FXがはじめての方へ

サポートライン レジスタンスラインの書き方

サポートライン レジスタンスラインの書き方
第 2 位

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

正しいトレンドラインの引き方が知りたいです。先日、みんなのFXからメールが送られてきました。
開くとトレンドラインが2本表示してあって、サポート
ラインを下抜けたので、下へ行く可能性が高いという
ようなことが書いてありました。

以下のURLに大きな図を載せてあるので、お手数を
おかけしますがご覧ください。
リンク先はティーカップ掲示板となりますので安全度は
高いと思います。

同じチャートを、私は紫のように線を引いて、今まで
レジスタンスラインだったものがサポートラインに
変わったのではないかと思ったのですが、私の考え方は
間違いなのでしょうか?

要は、ローソクの端で線を引くかローソクの実体を意識
して引くかの違いかと思いますが、どちらも正しいのか
どちらかが間違いなのか、この後実際にUSD円が上がった
かどうかという結果ではなく、正しいトレンドラインの
引き方という観点からご回答をもらえるとうれしいです。

http://userimg.teacup.com/userimg/9031.teacup.com/masimasimasi/img/bbs/0000002.jpg

ベストアンサーに選ばれた回答

こんばんは。僕も以前、似たような質問をしたことがあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1485528734

僕の個人的な意見としては「どちらも正しい」と言える、と思います。lunaさんの引いたTLだとレジサポ転換で上昇の可能性アリだし、みんなのFXが引いた三角持合から見ると「三角持合からの下方ブレイク」と見なして「下落する可能性が高い」ともとれますよね。何がいいたいかというと、「正解などないし、間違いもない」のだと思います。

とあるFXブログの主は「僕はTLは引かないです。なぜかと言うと、TLは人それぞれ弾き方が違います。インジで言うと、パラメータ値が人それぞれ違うのと同じです。よって、優位性が低いとは言いませんが、信頼度が高いとはいえません。でも高値安値は誰が見ても高値安値だから、水平線だけ見てます」と仰っています。なるほどなぁ、と思いました。

>要は、ローソクの端で線を引くかローソクの実体を意識して引くかの違いかと思いますが

何かの本で、欧米ではヒゲ先で引くことが多いとかありましたが、結局コレも「多い」のであって正解ではないんですよね。
だからこそ同じ価格で「買う人、売る人」がいて、売買が成立するのです。

なんか答えになってませんね、すいませんm(_ サポートライン レジスタンスラインの書き方 _;)m

たくさんのご回答ありがとうございます。
それぞれのご回答を複数回、拝読しました。
トレンドラインの引き方に「正解も間違いもない」というのは
ほぼ皆さん一致しているところなのですね。
BAは最初の方にさせて頂きましたが、最初のご回答だからと
いうことではなく今の私に必要な内容で選ばせて頂きました。
他の方々のご回答も、また時間が経ってから読んでみたら違う
発見があるような気がします。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

同じ回答がないことからしても答えはないです。
ライントレードに限らず、手法全般に言えることで、相場には、ルールも正解もなく、
(最初は真似してもいいけど)最終的には自分で納得して作っていくしかないです。


三角はこういうパターンが多いです。
抜けても次の高安を抜けないでゆるい角度の三角になっていく。

上抜けて高値は更新しないで高安切り下げ下落。
どの時間軸かにもよりますが、日足レベルで高安切り下げ。
右下がりのラインにサポされてるといってもこのまま下がれば
(いつかはあがるにしても)ただのチャネルと思ってしまいます。

ロングを打つといっても、チャネル逆張り的なロングであって、
目線上とか順張り感覚にはなれません。
(ここからロングダメとかではないですよ。) サポートライン レジスタンスラインの書き方

レンジ相場ですので抜けても伸びない(騙し)というのは仕方なしです。
現状はその順張りのLC狙いが優勢となってます(見たまんまですが)。

ラインに関してはそういうのが自分には難しく断念しました。
フィボ中心でやってます。
ドル円は他の方の回答にありますが、センターを意識してます。
抜ける前ならじわじわとサポート、抜けた後なら深い押し戻りでV字で
センターにタッチというのを典型的パターンとしてイメージしてます。
あとフィボでは3/4(76.4%)の押し戻りを抜けて伸びるかを見てます。

どちらもトレンドラインです。

トレンドラインは、波の起点からの勢いを測るラインだという事は承知だと思います。
このトレンドラインは、ひげの先端から引く人もいれば、実態部分から引く人もいます。
これは、色んなテクニカルアナリストでも分かれるところです。
つまり、正式なルールが確定されていないのです。(MAのパロメータと同じですね)
という事は、引く人によってはラインブレイクしたんだけど・・・?となったりします。
ですので、明確なエントリーポイントではなく、勢いを測るためのラインです。
明確なエントリーに使えない理由は他にもあります。

あと、トレンドラインを引きなおすという事もあるのですが、
ドル円の日足のトライアングルは、青のラインから緑のラインに引きなおされてますね。

トレンドラインは波の起点からの勢いを測るラインですので、
引きなおしは都合の良い解釈で、実は、波の起点からは数本のトレンドラインを引くことができます。

メジャートレンドライン(勢いの本質的なライン)
インナートレンドライン(過熱した勢いをはかるライン)
アウタートレンドライン(勢いが弱まった後の2次勢いをはかるライン)

この3本です。

この3本のトレンドラインに意味があります。

この3本があって、トレンドの勢いを見ることができます。


エントリーポイントを見る場合は、水平線。高値安値です。

水平線には買い手と売り手の攻防がありますが、トレンドラインは勢いを測るラインです。

あまり本格的に書くと面倒くさそうなので、ここには長く書きませんが、
起点からの勢いと水平線を絡めてじっくりチャートを見るといいと思います。

私は、どちらのラインも引いていて、どちらのラインの役割も材料にしています。

いろんな引き方があると言う前提で。

私は、「私の線」が好みです。
ただ、「私の線」は、上昇TLが引かれていませんが、私なら、8月上旬の安値と8月下旬の安値を結んだ線を引きます。

なぜなら、私にはその線が綺麗に見えるからです。


綺麗ということは、
タッチポイント(TP)が多いとか、
TPとTPが等間隔になっているとか、
そういうことです。

意識されている線だからこそTPが多くなる
等間隔だから市場に影響を与えている参加者が同じ
また、綺麗だからこそ、意識されやすいと思います。


そのほかの考え方ですが、
一旦舐めて、新しい高安ができたら、引きなおしてみるのも手です。

それが綺麗でしっくりくるなら、引きなおした線を残します。

でも、これは後からの話ですが。


常に線を引く目的を忘れず工夫を凝らせばよい線、良いポイントが見える時があると思います。

?c(゜.゜*)エート。。。
トレンドラインの質問なんだけどこういう見方もあるっていうことで
要はレンジで値幅が収束しつつあるので確かに3角保ち合いなんですが、見るべきなのはやはりレンジそのものじゃないかと。

したがって注目したいのは直近高値安値を抜けるのか。 サポートライン レジスタンスラインの書き方
抜けたら次の高値安値を超えるのか。
で、ラスボスの一番外側のラインを抜けるのかというところを見てます。

ちょっと追記
いま三角持ち合い用のラインをひくならこれ
http://uploda.cc/img/img5265d8f386e5d.png

ほかの方もおっしゃってますが両方正解だと思います

ただMAの周りを上下にまたいでますから攻防レンジですから
さらに2本MAに突き刺さらない緩やかな角度で上下に引いておくといいのと現状は週足の分岐になりますから週足の15SMMAと30トリガーがブレイクの目安になるかと個人的には思います
http://fast-uploader.com/file/6937947498527/

今週末の終わり方次第かと考えています

上のトレンドラインはMAに突き刺さってるやん
って思われるかもしれませんが
反発判断のトレンドラインとブレイクラインは引き方を変えるのがミソです

また
下にはおそらブレイクからの一度試しが入るかも
そこからのラビットで下に行くかと思います
ではでは

>要は、ローソクの端で線を引くかローソクの実体を意識して引くかの違いかと思いますが、どちらも正しいのかどちらかが間違いなのか、
サポートライン レジスタンスラインの書き方

どっちも正しいです。
実体で引く線を胴体ラインと言ってこれにも意味があります。
ローソク確定前にライン内に戻ったらブレイクは騙しといいます。
胴体ライン破ったら外枠にいる端っこラインが支えて胴体ラインに戻す感じです。


>レジスタンスラインだったものがサポートラインに

そういうことだとおもいます。サポートじゃなく角度の目安かもしれませんが意識はされると思います。
こんごも写真のようにMAが一緒にいたりしたら強いかもしれません。

おはようございます。(^^) なんか、FXカテらしい感じの質問ですね~。

一目好きの私の個人的な考えです。正しいかどうかはわかりません。

図を見ると、一目均衡表の雲と実態、遅行スパン、基順・転換線が絡み合っていて、レンジ相場だということがわかります。

基準・転換線が中央値を示すとなると、中央値からみると、サポートである白い線とレジスタンスの紫の線を持ち合いとすると、すこし曲がった感じの印象を受けます。緑の線をレジスタンスとしたほうが、より、シンメトリック(対照的)に見えるのです。

一目的な考えだと、レートは中央値を中心に上下に同幅にブレやすいですので、上方向へのブレと下方向へのブレが同じ幅である、白い線と緑の線をトレンドラインとして取ったほうが、より自然でコンフォータブル(心地よい)な感じです。白い線と紫の線をサポレジだと考えるのは、不自然であずましくない(北海道弁で、気持ち悪い)んです。

人はフィボナッチ数列を愛するように、自然で安定したバランスを好むと思います。だから一目の中央値が機能するわけで、この場合、紫の線を抜けた時点では確かに短期的なブレイクですが、白い線で跳ね返されたのを見ると、「中央から見たシンメトリックへの修整が起こった」と解釈できるので、紫からのブレイクは、三角持合の修正の範囲内で、白い線から下へのブレイクも同様の、短期的修正。「シンメトリーへの回帰」であると思います。

したがって一目的な考えだと、トレンドレスなのは変わらず、まだ三角持合の範囲内。という感じに見えます。
過去8ヶ月間の上昇の後の下落ということを考えても、持合をこなすのに同等に時間を要することを鑑みると、今はまだトレンドが発生する時期には早いかもしれません。

トレンドラインを引くときに、サポレジだけではなく、中央ラインがどこか(どこが中心となっているか)を考えてみるのと、より多角的なチャートの見方が出来ると思います。

トレンドラインって意味あるの?知らないと損するFX3つのポイント

確かに、日足で長期間のトレンドラインや、強力な抵抗帯となっているサポレジを越えた場合(=ラインブレイク)、相場の流れが変わって、動きが反転することもあります。ところが、これが短い時間軸になってくると、なかなか反転しない。たとえば、5分足でラインをブレイクしたからといって、必ずしもポーン!と一気に突き抜けるわけではなく、むしろ何事もなかったかのように同じ動きを続けることの方が多い。スピードが求められる短い時間軸では特に、ラインブレイクの見極めって難しいんです。

2.トレンドラインピッタリに反応するわけではない

それなら、長い時間軸で引いたラインで勝負すればイイじゃん!と言いたいところですが、ラインを単純に『越えた、越えない』で判断するのはオススメしません。なぜなら、トレンドラインやサポレジを何pipis越えたらラインブレイクが起きる、という保証は全くないからです。

これも私、最初の頃は律儀に、『このラインを越えた!今だ!』とばかりにエントリーしてみたり、『ラインを越えて、かつ勢いがあるときだけエントリーしよう!』と思って飛び乗ったり、様々な方法を試しました。でも、結論から言ってしまうと、ラインブレイクの瞬間を見極める方法なんて無いんです。笑 あとから『ココでブレイクしたんだね』とわかるというだけ。これについては、別記事でまた詳しく書きます。

3.トレンドラインのブレイク狙いは難しい!

もうお気づきかと思いますが、そう、私最初の頃はラインブレイクばかり狙っていました。『このラインを下抜けたから、これはトレンド終わりのサインだ!』とか『レジスタンスを越えた!一気にレンジブレイクが来るはず!』とかね。

ところが、これ、うまくいきません。なぜなら、レンジブレイクはトータルで負ける可能性の方が高いから。今『ウソだ!』って思ったなら、ぜひ実際に検証してみてください。抵抗帯はそう簡単には抜けないようになっていることが分かると思います。

レンジブレイクは必勝法だと本気で信じていた私は、ずいぶん長い時間が経って、検証をだいぶ重ねてからやっと、使えないことに気づきました。笑 そう、レンジブレイクが使えない手法である以上、ラインをいくら頑張って引いても役に立たないのです。

とはいえ、ラインが役に立たないのは、あくまでラインブレイク・レンジブレイクを狙う場合の話。実際には、日足や1時間足のラインは、利確や損切りの目安として使えますから、ちゃんと大事にしてあげてくださいね。

【FX手法】サポレジ自動描写インジケーターを紹介するよ!

【FX手法】サポレジ自動描写インジケーターを紹介するよ!

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

サポレジ自動描写インジケーター『fxr_sr_zones_3.28.ex4』を紹介するよ!

以前同じようなサポレジ自動描写インジケーターを紹介しています。『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』です。

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』と『fxr_sr_zones_3.28.ex4』、わりと同じような機能を持っていますが、使い勝手は今回紹介する『fxr_sr_zones_3.28.ex4』のほうが良さそうです。

『fxr_sr_zones_3.28.ex4』をダウンロードしよう!

『fxr_sr_zones_3.28.ex4』ですが、かなり頻繁にバージョンアップを繰り返しています。現時点(2020年2月3日)での最新バージョンは3.28です。

古いバージョンを設定するとアナウンスがチャート上に表示される

This indicator is out-of-date! New version available!(このインジケーターは時代遅れです。新しいバージョンが利用できますよ!)

けっこう頻繁にバージョンアップを行っているインジケーターなので、もしも今後「バージョン3.サポートライン レジスタンスラインの書き方 28」を設定して注意書きが表示されたら、最新のバージョンを再ダウンロードしましょう。

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

三角持ち合いとは?

三角持ち合いとは?

日本FP協会認定 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表
<プロフィール>
25歳でお金の知識・営業経験ゼロから保険営業の世界に飛び込み6年半従事。2年目に将来の資産形成のため金融知識が必要なことに気が付き、FPの勉強を始めて金融・経済の知識を学ぶ。その後、保険に限らずあらゆるお金の面でクライアントにとってベストな提案をしたいという想いで、商品販売ではなく相談業務を開始。2013年より資産形成の考え方に関するセミナーを自主開催。その他、大手金融機関からの委託により実施。現在は小規模事業者の年金や資産運用のサポートを中心に相談・経営支援の業務に携わり、確定拠出年金など起業家の将来の資産形成と経営のサポートを行っている。投資信託や資産形成の分野を得意としている。

レバレッジとは?

FXにはどんな税金がかかるの?

日経平均CFDってなに?

小型株とは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

FX初心者のためのトレンドライン引き方と使い方

FX初心者のためのトレンドライン引き方と使い方

トレンドラインの引き方

トレンドライン引き方の例

トレンドラインから分かること

上昇・下降傾向(トレンド)の方向

上昇トレンドの説明

上昇トレンドの様子

トレンドの勢い

通貨の買い時と売り時のヒントになる

  • サポートライン・・・レートの下落を支える目処となる基準線
  • レジスタンスライン・・・レートが上昇する妨げの目処となる基準線

サポートライン、レジスタンスラインの引き方

サポートラインとレジスタンスライン

トレンドの転換点がわかる

サポートラインを抜けてトレンド転換

トレンドの転換

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる