Web取引ガイド

スリッページの定義

スリッページの定義
1分足のデータをインポートしてください

楽天 FXの取引ルール

楽天FXでの建玉必要証拠金は、通貨ペア毎にあらかじめ設定される定額制を採用しています。
各通貨ペア1万通貨(1取引単位)あたりの建玉必要証拠金は、日々のニューヨーククローズ(NYC)時点の為替水準(取引日終了時点の為替レート)によって、25倍を超えない水準(法人のお客様は100倍を超えない水準)で設定されます。
なお、ストレート通貨ペア(ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル)は、対象通貨の建玉必要証拠金(ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円)をそれぞれ参照します。

10.注文等(注文方法・期限・制限)

  • ※ パソコンの場合取引レートをクリックした瞬間です。
  • ※ スリッページとは、注文したレートと実際に約定されたレートに差が発生することです。相場が急激に変動したときや週明けなど取引されない時間帯を挟んで取引が非連続的となったときなどに発生しやすくなります。

ASストリーミング注文について

設定は楽天FX専用ウェブ画面から行えます。
(楽天FX専用ウェブ画面 : お客様情報 ⇒各種設定 ⇒ASストリーミング設定)
なお、マーケットスピードからも、楽天FXの設定画面を開くことが可能です。

【特徴1】 発注時の新規・決済の指定なく、自動的に選択される
【特徴2】 決済の場合の対象ポジションが自動的に選択される
【特徴3】 一回の注文で途転(ドテン)が可能

【途転(ドテン)】
保有しているポジションを決済するのと同時に、それまでのポジションとは反対のポジションを新規で建てることをいいます。
一般的に買いポジションを決済すると同時に、逆に売りのポジションを建てることをドテン売り越し、売りポジションを決済すると同時に、逆に買いのポジションを建てることをドテン買い越しといいます。

スリッページの定義 スリッページの定義 スリッページの定義
決済するポジションの自動選択パターン
LIFO順 Last In First Out (ラストインファーストアウト)
新しいポジションから順番に決済(初期設定)
FIFO順 First In First Out (ファーストインファーストアウト)
古いポジションから順番に決済
P&L損順 取引単位あたりの損失額が大きい(又は利益額が小さい)ものから決済
(スワップは計算に含みません。)
P&L益順取引単位あたりの利益額が大きい(又は損失額が小さい)ものから決済
(スワップは計算に含みません。)

  • ※ ASストリーミングにて注文した時点でそれ以前に入力された全ての通貨ペアの指値・逆指値(複合注文を含む)がキャンセルされます。
  • ※ 両建て(同一通貨で売りと買いの両方のポジションを保有すること。)となる注文はできません
  • ※ ポジションがある場合、そのポジションの反対の売買注文は自動的に決済注文となります

注文の有効期限

  • ※ 年末年始・クリスマス時期等はこれと異なる定めを行うことがありますが、その場合には事前に通知します。

11.余力(用語解説)

  • ※ 取引余力が受入証拠金の額を超えている(未決済の含み益がある等)の場合、その金額に応じた新規注文は可能ですが、振替・出金につきましては受入証拠金が限度となります。また米ドル建てのマイナス残高がある場合は、日本円から米ドルへのコンバージョンにて当該マイナス残高を解消していただきませんと振替の手続きができません
  • ※ 追加証拠金(追証)が発生している場合、追加証拠金(追証)を解消いただきませんと振替の手続きができません。

12.振替入出金

スリッページの定義 スリッページの定義
項目 内容
振替入金 総合証券取引口座から資金を楽天FX口座へ振り替えた場合、楽天FX専用取引画面には、リアルタイムで取引余力として反映されます。
振替出金 楽天FX口座から資金を総合証券取引口座へ振り替えた場合は、日本株等の取引画面(購買余力)には、リアルタイムで振替額が反映されます。
なお、振替直後は、国内株式等の売買は可能となりますが、信用取引保証金及び先物・オプション取引証拠金としてすぐにご使用になれません。
  • ※ 月曜日の午前2時頃から午前6時頃まで、火曜日から土曜日の午前3時頃から午前6時頃まで及び月曜日から金曜日の午後3時15分頃から午後5時15分頃までの時間帯は、当社のシステムメンテナンス作業等のため、資金の振替は受付けていません。
  • ※ 急なシステムメンテナンスなどにより資金の振替ができない場合があります。
  • ※ 総合証券取引口座から楽天FX証拠金へ振替(振替入金)後、同日中に楽天FX証拠金から総合証券取引口座へ再振替(振替出金)する場合には、制限を受ける場合があります。
  • ※ 追証発生時には、総合取引口座への振替(振替出金)はできません。
    追証解消後に、可能となります。
  • ※ 米ドルの残高にマイナスがある場合には、総合取引口座への振替(振替出金)はできません。コンバージョンを実施してマイナスを解消した後に可能となります。

総合証券取引口座からの出金について

13.追証(証拠金不足)

項目 内容
追証判定 取引日終了時点の為替レートをもとに評価を実施します。 純資産額が必要維持証拠金額を下回った場合に、追加証拠金(追証)となります。
解消方法 追証金額以上の入金するか、あるいは建玉の全部又は一部を決済し、追加証拠金(追証)を解消する必要があります。
追証期限 原則 翌取引日の午後6:00まで
強制決済 追証期限までに、追証の解消がなされない場合は、お客様の口座における全建玉を当社の任意でお客様の計算により、強制決済することにより処分できるものとします。
通知 追加証拠金(追証)が発生した場合には、取引画面上で、追証証拠金(追証)の発生状況を表示いたします。
ご登録いただいているメールアドレスに、追証が発生した場合、追証が解消された場合、また、追証期限が過ぎてもなお追証が未解消であったことにより強制決済となった場合、それぞれに電子メールを送信し通知いたします。

  • ※ 追証が発生した後、相場の変動等により、お客様の純資産が必要維持証拠金の額を上回った場合でも追証の解消とはみなされず、追証金額以上の証拠金を入金するか、お客様のポジションの一部または全部を決済する必要があります。(自然解消は認められません)
  • ※ 追証が発生した場合は、既にお客様が発注なさった未約定の新規注文を当社の任意で取消します。
    (決済注文であってもIF-DONE注文、OCO注文、IF-OCO注文の中に、新規注文を組み合わせている場合は、当該注文についても同様に当社の任意で取消します。)
  • ※ 追証発生時には、総合取引口座への振替(振替出金)はできません。
    追証解消後に、可能となります。
  • ※ FX証拠金の追加入金につきましては、必ずご自身で証券総合口座の預り金から、楽天FX証拠金にお振替えください。 カスタマーサービスセンターでは証拠金振替入出金を承っておりません。
  • ※ 年末年始・クリスマス時期等には、上記と異なる追証期限を定めることがあります。その場合には事前に通知します。
  • ※ 証券総合口座から楽天FX証拠金への振替可能額は、出金余力と同額です。 当社WEBにログイン後、「資産状況」-「余力一覧」-「本日以降の余力」欄 の出金余力、本日以降の最小値となります。他商品の取引による資金をご利用の場合には受渡到来状況により振替できない場合があります。
  • ※ 現物株式日計り取引、信用取引をなされている場合、日計り拘束代金、信用余力の状態により、証券総合口座にある資金を楽天FX口座へ振替 できない場合があります。余裕を持ったお取引を行ってください。
  • ※ スリッページの定義 電子メールによる通知は、回線の速度、障害又は通信環境の変化等により、遅延や不着等が発生する場合があります。従って当社はメール通知についていかなる保証をするものではなく、それら遅延や不着等によって被った損害について当社は一切の補償はできかねますのであらかじめご了承ください。

追証のタイムスケジュール

14.ロスカット

【ロスカットの判定】
純資産評価額 ÷ 建玉必要証拠金 ≦ 50%(法人のお客様の場合は80%)

  • ※ ロスカットの判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、ロスカットが執行されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、お客様の損失が拡大する可能性があります
  • ※ 値動きが激しい場合や、また週が変わるときなどに、ロスカット水準を大きく割り込み、大きな損失が発生する場合があります。

15.不足金

受入証拠金がマイナスの場合の不足金

激しい相場の急変時においては、ポジションの決済損が差し入れている受入証拠金を上回り、不足金が発生する場合があります。
当社はニューヨーククローズ時点において、不足金の判定を行っております。不足金が発生した場合には、当該時点から起算して受渡日(翌々営業日)の15:00までに楽天 FX口座に当該不足金を振替入金してください。

円および米ドルの片方にマイナス残高が発生した場合

楽天 FXでは、円残高の他に、ストレート通貨ペア( EUR/USD GBP/USD AUD/USD)の取引で発生する米ドルの残高があります。たとえ、受入証拠金がプラスでも米ドル、円いずれかの残高でマイナスが発生する場合があります。

毎週第1営業日のニューヨーククローズ時点の純資産評価において、米ドルのマイナス残高を生じ、当該米ドルのマイナス残高を円換算した額(絶対値(スリッページの定義 プラスの値)として計算)に対する純資産額の割合が50%以下となる場合に、当社は翌営業日以降の任意の時点で、その時点のコンバージョンレートにて当該マイナス残高を解消するに足りる額の日本円の為替証拠金を米ドルに両替し、当該マイナス残高を解消する場合があります。
なお、当該マイナス残高が、先のニューヨーククローズ時点から変動した場合は、変動したマイナス残高を最大値として、米ドルへの両替を行います。
また、逆に毎週第1営業日のニューヨーククローズ時点の純資産評価において、日本円のマイナス残高が生じ、当該マイナス残高(絶対値(プラスの値)として計算)に対する純資産の割合が50%以下となる場合に、当社は翌営業日以降の任意の時点で、その時点のコンバージョンレートにて当該マイナス残高を解消するに足りる額の米ドルの為替証拠金を日本円に両替し、当該マイナス残高を解消する場合があります。
当該割合以下となる前に、お客様ご自身で、コンバージョンを行ってください。

【米ドルのマイナス残高の判定】
純資産評価額 ÷ 米ドルマイナス残高を評価した額(プラス値) ≦ 50%

【円のマイナス残高の判定】
純資産評価額 ÷ 円マイナス残高を評価した額(プラス値) スリッページの定義 スリッページの定義 ≦ 50%

16.コンバージョン

スポットのリアルタイム為替レートから±20pipsされたコンバージョン独自のレート(「コンバージョンレート」といいます。)にて、米ドルを日本円に、日本円を米ドルに両替する取引です。
コンバージョンはEUR/USD、GBP/USD、AUD/USDの取引で発生する米ドルの損益を、円転(米ドルを日本円に両替)又は、ドル転(日本円を米ドルに両替)するための取引です。
コンバージョンの取引時間は、取引日午前8:00~翌午前3:00です。

17.アセットコントロール

  • ※ アセットコントロールの判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、決済が執行されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、お客様の損失が拡大する可能性があります
  • ※ 値動きが激しい場合や、また週が変わるときなどに、ストップロス基準額の水準を大きく割り込み、大きな損失が発生する場合があります。
  • ※ 楽天FX口座から総合証券取引口座へ振替の手続き(振替入金)をおこなうと、設定されていたストップロス基準額は自動的に解除されます。
  • ※ お客様自身で設定されたストップロス基準額が、当社が定めるロスカット基準額以下の場合、当社が定めるロスカット基準額が優先されます。

18.メール通知

  • ※ プレアラーム通知、アラーム通知はそれぞれ1日1回のみの送信となります。
  • ※ 新規にポジションを建てた時点で証拠金維持率が120%、100%を下回っている場合は、プレアラーム通知、アラーム通知は送信されません。
  • ※ アラーム通知送信の判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、プレアラーム通知、アラーム通知が送信されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、プレアラーム通知、アラーム通知の送信が遅れる場合があります。また、プレアラーム通知、アラーム通知が送信されるまえに、ロスカット基準額に到達しロスカットされる場合もあります。
  • ※ プレアラーム通知、アラーム通知は、電子メールを利用しますので、回線の通信速度、障害又は通信環境の変化等により、遅延や不着等が発生する場合があります。

19.動作環境

楽天 FXでは推奨環境下でのご利用をお勧めします。
推奨環境以外でも楽天 FXのお取引を行うことができる可能性もありますが、動作については保証しておりません。
また、環境を満たしていない場合は、システムが正常に稼動しない可能性がありますのでご注意ください。

Javaのインストール

楽天 FXでお取引いただくために、JAVA(SUN)を事前にインストールしていただく必要があります。
楽天 FXでは、レート表示及びチャートおいてJAVAを使用しており、ご利用のパソコンにJAVAが正常にインストールされていない場合、システムが正常に稼働しない、またはお取引いただけない場合がございます。

20.約款規定・説明書

約款・規定等 PDF
楽天 FX(外国為替証拠金取引)に関する説明書 閲覧
楽天 FX(外国為替証拠金)取引規定 閲覧

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のリンクからダウンロードしてください。 スリッページの定義
Adobe Reader ダウンロード

「ヴィンテージ」の魅力に迫る。

ヴィンテージまたはビンテージ(英: vintage)とは、ワインにおいて、ぶどうの収穫から醸造を経て、瓶詰めされるまでの工程を表す言葉である。語源はフランス語の"vendange"で、さらに遡ればラテン語の「ぶどうを収穫する」という意味からきている。
中略
当たり年のワインは「ヴィンテージ・ワイン」と呼ばれ、高級ワインの代名詞である。転じて、名品や、年代物の楽器・オーディオ製品・カメラ・衣料品・自動車などの古い希少品の意味に用いられている。英語圏には「ヴィンテージ」のつく商標や商品が多数あり、年代物の名品風の意匠や古い設計を採用する、古い感じの動作を再現するといった方向性として使われる。そこからさらに転じて、単に古い物をヴィンテージとする用法がある。

スツール60のヴィンテージ

「ヴィンテージ」の定義は?

中古家具屋を20年弱やってきた私としては、2022年現在で、今から40年前、1980年以前くらいを「ヴィンテージ」と呼ぶようにしています。

もっと古いものを ”アンティーク” と呼びますが、よくこのふたつの境界はどこかの議論は結構ありますよね。

カッシーナHPより:LCシリーズ

yamagiwaより:バルセロナチェア

明治村HPより:ピーコックチェア

「ヴィンテージ」の魅力は?

ヴィンテージ

1、新品にはない、経年の風合いがある。

スワンチェアのヴィンテージ。革の風合いがイイ。

2、今は新品では手に入らない。

カッシーナのカリマテチェア。2020年にフリッツハンセンで復刻。

3、どうでもいいところで盛り上がれる。

ヴィンテージエッグチェアのレッグ。
円柱ではなくベースの十字が上まで上がっている。

4、リセールバリューがいい!

スリッページの定義 ジャン・プルーヴェのヴィンテージアントニーチェア。
どんどんと価値は爆上がりです。 プルーヴェのヴィンテージ フォトゥイユ ディレクション

moby/buildkit

This commit does not belong to any branch on this repository, and may belong スリッページの定義 スリッページの定義 to a fork outside of the repository.

Latest commit

Git stats

Files

Failed to load latest commit information.

README.md

asciicinema example

BuildKit is a toolkit for converting source code to build artifacts in an efficient, expressive and repeatable manner.

  • Automatic garbage collection
  • Extendable frontend formats
  • Concurrent dependency resolution
  • Efficient instruction caching
  • Build cache import/export
  • Nested build job invocations
  • Distributable workers
  • Multiple output formats
  • Pluggable architecture
  • Execution without root privileges

Read the proposal from moby/moby#32925

ℹ️ If you are visiting this repo for the usage of BuildKit-only Dockerfile features like RUN --mount=type=(スリッページの定義 bind|cache|tmpfs|secret|ssh) , please refer to frontend/dockerfile/docs/syntax.md .

ℹ️ BuildKit has been integrated to docker build since Docker 18.スリッページの定義 06 . You don't need to read this document unless you want to use the full-featured standalone version of BuildKit.

BuildKit is used by the following projects:

    ( DOCKER_BUILDKIT=1 docker build ) (formerly Knative Build Templates)

ℹ️ For Kubernetes deployments, see examples/kubernetes .

BuildKit is composed of the buildkitd daemon and the buildctl client. While the buildctl client is available for Linux, macOS, and Windows, the buildkitd daemon is only available for Linux currently.

The buildkitd daemon requires the following components to be installed:

    or crun (if you スリッページの定義 want to use containerd worker)

The latest binaries of BuildKit are available here for Linux, macOS, and Windows.スリッページの定義 スリッページの定義

Homebrew package (unofficial) is available for macOS.

To build BuildKit from source, see .github/CONTRIBUTING.md .

Starting the スリッページの定義 buildkitd daemon:

You need to run buildkitd as the root user on the host.

To run buildkitd as a non-root user, see docs/rootless.md .

The buildkitd daemon supports two worker backends: OCI (runc) and containerd.

By default, the OCI (runc) worker is used. You can set --oci-worker=false --containerd-worker=true to use the スリッページの定義 containerd worker.

We are open to adding more backends.

To start the buildkitd daemon using systemd socket activiation, you can install the buildkit systemd unit files. See Systemd socket activation

The buildkitd daemon listens gRPC API on /run/buildkit/buildkitd.sock by default, but you can also use TCP sockets. See Expose BuildKit as a TCP service.

BuildKit builds are based on a binary intermediate format called LLB that is used for スリッページの定義 スリッページの定義 defining the dependency graph for processes running part of your build. tl;dr: LLB is to Dockerfile what LLVM IR is to C.

  • Marshaled as Protobuf messages
  • Concurrently executable
  • Efficiently cacheable
  • Vendor-neutral (i.スリッページの定義 e. non-Dockerfile languages can be easily implemented)

See solver/pb/ops.proto for the format definition, and see ./examples/README.md for example LLB applications.

Currently, the following high-level languages has been implemented for LLB:

  • Dockerfile (See スリッページの定義 Exploring Dockerfiles)
  • (open a PR to add your own language)

Frontends are components that run スリッページの定義 inside BuildKit and convert any build definition to LLB. There is a special frontend called gateway ( gateway.スリッページの定義 v0 ) that allows using any image as a frontend.

During development, Dockerfile frontend ( dockerfile.v0 ) is also part of the BuildKit repo. In the future, this will be moved out, and Dockerfiles can be スリッページの定義 built using an external image.

Building a Dockerfile with buildctl

--local exposes local source files from client to the builder. context and dockerfile are the names Dockerfile frontend looks for build context and Dockerfile location.スリッページの定義

Building a Dockerfile using external frontend:

External versions of the Dockerfile frontend are pushed to https://hub.docker.com/r/docker/dockerfile-upstream and https://hub.docker.com/r/docker/dockerfile and can be used with the gateway frontend. The source スリッページの定義 for the external frontend is currently located in ./frontend/dockerfile/cmd/dockerfile-frontend but will move out of this repository in the future (#163). For automatic build from master branch of this repository docker/dockerfile-upstream:master or docker/dockerfile-upstream:master-labs image can be used.

Building a Dockerfile with experimental features like RUN --mount=type=(bind|cache|tmpfs|secret|ssh)

By default, the スリッページの定義 build result and intermediate cache will only remain internally in BuildKit. An output needs to be specified to retrieve the result.

To export the image to multiple registries:

To export the cache embed with スリッページの定義 the image and pushing them to registry together, type registry is required to import the cache, you スリッページの定義 should specify --export-cache type=inline and --import-cache type=registry,ref=. . To export the cache to a local directy, you スリッページの定義 should specify --export-cache type=local . Details in Export cache.

Keys supported by image output:

  • name= : specify image name(s)
  • push=true : push after creating the image
  • push-by-digest=true : push unnamed image
  • registry.insecure=true : push to insecure スリッページの定義 HTTP registry
  • oci-mediatypes=true : use OCI mediatypes in configuration JSON instead of Docker's
  • unpack=true : unpack image after creation (for use with containerd)
  • dangling-name-prefix= : name image with [email protected] , used for anonymous images
  • name-canonical=true : add スリッページの定義 スリッページの定義 additional canonical name [email protected]
  • compression= : choose compression type for layers newly created and cached, gzip is スリッページの定義 default value. estargz should be used with oci-mediatypes=true .
  • compression-level= : compression level for gzip, estargz (0-9) and スリッページの定義 zstd (0-22)
  • force-compression=true : forcefully apply compression option to all layers (including already existing layers)
  • buildinfo=true : attach スリッページの定義 スリッページの定義 inline build info in image config (default true )
  • buildinfo-attrs=true : attach inline build info attributes in image config (default false )
  • store=true : store the result images to the worker's (e.g. containerd) image store as well as ensures that the image has all blobs in the content store (default true ). Ignored スリッページの定義 if the worker doesn't have image store (e.g. OCI worker).
  • annotation.= : attach an annotation with the respective key and value to the built image
    • Using the extended syntaxes, annotation-.= , annotation[].= and both combined with annotation-[].= , allows configuring exactly where to attach the annotation.
    • specifies what object to attach to, and can be any of manifest (the default), manifest-descriptor , index and index-descriptor
    • specifies which objects to attach to (by default, all), and is the same key passed into the platform opt, see docs/multi-platform.md .

    If credentials are required, buildctl will attempt to read Docker configuration file $DOCKER_CONFIG/config.json . $DOCKER_CONFIG defaults to ~/.docker .

    The local client will copy the files directly to the client. This is useful if BuildKit is being used for building something else than container images.

    To export specific files use multi-stage builds with a scratch stage and copy the needed files into スリッページの定義 that stage with COPY --from .

    Tar exporter is similar to local exporter but transfers the files through a tarball.

    FX専業トレーダーの年収やメリット・デメリットについて

    FX専業トレーダーの年収やメリット・デメリットについて

    1位 GEMFOREX

    信頼度 通貨ペア レバレッジ 日本語サポート 入出金対応 プロモーション力 総合点 56点/60点

    • 口座開設ボーナスや100%入金ボーナスが充実
    • 0.78秒以内に99.99%の約定率
    • 日本語によるサポートが充実
    • リクオートや約定拒否がない
    • スリッページの定義
    • レバレッジは最高水準の5,000倍(レバレッジ5,000倍口座)

    GEMFOREXは2014年にサービスを開始した海外FX業者です。
    現在の口座開設数は62万を突破(2022年6月時点)、最大5,000倍のレバレッジを武器に利用者を増やしています(※レバレッジ 5,000 倍口座 ) 。
    GEMFORXの最大の特徴は、ボーナスキャンペーンの充実度と150以上のEAツールを無料でダウンロードできる点でしょう。口座開設ボーナスや入金ボーナスは内容を変更しながらほぼ常時開催されており、他社比較してもボーナス金額は群を抜いています。また口座開設した人なら自動売買ツールやミラートレードを無料で利用できるのも魅力です。

    最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
    5,000倍 可能 あり 可能 20%
    取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
    DD方式/NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット モーリシャス金融ライセンス

    ボーナスで2万円もゲットできた。一切入金しなくてもトレードできるのはありがたい レバレッジ1,000倍を試してみたかったので口座開設してみた。口座開設ボーナスや入金ボーナスが貰えるのでGEMFOREXがどんなものか試してみるのに便利 ミラートレードが無料でできるのはお得に感じる EAツールありすぎてどれ使ったらいいかよくわからないけど得した気分 DD方式が確定なので裏で操作されているか不安 2019年に金融ライセンスやっと取得したようだけど、FSPのライセンスって大丈夫?(2021年にモーリシャス金融ライセンスを取得済) 通貨ペアは他の業者に比べると44種類と少なめ。マイナー通貨で冒険しなければ大した問題ではないとは思う 90日以上トレードしていないと口座維持手数料(15ドル)がかかるから注意!

    2位 XM

    信頼度 通貨ペア レバレッジ 日本語サポート 入出金対応 プロモーション力 総合点 54点/60点

    • 最大レバレッジは1,000倍
    • 100%入金ボーナスやポイント特典がいっぱい
    • 平均約定率は業界最高レベルの99.35%を1秒以内に執行
    • 日本語サポートが充実

    XM(エックスエム)は2009年からサービス開始、日本進出でも10年以上の実績がある、日本人投資家に絶大な人気を誇る海外FX業者です。
    おすすめランキングでも必ず上位に選出されており、海外FXを始めるにあたって知らない人はいないほど圧倒的な知名度があります。海外FX口座を持つ利用者の70%以上がXMの口座を保有していると言われています。
    XMはアジア向けに「XMTrading」というサービスを提供しており、日本在住者が利用できるのはこのXMTradingとなります。

    最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
    1,000倍 可能 あり 可能 20%
    取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
    NDD方式 MT4/MT5 メール、ライブチャット セーシェル金融庁ライセンス

    レバレッジ888倍は高すぎず低すぎずとても使いやすい 知名度が高いだけでなく、ボーナスが充実していることや他のFX業者と比べてみても使い勝手が良く、ビギナーから上級者までどんな人にもおすすめ 日本語サポートがしっかりしているので、まったく不安はない どこの海外FX業者を選んでいいかよくわからなかったらとりあえずXMにしておけば問題ない スプレッドが全般的に広めなので、スキャルピングトレードしようとする人には向いていない Zero口座はレバレッジも500倍だし、ボーナスもないので開設するメリットがあまりない 出金する際にはかなり時間がかかるし手数料もかかる点がマイナスポイント 取引通貨ペアによってはスリッページが大きいものもあるので注意

    3位 スリッページの定義 スリッページの定義 iFOREX

    信頼度 通貨ペア レバレッジ 日本語サポート 入出金対応 プロモーション力 総合点 52点/60点

    • 100% ( 初回入金 1,000 ドルまで ) + 25 % ( 残り スリッページの定義 5,000 ドルまで ) のウェルカムボーナス
    • 年利3%の利息キャンペーンあり
    • 750以上の取引可能銘柄
    • 日本語対応がしっかりしている
    • 信託保全あり

    iFOREXは 1996年創業、25年以上の運用実績があるFX業界でも歴史が古い海外FX業者です。長いこと日本人向けにサービスを提供してきており、日本人にも人気の高いFX業者の1つとして知られています。
    最大レバレッジは400倍とあまり高くありませんが、出金拒否といったトラブルはなく、信頼性高いFX業者だと言えるでしょう。
    またiFOREXはロスカット水準が0%なため、口座残高ぎりぎりまでポジションを保有できます。海外FXでは通常20~30%のロスカット水準となっているため、iFOREXの0%は他にあまり類を見ません。

    スリッページの定義 スリッページの定義 スリッページの定義
    最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
    400倍 不可 あり 不可 0%
    取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
    DD方式 FXnet Viewer(独自ツール) メール、電話、ライブチャット英領バージン諸島金融サービス委員会

    やっぱり20年以上の実績は偉大。すべてにおいて安定した稼働を実現 ロスカット水準0%だからハイレバトレードを思う存分楽しめそう 通貨ペアおよそ80種類あるので、メジャー通貨以外のマイナー通貨でトレードしたい人にはおすすめ サーバーインフラが不安定なのか、よくサーバーが落ちる FXnetなる独自プラットフォームもいいけど、MT4使えないのは残念 スキャルピング不可&EA使用できないので上級者には物足りない業者

    4位 FBS

    信頼度 通貨ペア レバレッジ 日本語サポート 入出金対応 プロモーション力 総合点 50点/60点

    • 100%入金ボーナスや各種キャンペーンが魅力
    • 初回入金1ドルから(セント口座のみ)
    • 信託保全がされている
    • 取引量に応じたキャッシュバック(1ロットあたり最大 15 ドル )
    • 最大レバレッジは3,000倍

    FBS は2009年に設立された海外FX業者です。これまでに190ヶ国以上2,300万人のお客様にサービス提供し、海外FX初心者からFXトレード経験豊富な専用トレーダーまで、数多くのユーザーに利用されています。また、FCバルセロナがスポンサーといった話題性も豊かです。
    100ドルのクイックスタートボーナスや100%入金ボーナス、さらにはスポーツカーがもらえるトレードコンテストなどお得なキャンペーンも見逃せません。
    そんなFBSを有名にしたのはレバレッジ3,000倍と業界No.1のレバレッジの高さでしょう。マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座の3つの口座でレバレッジ3,000倍のトレードが行えます。

    最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
    3,000倍 可能 あり 可能 20%
    取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
    NDD方式 MT4/MT5 LINE、メッセンジャー、電話、ライブチャット キプロス証券取引委員会、ベリーズ国際金融サービス委員会

    レバレッジ3,000倍はやはりすごい。どんなものか試してみたくなる魅力を感じる 自動売買(EA)用にVPSサーバが無料で使えるのはかなりお得 取引のたびにキャッシュバックされるのってポイント還元みたいで得した気分になる ボーナスはとっても魅力なのに出金時の条件が異様に厳しすぎて面倒くさい 公式ホームページが翻訳ソフトで訳しただけのような意味不明な日本語で、サポート部分はかなり不安 約定が滑りまくるのでスキャルピングには不向きな業者だと思う

    5位IS6FX

    信頼度 通貨ペア レバレッジ 日本語サポート 入出金対応 プロモーション力 総合点 48点/60点

    • 日本語対応が充実
    • ボーナスが魅力(最大200%の入金ボーナスも)
    • 最大レバレッジは1,000倍

    IS6FXは、 2016 年にサービスをスタートさせた日本人に人気の海外 FX 業者「 is6com 」が、 2020 年 9 月にサービスを一新して誕生した FX 業者です。リニューアル後は弱点でもあった「入出金の遅さ」を克服したほか、ボーナスキャンペーンがさらに充実。不定期ながら入金ボーナスが 200 %になることもあります。

    そんな IS6FX の魅力は海外 FX の中でも最高水準のレバレッジ 1,000 倍。これによりボーナスとハイレバレッジを利用して FX トレードを充分楽しむことが出来ます。また、海外 FX では一般的な追証なしゼロカットシステムが取り入れられているのでハイレバレッジな取引でも安心です。is6com時代には金融ライセンス未取得でしたが、 IS6FX では「セントビンセントグレナディーン島の金融ライセンス :26536BC2021 」を取得。比較的簡単に取れると言われている金融ライセンスではありますが、一定の信頼性はあると考えてよいでしょう。

    最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
    1,スリッページの定義 000倍 可能 あり 可能 50%
    取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
    DD方式 MT4 メール、LINE、フォーム セントビンセントグレナディーン島金融ライセンス

    問い合わせに対する回答の素早さは群を抜いている 入出金対応は他と比べても早いと感じるので急ぎの際には便利 小額投資でも1,000倍のレバレッジがかけられるis6comならFX最大の魅力を実感できる 口座開設したときちょうど入金ボーナスが200%だったのでラッキー 取引通貨ペアが30種類以上はあるものの、他の海外FX業者と比べて少ない印象がある 金融ライセンスを取得しているが、比較的簡単に取れる金融ライセンスなので少し不安 感覚的にNDD方式でなくDD方式だと思う。気になる人は別の業者のほうがいいと思う ロスカット水準50%と高めなので、思い切ったハイレバレッジがかけられない

    6位 MYFX Markets

    信頼度 通貨ペア レバレッジ 日本語サポート 入出金対応 プロモーション力 総合点 46点/60点

    • ハイレバスキャルピングトレードができる
    • オーストラリア大手FX業者のホワイトラベルにて信頼性が高い
    • ドル関連の通貨ペアのスプレッドは他と比べても狭い

    MYFX Marketsは、2013年にオーストラリアで設立された海外FX業者。
    広告を出さず、あまりキャンペーンも派手に行っていないこともあって、日本国内ではあまり知られてはいませんが、約定力や低スプレッドを武器に展開、堅実な運営を行っている業者の一つです。
    2020年には公式サイトが日本語対応となったほか、 2021 年 6 月には取引条件やサービスを刷新するなどリニューアルが行われており、徐々に知名度が上がりつつあります。スプレッドが狭く安定していることや短期売買に特化した取引ツール「 cTrader 」が導入されていることなどから、中・上級トレーダーの中でも特に短期トレードを目指すスキャルピングトレーダーに向いているでしょう。

    最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット
    500倍 可能 あり 可能 20%
    取引方式 取引ツール 日本語サポート ライセンス
    NDD方式 MT4/cTrader メール、電話、チャット、LINE セントビンセントグレナディーン

    データセンターが東京にあるって聞いたのでスピードについては非常に期待できる 豪ドル関連の通貨ペアを使う時にはMYFXMarketsは最高 公式ホームページを見るとよさそうなんだけれど、日本でやっている人が少なく情報が少ない プラットフォームでMT5が使えないのは少々残念

    【MT4】EAのバックテストのやり方をEA開発者が解説|画像付き

    画像の手順を従って、通貨ペアをダウンロードしてください テストしたい通貨ペアのデータをダウンロードしてください

    続いてダウンロードしたヒストリカルデータをインポートの手順を実行します。
    MT4の上のタブの中から 「ツール→ヒストリーセンター」 を開くと通貨ペアの一覧表が出てきます。

    1分足をダブルクリックした ( ① ) 後、インポート( ② )をクリックします。
    するとファイル選択のウィンドウが立ち上がるので、業者からダウンロードしたヒストリカルデータを選択し、読み込むとインポート完了です。

    1分足のデータをインポートしてください

    以下のような画面となりますので、下図のように、 ① ナビゲーターをクリック、「スクリプト」内の ② Period Converterをチャートにドラッグ&ドロップ、 ③ の値に作りたいチャートの時間足を入力してOKをクリックすると作成完了です。

    なお、時間足の値については以下を入力してください。分で表示した値となります。
    5M: 5、15M: 15、30M: 30、1H:60、4H:240、1D:1440

    スリッページの定義 ヒストリカルデータの正確性について

    テストの条件設定とバックテストの実施方法

    バックテストの条件設定

    バックテストの条件設定を行います。まずは、メニューバーの 「表示」 から 「ストラテジーテスター」 を開いてください。

    ③モデル
    「全ティック」、「コントロールポイント」、「始値のみ」 の中から一つを選択して下さい。
    記載の順番にテスト精度が向上しますが、テストに時間がかかります。
    後述にそれぞれの特徴を示していますので、参考にして下さい。私のオススメは以下です。

    それぞれ3つのモデルで30回分程度のバックテストをしてみて、3つとも同等の性能であった場合は「始値のみ」を選択、全ティックとコントロールポイントのみ同等の性能であった場合は「コントロールポイント」を選択。
    それ以外は 「全ティック」 を選択。

    ⑥スプレッド
    スプレッドとは取引コストのことです。
    エントリーした時にスプレッド分不利なレートから入るので、ポジションを持った時にはその分のマイナス益から始まります。
    スプレッドはFX業者、通貨ペアによって異なります。
    ご利用のFX業者のホームページや個人のまとめサイトから平均スプレッドを確認し、設定値を決定して下さい。
    なお、私のオススメは最低でもプラス0.5 pipsは大きめに設定しておくことです。
    これにより、EAのロバストネス(リアル口座で運用した時の性能低下へのインパクト)を考慮することができます。
    リアルトレードに移行すると性能が低下するというのはよくある事象です。

    ⑦エキスパート設定
    「テスト設定」タブでは、初期証拠金の設定や、ポジションをロング(買い)とショート(売り)の両方にするのか、片側に するのかを設定できます。

    バックテストの実施と結果の確認方法

    グラフ
    資産の推移グラフが確認できます。波の小さい(ドローダウンの小さい)右肩上がりの曲線が理想で、資産の増減をイメージすることができます。

    テストバー数:テストを実施したバーの数
    モデルティック数:テストの実施に使用したティック数
    モデリング品質:バックテストの品質
    不整合チャートエラー:チャートのデータ不整合数
    スプレッド:テスト時のスプレッド
    初期証拠金:テストを開始する時の最初の証拠金
    純益:損益金額
    総利益:利益の合計
    総損失:損失の合計
    プロフィットファクタ:総利益/総損失
    期待利益:損益/トレード回数(期待値とも呼ばれる)
    絶対ドローダウン:開始資金に対して最大のドローダウン
    最大ドローダウン:テスト期間中の最大のドローダウン
    相対ドローダウン:最大ドローダウンの比率
    総取引数:取引数の合計
    売りポジション、買いポジション:売り買い各々の取引数
    最大勝トレード、最大負トレード:売り買い各々の最高損失
    平均勝トレード、平均負トレード:勝ち負け各々の平均損益

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる