外国為替(FX)

FXチャート(リアルタイム)

FXチャート(リアルタイム)
5

FXプライムbyGMO、リアルタイムチャートで為替相場分析を解説する無料オンラインセミナーを2022年4月27日(水)20時から開催。どなたでも参加OK!

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

シンボル/円 (XYM) 相場・リアルタイム価格

1

いよいよ米CPI、ビットコイン相場の反応を予想

2

ビットコイン相場の「凪」は嵐の前兆か

3

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

4

「波高きは天底近し」ビットコインの乱高下は大底が近いしるしか?

5

10週連続陰線回避のビットコイン、反撃はまだか?

暗号資産ニュース週間ランキング

1

【史上最大】イーサリアム「The Merge」が実装間近 | 概要を詳しく解説

2

【41%下落】STEPNが中国でのサービス提供終了を発表

3

【追記】UST、LUNAの動向まとめ | 10億枚を再分配か

4

5月17日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には3,593ドルの上押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】

5

STEPN(ステップン)第4のrealm(レルム)を募集開始

みんかぶ(暗号資産)Twitter更新情報

メデイア・広告掲載について

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

FX攻略ブログ| 初心者へのチャートガイド

チャート入門

【チャート入門・主要目次】
1. ローソク足の見方
2. 移動平均線の見方
3. トレンドラインの見方
4. サポートライン・レジスタンスライン、ほか

ダウ理論入門

【波の法則・主要目次】
1. グランビルの法則
2. ダウ理論
3. エリオット波動
4. フィボナッチ比率、ほか

FX攻略ブログ・中級編(ラインとテクニカル)

チャートの見方をある程度押さえたら、次のテクニカル指標(インジケータ)を見方を
理解しましょう。ここではトレンド系指標とオシレータ系指標の2通りのテクニカル指標を
掲載していますが、両方の種類を使うのが良いとされています。

テクニカル分析入門

【テクニカル分析・主要目次】
1. 移動平均線分析
2. ボリンジャーバンド分析
3. MACD分析
4. マルチタイムフレーム分析(MTF)、ほか

ライントレード入門

【ライントレード分析・主要目次】
1. サポートライン
2. レジスタンスライン
3. ネックライン
4. 切り上げライン・切り下げライン、ほか

FX攻略ブログ・マネジメント編(資金と取引ルール)

チャート分析、テクニカル指標はFX攻略の一面です。全てのゲームに攻撃と守備が
あるように、FXにも両面があります。
チャート分析やテクニカル分析は攻撃用ツール、資金管理などのマネジメントは
守備用ツールです。両方を使いこなせないとトレードはうまくいきません。

資金管理

【資金管理・主要目次】
1. 相場は先が読めないもの
2. 損切り(ロスカット)の重要性
3. プロも利用する資金管理
4. プロスペクト理論、ほか

取引ルール

【取引ルール作成・主要目次】
1. リスクとは?
2. 取引ルールの前提条件
3. 損切りポイントを置く場所 FXチャート(リアルタイム)
4. トレードの禁止事項、ほか

取引を検証

【取引検証・主要目次】
1. 取引ルールを見つけて検証する
2. 取引ノートを残す意味
3. 取引ノートのつけ方
4. 勝ちトレーダーの取引、ほか

FXトレード編(相場環境と戦略・戦術)

環境分析

【環境分析・主要目次】
1. 相場が動く時間帯を確認 FXチャート(リアルタイム)
2. 波のペースをつかむ
3. 上位足のサポレジと移動平均線
4. ストーリーを考える、ほか

FXの戦略と戦術

【戦術と戦略・主要目次】
1. 基本戦略を立てる
2. 上昇トレンドの戦略と戦術
3. 下降トレンドの戦略と戦術
4. 移動平均線とローソク足のクロス、ほか

FX過去のチャート例

過去のチャート図

【過去のチャート図・主要目次】
1. 上昇トレンドの起点チャート
2. 上昇トレンドの押し目チャート
3. 下降トレンドの起点チャート
4. 下降トレンドの戻り売りチャート

FX取引ノート

【FX取引ノート・記入例】
1. 上昇トレンドの記入例
2. 下降トレンドの記入例
3. レンジ相場例、ほか
》》 取引ノート例・カテゴリーページ

FXの相場攻略には、サポートやレジスタンスといったラインの知識が不可欠になります。
ここではラインやフィボナッチ・リトレースメント、天井圏、底値圏の特長などを問題例
としてブログ形式で記載しています。

FX問題集

【FX問題集・主要目次】
1. サポートライン例
2. レジスタンス例
3. フィボナッチ・リトレースメント例、ほか
》》 FX問題集・INDEXページ
FXチャート(リアルタイム)

新 着 情 報

  • ドル円(デイトレ)/FX問題集40 2016年1月2日
  • ドル円(FXチャート(リアルタイム) デイトレ)/FX問題集39 2016年1月1日
  • ドル円(日計り)/FX問題集38 2015年12月31日
  • ドル円(日計り)/FX問題集37 2015年12月30日
  • ドル円(日計り)/FX問題集36 2015年12月29日
  • ドル円(日計り)/FX問題集35 2015年12月28日
  • ドル円(日計り)/FX問題集34 2015年12月27日
  • ドル円(日計り)/FX問題集33 2015年12月26日

FX攻略トレードメモ


FXの取引時間帯
相場が動く経済指標
波のペースを確認する
FX攻略のエントリーポイント

FXブログ・コンテンツ

グランビルの法則
ダウ理論
FXチャート(リアルタイム) エリオット波動
フィボナッチ係数
マルチタイムフレーム分析
移動平均線分析
ボリンジャーバンド分析
MACD分析
サポートライン
レジスタンスライン
ネックライン
切り上げ・切り下げライン
移動平均線とMTFの時間軸
FX相場の用語集
FX注文形式と使い方
FXブログ・カテゴリーリスト

GXリアルタイムレート

今月のスワップカレンダーはこちら

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

FXTF未来チャート

『FXTF 未来チャート』(以下、本サービス)は、お客様の投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、特定通貨の売買や投資判断ならび に外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。外国為替証拠金取引、その他の取引に関する最終的な判断はお客様ご自身の 責任にて行って下さいます様、お願い致します。また、本サービスが提供するサービスについては、内容の正確性、完全性および適時性を保証するものではありません。本サービスの配信レートは、当社『FXTF MT4』の配信レートを使用しておりますが、取引システム上の『FXTF MT4』の配信レートとは異なる場合もございます。本 サービスが提供する情報の知的所有権はシンフォー社に帰属します。商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行う事、独自に加工する事、複写および加工した情報を第三者に譲渡または使用させる事は出来ません。本サービスの情報の内容によって生じたいかなる損害においても、FXTFならびにシンフォー社は一切の責任を負いかねます事を、ご了承願います。

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる