オンライントレード

バイナリーオプションの短期取引を攻略

バイナリーオプションの短期取引を攻略
【ボリンジャーバンド】

バイナリーオプションの短期取引を攻略

ティックチャートのQ&A

Q:MT4を愛用しています。チャートの種類がいろいろとあって、どれを表示すればいいのか決められません。

A: ローソク足を表示しましょう。

ですから、先の項目でお伝えした通り複合させるのが基本となります。

まずはローソク足を集中して覚え、ステップアップとしてティックチャートを検討してみてください。

ティックチャートをバイナリーで実践取引

ティックチャートをバイナリーで実践取引

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。 1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。 2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

友達追加ID:@eeq5433g

↓↓メールで受け取りたい方はコチラ↓↓

まとめ

はたけ

【すぐできる】1分取引の攻略方法!バイナリーオプション初心者はローソク足のヒゲにご注目!

攻略テクニック

バイナリーオプションの “判定時間” は様々ありますが、中でも特に人気が高いのが 『1分取引』 です😀

喜ぶ女性

喜ぶ男性

などなど、とにかく “お手軽・勝ちやすそう” バイナリーオプションの短期取引を攻略 というイメージから1分取引を選択される方が多い印象ですね😊

そこで今回の記事では、 1分取引のメリットとデメリット 、そして簡潔ではありますが 攻略方法 までお話していきたいと思います(*´∀`*)バイナリーオプションの短期取引を攻略

バイナリーオプション1分取引(短期取引)のメリットとデメリット

これは 非常に大きな1分取引(短期取引)のメリット です😀

しかしこれはあくまで “勝てれば” の話。

短時間でトレードが完結できるという特性は、同時に “損失を被る機会も増える” ということにもなります。

損益が固定されることによって短期取引は諸刃の剣に??

バイナリーオプションはその仕組み上、 判定時間に関係なく取引金額に応じて利益が固定される ので、判定時間が短い1分取引はその分短時間で多くの利益を獲得できる可能性が高いわけです😄

ちょっと極端な例ではありますが、このように勝ち続けることができれば 5分取引で1勝する間に1分取引で5勝するということも不可能ではない んですよね😳

このように1分取引は勝ち続けたときのメリットと負け続けたときのデメリットが非常に対照的で、まさに “勝てば官軍負ければ賊軍 ”といった感じ🤔

私が 『取り組み方次第でメリットがデメリットに、デメリットがメリットになる』 とお話した理由がお分かりいただけたでしょうか^^?

バイナリーオプション1分取引の攻略方法

それは “1分取引のような短期取引は『ノイズ』によって結果が左右されやすい” ということ✋


そしてこういった突発的な予測できない変動が多いことから、1分取引では インジケーターを使ったテクニカル分析が通用しにくい 傾向があります。

悩む男性

そこで利用するのが ローソク足の『ヒゲ』 です(*´∀`*)👍

ローソク足のヒゲはとっても優秀なアドバイザー^^


これはつまり “本来進もうとした方向とは逆方向に強い力が働いた証拠が『ヒゲ』” ということが言えます😳

長〜いヒゲが勝利へのサイン!

ヒゲは 長ければ長いほど逆方向への勢いが強い と読み取ることができます(^_^)

  • 長い下ヒゲがついた陰線は普通の陽線よりも上への勢いが強い
  • 長い上ヒゲがついた陽線は普通の陰線よりも下への勢いが強い

なぜなら長いヒゲは “現在進行系で反発からの勢いが継続している可能性が高いから” です(*´∀`*)

長いヒゲで1分取引の“逆張り”を攻略!

長いヒゲの習性を利用した 『逆張り』 で攻略していきます(*´∀`*)

  • 相場状況: できればトレンド相場、あるいは方向性の出ている相場が望ましい
  • エントリー方向: バイナリーオプションの短期取引を攻略 長いヒゲがついた方とは逆方向
  • エントリータイミング: 長いヒゲがついたローソク足が“確定した瞬間”(次のローソク足の始値)
  • バイナリーオプションの短期取引を攻略
  • 注目ポイント①: 長いヒゲがついたローソク足は実体が小さければ小さいほど良い
  • 注目ポイント②: 基本的に長いヒゲがついたローソク足は陽線・陰線関係なし


もう少し長い判定時間でしっかりと相場を分析したい方へ^^

1分取引をやりたいという方には少なからずお役に立てるかと思いますが、 ガッツリテクニカルツールを使って相場を分析する手法を利用したい という方には別の方法・別の判定時間を提案させていただきたいと考えています。

ジグザグカラー(ジグザグ)の設定の仕方と使い方(攻略法)初心者向けガイド


「Examples」というのは、フラクタルなんかがあった「ビル・ウィリアムス」のすぐ下にあります。
しかも「ジグザグカラー」は、この「Examples」の中の一番下にあります。その上が「ジグザグ」です。

「なにこれ必勝やん?!」 と思えてしまいますが、フラクタルのときと同じように、 ハッキリとした線の場所が決まるのは、後になってからです。 気を付けましょう。

入手場所とチャートに表示させる方法

名前 ジグザグカラー(ZigZagColor)
入手場所 MT4に標準装備
種類 「Examples」系
英語表記 ZigZagColor
表示させる方法 「ナビゲーター」→「インジケータ」→「Examples」からチャート上にドラッグ

基本パラメータ設定


「ジグザグカラー」(ZigZagColor)を選んでドラッグ&ドロップすると、パラメータという数値を設定する画面が出ます。
ここで、ジグザグする線の細かさなどを変更することができます。上のほうにメニューが並んでいて、こうなっています。

ExtDepth 12
ExtDeviation 5
ExtBackstep 3

時間足ごとに使いやすい設定はあるので、「何時間足が使いやすい?」のところで書きますね!
それでも触るのは「ExtDepth」だけなので、そんなに難しくないです。
読み方はよくわかりません(笑)。えくすとでぷす?

です。
この「12」が「ExtDepth」に入れる数字です。

ジグザグカラーも線を太くしてみよう


線を太くしてみましょう。

さっきの「インプット」の隣の「カラー」をクリックして開くと、こんなふうになります。
「カラー」のところの色をダブルクリックして、好きな色にすることもできます。
線を太くするのは、「幅」の下をダブルクリックして選びます。

ジグザグカラーの意味

ジグザグカラーの一般的な使い方


※これはエリオット波動の数え方。 バイナリーオプションの短期取引を攻略
たまに見かけるよね。ジグザグカラーが勝手に線を描いてくれるので数えるのが簡単になります。

FXや先物、株などでは、主に分析用に使います。
「ここで買いっ!」とかはできません。

ジグザグカラーの使い道いろいろ(FX)

ジグザグカラーを使うときにめちゃめちゃ気を付けること


こんなふうに、止まっている画像を見るとぜんぜんわからないのですが、最新のジグザグの線は後になってから位置が決まります。
たとえば、この(1)の印のところを見ると「そろそろ下落だな!売りだ!下だ!」とワクワクしてしまいます。でも実際は、青い線って最終的な位置、決まってないですよね……。

というように、リアルタイムで「今、反転するよ!」と教えてくれるものではないのです。これほんとうに気を付けないと、魔術にかけられたようにトレードしたくなってしまうよ|д゚)

チャートの縮尺が変わってしまい、わかりにくいですが、あの青い線は、結局はこの図の場所に決定です。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法


ジグザグもフラクタル同様、抵抗・支持線を示すラインが引きやすくなります。 前日高値・安値だけではないラインなので取り引きする回数は増えますね。


例えばこんな感じ。 直近のレジスタンスライン(上の抵抗線)や、サポートライン(下の支持線)は分かりますよね。 さらに上の目安もまあ分かります。 ここへラインを引いてタッチしたら逆張りという手法です。


ラインを引いてみました。


ファーストタッチからの流れを1分足で示したのがコチラ。 こうしてみるとファーストタッチでパーンと上に跳ねて、2度目も跳ね返していますね。 その後、下に抜けてから今度は上への抵抗に変わっている動きを観ると、支持線・抵抗線の目安として機能していた値だったことが分かります! 勝率の統計は取れていないけど、シンプルにレジサポライン(レジスタンスライン・サポートライン=抵抗ライン・支持ライン=LOWの狙うポイントの線とHIGH狙いの線)攻略として「これだけでいいじゃん」ってなる可能性もありますぞ~!

何時間足が使いやすい?


どの足でも使います。

細かいジグザグにしたいときは、小さな数字にします。
大きいジグザグにしたいときは、大きな数字にします。

ローソク足 ジグザグのExtDepth
1分足 4~6
5分足 6~12
30分足以上 12のまま

ジグザグカラーの総評・まとめ

くれぐれも「後になって位置が決まる」ことを忘れずに(;’∀’)

ジグザグカラーにおける専門用語解説

ジグザグ・・MT4標準のインジケータで、チャートの高値安値を勝手に見つけて線を引いてくれるもの。
ExtDepth・・高値と安値を調べる期間。この数字を変えると、ジグザグの間隔が変わる。
高値・・チャートのなかで、ある期間のうち一番高いレート。
安値・・チャートのなかで、ある期間のうち一番安いレート。

バイナリーオプション1時間取引で安定した勝率を目指そう!

バイナリーオプション攻略手法

バイナリーオプション1時間取引の特徴

取引時間が長い

ペイアウト率がやや低い

分析が通用しやすい

取引回数を抑える事が出来る

1時間取引の攻略法

チャート分析をする

ここでは、 ライントレードでのレンジブレイクを狙ったエントリー 方法を紹介します。

ライントレード とは、水平線、トレンドライン、チャネルラインを使って、相場の流れ、反発、相場の転換期を予想し、バイナリーオプションの取引をする手法のことです。

反発 とは、値動きが進んでいた方向と反対側へ跳ね返るように動く事を言います。

ローソク足とは、 始値・終値・安値・高値の4つの値動きを表します。

水平線、トレンドライン、チャネルライン と呼ばれるものです。

  • 水平線は、レジスタンスライン・サポートラインの2種類に分けられます。
  • チャートの最高値・最安値にそれぞれ真っ直ぐに線を引きます。
  • チャートで何度も反発している所を線で結びます。
  • 上値抵抗線とも呼ばれています。
  • 線(ライン)を引いた高値以上に値動きが上がらないだろうという目安になります。
  • 下値支持線とも呼ばれています。
  • ラインを引いた安値以上に値動きが下がらないだろうという目安になります。
  • トレンドラインは、相場にトレンドが発生している時に結ぶ線(ライン)の事を言います。
  • 傾きが急であれば、トレンドが強い事を表します。
  • 傾きが緩やかであれば、トレンドが弱い事を表します。
  • 上昇トレンドライン(下値支持線)と下降トレンドライン(上値抵抗線)があります。
  • 上昇トレンドは、相場の値動きが上がり続けている状態の事です。
  • 上昇トレンドラインは、ローソク足の陽線(始値が終値より小さい時のローソク足)の安値と陽線の安値を結びます。
  • トレンドラインを引いたときに、右肩上がりに上昇します。
  • 下降トレンドとは、値動きが下がり続けている状態の事です。
  • 下降トレンドラインは、陰線(始値が終値より大きい時のローソク足)の高値と陰線の高値を結びます。
  • トレンドラインを引いたときに、右肩下がりに下降します。
  • トレンドラインと平行に引いた線の二つの線の事を言います。
  • トレンドラインと平行に引いた線の事をアウトラインと呼びます。
  • アウトラインには、2種類あります。
  • 上昇トレンドの時に、高値と高値を結ぶと呼ばれるラインの事を言います。
  • 下降トレンドの時に、安値と安値を結ぶと呼ばれるラインです。
  • 相場は、チャネルラインの幅の間で値動きします。
  • チャネルラインの傾きが急なときは、トレンドが強く、緩やかな時は、トレンドが弱い事を表します。
  • チャネルラインの幅が広いほど、トレンドが強く、長く続くことを表しています。

ラインを抜けて動き続ける時の事をラインブレイクと呼びます。

ラインブレイクが、起きると『相場が転換』すると予想されます。

『だまし』 というラインブレイクしたにも関わらず、トレンド相場が生まれず、元の動きに戻ってしまうという現象の事を言います。

エントリータイミングの例

  • チャートを1時間足でみて、長いレンジ相場を見つけましょう。
  • ローソク足がレジスタンスラインまたはサポートラインを抜けるのを確認する。 ( ブレイク&強いトレンドが発生する可能性が高くなる。)
  • ダマシに合わないために、すぐにエントリーせずに、確実にブレイクしたとわかってから 順張りでエントリー しましょう。

順張り は、相場の値動きに合わせて、トレードする方法です。

安定したトレンドが出来ている事・値動きが激しすぎない相場、通貨ペア、時間帯で取引しましょう。

値動きが激しくなると、相場の転換が起こりやすくなる為、穏やかなトレンドを探す事が大切となります。

色々なローソク足を見る

他の時間足での動きを読み、全体的な相場の状況を確認する事で、より精度が高く、根拠を持った取引が可能となります。

時間帯を意識する

特に、世界三大市場と言われる市場(日本市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場)が開いている時間は、大勢の投資家が取引に参加する時間=トレンド相場が発生しやすい時間帯と言えるでしょう。

【暴露】バイナリーオプションのターボ取引とは?攻略のコツ

【暴露】バイナリーオプションのターボ取引とは?攻略のコツ

バイナリーオプションのターボ取引とは


バイナリーオプションのターボとは、ハイローオーストラリアの短期取引のこと。

  • ターボの特徴
  • メリットとデメリット
  • 5分取引が最強の理由

バイナリーオプションのターボとは短時間取引のこと

ハイローとターボ

  • ターボ:購入時から○分後の価格を当てる
  • ハイロー:判定時間が○分後に決まっている

つまりバイナリーオプションのターボ取引は、あなたのタイミングで「High」か「Low」予測することが可能。

ターボのメリットとデメリット

  1. 5分取引は転売可能
  2. 短時間なのでストレスなし
  3. スプレッド(上下の価格差)がない
  1. テクニカル分析が難しい
  2. 突発的な相場の急変に弱い
  3. 30秒と1分取引は転売できない

短時間で結果がわかるんで精神的に楽。ただ短すぎると、最早ギャンブル。

ターボとスプレッド


✔︎ 【例】USD/JPY103.555円を「High」取引した場合

  • ターボ:103.556円以上で勝ち
  • ターボスプレッド:103.556円+0.10円以上で勝ち

ターボは5分取引が鉄板

  • 5分:割と予測可能
  • 3分:予測が難しい
  • 1分:ギャンブル
  • 30秒:運

バイナリーオプションのターボ5分取引攻略法

バイナリーオプションのターボ5分取引攻略法


5分取引はターボの中でも長く、勝率を上げたいトレーダーに最も人気の時間帯。
ただしペイアウト率は低いので確実に勝って利益を出したい人向け。

  • 使うべきインジケーター
  • 59秒エントリーすべし
  • 転売して損益を最小限に

ターボ取引攻略法①インジケーター

MT4インジケーター

簡単にいうと、チャートが上がるか下がるか予測できる線のことです。

RSI:買われすぎ、売られすぎを判断

ボリンジャーバンド:値動きの幅を線で表した指標

バイナリーオプションのターボ5分取引では、上記2種類のインジケーターを使う手法になります。
チャートが反転することを予測し、逆張りを狙ってエントリーしましょう。

RSI

【RSI】

  • 70%まで線がきた時
  • 30%まで線がきた時

ボリンジャーバンド

【ボリンジャーバンド】

  • 上の線に価格がきた時
  • 下の線に価格がきた時

しかし2つのインジケーターを使えばより正確性が増すんですよね。

ターボ取引攻略法②59秒エントリー

00秒エントリー

つまり00秒エントリーすることで、正確に予測できる。

まぁぶっちゃけそこまで拘らなくてもOK。
00秒エントリーするぐらいなら、そのタイミングを外して約定拒否を逃れましょうって感じ。

ターボ取引攻略法③転売する

例えば1,000円で勝負した場合。
勝ってる状態で転売すると、戻ってくる金額は1,000円より高くなり確実に利益は出ます。

  • 負けると判断し転売=少しでもお金を手元に残せる
  • 勝ってるうちに転売=利益は少ないけど、負けて0になるよりマシ

バイナリーオプションのターボ取引の注意点

バイナリーオプションのターボ取引の注意点

  • ターボ取引を行う前にルールを決める
  • ターボ取引で勝つための精神的な注意点

ターボ取引を行う前にルールを決める

  • 1日何回勝負するか
  • 1日いくら金額を使うか
  • 使用するインジケーターと戦略

一度決めたら数日間はルールに則り取引を行いましょう。
絶対NGなのは「1日で○○円勝つまでやる」というルール。

ターボ取引で勝つための精神的な注意点

ぶっちゃけ、エントリーしたらチャートをあまり追わない方がいい。
チャートを追ってしまうと「上がれ!下がれ!」と心の中でどうしても思ってしまうからです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる