FXの学習方法

ストキャスティクス

ストキャスティクス
海外FX

ストキャスティクス

【強い上昇サインの探し方】

移動平均線 ・短期線が長期線を垂直に近い角度で上に抜ける
MACD ・MACD線がシグナル線を垂直に近い角度で上に抜ける
・ゼロラインよりも下に離れた場所でクロスする
ストキャスティクス ・短期線が中期線を垂直に近い角度で上に抜ける
・ゼロに近い場所でクロスする

移動平均線のゴールデンクロスの強いサイン例

移動平均線のゴールデンクロスの弱いサイン例

MACDの強いサイン例

MACDの弱いサイン例

ストキャスティクスの強いサイン例

ストキャスティクスの弱いサイン例

ダマシに備えて損切り注文を出す

ダマしに備えて損切りする男性

ダマシに備えて損切り注文を出しましょう。

どんなサインでも100%予測通りの値動きになるとは限りません。

他のインジケーターと組み合わせる

ひとつのサインだけで判断せずに、複数のインジケーターを組み合わせましょう。

サインの精度が高まり、予測の的中率があがります。

なれないうちは 分析をサポートするツールの利用がおすすめだわ。

クロスが発生するインジケーターと相性の良い組み合わせ

①移動平均線RCI
②MACDボリンジャーバンド

移動平均線とRCI

移動平均線とRCIのサイン組み合わせ

ストキャスティクス
移動平均線 RCI
上昇(買い)のサイン ・ゴールデンクロスの発生
・短期線が長期線を垂直に近い角度で上に抜けるほど強い
・RCIが上昇し、-70を上に抜ける
・RCIが垂直に近い角度で上に抜けるほど強い
下落(売り)のサイン ・デッドクロスの発生
・短期線が長期線を垂直に近い角度で下に抜けるほど強い
・RCIが下落し、70を下に抜ける
・RCIが垂直に近い角度で下に抜けるほど強い

MACDとボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせたサインの例

MACD ボリンジャーバンド
上昇(買い)のサイン ・ゴールデンクロスの発生
・MACD線がシグナル線を垂直に近い角度で上に抜けるほど強い
・ゼロラインから下に離れた場所で発生するクロスほど強い
・バンドが収縮している状態で、ローソク足が+2σを上に抜ける
・ローソク足が+2σを上に抜けた後のバンドの拡大が大きいほど強い
下降(売り)のサイン ・デッドクロスの発生 ストキャスティクス
・MACD線がシグナル線を垂直に近い角度で下に抜ける
・ゼロラインから上に離れた場所で発生するクロスほど強い
・バンドが収縮している状態で、ローソク足が-2σを下に抜ける
・ローソク足が-2σを下に抜けた後のバンドの拡大が大きいほど強い

高機能な分析ツールを使いたい方におすすめのFX会社

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.ストキャスティクス 5銭 1.0銭
取引単位 スワップ ストキャスティクス キャッシュバック
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証

スプレッド
(ドル/円)
ストキャスティクス
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位 からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

ドル/円スプレッド0銭!100円から取引ができる「マネーパートナーズ」

マネーパートナーズ

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.0銭 0.4銭 0.7銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
100通貨
マイナススワップが大きい
1,000円

ドル/円のスプレッドが0銭!(20万通貨まで)
・100通貨(ドル円なら100円)からFXの取引が可能
・みんかぶFX会社比較ランキング「スプレッド部門」第1位

20万通貨までドル/円のスプレッドが0銭!取引コスト0円で取引ができるよ。

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、100通貨(ドル/円なら100円)から取引が可能!

ゴールデンクロス・デッドクロスで勝率アップを狙おう!

・ゴールデンクロスは 上昇のサイン 、デッドクロスは 下落のサイン
・シンプルでサインを見つけやすいため多くのトレーダーに使われている
・複数のインジケーターを組み合わせれば予測の精度がアップする

ストキャスのゴールデンクロス順張りサインツール|アラート搭載

ストキャスティクス「%K」が「%D」を上抜けたことによって発生するゴールデンクロス、「%K」が「%D」を上抜けたことによって発生するデッドクロスは、移動平均線のクロスと同じように売買のシグナルとして用いられます。ベーシックなストキャスティクスのパラメーター「5:3:3」ではゴールデンクロスとデッドクロスが頻出しすぎてしまい、売買根拠として弱いことも。おすすめのパラメーター、ダマシ回避法も合わせて解説します。

サイキックス

ストキャスがゴールデンクロス/デッドクロスした時に順張りサインを出すサインツールを無料配布します

サイキックス

「Saikix-Sto-Cross.ex4」はストキャスティクス%Kと%Dのゴールデンクロス/デットクロスで順張り矢印サインを出すインジケーターです。

ストキャスティクスとは…オシレーター系の代表的なテクニカル指標の1つです。ストキャスティクスの種類は、反応度が高い「ファストストキャスティクス」(%K・%D)と反応度が遅い「スローストキャスティクス」(SLOW%D)の3つから成り立っています。

サイキックス

ストキャスティクスは1950年代にジョージ・レインが開発しました。RSIが1978年、CCIが1980年に作成されたことが考えるとだいぶ古株のインジケーターです。

%K=(現在値-N日間の最安値)÷(N日間の最高値-N日間の最安値)
%D=%Kの3日平均
スロー%D=%Dの3日移動平均

ストキャスティクスのゴールデンクロスとは…「%K」が「%D」を上抜けた状態

ストキャスティクスのデッドクロスとは…「%K」が「%D」を下抜けた状態

ストキャスティクスの「買いシグナル」「売りシグナル」として、20以下、80以上が買われ過ぎ売られ過ぎがよく用いられますが、「%K」と「%D」のゴールデンクロス、デッドクロスも同じように売買シグナルに用いられます。

「Saikix-Sto-Cross.ex4」単体ではシグナルが表示されるだけで、ストキャスティクス自体を表示したい場合はご自身で別途追加していただく必要があります。

サイキックス

ストキャスティクスはMT4に標準搭載されているインジケーターで、別途カスタムインジケーターをダウンロードしなくてもそのまま表示させることができます。

右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「トレンド」→「stochastic oscillator」を選択し、導入完了

  1. ストキャス20ライン以下のゴールデンクロス、80以上のデッドクロスのみサインとして信頼する
  2. ボックスレンジ相場でのみサインとして信頼する

サイキックス

逆にストキャスクロスのダマシ回避法としておすすめできないのが、MACD、RSIなどを併用することでダマシを回避する方法です。オシレーターは、ローソク足3本程度のズレはあれど、ほぼ同じような動きをします。「ストキャスがダマシになりやすい相場=MACDもダマシにあいやすい相場」であるためフィルターとしての役割を果たしてくれないのです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sajoaoa.png

Saikix-Sto-Cross.ex4は矢印型のインジケーターなので使い方は、基本矢印に従うだけです。 エントリー補助用/検証用/目安としてご利用ください。

サインを出現させるストキャスティクスの%K、%D、スローイングの数値はカスタマイズできます。

サイキックス

ストキャスティクスのゴールデンクロス、デッドクロスを見るときのおすすめのパラメーターは62:9:3で算出の時にEMAを用いることです。

ストキャスティクスは、計算式の中で平均化の処理を行なっています。その算出する時に使う移動平均の種類を自由に選ぶことができるようにしています。マニアックな機能ですが、ぜひMQL4を学ばれている方、インジケーター愛好家の方などにお使いいただければと思います。

サイキックス

アラート設定をオンにしていただくと、%Kが%Dを上抜けた時(ゴールデンクロス時)に買いアラート、%Kが%Dを下抜けた時に売りアラートが出ます。

サイキックス

一般的によく使われるストキャスのパラメーター「5.3.3」や「9.3.3」ではサイン頻度としてかなり多いことがわかると思います

プラチナ&パラジウム週刊レポート

プラチナ市場調査分析とプラチナ投資のインサイトを提供する国際機関「World Platinum Investment Council(WPIC)」は、週刊レポート(2022/6/13号)を発表しました。

関連ページ

このコラムの著者

日本貴金属マーケット協会(Japan Bullion Market Association 以下 JBMA)は貴金属マーケットの普及と振興に関する活動を行い、マーケットの発展と新たな未来を創造します。

プラチナに関連するコラム

アクセス増減率ランキング

おすすめ情報

小次郎講師テクニカルコラム

  • 第1回、ファンダメンタル分析とテクニカル分析
  • 第2回、トレンド系分析とオシレーター系分析
  • 第3回、トレンドラインとチャネルライン、その1
  • 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2
  • 第5回、移動平均線 その1、『 移動平均線の役割 ストキャスティクス 』
  • 第6回、移動平均線 その2、『 グランビルの法則 』前編
  • 第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 』
  • 第8回、移動平均線 その4、『 移動平均線の複数使い 』前編
  • 第9回、移動平均線 その5、『 移動平均線の複数使い 』中編
  • 第10回、移動平均線 その6、『 移動平均線の複数使い 』後編
  • 第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』
  • 第12回、MACD(移動平均収束拡散法) その1
  • 第13回、MACDその2、オリジナルMACDの本質!
  • 第14回、MACDその3、MACD最大の買いシグナルとは?
  • 第15回、MACDその4、MACD2とは?
  • 第16回、MACDその5、MACDの売りサイン買いサイン =前編=
  • 第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編= そしてMACD活用の最大の極意!
  • 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編= ダイバージェンシー!
  • 第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!
  • 第20回 ストキャスその1、『買われすぎ売られすぎシグナルに騙されるな!』
  • 第21回 ストキャスその2、『ファーストストキャスとスローストキャスとは?』
  • 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』
  • 第23回 ストキャスその4、『ストキャス名脇役、%D、Slow%Dを極める!』
  • 第24回 ストキャスその5、『パラメーターの調整!』
  • 第25回 ストキャスその6、『ストキャスティクスの正しい使い方!』
  • 第26回 ストキャスその7、『ストキャスティクスの具体的仕掛け時と騙しへの対応!』
  • 第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』
  • 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』
  • 第29回 ストキャスその10、『ストキャスティクス最終回、ブルベア・セットアップとは?』
  • 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』
  • 第31回 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』
  • 第32回、一目均衡表その3、「三役好転を中心に世間一般的に言われる一目均衡表の買いシグナル売りシグナルを検証。」
  • 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」
  • 第34回、一目均衡表その5、「転換線を極める!」
  • 第35回、一目均衡表その6、「基準線を極める!」
  • 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」
  • 第37回、一目均衡表その8、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?中編、もみあい相場での仕掛け方」
  • 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」
  • 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」
  • 第40回、一目均衡表その11、「先行スパン1を極める。」
  • 第41回、一目均衡表その12、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!前編」
  • 第42回、一目均衡表その13、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!後編、雲のねじれの秘密!」
  • 第43回、一目均衡表その14、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、前編」
  • 第44回、一目均衡表その15、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、後編」
  • 第45回、一目均衡表その16、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、前編」
  • 第46回、一目均衡表その17、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、後編」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その1、「RSIの計算式は超簡単!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その2、「RSIの計算式からわかること!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その5、「ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その6、「RSIの代表的シグナル、失敗したスイングって知ってますか?」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その1、「ボリンジャーバンドの基礎知識」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その4、「バンドワイズチャート、%bチャートの秘密」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その5、「ミッドバンド研究」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その6、「ボージとスクイーズを究めよ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その8、「バンドワイズチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その9、「%bチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その10、「%bチャート!」後編
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その11、「ボリバンまとめ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その12、「ボリバン極意の書!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その13、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その14、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「資金管理編」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「まとめ」
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2

ニュースアクセスランキング

関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ストキャスティクスの意味と使い方、売買シグナル、相性の良いテクニカル指標

ストキャスティクスの意味と使い方、売買シグナル、相性の良いテクニカル指標

海外FX

ストキャスティクス は、相場が買われすぎか、もしくは売られすぎかを判断できる テクニカル指標 です。

ストキャスティクスは RSI と並び人気が高いですが、RSIが買いゾーンや売りゾーンで判断するのに対し、ストキャスティクスは 2本の線の比較で相対的に売買シグナルを判断 するのが特徴です。

この記事では、 ストキャスティクスの意味と計算式、ストキャスティクスの使い方と売買シグナル について説明します。

ストキャスティクスの意味と計算式

ストキャスティクスは、1950年代にアメリカの ジョージ・レーンが考案したテクニカル指標 です。

ストキャスティクスでは現在の 相場水準 ストキャスティクス を把握でき、ボリンジャーバンドを考案したジョン・ボリンジャーはストキャスティクスを 「スイスの万能ナイフのようだ」 と絶賛するほど、様々な局面で役に立ちます。

ストキャスティクスでわかるのは、 相場の買われすぎや売られすぎ です。

現在の価格が、一定期間の高値・安値と比較して どの位置にあるか を計算し、買われすぎだと100%、売られすぎだと0%に近づきます。

ストキャスティクスは、 「%K」 ・ 「%D」 ・ 「Slow%D」 の3本の線で構成されます。

つまり、%Kの 単純移動平均 を示し、%Dは%Kよりもなだらかな線となります。

ストキャスティクスの使い方と売買シグナル

ストキャスティクスには3本の線がありますが、通常はそのうち2本を用い、 2本がクロスするタイミングを見るのが一般的 です。

もしくは、 1本のみの線を利用 する方法もあります。

最初は、ストキャスティクスの使い方に慣れるため、 %Kまたは%Dの1本のみ を使うのも良いでしょう。

1本のみの使い方は、ラインが80%を下回った時に売り注文、20%を上回った時に買い注文をするという シンプル な方法です。

これは、 「スパイクトップ」 と呼ばれることもあり、考案者のジョージ・レーンも推奨する方法です。

この方法だけでは精度を欠くため、 他の売買シグナルと併用する ストキャスティクス 必要があります。

次に、2本の線を使う場合は、%Kと%Dを組み合わせる 「ファストストキャスティスク」 と、%DとSlow%Dを組み合わせる 「スローストキャスティクス」 があります。

具体的なストキャスティクスの使い方は、 2本の線がクロスするタイミングで売買シグナルを発見 する方法です。

まずは自分で エッジバンド を定め、例えば70%と30%と仮定すると、70%より上だと買われすぎ、30%より下だと売られすぎの状態となります。

エッジバンドの幅は、時間足や通貨ペア、相場の過熱度などにより異なるため、 状況に応じて上下に調整 すると良いでしょう。

価格と指標が逆行している状態を 「ダイバージェンス」 と呼びますが、ストキャスティクスでダイバージェンスを発見することが可能です。

ダイバージェンスに似た方法で、ジョージ・レーンが提唱する 「ガービッジトップ」 という方法もあります。

これは、エッジバンドの上もしくは下で、 2本の線が2度下回るもしくは上回る時 を指します。

このように、ストキャスティクスは主に買われすぎや売られすぎのタイミングで、 逆張り として機能しますが、欠点もあります。

そのため、ストキャスティクス単体で活用するのではなく、 トレンド系など他のテクニカル指標と併用 するのがおすすめです。

  • ストキャスティクスは、相場が買われすぎか、それとも売られすぎかを判断できるテクニカル指標
  • ストキャスティクスには%K・%D・Slow%Dの3本の線があり、そのうち2本がクロスするタイミングで売買シグナルを探るなどの使い方がある
  • ストキャスティクスでダイバージェンスを見極めるなどの方法を使うとより勝率が高まる

ストキャスティクス は、相場が買われすぎか、売られすぎかを判断できる テクニカル指標 で、相場の過熱度を知ることができます。

アメリカのジョージ・レーンが考案したストキャスティクスは、世界中のトレーダーが好んで用い、主に 逆張り で売買シグナルをとらえます。

ストキャスティクスには、短期オシレーターの%K、中期オシレーターの%D、長期オシレーターのSlow%Dの 3本の線 で構成されます。

そのうち、%Kと%Dを用いたファストストキャスティクス、もしくは%DとSlow%Dを用いたスローストキャスティクスで、2本の線がクロスするタイミングで 売買シグナルを探る使い方 が一般的です。

その他にも、価格と指標が逆行した状態を利用するダイバージェンスや、ジョージ・レーンが提唱する1本のみの線を利用したスパイクトップ、2本の線が2度下回るもしくは上回る現象を利用したガービッジトップなど、ストキャスティクスの 利用方法 はたくさんあります。

ストキャスティクス(Stoch)とは何か?%K、%Dって何?分かりやすく解説

知っておくと便利な株用語

ストキャスティクス(Stoch)とは?

ストキャスティクスとは逆張り指標のこと

ストキャスティクス(Stoch)の画像

ストキャスティクスとは 一定期間の価格範囲と終値の位置との比較で相場の行き過ぎを推測する 逆張り指標のことです。

赤い線と青い線は何?

このうち、赤い線は %K というもので、青い線は %D というものです。

%Kとは何か?

%K=(現在の株価− 一定 いってい の期間での安値)÷(一定期間における高値-安値)

%K、%Dとは?

画像で示しているように%Kは 現在の株価が過去の一定期間の値幅の何%部分に位置するか ということを示しています。言葉では分かりづらいかもしれませんが、上の図を見れば意外と簡単に理解できると思います。

%Dとは何か?

%Dとは?

次に%D についてですが%D は%Kを3日平均したものです。3日平均することで、%Kよりも少し遅れて動くようになります。

ストキャスティクスから何が分かる?

ストキャスティクスを見ることで 株の買い時と売り時を判断することができます。 ただ、最初に逆張り指標とお伝えしたように買い時を判断する意味合いが強いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる