安定した取引システム

FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は

FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
エイク

RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ

-RBA(オーストラリア中銀)政策金利、利上げ幅予想はバラツキ-
本日のイベントは、中国サービス業PMI、日本10年国債入札、RBA(豪中銀)政策金利、ベイリーBOE総裁記者会見が予定されています。特に注目すべきは、豪政策金利です。
RBA(豪中銀)は、今年5月に0.25%、6月に0.5%、それぞれ利上げしています。特に、6月は市場の大勢が「0.25%利上げ」を予想していたため、豪ドル円は大幅利上げサプライズから95.33円から96.12円へ、発表直後に一時急上昇しました。前回のサプライズ大幅利上げを受けて、市場は「7月の0.75%利上げ」を織り込む動きが続いていましたが、ロウRBA総裁が「7月会合では0.25%か0.5%の利上げについて議論されるだろう」と発言したことで、「7月の0.75%利上げ」期待は大きく後退しています。7月4日時点の短期金融市場を確認すると、本日の会合では「0.25%利上げ」を4割、「0.5%利上げ」を6割程度織り込んでいる状態で、市場予想が割れていると考えられます。本日のRBA政策金利は、市場予想が割れていることから、どんな結果でもサプライズに感じる市場参加者が一定数いると考えられるため、「0.25%利上げ」なら豪ドル売り、「0.5%以上の利上げ」なら豪ドル買いへ、素直に動く可能性が高いと感がられます。本日13時半に発表されるRBA政策金利の結果に注目して、本日も取引に挑みたいです。

ドル円の底堅さは揺るがないか、米雇用統計を受けた上昇シナリオと注目ポイントは

ユーロ一段安、ECB議事要旨から流動的な金利見通しを探れるか

ユーロ急落、今夜IMS非製造業指数次第でリスクオフ加速か

米雇用統計ウィーク

7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは

米PCE、7月の75bp利上げを後押しするか

パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目

G7首脳陣の記者会見、インフレ材料には注意

米利上げとリセッション懸念 FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は

日米イベントから推察するドル・円の方向感

各国イベント豊富な1日、ドル円は高値圏での攻防に注目

ドル円は136円台に到達、本日からのパウエルFRB議長発言に注目

米国休場明け、豪RBA総裁と米FRB要人発言に注目

広がる日米金利差

日銀金融政策決定会合から再度円安へシフトするか

0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。 FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXのリスクリワードレシオとは?勝率に勝る理想的な比率と計算方法

FXのリスクリワードレシオの比率と計算方法の解説

お悩みトレーダー

エイク

メンター

上級トレーダーは、勝率はもちろんですが、もうひとつ大切な指標を持っています。

「リスクリワードレシオ」 です。

リアルトレードや過去検証のリスクリワードレシオを計算できるようになると、トレードレベルが上がるだけではなく、自分の力で手法をカスタマイズで きるようになります。

そのことによって、すぐに成績が向上することもあります。

なぜリスクリワードレシオを知る必要があるのか?

勝率

リスクリワードレシオ

つまり、 FXで生き残るために勝率と同等に重要な指標が『リスクリワードレシオ』 なんです。

FXのリスクリワードとリスクリワードの求め方

リスクリワードとは?

リスク=「損失」

リワード=「利益」

リスクリワードの求め方(1回のトレード)

リスクリワード求め方

FXのリスクリワードレシオと計算方法

リスクリワードレシオとは?

つまり、 リスクリワードレシオとは、平均損失と平均利益の比率 のことを言います。

リスクリワードレシオの計算方法

リスクリワードレシオ

FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
取引回数 損益額
+10万円
+15万円
+5万円
+10万円
+10万円
-60万円
+10万円
+10万円
-40万円
10 +10万円
総利益 +80万円
総損失 -100万円
FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は 合計損益 -20万円

リスクリワードレシオ = 平均利益 ÷ 平 均損益

リスクリワードレシオ FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は = 50万円 ÷ 100万円 = 0.5

お悩みトレーダー

メンター

一般的にリスクリワードレシオは[1]以上が望ましいです。

リスクリワードレシオは[1]以上を目安にする

このように、 リスクリワードレシオは、勝率と一緒に考えていく必要があります。

リスクリワードと勝率の関係

リスクリワードレシオと勝率のバランスが大切

・勝率=50%
・リスクリワード=[1:2]( 損失1万円:利益2万円)

だったとします。

損失1万円 ✕ 5回トレード=-5万円
利益2万円 ✕ 5回トレード=+10万円

合計+5万円

合計+8万円

このように、 同じリスクリワードが[1:2]の場合でも、勝率が50%と60%では、得られる収益に違いが出てきます。

勝率が悪ければ、同じリスクリワードレシオでも破産することになりますので、勝率も合わせて考えていかなければいけません。

リスクリワードと損益分岐勝率

ここでは、 損益の分岐となるところはどこなのかを確認 していきたいと思います。

勝率50%以上にしよう!

勝率40%以上にしよう!

勝率30%以上にしよう!

勝率20%以上にしよう!

このように、リスクリワードの比率を上げることで、勝率がある程度悪くても、利益を確保することはできます。

逆に、リスクリワードでリワードの比率が低いと、勝率を上げなければ、利益を確保することが難しくなります。

バルサラの破産確率表

自己資金に対するリスクの比率(%)

リスクリワードレシオ

勝率

各比率にから、破産する確率を導き出した表 になります。

バルサラ破産確率表②

上図は、運用資金に対して、 平均損失比率を10% でトレードした場合の破産確率の表になります。

●ペイオフレシオ1.0(リスクリワード1:1)

●勝率50%

レバレッジを最大限に活かせるFX資金管理方法

FXの正しい資金管理の方法の解説

つまり、 リスクリワードレシオと勝率、リスク許容度を含めた手法作りが大切 だということですね。

理想的なリスクリワードレシオ値は?

ここまで、読み込んだ方は、内容はなんとなく理解できるけど、 もっと分かり易い答えが欲しい という方もいらっしゃると思います。

リスクリワード[1:2.5]~[ 1:3]

損失1万円 ✕ 5回トレード = -5万円
利益2.5万円 ✕ 5回トレード = +12.5万円

合計+7.5万円

となり、 勝率50%でも十分な利益 を残すことができるようになります。

また、 損益分岐勝率は約29% となり、10回のうち3回勝てば利益を得られる計算になります。

理想的なリスクリワードレシオに改善する方法

改善するポイントは、もちろん [勝率][リスクリワード] ですね。

勝率の改善方法

『無駄なトレードをしないこと』 です。

勝てる自信があって負けるのと、不安な状態で負けるのは、同じ負けでも次元が違います。

リスクリワードの改善

『自分が理想としているリスクリワードが実現できない可能性のあるトレードは見送ること』 です。

リスクリワードレシオの改善方法

リスクリワードレシオの改善方法②

リスクリワードレシオの改善方法③-1

リスクリワードレシオを1:2~1:3を理想としているのに対して、リスクリワードレシオ1:1しか見込めない場合は、リスクが高いので見送るのがベターです。

目標としているリスクリワードレシオまでに、サポートやレジスタンスがあればエントリーを見送りましょう。

性格別のリスクリワードレシオと勝率

『リスクリワードレシオ値と勝率は自分の性格にあったものを採用する』 ということです。

勝てる手法とは、自分にあった手法であり、自分にあったリスクリワードレシオと勝率を実現する手法のことです

リスクリワードレシオ値と勝率の関係

リスクリワードレシオ値 ⇒ 低め

勝率 ⇒ 高め

リスクリワードレシオ値 ⇒ 高め

勝率 ⇒ 低め

リスクリワードレシオ値 ⇒ ミドル

勝率 ⇒ ミドル

個人的には、 パターン③のトレーダーを目指すとバランスも良く、ストレスが少ないトレードができる と感じています。

MT4でリスクリワードを計算せずに簡単に一発表示させる方法

しかし MT4を利用すれば、めんどくさい計算などしなくても、リスクリワードを簡単に一発表示させることができます。

FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は

「FXにはどんなリスクがあるの?」
「FXのリスクを減らしたい」
「適正なリスクの取り方は?」

FXのリスクについて知っていれば、どう対策すればいいかが分かるので、怖いイメージも変わりますよ。

この記事では現役トレーダーの私が「FXで発生するリスク」と「 正しいリスクの抑え方 」について解説しています。

FXで重要なのは損失を防ぐこと

FXで重要なのは大損を防ぐこと

なぜなら、どれだけ勝率が高くても、一度の負けが大きいと利益が残らないからです。

利益を狙えば、損失も出ると理解する

FXでは利益を狙えば、損失もでる

FX初心者は全てのポイントで勝とうとするあまり、損失が確定できずに大損してしまいます。

予測が外れたときには素直に 損切りする のが重要 ですよ。

損失を抑えながら、利益を伸ばす

FXの基本は「損小利大」です。

【勝利率:30% 利益:5,000円 損失:1,000円】

5,000円 × 3回 = 15,000円の利益
1,000円 × 7回 = 7,000円の損失
15,000円 - 7,000円 = 8,000円の利益

FXのリスクとは?

FXのリスクとは

・為替変動リスク
・金利変動リスク
・流動性リスク
・スリッページリスク
・取引システムのリスク

一般的にリスクは「危険」としての認識が強いが、金融業界では 「不確実さ」 といった意味を持つ。

為替変動リスク

為替変動リスクは通貨が値動きするリスクです。

FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
取引通貨量 1銭(1pips) 5銭(5pips) 10銭(10pips) 50銭(50pips) 1円(100pips)
1通貨 0.01円0.05円 0.1円 0.5円 1円
100通貨 1円 5円 10円 50円100円
1000通貨 10円 50円 100円 500円 1,000円
1万通貨 100円 500円 1,000円 5,000円 10,000円

また、FXでは取り扱う通貨ペアで為替変動リスクの大きさも変わるので、 初心者は値動きの安定したメジャー通貨で取引を始めるのがおすすめです。

FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は


-千草明の2021年版 FX教材-

「アドバンスド・ホーミングFX」から10年
トレードで勝つための「本質」についてまとめました。

当時はFXのいわゆる情報商材というのが流行であり、周りに倣って
変にかっこつけたタイトルをつけてしまったのを後悔したものですが、
内容はかなり真面目に書いていたので、この教材はそれから10年間もの間、
FX教材の定番と支持され、今もなお購入される方が後を絶ちません。

それに10年もの月日がたった2021年の現在は、
新型コロナウイルスの影響もあって、
FXをめぐる市場も大きく様変わりしています。

今回10年ぶりに「トレードの本質」という教材を執筆した理由は、
最新の情報をフォローするためにも新たな教材を書こう、
いままでのトレード人生を総括するものにしたいと思い立ったのと、
何がトレードに必要なことだったのか? そして何が不要なことだったのか?
トレードに本当に必要な本質のみを抽出したいが為でした。


今回は損切のやり方と、トレードのメンタルについて
特に詳しく書いています。

前著の「アドバンスド・ホーミングFX」は、
テクニカルによる予測技術に重きを置いた教材でした。

そのテクニカル分析は現在でも同様に市場で通用し、
相場をわかりやすく読み取ることができるため、
私もずっとその設定でトレードをしています。

ただ、前著を発売したあとで、使用者の感想を集めてみた所、
この教材をきっかけに勝てるようになった方も多数おられましたが、
一方で、なかなか成果が上がらない方もいらっしゃいました。

そうした方に詳しく話を聞いてみると、
どうやらテクニカルの使用法といったレベルの話ではなくて、
もっと根本的な問題が大きな原因として立ちふさがっているようでした。

エントリーをしてみたものの、状況が悪くなると損切ができない・・・
または、予測技術絶対主義者になっていて、
テクニカルが指し示す方向に必ず進むのだと信じてしまっている・・・

テクニカルは有用ではありますが、絶対ではありません。
テクニカルを見て根拠を持ってエントリーすることは必要です。
ただ、違う方向に進むのなら、すぐに損切をして出直さなければなりません。


トレードの技術 < 損切のメンタル

この根本的な原因を解決するには、意識改革も必要になります。
それは鉄の意志で損切をするというような前時代的な精神論ではなくて FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
損切するのが合理的かつ「快」に思えるようにならなければなりません。

また損切もただすればいいのではなくて、
状況に合わせて細かく損切しなければなりません。
損切を小さくできること、つまり最小失点でしのぐこと。
それが守備の強化につながります。


トレードを教えてくれる人は、
経済やテクニカルについてはよく教えてくれるのですが、
一番大事な、「損切のやり方」についてはあまり詳しく教えてくれません。

だから、それを伝える人がいない。
だから、トレードの世界ではいまでも本質から離れたことが
真実のように語られ続けているのだと私は思います。

トレードの本質とはズバリ「損切」です。
「損切」をコントロールさえすれば、トレードは勝てるようになるのです。


・・・でも、勝てるならば、
そんな方法は他人に教えたりせずに、こっそりとやって
大金持ちになればいいんじゃないか?

それはもっともな疑問だと思いますが、
脊髄反射でそう思ってしまっているだけで、そこには多くの誤解がありますし、
それにその考えは危険だとも言えます。

「トレード技術は誰も教えてくれるはずがない」
「ならば、自分でゼロからやってみるしかない」
「他人のいうことは信じない。だから独自にやってみよう」


「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という有名な格言があります。
ぜんぶトライ&エラーでやっていたら、膨大な時間と多額の勉強料がかかるし、
獲られたお金を獲り返そうといったギャンブル思考になってしまいます。

そんな遠回りをせず、そこは先人の歴史に学ぶ賢者の姿勢が大事です。
極力コストをかけず、最短距離でトレード技術を習得していくべきです。
まずは、先人のトレードのマネをする。
そしておいしいところだけを賢く抽出して自分のトレード技術に取り入れる。

トレードで誰もが勝てるようになる可能性はありますし、
その技術は他人に教えられるものなのです。

ですが、残念ながら、
トレードで勝つための技術を習得し、勝てるようになったとしても、
みんながみんな大金持ちにはなれません。

勝てることと大金持ちになることは、イコールではないのです。
誰もが大金持ちにはなれないのだから、
そのレベルの情報は公開しても支障はありません。


つまり、トレードで勝てるというのは、
運用額が身の丈であることが大前提です。


トレードでみんなが大金持ちになれない理由は、簡単です。

運用する金額が増えれば増えるほど、
トレードで絶対に必要になる1回1回の損切額もどんどん大きくなるからです。


あなたがトレードの勝ち方を覚えたとして、
証拠金10万円くらいで1万通貨の運用なら、
1000円規模の利食いや損切は簡単にできるでしょう。
それができれば月に数万円稼ぐことは比較的たやすいことです。

しかし、証拠金1000万円用意して100万通貨のデイトレをすると
単純に損切は10万円以上になります。
この規模のトレードをサクサクこなせれば月収は数百万になるのですが・・・

大富豪ならともかく、一般社会で生きてきた人は、
そんな多額の損切をノータイムで判断するのは、
とてもできることではありません。

1回1回の損切をウンウンと悩むようになり、判断がドンドン遅くなります。
損切の判断が遅くなれば、トレードは回らなくなり、必然的に塩漬けになる。
そうなればお祈り地蔵となってしまいポジションを放置するようになる。
1秒を争う熾烈な相場の中で、思考停止の放置は勝ちの放棄と同義です。


トレードはボクシングと同様にフットワークが命です。

身の丈でやっている限り、フットワークが軽いトレードが続けられます。
一刻一秒を争う市場の中でも、フットワーク軽く動くことができれば戦えます。
逆に身の丈でなければ、誰でも損切ができないお祈り地蔵になってしまいます。
足が止まって逃げられないトレーダーは、
他のトレーダーからボコボコにやられます。
だから、常に身の丈の運用で身軽に動き続けなければなりません。


かくいう私も身の丈の範囲でトレードをしています。
億万長者でもなんでもありません。ただの身の丈を知る一介のトレーダーです。
身軽にトレードして毎日小銭を稼いでいる。
それをコツコツやっているだけにすぎません。
ハッキリいって何億も稼ぐなんてことはできません。

だからこうして自分が長年をかけて知りえたこと・習得したことを
自分が書きためてきた「トレードノート」といえるようなものを
数年に一度、教材として公開して副収入を得ているだけです。

それは野球選手がバッティングの技術を、ピアニストがピアノの技術を
ユーチューブで公開して副収入を得ているのと何も変わりません。
FXの勝ち方が知りたいというみなさんの需要に答えているだけの、
完全なギブ&テイクでやっています。


FXで勝つための技術を身に着け、
ちょっとした「夢」を叶えてください。


繰り返しますが、
この教材を読んだ人すべてが億万長者にはなれません。

それはプロ野球選手のバッティング解説のユーチューブを見て、
その技術が確かなものだとしても、
視聴者全員がプロ野球選手になれないのと同様です。

ほどほどの選手=ほどほどのトレーダーになれれば御の字でしょう。
ほどほどの野球選手は、野球ではさっぱり食べれませんが、
ほどほどのトレーダーは、トレードで十分食べることはできます。

少しの運用額でトレードしても、
その稼ぎ出す資金は、一般の仕事と比べては多額です。
すべての意思決定は自分自身で行い他人に指図されることはありません。

そこが大きな違いであり、トレーダーという職業の強みです。
たいした額を運用できない二流のトレーダーであっても、
トレード方法さえ間違っていなければ、そこそこの額は稼げてしまうのです。

そして長年トレードしていれば、胆力はついて運用額も徐々に上がり、
上場企業の課長くらいの年収は稼げるようになるとは思いますし、
ずっとコツコツとやっていれば、いつか簡単な相場に遭遇して、
思わぬボーナスが入るのも事実です。

ですから、FXで大富豪を目指すなんていう現実離れの考えはやめて、
現実的なゴールを身の丈と定めてやってください。
人生すべてをトレードに捧げるのはナンセンスです。


長々と話しましたが、
これからトレードを始める方は、ゼロからすべて自分でやるには
とてつもない勉強料と時間がかかります。
そこはこの教材で大胆にコストカットして最短距離を歩んでください。

最後に、私はトレードの技術を必要な方にシェアしているだけで、
あなたをレッスンしてさらに多額のお金を取ることは致しません。 FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
私は情報提供者であり、レッスンコーチではありません。
あくまで私の本業はトレーダーです。

この教材がきっかけとなって、
手に職をつけるようにトレード技術を身につけ、
あなたの人生が少し豊かになって頂ければ幸いです。



●「トレードの本質」教材の内容について

デイトレーダー・千草明によるデイトレードの総合的な教材です。

リスク管理力の章では、
破産しないリスク管理についての詳細な説明。

予測力の章では、
トレーダー心理とテクニカル指標を使ったトレードプランの立案方法。

対応力の章では、
エントリーしたあとに必要不可欠な損切や利食いの微調整方法。

精神力の章では、
トレードを遂行するための意識改革がまとめられています。


ビデオはテキストに書いてある方法を用いて、
実践でスキャルピングトレードを行いながら解説をしています。
複利運用での増やし方についてもレクチャーしています。
またトレーダーにとって重要なメンタルについても、
心理学をベースに非常にわかりやすく解説されています。

初級者から中級者まで、トレードで勝つために
必要なことを学ぶことができる教材です。
教材の内容については、全ページ著者の新作書下ろしですが、
手法ベースは前著「アドバンスド・ホーミングFX」と同様のものです。
より平易に書かれているので、初級者でも理解しやすいものとなっていますし、
前著の理解がより深まるものとなっています。

トレード教材は机上の空論のものが多いのですが、
こちらの教材は「実際には、こうやってトレードをして利益を出す」
というのが良く理解できるものです。
ご参考までに収録されたビデオのトレード成績は、
合算して37勝36敗 勝率約50% プロフィットファクター2.8 で、
証拠金は2倍近い増加率でした。


<ダウンロードファイル内容>
・トレードの本質.PDF(テキスト164ページのPDFファイル)
・パスワードと動画視聴方法.PDF(最初にお読みください)

<動画4本>
・トレードの本質1 USD/JPYスキャルピング(通常運用)1時間44分
・トレードの本質2 AUD/JPYスキャルピング1(複利運用)1時間43分 FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
・トレードの本質3 AUD/JPYスキャルピング2(複利運用)1時間13分
・トレードの本質4 精神力の章とまとめ 55分


こちらは冒頭の7ページと目次項目の試し読みPDFです。
ご自由にダウンロードしてお読みください。


PDF全164ページサムネイル

こちらは教材に付属する動画のサンプル約19分です。
サンプルにつき、低画質、倍速再生となっています。


●教材の購入前の注意(必ずご一読ください)
当教材はFXトレードの技術を習得するための真面目な技術書・参考書です。
著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
簡単に大金を得られるような方法が書かれたものではありません。
トレード技術の習得には相応の練習が必要になります。

以下ご納得頂ける方のみご購入ください。

著者による質疑応答のサポートはありません。 著者はトレード塾の講師ではなく独自のトレードの技術を公開・シェアしているだけにすぎません。残念ですがすべての読者を勝てるようになるまでフォローしきることはできません。価格相応の電子書籍として、あくまで自己研鑽の参考書としてお使いください。


ご提供価格
長々とご説明しました。教材の価格は以下になります。

※決済前にご利用規約をご確認ください。
利用規約
本書の内容を他者に漏らさないように 個人で使用してください。
PDFには不正者を特定するためにナンバリング技法が施されています。


【個人情報保護方針】 FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は
当サイトで得た個人情報は顧客との情報伝達を円滑に行うためだけに使用し、第三者に受け渡すことはありません。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。FXには取引業者の売買手数料がかかります。

【スパムメールにご注意ください】
著者や発行者からは直接当教材を宣伝するメールは送付しておりません。販売に関するメールは、インフォカート契約のアフィリエイターが、規約を遵守しインフォカート利用者へ送付を行っております。万が一、当教材を過剰・過大・頻繁に宣伝するスパムメールと思われるものを受け取った場合は、以下の迷惑メール相談フォームまでご連絡ください。

FXの負けパターンと対策!知らず知らずにハマる自分都合トレード

負けパターンのサムネ

勝てない時

FXやってると 「なんか負けちゃうな〜」 ってスランプ・負けパターンにハマっちゃう時がありますよね。

今回はそんな負けパターンの代表的なものとして、 自分都合でトレードしちゃう負けパターンの解説と対策 FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は を書いていきます(´ー`)

自分都合でトレードを仕掛けてしまう思考とは

■ お仕事等で忙しく、 チャートを見る時間があまり取れない人 や

■「月に〇〇万円稼ぐ」みたいな ガチガチな目標を立てる人 が陥りがちなパターンです。

ハマりやすい人の例

実際、そういった話はよく聞きますし、ORZ自身 チャートを見ている時はなんかトレードしなきゃ 、みたいな思考に最初はなっていたと思い返しちょりますね(・∀・)

しかし、この考えが知らず知らずのうちに 負けパターンにハマっちゃう原因 だったりもするんです!

ハマっちゃうイメージ図

なぜかというと、 適切なトレードポイントと相場の変動とのミスマッチ が起こってしまうからだと考えてます。

トレーダーが仕掛けるべきトレードポイント

まずそもそもの話なのですが、為替相場というフィールドで、個人トレーダーがデイトレードとかで勝とうとするならば、 かなり仕掛けるポイントを厳選 FXのトレードで行うべきリスク管理の考え方は する必要があると思います。

とかなら話は変わりますが、一般的な トレード では、ある程度自分が掛けている方向に動いてから決済をするので、手法とかは色々あるにせよ、

わかりやすいエントリーポイント

そもそも為替相場というものの変動

こうしたトレーダーの思惑がある一方で、トレードの舞台となる 為替相場 というものは、世界中の 需要と供給のバランス で動いていますよね。

需要と供給のチャート

加えて、1ドル135円の壁を突破したら買うとかフィボナッチがなんちゃらとか移動平均線がどうとか、 テクニカルな要素からくる需給 も入り混じり、複雑に動いているのが相場というもの。

このようにある種ランダムに動く相場に対して、先ほどの 「ここでポジション取れれば狙った方向へしばらく動いてくれる可能性が高い」 というポイントに巡り会える確率は…

このFXトレード日記では、ORZが普段のトレードで実戦している『戦略立て→エントリー→決済』のFXトレードの流れをイチからまるっと解説してます! はじめましての方は『ORZのFX手法』をチェックしてから読み進めてもらったほうが理解しやすいと思うんで、良かったらどうぞ〜♪ ORZのFX手法について。トレードの考え方から徹.

トレーダーは意外とチャンスが少ない!

そこに加えて副業でFXやってる方が、日中忙しいから 夜10時 – 0時まででトレードしたい とか、あとちょっとで目標達成だから 今トレードして勝ちたい とかを考えてしまうと…

トレードしたいの図

そうなると、 「このタイミングでトレードしたい 」と 「トレードに適したタイミング 」にミスマッチが起こりがちで、その場合多くの人が

と、理想的・勝てる確率が高いと考えられるトレードポイントとはズレたポイントでポジションを持って、 その結果負ける ということが多くなってしまうのです(´Д`)

逆に運よくマッチした場合は、 一時的に勝ちやすくなる と思います。

こうなると、勝ってた分強気に出て余計に負け越しちゃったりするのは 結構あるあるパターン なので気をつけておいた方が良さげです(´ー`)

自分都合トレードの対策を考える

対策としては、色々と考えたのですがシンプル・ドストレートに 「相場」というものに対する認知の修正 をするしかないのかなと思ってます!

ORZ

基本的に 「良いポイントとマッチするまで待つのが仕事」 と割り切って相場と付き合っていくのが一番かと思います。

トレード見送りの図

ただ、初心者さんがデイトレードをやるなら、 下手にトレード回数を増やさないようにしたほうが負けにくい のは確かだと考えてます。

むしろ トレードできたらラッキー くらいの感覚で相場を見れるとバッチリ!

自分自身のトレードを振り返ってみよう!

同じようなところでは、 月のトレード回数の最適解を追い求めちゃったりする のも、結構考えちゃいますよね。

ただ、これも コントロール不可の相場に対するアプローチ としては、あんまり良くないのかなと思ってます。

相場の神

そのためには 「トレードしない」 という選択肢を忘れず、むしろしっかりと選択して、上手く対応していきましょうって感じの話でした(・∀・)

ポジポジ病とかどう見てもヤバいトレードで負けちゃうという人よりも、今回の話のように ちょっとした考え方の差 で、負けパターンにすっぽりハマってしまう場合がFXでは結構あると思うんですよね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる