バイナリーオプション教材

強気の定義

強気の定義

板ポリにテクスチャとして貼られる3Dアヒルさん🐥

The Open Graph protocol

The Open Graph protocol enables any web page to become a rich object in a social 強気の定義 強気の定義 graph. For instance, this is used on Facebook to allow any web page to have the same functionality as any other object 強気の定義 強気の定義 on Facebook.

While many different technologies and schemas exist and could be combined together, there isn't a single technology which 強気の定義 強気の定義 provides enough information to richly represent any web page within the social graph. The Open Graph protocol builds on these existing technologies 強気の定義 and gives developers one thing to implement. Developer simplicity is a key goal of the Open Graph protocol which has informed many of the technical design decisions.

Basic Metadata

To turn your web pages into graph objects, you need to add basic metadata to 強気の定義 強気の定義 your page. We've based the initial version of the protocol on RDFa which means that you'll place additional tags in the of your web page. The four required properties for every page are:

  • og:title - The title of your object as it should appear within the graph, e.g., "The Rock".
  • og:type - The type of your object, e.強気の定義 強気の定義 g., "video.movie". Depending on the type you specify, other properties may also be required.
  • og:image - An image URL which should represent your object within the graph.
  • og:url - The canonical URL of your object that will be used 強気の定義 as its permanent ID in the graph, e.g., "https://www.imdb.com/title/tt0117500/".

As an example, the following is the Open 強気の定義 強気の定義 強気の定義 Graph protocol markup for The Rock on IMDB:

Optional Metadata

The following properties are optional for any object and are generally recommended:

  • og:audio - A URL to an audio file to accompany this object.
  • og:description - A one to two sentence 強気の定義 description of your object.
  • og:determiner - The word that appears before this object's title in a sentence. An 強気の定義 enum of (a, an, the, "", auto). If auto is chosen, the consumer of your data should chose between "a" or "an". Default is "" (blank).
  • og:locale - The locale these tags are marked up in. Of the format language_TERRITORY . Default is en_US .
  • 強気の定義 強気の定義 強気の定義
  • og:locale:alternate - An array of other locales this page is available in.
  • og:site_name - If your object 強気の定義 is part of a larger web site, the name which should be displayed for the overall site. e.g., "IMDb".
  • og:強気の定義 強気の定義 強気の定義 video - A URL to a video file that complements this object.

For example (line-break solely for display purposes):

The RDF schema (in Turtle) can be found at ogp.me/ns.

Structured Properties

Some properties can have extra metadata attached to them. These are specified in the same way as other metadata with property and content , but the property will have extra : .

The og:image property has some optional structured properties:

  • og:image:url - Identical to og:image .
  • og:image:secure_url - An alternate url to 強気の定義 use if the webpage requires HTTPS.
  • og:image:type - A MIME type for this image.
  • og:image:width 強気の定義 強気の定義 - The number of pixels wide.
  • og:image:height - The number of pixels high.
  • og:image:alt - A description of what is in the image (not a caption). If the page specifies an og:image it should specify og:image:alt .

A full image example:

The og:video tag has the identical tags as og:image . Here is an example:

The og:audio tag only has the first 3 properties available (since size doesn't make sense for sound):

Arrays

If a tag can 強気の定義 have multiple values, just put multiple versions of the same tag on your page. The first tag (from top to bottom) is 強気の定義 強気の定義 given preference during conflicts.

Put structured properties after you declare their root tag. Whenever another root element is parsed, that structured property is considered to be done and another one is started.

means there are 3 images on this page, the first image is 300x300 , the middle one has unspecified dimensions, and the last one is 1000 px tall.

Object Types

In order for your object 強気の定義 強気の定義 to be represented within the graph, you need to specify its type. This is done using the og:type property:

When 強気の定義 the community agrees on the schema for a type, it is added to the list of global types. All other objects in 強気の定義 強気の定義 the type system are CURIEs of the form

The global types are grouped into verticals. Each vertical has its own namespace. The og:強気の定義 type values for a namespace are always prefixed with the namespace and then a period. This is to reduce confusion with user-defined namespaced types which always have colons in them.

Music

  • Namespace URI: https://ogp.me/ns/music#
  • music:duration - integer >=1 - The song's length in seconds.
  • music:album - music.albumarray - The album this song is from.
  • music:album:disc 強気の定義 - integer >=1 - Which disc of the album this song is on.
  • music:album:track - integer >=1 - Which track this song is.
  • music:musician - profilearray - The musician that made this song.
  • music:song - music.song - The song on this album.
  • music:song:disc - integer >=1 - The same as music:album:disc but 強気の定義 in reverse.
  • music:song:track - integer >=1 - The same as music:album:track but in reverse.
  • music:強気の定義 musician - profile - The musician that made this song.
  • music:release_date - datetime - The date the album was released.強気の定義
  • music:song - Identical to the ones on music.album
  • music:song:disc
  • music:song:track
  • music:creator - profile - The creator of this playlist.
  • music:creator - profile - The creator of this station.

Video

  • Namespace URI: https://ogp.強気の定義 me/ns/video#
  • video:actor - profilearray - Actors in the movie.
  • video:actor:role - string - The role they played.
  • 強気の定義 強気の定義
  • video:director - profilearray - Directors of the movie.
  • video:writer - profilearray - Writers of the movie.
  • video:duration - integer >=1 - The movie's length in seconds.
  • video:release_date - datetime - The date the movie was released.
  • video:tag - stringarray - Tag words associated with this movie.
  • video:actor - Identical to video.movie
  • video:actor:role
  • video:director
  • video:writer
  • video:duration
  • video:release_date
  • video:tag
  • video:series - video.tv_show - Which series this episode 強気の定義 belongs to.

A multi-episode TV show. The metadata is identical to video.movie.

A video that doesn't belong in any 強気の定義 other category. The metadata is identical to video.movie.

No Vertical

These are globally defined objects that just don't fit into a 強気の定義 vertical but yet are broadly used and agreed upon.

  • article:published_time - datetime - When the article was first published.強気の定義 強気の定義
  • article:modified_time - datetime - When the article was last changed.
  • article:expiration_time - datetime - When the article is out of date after.
  • article:author - profilearray - Writers of the article.
  • article:section - string - A high-level section name. E.g. Technology
  • article:tag - stringarray - Tag words associated with this article.
  • book:author - profilearray 強気の定義 - Who wrote this book.
  • book:isbn - string - The ISBN
  • book:release_date - datetime - The date the book was released.
  • book:tag - stringarray - Tag words associated with this book.
  • profile:first_name - string - A name 強気の定義 normally given to an individual by a parent or self-chosen.
  • profile:last_name - string - A name inherited from a 強気の定義 family or marriage and by which the individual is commonly known.
  • profile:username - string - A short unique string to identify them.
  • profile:gender - enum(male, female) - Their gender.

No additional properties other than the basic ones. Any non-marked 強気の定義 up webpage should be treated as og:type website.

Types

The following types are used when defining attributes in Open Graph protocol.

Discussion and support

You can discuss the Open Graph Protocol in the Facebook group or on the developer mailing list. It is currently 強気の定義 強気の定義 being consumed by Facebook (see their documentation), Google (see their documentation), and mixi. It is being published by IMDb, Microsoft, NHL, Posterous, Rotten Tomatoes, TIME, Yelp, and many many others.

Implementations

The open source community has developed a number of parsers and publishing tools. Let 強気の定義 the Facebook group know if you've built something awesome too!

    - Facebook's official parser and debugger - Open Graph 強気の定義 protocol support in specific verticals and Search Engines. - OGP 2011 input validator and markup generator in PHP5 objects - a small 強気の定義 library for accessing of Open Graph Protocol data in PHP - a simple parser for PHP - a library written in Python for parsing Open Graph protocol information from web sites - Ruby Gem which parses web pages and extracts Open Graph protocol markup - small Java class used to represent the Open Graph protocol - Perl RDFa parser which understands the Open Graph protocol 強気の定義 - Facebook's official WordPress plugin, which adds Open Graph metadata to WordPress powered sites. - A simple lightweight WordPress plugin 強気の定義 which adds Open Graph metadata to WordPress powered sites.

The Open Graph protocol was originally created at Facebook and is inspired by Dublin Core, link-rel canonical, Microformats, and RDFa. The specification described on this page is available under the Open Web Foundation Agreement, Version 0.9. This website is Open Source.

WebGL入門 ~ three.js④~


ボックスじゃなくて点だよ

three.jsのジオメトリの元になっている THREE.BufferGeometry クラスには、
元々どんな形も定義されていません。
ここに 頂点を追加していきます。

点を描画するときのマテリアルには THREE.PointsMaterial 強気の定義 をつかう。
Meshではなく、Pointsの場合はマテリアルのプロパティもちょっと違う。

size はワールド座標の0.25ではなくpxなので size: 10 と指定しても画面内におさまってます。
sizeAttenuation というのは、遠近感を出すかどうか。
falseにすると、奥にあっても手前にあっても同じ大きさで描画される(ピュアWebGLではこれが普通)
遠近感が出せるのは、three.js特有のプロパティ

  1. 頂点座標を定義
  2. 頂点座標を直列に配列似入れておく。 Float32Array にする。
  3. BufferAttribute インスタンスの形にする。
  4. 名前ラベル(好きにつける)つけて、 強気の定義 BufferGeometry にひもづける

three.js では、ジオメトリに頂点の情報を設定する(上書きや追加する) 場合は、 BufferAttribute クラスを利用します。
定義した頂点の情報を加工する

BufferAttribute クラスは、データの入力として TypedArray を使うので、
適切な TypedArray を利用すること(今回だとFloat32Array)

stride は、頂点情報がいくつの要素を持つか。XYZなので3を指定すること⚠️
※ストライドは three.js のドキュメントなどでは itemSize と記載されている

ポイントスプライト

ポイントでは、点しか描画できない?(四角いし・・・)
→ テクスチャで色々見せ方を変えることができるよ★☆

星のテクスチャはったイメージ

ポイントスプライト = 点(ポイント)として描かれる頂点を、スプライト(二次元のビットマップが付与されたオブジェクト)として扱う

・・・ただ、貼っただけだと、透過したい部分(星じゃない正方形の部分)が透過できていない。
→ 透過処理をすると、第2回の透過で説明したように、前後関係がバグる。
→ じゃあ奥の点から描画すればいいのだけど、
1つ1つの点がオブジェクトではなく、点の集合体のオブジェクトなのでそれはできない。
(1つ1つをオブジェクトにすることは可能だが効率が悪いのでオススメしない)

ポイントスプライト + 透過処理

  • transparent: 強気の定義 true にする
  • opacity: 0.8 とかにして、少しすけさせる
  • 色のブレンド方法を AdditiveBlending にする
  • 深度テストを切る → すべてのピクセルを強制的に描画する
  • 前後関係が比較的気にならない
  • 透過できるので正方形が見えない
  • 星が透過・加算合成モードになる

星自体は透過したくない場合は、ブレンドモード設定せずに、opacity: 1.0 にすることで可能だが、透過と深度テストの相性がよくないので、前後関係がミスる部分が出てくる。

3Dモデルを読み込む


かわいい🦊

そこで glTF という統一された中間フォーマットが策定されました。
https:強気の定義 //github.com/KhronosGroup/glTF

three.jsでも GLTFLoader が用意されています。

  • glTF にはシーン全体の情報を含めることができる仕様になっている。
  • three.js もそれにならっているので、読み込み後に返されるオブジェクトは scene というプロパティを持っている。
  • scene = Object3Dで、子要素にメッシュなどのデータをもつ。(glTFのsceneは色々まとまった塊のイメージで、それごとaddする)

アニメーションつきglTF

  • アニメーションを含むglTFを用意する
  • glTFからアニメーションを取り出す
  • 用意したミキサーに通して、アクション化する
  • アクションの割合を決めて動かす

この場合、deltaを大きくすると早くなり、小さくすると遅くなる。
(this.clockはClock オブジェクトを設定しておく)

オフスクリーンレンダリング

  • 各種ポストエフェクト
  • 鏡やツルツルした面への映り込みの表現
  • ワイプのような表現
  • 影を落とす処理
  • 水や光学迷彩などの透明な質感の表現


板ポリにテクスチャとして貼られる3Dアヒルさん🐥

three.jsでは THREE.WebGLRenderTarget というオブジェクトを使う。
今までにもずっと利用してきた THREE.WebGLRenderer というオブジェ
クトに対して THREE.WebGLRenderTarget 強気の定義 を割り当てることで、「一旦レンダリング」することができる

RenderTargetを使わない場合(今まで)
→ そのままプロジェクターでcanvasに投影しているイメージ

  • シーンもカメラも1つ
  • アスペクト比はWindowから

RenderTargetを使う場合
→ オフスクリーンでレンダリングされ、画面にはでなくなる。
→ 「一旦レンダリング」することでできることが広がる感じ。
オフスクリーンレンダリングしたものを板ポリにはったり、エフェクトかけたり・・・
(テクスチャなどにして最終レンダリングで描画する)

メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義

メタバースという言葉は、1992年にニール・スティーヴンスン氏が発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」で「meta (~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて登場しました。今年は30年になります。筆者はメタバースとは「インターネット」というテクノロジーの要素と「ゲーム」というアプリケーションの発展から起因する分野ではないかと考えます。
2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が、おそらく世界で初めて実現されたメタバースではないでしょうか。セカンドライフでユーザーは他のユーザーと交流できるほか、アバターが使えるアイテムに似た仮想資産を作り、仮想通貨で仮想資産の売買ができるようになりました。仮想空間上に新しい経済圏が形成され、一部のユーザーは新しい仕事として関わることとなったのです。

メタバースのマイルストーン
・1992年作の小説「スノウ・クラッシュ」で「meta(~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて使われた
・2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が初めて実現されたメタバースに
・2021年10月に米フェイスブックが社名をメタ・プラットフォームズに変更

KPMGコンサルティング 強気の定義
ディレクター ヒョン・バロ

メタバースビジネス最前線

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia

テクノロジー・メディア・通信

テクノロジー・メディア・通信

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

  • twitter. Opens in a new window
  • facebook. Opens in a 強気の定義 new window
  • linkedin. Opens in a new window
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability 強気の定義 強気の定義 audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member 強気の定義 firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a 強気の定義 tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms 強気の定義 affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.

WebGL入門 ~ three.js④~


ボックスじゃなくて点だよ

three.jsのジオメトリの元になっている THREE.強気の定義 強気の定義 BufferGeometry クラスには、
元々どんな形も定義されていません。
ここに 頂点を追加していきます。

点を描画するときのマテリアルには THREE.PointsMaterial をつかう。
Meshではなく、Pointsの場合はマテリアルのプロパティもちょっと違う。

size はワールド座標の0.25ではなくpxなので size: 10 と指定しても画面内におさまってます。
sizeAttenuation というのは、遠近感を出すかどうか。
falseにすると、奥にあっても手前にあっても同じ大きさで描画される(ピュアWebGLではこれが普通)
遠近感が出せるのは、three.js特有のプロパティ

  1. 頂点座標を定義
  2. 頂点座標を直列に配列似入れておく。 Float32Array にする。
  3. BufferAttribute インスタンスの形にする。
  4. 名前ラベル(好きにつける)つけて、 BufferGeometry にひもづける

three.js では、ジオメトリに頂点の情報を設定する(上書きや追加する) 場合は、 BufferAttribute クラスを利用します。
定義した頂点の情報を加工する

BufferAttribute クラスは、データの入力として TypedArray を使うので、
適切な TypedArray を利用すること(今回だとFloat32Array)

stride は、頂点情報がいくつの要素を持つか。XYZなので3を指定すること⚠️
※ストライドは three.js のドキュメントなどでは itemSize と記載されている

ポイントスプライト

ポイントでは、点しか描画できない?(四角いし・・・)
→ テクスチャで色々見せ方を変えることができるよ★☆

星のテクスチャはったイメージ

ポイントスプライト = 点(ポイント)として描かれる頂点を、スプライト(二次元のビットマップが付与されたオブジェクト)として扱う

・・・ただ、貼っただけだと、透過したい部分(星じゃない正方形の部分)が透過できていない。
→ 透過処理をすると、第2回の透過で説明したように、前後関係がバグる。
→ じゃあ奥の点から描画すればいいのだけど、 強気の定義 強気の定義
1つ1つの点がオブジェクトではなく、点の集合体のオブジェクトなのでそれはできない。
(1つ1つをオブジェクトにすることは可能だが効率が悪いのでオススメしない)

ポイントスプライト + 透過処理

  • transparent: true にする
  • opacity: 0.8 とかにして、少しすけさせる
  • 色のブレンド方法を AdditiveBlending にする
  • 深度テストを切る → すべてのピクセルを強制的に描画する
  • 前後関係が比較的気にならない
  • 透過できるので正方形が見えない
  • 星が透過・加算合成モードになる

星自体は透過したくない場合は、ブレンドモード設定せずに、opacity: 強気の定義 強気の定義 1.0 にすることで可能だが、透過と深度テストの相性がよくないので、前後関係がミスる部分が出てくる。

3Dモデルを読み込む


かわいい🦊

そこで glTF という統一された中間フォーマットが策定されました。
https://github.com/KhronosGroup/glTF

three.jsでも GLTFLoader が用意されています。

  • glTF にはシーン全体の情報を含めることができる仕様になっている。
  • three.js もそれにならっているので、読み込み後に返されるオブジェクトは scene というプロパティを持っている。
  • scene = 強気の定義 Object3Dで、子要素にメッシュなどのデータをもつ。(glTFのsceneは色々まとまった塊のイメージで、それごとaddする)

アニメーションつきglTF

  • アニメーションを含むglTFを用意する
  • glTFからアニメーションを取り出す
  • 用意したミキサーに通して、アクション化する
  • アクションの割合を決めて動かす

この場合、deltaを大きくすると早くなり、小さくすると遅くなる。
(this.clockはClock オブジェクトを設定しておく)

オフスクリーンレンダリング

  • 各種ポストエフェクト
  • 鏡やツルツルした面への映り込みの表現
  • ワイプのような表現
  • 影を落とす処理
  • 水や光学迷彩などの透明な質感の表現


板ポリにテクスチャとして貼られる3Dアヒルさん🐥

three.jsでは THREE.WebGLRenderTarget というオブジェクトを使う。 強気の定義
今までにもずっと利用してきた THREE.WebGLRenderer というオブジェ
クトに対して THREE.WebGLRenderTarget を割り当てることで、「一旦レンダリング」することができる

RenderTargetを使わない場合(今まで)
→ そのままプロジェクターでcanvasに投影しているイメージ

  • シーンもカメラも1つ
  • アスペクト比はWindowから

RenderTargetを使う場合
→ オフスクリーンでレンダリングされ、画面にはでなくなる。
→ 「一旦レンダリング」することでできることが広がる感じ。
オフスクリーンレンダリングしたものを板ポリにはったり、エフェクトかけたり・・・
(テクスチャなどにして最終レンダリングで描画する)

メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義

メタバースという言葉は、1992年にニール・スティーヴンスン氏が発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」で「meta (~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて登場しました。今年は30年になります。筆者はメタバースとは「インターネット」というテクノロジーの要素と「ゲーム」というアプリケーションの発展から起因する分野ではないかと考えます。
2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が、おそらく世界で初めて実現されたメタバースではないでしょうか。セカンドライフでユーザーは他のユーザーと交流できるほか、アバターが使えるアイテムに似た仮想資産を作り、仮想通貨で仮想資産の売買ができるようになりました。仮想空間上に新しい経済圏が形成され、一部のユーザーは新しい仕事として関わることとなったのです。

メタバースのマイルストーン
・1992年作の小説「スノウ・クラッシュ」で「meta(~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて使われた
・2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が初めて実現されたメタバースに
・2021年10月に米フェイスブックが社名をメタ・プラットフォームズに変更

KPMGコンサルティング
ディレクター ヒョン・バロ

メタバースビジネス最前線

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia

テクノロジー・メディア・通信

テクノロジー・メディア・通信

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

  • twitter. Opens 強気の定義 in a new window
  • facebook. Opens in a new window
  • linkedin. Opens in a new window
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 強気の定義 強気の定義 強気の定義 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All 強気の定義 rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the 強気の定義 強気の定義 KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる