FXスマホアプリ

レバレッジとは

レバレッジとは
ETF.comより

iFreeレバレッジ NASDAQ100

ファンドの損益や資産状況の計算、分配金の支払いの決定などが行われる日です。ファンドの決算は、年1回や2か月に1回など、各ファンドによって異なり、ファンド目論見書に記載されているほか、ファンド詳細画面で確認できます。
ファンド決算日を基準として、運用会社は、決算日までのファンドの運用成績や財務状況を開示します。具体的には、ファンドごとに貸借対照表、損益計算書、剰余金計算書、運用報告書を作成します。
また分配金の支払いは決算日に決定されます。
分配金を受取るには、決算日の前営業日までに約定となるような購入申込が必要です。
※営業日とは土日祝日を除いた日です。
※決算日が土日祝日の場合は翌営業日が決算日となります。
※分配金の受取りは、決算日から5営業日目となります。
※運用状況によっては、分配金が変わる場合、または分配金が支払われない場合があります。 レバレッジとは
基準価額決定、約定確認のタイミングは?
株式投資信託の分配金の受取はどのように確認しますか?

クローズド期間とは

設定来高値とは

設定来安値とは

約定日と基準価額の決定とは

申込単位とは

分配金コースとは

分配金コースには「受取型」と「再投資型」があります。
・受取型
分配金を現金として総合口座で受け取るコースです。
分配金の受取りは、決算日から起算して5営業日目です。

手数料とは

ファンドの購入の際に販売会社に支払う手数料です。
楽天証券で取り扱う全ての投資信託は購入時の手数料は無料となっています。
※金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は「IFA手数料」が適用されます。

運用管理費用(信託報酬)とは

信託財産留保額とは

リターン(レバレッジとは 年率)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値です。
÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(年率)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。
「リターン(年率)楽天証券分類平均」より「リターン(年率)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(期間)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率の値です。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リターン(期間)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるベンチマーク収益率の値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。「リターン(期間)楽天証券分類平均」より「リターン(期間)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額で算出しています。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リスク(年率)とは

リスク(年率)楽天証券分類平均とは

ベータ(β)とは

株価指数などのベンチマークに対して、個別のファンドがどれぐらい敏感に感応し、連動した値動きをしているのかを表す指標です。
たとえば、あるファンドのベータが0.9とすると、ベンチマークが10%変動すると、そのファンドは9%変動するということになります。
ベータ値が1より小さい場合、そのファンドは、市場全体の値動きよりも、小さな値動きをしているファンドであることを示し、1より大きい場合、市場全体の値動きよりも大きな値動きをするファンドであることを示します。
ベータ値が小さいほど、価格変動のリスクが小さく、逆に、ベータ値が大きいほど、価格変動のリスクが大きいことを表します。 レバレッジとは
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

相関係数とは

ファンド間や指数などとの値動きの連動性を表す指標です。
相関係数はマイナス1~1での範囲の数値で表されます。
相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことを示し、マイナスである場合には、反対方向に動くことを示します。
相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。信頼度は以下を参考にしてください。
0.8 ~ 1.0 非常に強い相関
0.6 ~ 0.8 かなり強い相関
0.4 ~ 0.6 やや強い相関
0.2 ~ 0.4 やや弱い相関
0.0 ~ 0.2 無相関
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

アルファ(α)とは

あるファンドの収益率から、市場全体の動き(例えば日経平均株価など)に連動したリターンを表すベータ値を差し引いたものです。
アルファが高いほど、市場全体の平均よりリターンが高いことを意味します。運用者の判断で、市場全体の動きと連動しない投資を行ったことにより得られるリターンを表し、ファンドマネージャーの運用能力を測る指標ともいえます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

トラッキングエラー(TE)とは

ファンドが目標とするベンチマークと、実際のポートフォリオ(投資している銘柄群)を比べ、リターンがどれだけ異なっているかを表す数値のことです。
インデックスファンドの場合は、トラッキングエラーが小さいファンドが優れているとされます。インデックス運用においては、このトラッキングエラーの極小化を目指しています。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

シャープレシオ(SR)とは

リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。シャープ・レシオの数値が大きいほど、小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。
シャープ・レシオは、リスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAのシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになります。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

インフォメーションレシオ(IR)とは

アクティブリターン(ベンチマーク以上のリターン)を得るために、どのくらいアクティブリスク(ベンチマーク以上のリスク)が取られたかを測る指標です。
一般に、リスク調整後のリターンを意味し、高い方が良いとされます。アクティブ運用を行うファンドマネージャーの運用能力を測る指標となり、「1」を超えると、そのファンドマネージャーの運用能力が高いと評価されます。 レバレッジとは
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

【初心者向け】FXのレバレッジとは?計算方法とリスクの抑え方を解説

一方で、高すぎるレバレッジでの取引は、大きな損失が出るリスクも高まります。
FX会社に預けている証拠金では補えない損失が出た場合、トレーダーはその分を追加で支払わなければならず、場合によっては投資した金額以上の損失が発生する可能性があります。
リスクを抑えるためにも、FX取引に慣れないうちは低いレバレッジ倍率で取引する方が安心です。
詳しくは本記事の「5.レバレッジのリスクを抑えて取引するための4つのポイント」で紹介します。

2.レバレッジ倍率の計算方法

レバレッジ倍率は、「取引数量」、「為替レート」、「証拠金(口座資金)」の3つから算出されます。
(「取引数量」は、取引する通貨量のことです)

レバレッジ倍率の計算式

【例1】取引数量が異なる場合(証拠金が100,000円の場合)

取引数量が異なる場合(証拠金が100,000円の場合)

【例2】証拠金が異なる場合(取引数量が5,000ドルの場合)

証拠金が異なる場合(取引数量が5,000ドルの場合)

OANDA証券の証拠金・損益シミュレーション

全取引におけるレバレッジ倍率を表す「実効レバレッジ倍率」

FX取引では、同時に複数の取引をおこなうことが多いです。
複数の取引で確認しておきたいのは、「全取引金額におけるレバレッジ倍率がどうなっているか」です。
この「全取引金額におけるレバレッジ倍率」を「実効レバレッジ倍率」といいます。

実行レバレッジ倍率

つまり、1回の取引のレバレッジ倍率が低くても、複数の取引をおこなうと、トータルで見たレバレッジ倍率(実効レバレッジ倍率)は高くなるのです。

多くのFX会社では、取引ツールに「実効レバレッジ倍率」を表示していますが、一部のFX会社では「1回の取引でのレバレッジ倍率」を表示しています。
いつの間にかハイレバレッジになっていることを避けるためにも、1回の取引におけるレバレッジ倍率ではなく、実効レバレッジ倍率を確認しましょう。

3.レバレッジを使う2つのメリット

  • 1.少額の元手で取引できる
  • 2.資金効率を高められる

【メリット1】
少額の資金で取引できる

記事前半で、レバレッジをかけると証拠金の最大25倍の金額で取引できるとお伝えしました。
これは言い換えると、取引額の「25分の1」の資金(証拠金)があれば取引可能ということです。
たとえば、100万円分の取引をする場合、最低限必要な資金は25分の1の40,000円で可能です。

レバレッジとは
売買する量 最低限必要な資金(必要証拠金)
100万円分のドル 40,000円
50万円分のドル 20,000円
10万円分のドル 4,000円

この1回の取引で最低限必要な資金を「必要証拠金」といいます。

【メリット2】
資金効率を高められる

レバレッジを使った取引の最大のメリットは、取引に成功すれば少ない元手で大きな利益を出せるため、資金効率がよいことです。

レバレッジは資金効率を高められる

4.レバレッジを使う3つのデメリット

  • 1.損失が大きくなる
  • 2.ロスカットが発動し、意図せぬタイミングで決済される
  • 3.追加証拠金が発生する

【デメリット1】
損失が大きくなる

【デメリット2】
ロスカットが発動し、意図せぬタイミングで決済される

「ロスカット」とは、取引による損失が発生し、証拠金が一定水準以下となったタイミングで、全取引を強制決済する仕組みです。
トレーダーがFX会社に預けた資金以上の損失を出さないために取り入れられています。
一方、 予告なく全取引が強制決済されるため、意図しないタイミングで損失や利益が確定するというリスクがあります。

【デメリット3】
追加証拠金が発生する

口座資金の残高が必要証拠金を下回った場合、FX会社によってはロスカットではなく 「追加証拠金」の支払いを求める 場合もあります。

追加証拠金が発生する

上記の例では数万円の追加証拠金の支払いにとどまっていますが、 急激な為替レートの変動などにより、数十万~数百万円の追加証拠金の支払いが発生する場合もあるのです。

5.レバレッジのリスクを抑えて取引するための4つのポイント

大前提として、FX取引は、余剰資金、つまり生活に影響の出ないお金でおこないましょう。
そのうえで、FX取引のリスクを抑えるための、4つのポイントを紹介します。

  • 1.低いレバレッジ倍率で取引をする
  • 2.証拠金に余裕を持つ
  • レバレッジとは
  • 3.取引数量を多くしすぎない
  • 4.「損切り(ストップロス)」を適切なタイミングでおこなう

【ポイント1】
低いレバレッジ倍率で取引をする

取引に慣れていない間は、まずは低いレバレッジ倍率で取引しましょう。
最初から高いレバレッジで取引を始めると、 「大きな利益が得られる」と考え、取引金額や売買のタイミングなどについて冷静に判断できなくなる ことがあります。
利益や損失を確定すべきタイミングで売買ができないと、損失も大きくなりやすいです。

【ポイント2】
証拠金(口座資金)に余裕を持つ

【メリット1】で少しふれたように、 必要証拠金に対してギリギリの口座資金(証拠金)で取引をすると、少しの損失が出ただけで追加証拠金の支払いが発生します。

上記は極端な例ですが、このように少しの損失でロスカットや追加証拠金の支払いが生じるのを防ぐために、口座資金(証拠金)は必要証拠金よりも多めに入れて余裕をもたせましょう。

【ポイント3】
取引数量を多くしすぎない

2章で解説したように、1つの口座で同時に複数の取引をおこなうと、取引数量が大きくなり、口座全体でのレバレッジ倍率(実効レバレッジ倍率)が高まります。
「もっと大きな利益を得たい」という気持ちから取引数量を増やすと、知らぬ間に高いレバレッジで取引をおこなっている ということも起こりえます。
その結果、デメリットで説明したようなロスカットや追加証拠金といったリスクを背負いやすくなるのです。

とくに取引に慣れていないうちは、実効レバレッジ倍率を確認しながら、取引数量が多すぎないかを常にチェックするとよいでしょう。

【ポイント4】
「損切り(ストップロス)」を適切なタイミングでおこなう

相場格言の一つに、「見切り千両、損切り千両」という言葉があります。
この言葉は、すでに損失が出ている取引は、損失が小さいうちに見切りをつけて手仕舞うほうが、総じて利益につながるという意味です。
買い注文後に値下がりし、「相場が戻るはずだ」と粘って損切りしなかった結果、どんどん損失が膨らむことは珍しくありません。
そして、レバレッジをかけた取引の場合、その損失が増えるスピードも早くなります。

より大きな損失を出さないためには、自分が許容できる損失額に応じて「ルールを決め、そのルールに従うのが重要です。
「1回の取引で何%の損失額が出たら損切りをする」といった具体的なルールを決めた方が、損切りを迷いにくくなります。

しかし、実際には損切りを迷うことも多々あります。
もし自分で損切りできる自信がない場合は、「逆指値注文(ストップ注文)」を使って、自分で決めたルールをもとに損切りの価格を設定し、自動で損切りするのがおすすめです。

1通貨から取引できるOANDA証券の「ベーシックコース」

そのような方は、小額から取引できるFX会社を選ぶのがオススメです。
OANDA証券の「ベーシックコース」では、1通貨から取引が可能です。
そのため、初めてFX取引をする方でも、少額から始めて徐々に慣れることができます。

【3倍レバレッジETF】WEBLとは【米国株投資・名柄分析】

銘柄分析

WEBLとは

Direxion Daily Dow Jones Internet Bull 3X Shares ETF is an exchange traded fund incorporated in the USA. The Fund seeks daily investment results, before fees and expenses, of 300% of the daily performance of the Dow Jones Internet Composite Index. The Fund レバレッジとは does not seek レバレッジとは to achieve its stated investment objective for a period of time different レバレッジとは than a trading day.

Bloombergより

簡単な概要

  • ファンド名:Direxion
  • ティッカー:WEBL
  • 銘柄数:約40社(※DJINETTの構成銘柄数)
  • 経費率:0.95%
  • 設定日:2019年11月7日

主要組み入れ銘柄とセクター

WEBLファクトシートより

ETF.comより

レバレッジの意味と使い方とは?分かりやすく解説

レバレッジとは

FXとは?

レバレッジについて疑問がある方へ。 この記事では 「FXのレバレッジ」 について、初心者にもわかりやすく解説してしています。

MT4一括決済インジケーターFund Manager

【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

「Fund Manager」の機能

【FX】レバレッジの意味とは?分かりやすく解説

レバレッジとは

FXレバレッジの仕組み

ものすごく簡単に説明すると、FXのレバレッジ(leverage)は 少ない資金でも、大きな資金があるかのように取引できる 「てこ」みたいな仕組みとなっています。

例えば、 クレジットカード や 車や住宅などのローン も同じような仕組みです。手元にお金がなくても購入することが可能ですよね。

レバレッジは お金(証拠金)を担保 にそれ以上の大きな金額を取引でき、クレジットカードは 信用を担保 にお金を借りています。

FXのレバレッジは 手元にある資金の何倍もの金額を取引できる といった仕組みになっています。

FXのレバレッジの危険性(リスク)

レバレッジは 諸刃の剣 とも言われていて、これはとても良い例えだと思います。使う人によっては強い武器になるし、使い方によっては自分がケガをするかもしれない危険性もあります。

高いレバレッジを利かせて大きい金額でFX取引すると、 資金が大きく増える可能性 もありますし、 資金が大きく減る可能性 もあります。

実効レバレッジと最大レバレッジの違い

  • 最大レバレッジ→FX業者で定めている取引可能な最大のレバレッジ
  • 実効レバレッジ→実際に取引に利用しているレバレッジ

FXのレバレッジのメリットとデメリット

FXレバレッジのメリット

FXのレバレッジの1番のメリットは、なんといっても少ない資金で、大金を動かせる投資ができる 「資金効率」が良い ことです。

FXレバレッジのデメリット

FXレバレッジの正しい使い方

FXレバレッジをかけ過ぎない

そうならないように、ある程度許容できる損失額 (何度か損失が続いても取引を続けられるよう) を想定してレバレッジをかける必要があります。

おすすめのレバレッジ

私の おすすめはある程度大きい資金がある方はレバレッジ10倍程度以下 で、 資金があまり大きくない方はレバレッジ200倍以下 で良いと思います。

あらかじめレバレッジを制限する

10倍が限度だと、それ以上のレバレッジがかからないようになるので、 自分でコントロールが難しい方は設定で制限することをおすすめ します。

FXでレバレッジを使う際の注意点

レバレッジをかけ過ぎると強制ロスカットされやすい

仮に限界までレバレッジをかけて取引し、価格が思惑と違う動きをした場合、 証拠金維持率が強制ロスカットラインを下回れば強制的に決済 されてしまいます。

高いレバレッジをかけやすくなる時

負けたくない欲 、 勝ちたい欲が強い時 ですね。

実際にFXのレバレッジを体験しておこう

デモ口座で

リアル口座だけど少額で

  • 「デモ口座はちょっと…。」
  • 「デモ口座で練習した」

国内FXと海外FXでは最大レバレッジが違う

国内FX会社の最大レバレッジ

国内FX業者の 最大レバレッジは25倍 です。

海外FX会社の最大レバレッジ

レバレッジの高いおすすめの海外FX口座

GEMFOREX

GEMFOREX

最大レバレッジ 1,000倍
ボーナスの種類 新規口座開設、入金、乗り換えキャンペーン
スプレッド 並み
取引手数料 無料
取引ツール MT4、ミラートレード
取引通貨ペア数 33種類
最小取引単位 1,000通貨
ライセンス ニュージーランドFSP
日本語対応 良い
ゼロカットシステム 有(追証なし)
ロスカットルール 20%以下

XM(エックスエム)

XM(エックスエム)

最大レバレッジ 888倍
ボーナスの種類 新規口座開設、入金、XMP
スプレッド 広め
取引手数料 ゼロ口座/片道5ドル、その他は無料
取引ツール MT4、MT5
取引通貨ペア数 57種類
最小取引単位 10通貨
ライセンス セーシェル金融庁など
日本語対応 良い
ゼロカットシステム 有(追証なし)
ロスカットルール 20%以下

TitanFX(タイタン)

TitanFX(タイタン)

最大レバレッジ500倍ボーナスの種類無しスプレッド 狭い 取引手数料 ブレード口座片道3.5ドル、スタンダード口座は無料 取引ツールMT4、TitanFXウェブトレーダー取引通貨ペア数57種類最小取引単位1,000通貨ライセンスバヌアツライセンス日本語対応かなり良いゼロカットシステム有(追証なし)ロスカットルール20%以下

LAND-FX(ランドエフエックス)

LAND-FX(ランドエフエックス)

最大レバレッジ500倍ボーナスの種類 レバレッジとは 入金ボーナス スプレッド 狭い 取引手数料ECN/片道3.5ドル、その他無料取引ツールMT4取引通貨ペア数67種類最小取引単位1,000通貨ライセンスなし日本語対応並みゼロカットシステム有(追証なし)ロスカットルール30%以下

「海外FX会社が多過ぎて、結局どれを選べば良いかわからない」 「たくさん紹介してるけど、どれがおすすめなの?」 「私にはどんな口座が合っているのか知りたい」 このような悩みをお持ちの方は、海外FX業者10社.

FXのメリット・レバレッジとは

米ドル/また、レバレッジにより、投資した資金の大きさに比べて損益も大きくなります。 例えば、1ドル100円のときに米ドル預金をし、1万ドルを買った場合、100万円の資金が必要です。その後ドル高(円安)進み、1ドル110円になったときに米ドル預金を解約すると、10万円分の為替差益が出ます。 つまり外貨預金では100万円の投資資金でその10%に相当する10万円を稼いだことになりますが、FXの場合は、1万ドルを買うために必要な資金は、取引に使う証拠金の4万円(投資元本の25分の1)ですから、ドル高(円安)が進んで10万円稼いだとすれば10万円÷4万円=2.5倍(250%)になるわけです。このようにFX取引では投資金額が小さい割に損益の振れ幅は大きいハイリスク・ハイリターンの投資、別の言い方をすれば投資効率が高い投資ということができます。

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる