バイナリーオプションのコツ

システムトレードのメリットとデメリット

システムトレードのメリットとデメリット
「オンプレ」という言葉はシステム関連用語であり、企業の情報システム部門に所属する社員やITサービスを提供する担当者であれば、知っておきたい言葉の一つです。まず言葉の意味から理解していきましょう。

寄り付き前の板の見方をマスター|気配値に騙されるな!

寄り付き前の板の見方

寄り付き前,板,見方

参照:hidedura

もし買い注文が多いなら、「株価は多少前後しても良いから保有したい」というトレーダーが一定数存在するので、効果的な判断材料として活用が可能です。

特別気配値の株式を抽出

株式市場が開く際は、始値を決めるために必ず滞留している注文を約定させるプロセスが発生しますが、もし1日の値幅制限を超えると「特別気配値」として通常の取引が停止されます。

そして、証券会社のツールを用いれば、膨大な買いが集まっている銘柄を網羅的に抽出できるため、セクションなどの共通点を見つけて優位性の高い投資判断が行えるでしょう。

業種ごとにチェックする

寄り付き前の気配値を業種ごとにチェックするのもおすすめであり、全体的な雰囲気を包括的に判断できます。

寄り付き前の板には、まだ約定されていない注文が並んでおり、発注とキャンセルが交錯することで、目まぐるしく気配値が変化します。

したがって、あまり信用しすぎるのは少しリスキーですが、業種ごとや特別気配値などで抽出すれば、信憑性のある情報が得られるでしょう。

このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

株出来高の目安|少ない株のリスクを知って銘柄をチェックせよ

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株のスクリーニングには出来高が重要 株取引の本…

  • 2021年7月6日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

アイランドリバーサルとは?覚えるべき株価シグナル

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! アイランドリバーサルとは アイランドリバーサル…

  • 2022年1月4日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ROAの業界平均値一覧|うまく利益を生み出す業界TOP3はコレだ!

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! ROAとは ROA(Return on Asset…

  • 2021年4月22日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

板読みトレードテクニック|板読みをマスターしてタイミングを掴め

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 板読みは株式投資の基礎知識 株式投資では、各証券会…

  • 2022年6月20日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ネックラインとは?正しいラインの引き方とエントリーポイント

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資のネックラインとは 株式投資を効率良く運用…

オンプレとは?クラウドとの違いと注意すべき特徴を解説

オンプレミスの解説画像

「オンプレ」という言葉はシステム関連用語であり、企業の情報システム部門に所属する社員やITサービスを提供する担当者であれば、知っておきたい言葉の一つです。まず言葉の意味から理解していきましょう。

サーバーやシステムを自社で運用すること

  • サーバーやストレージなどのハードウエアを、自社に設置して運用する
  • 拠点間のネットワーク回線を、自社で敷設して運用する
  • 情報システムのセキュリティー対策ツールを、自社で構築する

このように 自社で構築や運用を行う形態 を、オンプレミスと呼ぶことを覚えておきましょう。

オンプレミスとクラウドの違い

クラウドのイメージイラスト

オンプレミスという言葉は、元から使われていたわけではありません。情報通信技術の発達によって進んできた「クラウドコンピューティング(クラウド)」と区別するために浸透してきた言葉です。ここからはオンプレミスとクラウドの違いについて、解説します。

コストの種類と発生するタイミング

オンプレミス クラウド
コストの種類 初期費用が大きくなる 定期的なサービス利用料が必要
コスト発生のタイミング 導入前 導入後


オンプレミスはシステムを利用するために、サーバーやルーターなどのハードウエア機器の調達やソフトウエアのライセンス料の支払いが必要です。システム利用のための初期費用は大きくなりますが、購入後はシステムそのものへの支払いコストが少なくなります 。

一方クラウドは、既に用意されている環境を使って始めることが可能です。そのため初期費用を少なく始められますが、継続的にサービス利用料を支払う必要があります。

保守体制の違いと拡張性の有無

オンプレミス クラウド
保守体制 自社要員で運用 クラウドサービスの提供者が運用
拡張性の有無 なし あり

オンプレミスの場合は、 情報システムを構築しているサーバーやストレージなどのハードウエアの保守、ソフトウエアのライセンス管理を自社の要員で運用する 必要があります。 システムトレードのメリットとデメリット

また機器を調達した後は、サーバーのスペックの増強やストレージの拡張が容易にできません。システムの拡張性が低い ため、システム設計における最大稼働の性能見積もりに合わせて、ハードウエアを選定した結果、コストが割高になるケースがあります。

クラウドの場合は、社内にハードウエアやソフトウエアを所有しません。サーバー運用や管理ソフトのような、専門的な知識を持った要員がいなくても利用できます。 クラウドサービスの提供者が運用するため、自社で行うシステム保守範囲を狭くできます 。

システムの利用状況に合わせてサーバーの性能を高めたり、ストレージの追加ができたりすることで、必要な分だけコストを支払えるのが特徴です。

オンプレミスのメリット

赤ペンでメリットと書いたイメージ写真

カスタマイズが可能

オンプレミスでのシステム構築は、 業務要件に合わせてシステムをカスタマイズ できます。システムが止められない、高稼働率が求められる業務要件においても、サーバーの構成や専用的なソリューションの採用で対応ができます。

一方クラウドサービス(特にSaaS)を利用する場合は、利用可能なサービスや仕様が決められているケースが多いため、クラウドサービスの制約内で、検討する必要があります。

高いセキュリティー要件を満たせる

オンプレミス型のシステム構成では、インターネットに接続しない閉域網ネットワークの構成で、システムを構築できるため、 高いセキュリティー要件を満たせます 。

クラウド型のシステムは、インターネットへのアクセスが必要になるので、適切なアクセス制御が必要です。ネットワークを介したセキュリティーの脅威が少ないのが、オンプレミスのメリットといえます。

オンプレミスのデメリット

デメリットと黒板に書いてあるイメージ写真

コストが高い

オンプレミスの場合は、情報システムを構築するためのサーバーや、ネットワーク・ソフトウエアなどを、自社で調達する必要があるため 大きな初期投資が必要 です。 システムトレードのメリットとデメリット

システム開発ではテストやシステム教育で、一時的に複数のサーバー環境が必要な場面があります。オンプレでは機器の調達が必要なため、それだけで大きな投資になってしまうでしょう。

またシステム構築に必要なサーバーやデータベースのほか、安定運用に必要なバックアップやアラート監視の仕組みも、自社で導入する必要があります。

サイジングが難しい

ハードウエアを調達して構築するオンプレミスの場合、サーバーの性能や台数、ストレージ容量などの、リソースを決める必要があります。これをサイジングと言います。

サイジングはシステム運用における、長期的な予測やリソースの見積もりが必要です。 重要な設計内容ですが、難しい検討事項のため有識者の知見が必要です 。

クラウドサービスの場合は、運用開始後でもリソースの追加や変更ができます。そのため利用状況に合わせて対応ができ、サイジングの苦労が少なくなります。

オンプレミスからクラウドへシステム移行するには

ポイントのイメージ画像

オンプレミスからクラウド環境へ、システムを移行するには何から始めればよいでしょうか。システム担当者が確認すべき内容を解説していきます。

オンプレミスからクラウドへシステム移行する目的を決める

オンプレミス型のシステムをクラウド環境へ移行するときには、その目的を定める必要があります。

総務省による令和2年度の通信利用動向調査報告書によれば、クラウドサービスを利用している理由に「資産、保守体制を社内に持つ必要がないから」や、「災害時のバックアップとして利用できるから」のような回答が多いのが分かります。

クラウドへシステムを移行する 目的を明確にすることで、利用するサービスや満たすべき性能の要件が見えてくる でしょう。

既存システムがクラウド環境に対応しているか確認する

既存システムをクラウドへ移行するには、 現在利用しているパッケージシステムやプログラムが、クラウド上で動作するのか確認する必要 があります。

オンプレミス型で運用しているパッケージシステムには、クラウドに対応した後継パッケージが、リリースされている場合があります。

クラウド移行を検討するときには、クラウド環境への対応状況を確認しましょう。

クラウド環境が業務要件に耐え得るかSLAを確認する

利用したいクラウドサービスが自社の業務に耐え得るかは、その サービスのSLAも確認 しましょう。

SLAはService Level Agreementの略語で、サービス品質保証とも呼ばれます。サービス提供者が利用者に対して保証する、サービス内容や範囲などの具体的な目標値や水準という意味です。

クラウドサービスの利用規約や契約書に、SLAが記載されています。

要件に当てはまるクラウドサービスを見つけよう

クラウドシステムのイメージイラスト

クラウド移行を検討する場合、まずは必要な要件を整理して、利用できそうなクラウドサービスを見つけましょう。サービスごとに見積もりを取り寄せ、比較検討することがおすすめです。

クラウドサービスの候補が見つかったら、具体的にシステムの仕様や、SLAなどの情報を集めましょう。

FX自動売買AIは稼げるの?メリット・デメリットを徹底調査

シロクマ専業トレーダー

【随時更新】FX自動売買『アポロン』は稼げる?MTL FXの全実績を公開 どうも! FX専業トレーダーのシロクマです。 僕は、裁量トレードと自動売買(EA・MAM・PAMM)の二刀流で家族を養っている専業トレーダーです。 今回は、そんな僕がメイン.

FX自動売買とは?

FX自動売買とは?

  • どのような条件・タイミングで買うか システムトレードのメリットとデメリット または売るか
  • どのような条件・タイミングで利益を確定するか または損切るか

リピート型

プログラム選択型

プログラム開発型

AIとは?

FX自動売買 AI対応のFX会社

インヴァスト証券「トライオートFX」

外為オンライン「Iサイクル2取引」

FXブロードネット「トラッキングトレード」

FX自動売買にAIを導入するメリット・デメリット

FX自動売買にAIを導入するメリット・デメリット

FX自動売買にAIを導入するメリット

FX自動売買にAIを導入するデメリット

AIを導入する際に注意しておきたいポイント

AIを導入する際に注意しておきたいポイント

放置しすぎない

稼げる保証が無い

事前に実績の調査をしておく

まとめ

副業で稼ぐならFX自動売買アポロンがイチオシ

僕は専業FXトレーダーで毎日トレードをしていますが、最近使用しているFX自動売買アポロンが連日絶好調で そろそろ本気でトレードをやめる ことを検討しています。


※2022年5月追記・・・裁量トレードでアポロンに勝てない月が続いたので現在、トレードを引退しています。

正直なところ色んな怪しい副業や、自動売買ツールを試しましたがアポロンは圧倒的な実績で どう考えても最強の副業案件です。

【FX自動売買アポロンの実績】

2020年9月~2022年1月 合計入金950万円
ちょこちょこ出金しましたが、2022年1月時点で 約1500万円の利益

しかも、このFX自動売買案件が 今だけ人数限定で無料 で利用可能となっています。

LINE限定でアポロン案内中

※非常にややこしいですが同名のEAがいくつかあります。確実にアポロンを使いたいなら、僕のLINEに連絡してください。

オンプレとは?クラウドとの違いと注意すべき特徴を解説

オンプレミスの解説画像

「オンプレ」という言葉はシステム関連用語であり、企業の情報システム部門に所属する社員やITサービスを提供する担当者であれば、知っておきたい言葉の一つです。まず言葉の意味から理解していきましょう。

サーバーやシステムを自社で運用すること

  • サーバーやストレージなどのハードウエアを、自社に設置して運用する
  • 拠点間のネットワーク回線を、自社で敷設して運用する
  • 情報システムのセキュリティー対策ツールを、自社で構築する

このように 自社で構築や運用を行う形態 を、オンプレミスと呼ぶことを覚えておきましょう。

オンプレミスとクラウドの違い

クラウドのイメージイラスト

オンプレミスという言葉は、元から使われていたわけではありません。情報通信技術の発達によって進んできた「クラウドコンピューティング(クラウド)」と区別するために浸透してきた言葉です。ここからはオンプレミスとクラウドの違いについて、解説します。

コストの種類と発生するタイミング

オンプレミス クラウド
コストの種類 初期費用が大きくなる 定期的なサービス利用料が必要
コスト発生のタイミング 導入前 導入後


オンプレミスはシステムを利用するために、サーバーやルーターなどのハードウエア機器の調達やソフトウエアのライセンス料の支払いが必要です。システム利用のための初期費用は大きくなりますが、購入後はシステムそのものへの支払いコストが少なくなります 。
システムトレードのメリットとデメリット
一方クラウドは、既に用意されている環境を使って始めることが可能です。そのため初期費用を少なく始められますが、継続的にサービス利用料を支払う必要があります。

保守体制の違いと拡張性の有無

システムトレードのメリットとデメリット
オンプレミス クラウド
保守体制 自社要員で運用 クラウドサービスの提供者が運用
拡張性の有無 なし あり

オンプレミスの場合は、 情報システムを構築しているサーバーやストレージなどのハードウエアの保守、ソフトウエアのライセンス管理を自社の要員で運用する システムトレードのメリットとデメリット 必要があります。

また機器を調達した後は、サーバーのスペックの増強やストレージの拡張が容易にできません。システムの拡張性が低い ため、システム設計における最大稼働の性能見積もりに合わせて、ハードウエアを選定した結果、コストが割高になるケースがあります。

クラウドの場合は、社内にハードウエアやソフトウエアを所有しません。サーバー運用や管理ソフトのような、専門的な知識を持った要員がいなくても利用できます。 クラウドサービスの提供者が運用するため、自社で行うシステム保守範囲を狭くできます 。

システムの利用状況に合わせてサーバーの性能を高めたり、ストレージの追加ができたりすることで、必要な分だけコストを支払えるのが特徴です。

オンプレミスのメリット

赤ペンでメリットと書いたイメージ写真

カスタマイズが可能

オンプレミスでのシステム構築は、 業務要件に合わせてシステムをカスタマイズ できます。システムが止められない、高稼働率が求められる業務要件においても、サーバーの構成や専用的なソリューションの採用で対応ができます。 システムトレードのメリットとデメリット

一方クラウドサービス(特にSaaS)を利用する場合は、利用可能なサービスや仕様が決められているケースが多いため、クラウドサービスの制約内で、検討する必要があります。

高いセキュリティー要件を満たせる

オンプレミス型のシステム構成では、インターネットに接続しない閉域網ネットワークの構成で、システムを構築できるため、 高いセキュリティー要件を満たせます 。

クラウド型のシステムは、インターネットへのアクセスが必要になるので、適切なアクセス制御が必要です。ネットワークを介したセキュリティーの脅威が少ないのが、オンプレミスのメリットといえます。

オンプレミスのデメリット

デメリットと黒板に書いてあるイメージ写真

コストが高い

オンプレミスの場合は、情報システムを構築するためのサーバーや、ネットワーク・ソフトウエアなどを、自社で調達する必要があるため 大きな初期投資が必要 です。

システム開発ではテストやシステム教育で、一時的に複数のサーバー環境が必要な場面があります。オンプレでは機器の調達が必要なため、それだけで大きな投資になってしまうでしょう。

またシステム構築に必要なサーバーやデータベースのほか、安定運用に必要なバックアップやアラート監視の仕組みも、自社で導入する必要があります。

サイジングが難しい

ハードウエアを調達して構築するオンプレミスの場合、サーバーの性能や台数、ストレージ容量などの、リソースを決める必要があります。これをサイジングと言います。

サイジングはシステム運用における、長期的な予測やリソースの見積もりが必要です。 重要な設計内容ですが、難しい検討事項のため有識者の知見が必要です 。

クラウドサービスの場合は、運用開始後でもリソースの追加や変更ができます。そのため利用状況に合わせて対応ができ、サイジングの苦労が少なくなります。

オンプレミスからクラウドへシステム移行するには

ポイントのイメージ画像

オンプレミスからクラウド環境へ、システムを移行するには何から始めればよいでしょうか。システム担当者が確認すべき内容を解説していきます。

オンプレミスからクラウドへシステム移行する目的を決める

オンプレミス型のシステムをクラウド環境へ移行するときには、その目的を定める必要があります。

総務省による令和2年度の通信利用動向調査報告書によれば、クラウドサービスを利用している理由に「資産、保守体制を社内に持つ必要がないから」や、「災害時のバックアップとして利用できるから」のような回答が多いのが分かります。

クラウドへシステムを移行する システムトレードのメリットとデメリット 目的を明確にすることで、利用するサービスや満たすべき性能の要件が見えてくる でしょう。

既存システムがクラウド環境に対応しているか確認する

既存システムをクラウドへ移行するには、 現在利用しているパッケージシステムやプログラムが、クラウド上で動作するのか確認する必要 があります。

オンプレミス型で運用しているパッケージシステムには、クラウドに対応した後継パッケージが、リリースされている場合があります。

クラウド移行を検討するときには、クラウド環境への対応状況を確認しましょう。

クラウド環境が業務要件に耐え得るかSLAを確認する

利用したいクラウドサービスが自社の業務に耐え得るかは、その サービスのSLAも確認 しましょう。

SLAはService Level Agreementの略語で、サービス品質保証とも呼ばれます。サービス提供者が利用者に対して保証する、サービス内容や範囲などの具体的な目標値や水準という意味です。

クラウドサービスの利用規約や契約書に、SLAが記載されています。

要件に当てはまるクラウドサービスを見つけよう

クラウドシステムのイメージイラスト

クラウド移行を検討する場合、まずは必要な要件を整理して、利用できそうなクラウドサービスを見つけましょう。サービスごとに見積もりを取り寄せ、比較検討することがおすすめです。

クラウドサービスの候補が見つかったら、具体的にシステムの仕様や、SLAなどの情報を集めましょう。

寄り付き前の板の見方をマスター|気配値に騙されるな!

寄り付き前の板の見方

寄り付き前,板,見方

参照:hidedura

もし買い注文が多いなら、「株価は多少前後しても良いから保有したい」というトレーダーが一定数存在するので、効果的な判断材料として活用が可能です。

特別気配値の株式を抽出

株式市場が開く際は、始値を決めるために必ず滞留している注文を約定させるプロセスが発生しますが、もし1日の値幅制限を超えると「特別気配値」として通常の取引が停止されます。

そして、証券会社のツールを用いれば、膨大な買いが集まっている銘柄を網羅的に抽出できるため、セクションなどの共通点を見つけて優位性の高い投資判断が行えるでしょう。

業種ごとにチェックする

寄り付き前の気配値を業種ごとにチェックするのもおすすめであり、全体的な雰囲気を包括的に判断できます。

寄り付き前の板には、まだ約定されていない注文が並んでおり、発注とキャンセルが交錯することで、目まぐるしく気配値が変化します。

したがって、あまり信用しすぎるのは少しリスキーですが、業種ごとや特別気配値などで抽出すれば、信憑性のある情報が得られるでしょう。

このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

材料株の見つけ方|3つのポイントをチェックして効率的に探す方法

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 材料株の基本を押さえる 株式投資においては短期…

  • 2021年8月6日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

株チャートの節目とは?着目すべき売買ポイントをわかりやすく解説

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株チャートの節目の意味とは 株式の情報収集や取…

    システムトレードのメリットとデメリット
  • 2021年10月29日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

チャート形状銘柄検索ツールでの選定方法|初心者でも簡単!

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! チャート形状銘柄検索ツールは初心者でも簡単に使える…

  • 2021年10月1日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

カップアンドハンドルの利確ポイントとだまし回避の方法

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! カップアンドハンドル(カップウィズハンドル)とは …

  • 2022年4月15日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

空売り規制銘柄は上がる?仕組みを徹底解説

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 空売り規制銘柄はエントリーチャンス 株式投資で…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる