文 とは、例えば新規の買いを28500円の指値注文をしておき、ザラ場で約定しない場合

・プレクロージングになったら、

①指値 ザラ場最終価格±〇円

②指値 〇円

③成行

<すでにポジションを持っている場合>

すでに買いポジションを持っていて、〇円まで上がったら売り指値返済注文を発注したいが、〇円まで上がらなければプレクロージングで成行注文を発注したい等の場合に使います。 トレーリングストップとは

日経225先物の現値が28600円の場合、 29000円まで上がったら売り指値返済注文を発注したい が、 29000円まで上がらなければ、大引けの板寄せで指値や成行発注できる注文方法 です。

【MT5(MT4)の使い方】海外FXの「取引方法」を解説します!

Exness(エクスネス)【MT4 / MT5】インストールとログイン方法 Exness(エクスネス)では【MT4(またはMT5)アプリ】を使ってトレードをします。 口座開設をおえたら、Exness会員ページか.

その前に 「MT5かMT4か」、「WindowsかMacか」のどっちがいいのか について個人的な意見を短く書きます。

MT5かMT4のどっちがいいのか?

まだMT4のみ対応のブローカーも多いです。

MT5とMT4の操作方法はかわりません。

できることにも大きな違いはないです。

まとめるとMT5かMT4かを選べる場合には、 裁量トレーダーはMT5、EAトレーダーはMT4となります。

これから主流になっていくのはMT5なので、できればMT5口座をおすすめします。

パソコンはWindowsかMacのどっちがいいのか?

XMTradingのプラットフォームページ

Windowsならば「PC対応」を、Macはそのまま「Mac対応」をクリックしますが、

トレード目的ならば、 Windowsを推奨します。

主観ですが、一部クリエイターが片手間にトレードする以外ではWindowsがいいです。

ちなみにMT4 / MT5の 「WebTrader」 はウェブブラウザからトレードができます。

FXの基本(MT4 / MT5の注文方法・利益確定・ストップロス)について

メタトレーダーを使ううえでもFXの基本として次の「流れ」を覚えておけばOK!

USDJPY、EURUSDといった 「 銘柄( 通貨ペア)」 を指定します。

ちなみにFXで取引すべきおすすめの通貨ペアについてはこちらの記事で詳しく解説!

通貨ペアは、銘柄名の先頭の通貨の名前を意識することが大事で、その通貨を買うか売るかです。

USDJPYだったらUSDの価値が (JPYに対して) 上がっているか下がっているか、

EURUSDだったらEURの 価値が (USDに対して) 上がっているか下がっているかです。

「タイプ(注文方法)」 を、

「買い」か「売り」を即実行する 「成行注文」 か、

Buy Limit(買い指値)」、「Sell Limit(売り指値)」といったある「価格」になったら「買い」か「売り」を実行する 指値注文 (その場合 「価格」 も指定)かを選択します。

「数量」 で保有する「ロット」を指定します。

0.10が1万通貨です。

「Stop トレーリングストップとは Loss(ストップロス)」はその「価格」になったら損切りをする「損切り注文」、

「Take Profit(テイクプロフィット)」はその「価格」になったら利益確定をする「利確注文」です。

「成行注文」 は 「ロット数」 を指定して、そのまま 「赤い売りボタン」 か 「青い買いボタン」 を押すことによって 即ポジションを保有します。

「指値注文」は「 価格」と 「 ロット数」 を指定して 「発注ボタン」 を押すことによって予約を入れておくという注文方式となります。

MT5(MT4)の操作方法

上記の「注文方法(成行・指値)・テイクプロフィット(利益確定)・ストップロス(損切り)」について理解したら、

慣れていないうちは ウィンドウの配置が ごちゃちゃしてわかりずらく感じますが、 使うところは限られてきますので、よく使う箇所を解説します。

言語を設定する

まず確認することは「言語」が日本語 になっているかです。

MT5メニューの表示から言語を選択

英語表記の場合、ウィンドウメニューの「View」「Languages」から「Japanese」にします。

言語を変更するとアプリの再起動が必要ですので「Restart」を押します。

ツールバーによく使う機能を出しておく

MT5メニューの表示からツールバーのすべてにチェックを入れる

チャートアイコンでは、 バーチャートではなく 「キャンドルスティック」 にすること。

MT5のツールバーでバーチャートからキャンドルスティックにする MT5の時間足の設定

よく使うのは 「拡大・縮小」、「自動スクロール」、 「チャートの右側をあける」、 「時間足の変更 」 です。

通貨ペアとチャートの表示

「気配値表示」 から通貨ペアを選択します。

MT5メニューの表示から気配値表示を選択

左上ウィンドウメニューの「表示」「気配値表示」をクリックして、

「気配値表示」のなかから対象の通貨ペアを右クリックして「チャートウィンドウ」をクリックして チャート表示させます。

取引したい銘柄(通貨ペア)がない場合、「気配値表示」のなかで右クリックして「全て表示」から銘柄を選びます。

同じく右クリックの 「銘柄一覧」から選ぶ場合には 「Forex」が通常よく取引する通貨ペアのことです。

「CFDs」には各国の株価指数、原油といったエネルギー、ゴールドといった貴金属、そのほか砂糖、ココア、コーヒー、コーンといった商品(コモディティ)もあります…、

が、もし「Forex」 以外の銘柄を はじめて取引する場合にはこちらもみてください!

チャート左上の注文ボタン

ワンクリック注文は素早く発注できますが、初回は免責事項に同意チェックが必要です。 オンにするならロット数と誤 タッチに注意!

ワンクリック注文のオン・オフの切り替えはメニューから「オプション」→「取引タブ」ワンクリック注文のチェック欄でします。

注文ボタンの真ん中の数字でロット数を指定してSELL(売り)BUY(買い)のボタンを押すとポジションを保有しますが、

ワンクリック注文モードがオフの場合はさらに 注文ウィンドウが出てきます。

ツールボックスから口座情報を確認

MT5では 「ツールボックス」 を表示させて、ご自身の口座資金、指値の注文内容や保有ポジションについてはこのエリアで確認します。

MT4では 「ターミナル」 といういい方をします。

左上ウィンドウメニューの「表示」「ツールボックス」をクリックして表示させます。

MT5メニューの表示からツールボックスを選択

ボーナスのあるブローカーの場合、MT5およびMT4上ではボーナスはクレジットと表記されています。

決済・部分決済の実行、指値注文内容の変更・取り消しができます。

一番右端の「×」マークをクリックしても決済します。

決済の注文ウィンドウがでてくるので、そのなかのボタンをクリックして成行の決済です。

ワンクリック注文モードが オン の場合は 注文ウィンドウは省略されるので注意。

チャート上の発注の仕方と注文内容の設定・変更

ワンクリック注文あるいは注文ウィンドウから発注してポジションを保有すると、 チャート上には保有したポジションの価格にラインが入ります。

MT5メニューのチャートからチャート上に表示するものを選択

注文ウィンドウからテイクプロフィット(利確注文)ストップロス(損切り注文)を設定してもいいのですが、

例えば 買い の場合、

保有した価格のラインからドラッグして上に引っ張ると「利益確定注文(テイクプロフィット)」、下に引っ張ると「損切り注文(ストップロス)」を簡単に設定できます。

つまり、エントリーとターゲットからストップまでをチャート上で分析しながらおこなえる!

テイクプロフィットとストップロスは、エントリー価格から近すぎると音が鳴って設定が通りません。

チャート上で買いたいところで右クリックすると「Buy Limit、ロット数、価格(ここまで下がったら買うということ)」が表示されるのでチャート上からでも注文ができます。

  • 成行注文と指値注文によってポジションを保有できること
  • テイクプロフィット(利益確定)とストップロス(損切り)を設定できること

自動トレーリングストップ機能

ポジションを保有して、ある程度の含み益を得ていればストップロスを自動的に追っかけてくれる 「トレーリングストップ」 という機能があるので一応覚えておきましょう。

これにより損失が出ないことを確定させることができます。

チャート上のレート付近か、ツールボックスの保有ポジションを右クリックして「トレーリングストップ」を有効にします。

高値を更新するごとに自動的にストップを上げていきますが、高値から追いかけるストップの距離を指定できます。 10pointは1pips。

ちなみにスマホアプリにこの機能はないです。

MT4 / MT5のアップデートについて

メタトレーダーのアップデート画面

MT4 / MT5の取引レポートの参照方法

MT5のツールボックス(MT4はターミナルウィンドウ)の「口座履歴」を右クリックして「指定のカスタム設定」で指定した期間(1年など)を設定し、「レポートの保存」を右クリックします。

MT4 / MT5はFXで勝つための必須ツール

メタトレーダーは本当に高機能です。 トレーリングストップとは 国内のFX専用アプリではできないことができます。

注文から分析・検証、インジケーター拡張、プログラム売買(EA)など、 やろうと思えばできることが多いところがポイントですね。

スマホアプリのMT4 / MT5はシンプルすぎます。ただし物足りないというよりは、このシンプルさが初心者にとっては使いやすいともいえます。

MT5(MT4)では 分析から取引までをこれで完結できること が最大のメリット。FXで勝つためにはこの取引ツールを使いこなしていくことが必須となるのです。

覚えればとても便利な注文方法を使いこなそう!!

覚えればとても便利な注文方法を使いこなそう!!

また、例えば既に 売りポジションを持っていて、上がれば損失限定の買い決済、下がれば利益確定の買い決済をW指値を使って発注 することができます。

<W指値注文の発注画面>

新規買いの場合で、 現値28655円だが、28500円でミニ100枚を買いたい 。

上昇していき 28700円を超えて行くようなら、28800円までであればミニ100枚を買い発注 。

どちらかが約定した時点で、もう片方の注文が自動的に取り消されます。

Uターン(ゆーたーん)注文

買い注文と同時に売り注文を予約することができます。

「29500円で買って、29530円で売る」といった設定が自由自在に行うことができます。

日経225先物ではもちろん売り注文からUターン注文で買い戻し返済の注文もできます。

「29650円で売って、29000円で買う」

また、以下のように 逆指値の買い注文を入れ ておいて、下げてきた場合に 損失限定の売り決済注文を入れる こともできます。

デイトレーダーの方や時間に余裕のない方は便利 ではないでしょうか。

<Uターン注文発注画面>

現値28675円、ミニ1枚の買い指値28650円。

決済をW指値であらかじめ発注しておきたい場合。

売り指値29000円。

損切りの売り逆指値28600円以下になったら 28000円 までなら売り返済発注。

28000円を例えば 28590円 にしていると、 急激に株価が下がった場合に決済されない ことがありますので、注意してください。

±指値(ぷらまいさしね)注文

±指値(ぷらまいさしね)注文 とは、「 始値(はじめね)・終値(おわりね)・約定価格(やくじょうかかく) 」を基準とした注文が出せる注文方法です。

始値±指値、終値±指値、約定価格±指値の3種類 があります。

始値は 当日の始値 、終値は 前日の終値 、また Uターン注文とセットで発注し、Uターン注文で約定した価格の3つ です。

「約定価格±指値」は 「指値」 以外にも、 「逆指値」「W指値」と組み合わせて発注することも可能 です。

「約定価格±指値」注文 や寄付前に発注していた 「始値±指値」注文 では、 発注時点ではまた確定していない価格を基準に設定できる点が大きな特徴 です。

日経225先物取引で、 新規買いで「始値から30円上がれば買い」の±指値注文 を出しておき、この 新規買い注文が約定したらUターン注文を発注 する。

このUターン注文で、 「約定価格+50円なら指値で利食い売り、もし約定価格-20円となったら、損切りのため-100円で売り、のW指値」 といった 返済売り注文を、最初の始値が決定する以前にあらかじめ設定しておくことが可能 になります。

<買い注文>始値から30円上がれば成行買い。

<売り注文の予約(Uターン注文)>約定価格の50円上で指値売り注文を発注し、もし株価が約定価格-20円となったら約定価格-100円で売り注文、という約定±W指値を設定。

トレーリングストップ

トレーリングストップ とは、 高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する注文方法 です

同じ売りなら少しでも高いところで売りたい、高値から下落してきたところで売りたい、という場合に活用できます。

売りの場合であれば、「株価の上昇にあわせて、高値から〇円の逆指値を切り上げ、株価の値上がりに追従しつつ、反落し始めたところで売り発注」ということが可能です。

買いの場合は、「少しでも安いところで買いたいが、安値から〇円上がって来たら買い発注」ということが可能です。

例:日経225先物ミニ5分足

上昇トレンドの下落中(調整中)に安値(29235円)から+30円(29265円)上昇したらトレーリングストップの成行買い注文が発注され29265円で約定。

また、 既に 買いポジション トレーリングストップとは を持っていて、 利益が出ているが上昇中は少しでも利益を伸ばしたい といった場合に、 高値から〇円下がったら売り発注 することができます。

売りのポジション を持っている場合は、 下落中に少しでも利益を伸ばしたい場合に、安値から〇円上がったら買い発注 することができます。

時間指定注文

時間指定(じかんしてい)注文 とは、「〇時〇分になったら」「〇分後になったら」といった 時間を指定して発注/訂正/取消しできる 注文方法 です。

「時間指定指値・成行」「時間指定取消し付き指値」「時間指定訂正付き指値」「時間指定W指定」の4種類 があります。

各注文方法は例えば、以下のような場合に使えます。

「時間指定成行」

値動きが激しいことが多い寄付を避けて、9:15に成行で買う。

「時間指定取消付き指値」

今から60分後までに指値で買えなければ注文取消し→時間指定取消し付き指値

トレーリングストップとは トレーリングストップとは トレーリングストップとは 「時間指定訂正付き指値」

指値28500円発注、発注完了より30分後までに約定しない場合、成行に訂正。

「時間指定W指定」

指値28500円発注、株価28700円以上、または、発注完了より30分後までに約定しない場合、指値28650円に訂正。

引け前訂正指値注文

引け前訂正指値(ひけまえていせいさしね)注文 とは、例えば新規の買いを28500円の指値注文をしておき、ザラ場で約定しない場合

・プレクロージングになったら、

①指値 ザラ場最終価格±〇円

②指値 〇円

③成行

<すでにポジションを持っている場合>

トレーリングストップとは すでに買いポジションを持っていて、〇円まで上がったら売り指値返済注文を発注したいが、〇円まで上がらなければプレクロージングで成行注文を発注したい等の場合に使います。

日経225先物の現値が28600円の場合、 29000円まで上がったら売り指値返済注文を発注したい が、 29000円まで上がらなければ、大引けの板寄せで指値や成行発注できる注文方法 です。

トレードで利確が早すぎる問題はコレで解決!利益を増や方法教えます

ぶんぺい

ぶんぺい

  • 少なくともマイナスにならないようにできる
  • 利益を伸ばすチャレンジができる
  • 含み益が出るとすぐに決済したくなる
  • 利益をなかなか伸ばすことができない
  • 利確するポイントがよくわからない

利確が早くなる理由

プロスペクト理論の元となった実験は、カーネマンが「一つだけの質問による心理学(psychology of single questions)」と呼ぶ手法による。この手法は、心理学者のウォルター・ミシェルが用いた方法を参考にしたものである。

例えば、以下の質問について考えてみよう。

質問:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A: 100万円が無条件で手に入る。
選択肢B: コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。

引用元: Wikipedia

分割決済が利確の最強法則

  • まず利益を得られる
  • 残りのロットで利益を伸ばすことができる

分割決済の方法

  • 何回分割して決済するか?
  • 分割するロット数はいくつがいいのか?

分割決済のデメリットは正しいのか?

ぶんぺい

ぶんぺい

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる