テクニカル分析

安全なアービトラージシステムの開発

安全なアービトラージシステムの開発
わかりやすいシステム画面

Database 安全なアービトラージシステムの開発 Design

Database Design

※従属関係:A→B。Aの値が決まると、Bの値も決まる。
下の学生テーブルでいうなら、学生ID1番→平井さん、てこと!(^^)!

第三正規化 → 従属関係にある項目をさらに分ける

ここでは第二正規化で分けたテーブルで、さらに従属関係になっているカラムを別テーブルにします。
従属関係をなくすことで、同じデータが複数のレコードに登録されるのを防ぐことができます。
ということは、ある情報を編集するときには 一つの値を変えるだけで、それに紐づくデータ全てに反映される ことになります。

※正規化は、必ず行わないといけないというものではありません。
第五正規化までありますが、通常は第三正規化までです。
「データベースで扱いやすい形にする」のが目的なので、場合によってはしないこともあります(=_=)

カラムの型や制約を決める

  • 型:数値型、テキスト型、日付型など
  • データの長さ
  • 制約:初期値を入れるか入れないか、初期値の値、空白を許可するかしないか、値の重複は?など

カラムの型

文字列を扱う型

数値を扱う型

日付や時間を扱う型

2種類の値のみを扱う型

カラムの型のまとめ

    安全なアービトラージシステムの開発 安全なアービトラージシステムの開発
  • NULL
    「NULL(ヌル)」とは、何も設定されていない状態です。
    「空白」でも「0(ゼロ)」でもありません。
    「NOT NULL」は、必ず何らかの値が入っていないといけません。
  • 一意制(UNIQUE)
    同じカラム内に重複する値は許さない、という制約です。
    他のレコードと同じ値は格納できません。
  • 初期値(DEFAULT)
    このカラムに値を設定しなかったら、あらかじめ指定されているデフォルト値が格納されます。
  • 参照制約(FOREIGN_KEY)
    参照しているテーブルにない値は入れられない、という制約です。
  • 連番(AUTO_INCREMENT)
    自動で連番を入れます。

sowaka
大阪市出身。 PEとして20年弱の経験。猫13匹と同居。2022年2月より大分県に移住。
田舎暮らしを満喫中も畑の管理に頭を悩ませ、犬・山羊・鶏を飼いたいと画策中。
Bubble、Softr、Airtable、Studio、Canvaでいろいろやってます。

安全なアービトラージシステムの開発

画像のキャプション

画像のキャプション

竹中工務店は、東芝ライテック、ホーチキと共同で火災の発生場所に応じて危険な避難経路に人が進入しないように「進入禁止」表示を行う独自の避難口誘導灯(特許出願済み)を開発した。商業施設や展示場など大規模施設の安全かつスムーズな避難誘導に役立つ。今後、不特定多数が利用する施設や避難経路が複雑な施設などを対象に適用拡大を目指す。 避難経路で火災が発生した場合、火災によって使用できなくなった避難経路にある誘導灯に進入禁止の「×」印を表示することで、火災の発生状況に応じて、建物利用者を安全な避難口に誘導する仕組みとなる。
日本消防設備安全センターの「消防防災システム評価」を取得。6月に竣工した名古屋モノづくりメッセの「名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業」(設計=久米設計・竹中工務店JV、施工=竹中工務店)に適用した。
商業施設や展示場など不特定多数が利用する施設・建物は、避難口や避難方向を指示する表示設備として「避難口誘導灯」の設置が義務付けられている。
一定規模以上の建物は建物にいる人々が安全に避難できるように複数の避難経路を計画しているが、出火場所によっては一部の避難経路が利用できなくなってしまう。
避難口誘導灯が表示されたままだと、避難者が誤って危険な避難経路に誘導されてしまうという懸念があった。
新たに開発した避難口誘導灯は火災報知器(センサー)が火災が検知すると、制御盤を介して、あらかじめ設定された避難口誘導灯に進入禁止の「×」印を表示。使用できない避難経路にある階段などに避難者が押し寄せて事故や混乱を引き起こすのを防ぐ。
商業施設や展示場のような不特定多数が利用する施設や大規模倉庫などを対象に、火災の発生状況に応じた適切な避難誘導を促すためのサポートツールとして、今後の積極的な適用が期待される。

安全なアービトラージシステムの開発

この記事では、次世代型出版プロジェクトであるDAO BOOK PROJECT について、徹底解説していきます。

Coinbaseの概要

出典:https://www.coinbase.com/ja

DAO BOOK PROJECTについて解説する前に、DAO BOOK PROJECTに協力しているCoinbaseについて押さえておきましょう。

Coinbaseは、後述するようにDAO BOOK PROJECTにも協力しており、DAO BOOK PROJECTに大きな期待を抱いていることがわかります。

Github(ギットハブ)とは

出典:https://github.co.jp/

DAO BOOK PROJECTが参加コミュニティを開設しているGithubについても概要を押さえておきましょう。

Githubは、開発プラットフォームでありながらも、世界最大級の開発者のためのコミュニティでもあることから、後述するようにDAO BOOK PROJECTなどの参加者型コミュニティを開設したりして使用することもできるため、ITや暗号資産、DAOについてなど様々な知見を持つ世界中のユーザーたちと密接なコミュニケーションを行うこともできるのです。

DAO BOOK PROJECTとは

出典:https://github.com/dao-book/dao-book

2022年1月26日から始動されたDAO BOOK PROJECTとは、日本語で記されたDAOに関する書籍を出版するために、Github上の参加型コミュニティで参加者の様々なDAOに関する知識をまとめていくプロジェクトです。

DAO BOOK PROJECTは、Github上でコンテンツ制作に参加すると、報酬として暗号資産であるNFTが配布される予定にもなっており、ただ単に書籍を出版するためのプロジェクトという枠にとどまらず、出版の新しいモデルを構築するための取り組みも兼ねています。

DAO BOOK PROJECTにより出版される書籍は、ビジネスとしてDAOを活用したいという人だけではなく、暗号資産やNFTに興味を持っている全世界の人々のために制作されます。

DAO BOOK PROJECTの背景

出典:https://github.com/dao-book/dao-book

DAO BOOK PROJECTが立ち上がった背景には、DAOに関する情報が日本語ソースでは、ほぼ存在していないと言っても過言ではないほどであり、DAOが持つ可能性はこれほどまでに大きいものであるのにも関わらず、とても勿体ないと感じたコアメンバーであるKim Haegwan(キム・へガン)氏が危機感をも感じたことに起因します。

Kim Haegwan氏は、Coinbase Japanにおいてマーケティングや事業戦略を担当しており、仕事柄DeFi、NFT、Web3.0、DAOに関しても日々リサーチし、知見が深い人物です。

DAO BOOK PROJECTでは、DAOに関する情報が網羅されるだけでなく、日本においてDAOを作るためにはどのように進めていけばよいのかということにもフォーカスしたチャプターを設け、今後日本において様々なDAOが立ち上がるきっかけ作りに繋がることを期待しています。

DAO BOOK PROJECTコアメンバー

出典:https://github.com/dao-book/dao-book

DAO BOOK PROJECTには、様々な参加者が存在していますが、その中でもコアメンバーと言われる人物たちがいるので、ご紹介します。

  • Kim Haegwan氏:Coinbase Japan マーケティング部長 事業戦略リード
  • 井上真(いのうえまこと)氏:Ethereum 安全なアービトラージシステムの開発 Name Service(EMS)コアメンバー開発者
  • 長瀬威志(ながせたけし)氏:アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士/ニューヨーク州弁護士
  • 柳澤賢仁(やなぎさわけんじ)氏:柳澤国際税務会計事務所代表 税理士
  • 高瀬俊明(たかせとしあき)氏:株式会社TART(タルト)代表取締役

DAO BOOK PROJECTでは、DAOの法律事情や税制事情についてもプロの目線から深く言及することが表明されており、このことからも、様々な分野のプロフェッショナル達が持つ知識や経験を結集して作り上げていく新しい形の書籍を制作していこうという志が示されていると言えるでしょう。

DAO BOOK PROJECTに参加しよう

DAO BOOK PROJECTは、様々な分野、切り口からDAOについて解説する書籍を制作するプロジェクトです。

もし、少しでもDAOに興味があり、何か突出した知識などを持っているという方は、DAO BOOK PROJECTのコミュニティに参加し、書籍の制作に携わってみてはいかがでしょうか。

ほぼ100%負けない投資法 - 仮想通貨のアービトラージとは?

仮想通貨アービトラージシステム

arbitrage

(画像: みんなの仮想通貨 より)

  • ✔ 取り引きは365日24時間 完全自動型システム
  • ✔ FX、株、バイナリーのように専門的知識がいらない
  • ✔ ビットコインの価値が0にならない限り損失はほとんどない
  • ✔ 送金手数料が比較的安い(数十円~数百円) 送金時間が比較的早い(数分~数十分)
  • ✔ 自動で売買でき、送金も必要ない
  • ✔ ビットコインは日本を含め海外の取引所も同じように使える

アービトラージシステムのメリットとは

インストール版

資金ならし機能

6取引所対応(3取引所対応版も有)

bitFlyer, Quoine, Coincheck,
bitbank, BTCBox, Zaifの6取引所

定期的なアップデート

[email protected]での通知

1週間のお試しサポート

license

ライセンス認証

ui

わかりやすいシステム画面

簡単な設定画面
setting

api

APIの再認証

usdjpy

jisseki

圧倒的な取引実績

そう、 「複利の効果」 を使うのです。

弊社では国内、海外問わず様々な取引所を交えたアービトラージシステムを開発しております。
他にも3通貨間アービトラージや数十種類取引所に対応したシステムについても開発済みとなります。 現状テスト中や問題点などもありリリースしていないものもありますが順次改善しだいリリースさせて行きます。

国内3取引所版

信用取引3取引所版

国内、海外5取引所版


誰でも少額から始められる投資をしてみませんか?

pc

アービトラージシステム(Arbitrage System)
3取引所対応版 150,000円(税込)~
6取引所対応版 324,000円(税込)

アービトラージシステムは、高機能な自動売買システムからアップデートまで充実した機能が特徴です。 お試ししやすい価格帯から高利益を求めたいシステムまで様々なサービスを提供しております。 国内、海外、信用取引など様々な場面や状況で使えるシステムを常に開発、運用しております。

  • ✔ インストール型アービトラージシステム本体
  • ✔ 各取引所のAPI取得マニュアル
  • ✔ アービトラージシステム使用方法マニュアル
  • ✔ アービトラージについての説明マニュアル
  • ✔ 1ヶ月のメール、LINEサポート
    ✔ システムの随時アップデート

Q: 送金ミスが起こりうる事はございますか?

A: 送金や出金のシステムは組み込んでおりませんので基本ありませんがAPIの取得の際に送金や出金についてはチェックマークをしないようお願いいたします。

Q: マイナスが出る事はありますか?

A: アービトラージはビットコインの値段が一定の金額をレンジすることを前提にしています。暴落の際についてはマイナスが出る可能性がございます。

Q: 平均利回りはどれくらいになりますか?

A: 11月、12月の運用では30%以上の利回りがでることもありましたが平均して5~15%が一般的です。

Q: 取引所は6つ開設しないといけませんか?

A: 最低2つの取引所があれば運用は開始できます。

Q: Macは対応していますか?

A: Windowsのみ対応となっております。

Q: 取引されない日はありますか?

A:安全なアービトラージシステムの開発 設定画面にて価格差は設定できます。取引する日は差額があった場合のみとなります。

<お申し込み>
アービトラージシステムは、
銀行振込・ビットコイン決済・クレジットカード決済( 最長10回まで分割可 )で対応!
購入手続きの詳細は下記ボタンをクリックしご確認ください。

安全なアービトラージシステムの開発

画像のキャプション

画像のキャプション

竹中工務店は、東芝ライテック、ホーチキと共同で火災の発生場所に応じて危険な避難経路に人が進入しないように「進入禁止」表示を行う独自の避難口誘導灯(特許出願済み)を開発した。商業施設や展示場など大規模施設の安全かつスムーズな避難誘導に役立つ。今後、不特定多数が利用する施設や避難経路が複雑な施設などを対象に適用拡大を目指す。 避難経路で火災が発生した場合、火災によって使用できなくなった避難経路にある誘導灯に進入禁止の「×」印を表示することで、火災の発生状況に応じて、建物利用者を安全な避難口に誘導する仕組みとなる。 安全なアービトラージシステムの開発
日本消防設備安全センターの「消防防災システム評価」を取得。6月に竣工した名古屋モノづくりメッセの「名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業」(設計=久米設計・竹中工務店JV、施工=竹中工務店)に適用した。
商業施設や展示場など不特定多数が利用する施設・建物は、避難口や避難方向を指示する表示設備として「避難口誘導灯」の設置が義務付けられている。
一定規模以上の建物は建物にいる人々が安全に避難できるように複数の避難経路を計画しているが、出火場所によっては一部の避難経路が利用できなくなってしまう。
避難口誘導灯が表示されたままだと、避難者が誤って危険な避難経路に誘導されてしまうという懸念があった。
新たに開発した避難口誘導灯は火災報知器(センサー)が火災が検知すると、制御盤を介して、あらかじめ設定された避難口誘導灯に進入禁止の「×」印を表示。使用できない避難経路にある階段などに避難者が押し寄せて事故や混乱を引き起こすのを防ぐ。
商業施設や展示場のような不特定多数が利用する施設や大規模倉庫などを対象に、火災の発生状況に応じた適切な避難誘導を促すためのサポートツールとして、今後の積極的な適用が期待される。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる