FXの取引方法

損益の計算方法と1日の獲得目安

損益の計算方法と1日の獲得目安

簡易課税を選択した場合には、実際の仕入等にかかる消費税額とは関係なく、課税売上高によって納付すべき消費税額が決まります。複数税率の下では課税売上に対する税率と課税仕入に対する税率が異なる場合が生じますが、あくまでも課税売上高によって計算します。

【厚生年金の計算方法】もらえる年金受給額と支払う保険料はどう決まる?FPが解説

計算条件は次の通りとします。
・22歳から60歳までの38年間、厚生年金に加入
・2003年3月までの厚生年金加入期間は15年。15年間の平均給与月額は25万円
・2003年4月以降の厚生年金加入期間は23年。23年間の平均年収額は550万円
(1) 損益の計算方法と1日の獲得目安 老齢基礎年金:19,500円×38年=741,000円
(2) 老齢厚生年金A:250,000円×12×0.7%×15年=315,000円
老齢厚生年金B:5,500,000円×0.55%×23年=695,750円

年金額:741,000円+315,000円+695,750円=1,751,750円

【計算例2】35歳で退職し自営業になった場合

計算条件は次の通りとします。
・基礎年金は22歳から60歳までの38年間(厚生年金13年、国民年金25年)
・厚生年金加入期間は2003年4月以降のみで13年。13年間の平均年収額は400万円
(1) 老齢基礎年金:19,500円×38年=741,000円
(2) 老齢厚生年金B:4,000,000円×0.55%×13年=286,000円

年金額:741,000円+286,000円=1,027,000円

【計算例3】30歳で退職。40歳で再就職した場合

計算条件は次の通りとします。
・厚生年金加入期間は18歳から30歳までの12年間および40歳から60歳までの20年間
・基礎年金加入期間は20歳から60歳まで(30歳から40歳までは第3号被保険者)の40年間 損益の計算方法と1日の獲得目安
・2003年3月までの厚生年金加入期間は12年。12年間の平均給与月額は18万円
・2003年4月以降の厚生年金加入期間は20年。20年間の平均年収額は300万円
(1) 老齢基礎年金:19,500円×40年=780,000円
(2) 老齢厚生年金A:180,000円×12×0.7%×12年=181,440円
老齢厚生年金B:3,000,000円×0.55%×20年=330,000円

営業キャッシュ・フローとは|投資キャッシュ・フロー、財務キャッシュ・フローとの関係

「キャッシュ・フロー」とは、キャッシュ・インからキャッシュ・アウトを差し引いた収支のことをいいます。
キャッシュ・フロー計算書は、支出より収入が多ければプラスに、収入より支出が多ければマイナスになります。 損益の計算方法と1日の獲得目安
損益計算書でも資金の流れは見ることができますが、損益計算書に記載された利益=資金の増減ではありません。
商品を売った時にすぐに代金を受け取れば、売上の計上と入金は一致します。しかし、月ごとにまとめて代金を受け取る掛け売りの場合などは、売上を計上しても入金は翌月以降になりますから、利益=資金の増減とはなりません。
キャッシュ・フロー計算書は、資金収支をその性質によって3つ(営業・投資・財務)に区分して表示します。

(1)キャッシュ・フロー計算書が重要な理由

(2)キャッシュ・フロー計算書の3つの区分(営業・投資・財務)

損益の計算方法と1日の獲得目安

(3)キャッシュ・フロー計算書と貸借対照表(B/S)との関係

このような 資金の動きを一会計期間で区切った上で計算したものが、キャッシュ・フロー計算書であり、一会計期間の終点時点での資産・負債の状況を表したものが貸借対照表 ということになります。

(4)キャッシュ・フロー計算書と損益計算書(P/L)との関係

損益の計算方法と1日の獲得目安

損益計算書 貸借対照表 キャッシュ・フロー計算書
どんなものか 一会計期間における損益の状況(経営成績)を表したもの 一会計期間の終点時点での資産・負債の状況を表したもの 資金の動きを一会計期間で区切った上で計算したもの
作成する目的 会社の経営成績を表すため 資産と負債を把握するため 資金の流れや量を把握するため
作成方法 複式簿記による帳簿から作成する 複式簿記による帳簿から作成する 収入・支出を項目別に集計(直接法)
損益計算書・貸借対照表をもとに加減算して作成(間接法)

3つのキャッシュ・フローを知っておこう

キャッシュ・フロー計算書の重要性や、他の決算書との関係を理解したところで、キャッシュ・フロー計算書について詳しく見ていきましょう。
キャッシュ・フロー計算書では、資金の流れを要因ごとに「営業キャッシュ・フロー」、「投資キャッシュ・フロー」、「財務キャッシュ・フロー」の3つの区分に分けて表示します。 ここでは、キャッシュ・フロー計算書の区分ごとの読み方をご紹介します。

損益の計算方法と1日の獲得目安

区分 内容 判断基準
営業活動による
キャッシュ・フロー
会社が通常の事業活動をして稼いだ資金。
ここでいう「資金」は、損益計算書でいう「利益」とは違い、あくまで「現金」「預金」の増減をあらわす。
プラスであることが基本。
投資活動による
キャッシュ・フロー
会社が工場を建設したり株を売買したりした資金の動きをあらわす。 積極的に投資している成長企業はマイナスとなる。
財務活動による
キャッシュ・フロー
会社が銀行から借り入れしたり借入を返済した資金の動きをあらわす。 プラス=借金が増えている(ただし積極的なことに使うためなら悪いこととも言いきれない)。
マイナス=借金が減っている(借金の返済が進んでいる。ただし返済に追われている可能性もある)。

(1)営業キャッシュ・フローは商売での資金の出入り

営業キャッシュ・フローは本業による稼ぎを表すため、プラスの数値であることが大前提 です。 プラスになっていれば、本業でしっかりキャッシュを残している ということを表しています。

(2)投資キャッシュ・フローは資金運用による資金の出入り

(3)財務キャッシュ・フローは資金調達の資金の出入り

(4)3つの区分のバランスから分析してみよう

営業キャッシュ・フローがマイナス、投資キャッシュ・フローと財務キャッシュ・フローがプラスという会社であれば、経営面で厳しい状況で、本業の赤字を投資と財務で補っているということになります。
特に、財務キャッシュ・フローの比率が大きい場合には、その会社は借入に依存した経営体質であるということになります。
この状態が続き、いずれ資金調達が行き詰まると、倒産する可能性が高くなってしまいます。

優秀なA社 積極投資型B社 非常に危険なC社
営業活動によるキャッシュ・フロー プラス(+) プラス(+) マイナス(-)
投資活動によるキャッシュ・フロー マイナス(-) マイナス(-) プラス(+)
財務活動によるキャッシュ・フロー マイナス(-) プラス(+) プラス(+)
評価 良好な本業の結果生じたプラスの営業キャッシュ・フローを原資として、将来に向けた新規の投資と借入金の返済を行なっている。極めて優良な企業。 良好な本業の結果生じたプラスの営業キャッシュ・フローを原資として、将来に向けた新規の投資を行なっているが、不足分が生じているため借入で補填している。積極的に投資活動を行っている企業。 営業キャッシュ・フローがマイナスで、危険な状態。本業で稼げておらず、余剰資産の売却と借入で資金を補填している。

営業キャッシュ・フローはプラスでなくてはならない

(1)営業キャッシュ・フローがマイナスだと倒産する可能性!?

しかしそのような事情がなく何年も営業キャッシュ・フローのマイナスが続くようであれば、その会社はいずれ資金繰りに行き詰まり、倒産する危険性が高いといえます。
営業キャッシュ・フローがプラスである会社は、投資キャッシュ・フロー、財務キャッシュ・フローで資金をまわして設備投資や借金の返済に使うこともできます。
しかし営業キャッシュ・フローがマイナスであれば、設備投資や借金の返済を行うために借金に依存せざるをえなくなります。

(2)営業キャッシュ・フローの「間接法・直接法」を知っておこう

損益の計算方法と1日の獲得目安
営業収入ー商品の仕入れによる支出ー人件費の支出+・・・=現金および預金の増減

(3)営業キャッシュ・フローの中身はここを注意する

また、 在庫や売上債権が営業キャッシュ・フローにリスクを与えていないかもあわせてチェックすべきです。 例えば、売上債権の増加は、売上があったにも関わらず入金されていない未回収の売掛金が多く資金として回収できていないということなので、キャッシュ・フローにマイナスの影響を与え、注意が必要です。

(4)営業キャッシュ・フローと投資・財務との関連も見る

したがって、3つの活動を通して1事業年度中の資金が増加したのか減少したのか、また、事業年度末の資金残高はいくらか、というポイントも重視する必要があります。もちろん、前期末の残高より増加していることが望ましいのですが、資金をため込んで有効活用していない会社は、成長性に疑問が生じます。
つまり 資金が潤沢な会社だからといって、キャッシュ・フロー経営がうまくいっている会社とは限らない のです。

(5)営業キャッシュ・フローを改善させる方法

売上は増えているか
損益計算書で、前の年と比較した売上の増加率を確認します。売上の増加率はさまざまな指標と比較して相対的に評価することが重要です。売上の増加率がプラスであっても、物価の上昇率や業種別の成長率を下回っていれば、実質的に事業が成長できていないことになるからです。

売上債権を減少できないか
売上債権を減少させることで、資金を増やすことができます。
売掛金の早期回収のために、取引先と回収条件を見直してくれるよう交渉してみましょう。もし既存の取引先で難しい場合には、新規の取引先について、売掛金の早期回収ができるような契約条件を提示するなど、対策を講じましょう。
また、長期滞留している債権があれば、弁護士を活用するなどして早期回収をはかります。

仕入れ債務を減少できないか
支払い条件を見直して支払いサイトをのばし、ゆっくり払えるものはゆっくり払います。

コストは適正か
損益計算書では、売上だけでなくかかったコストが適正かどうかについても検証することも大切です。

資産は有効に活用されているか
決算分析では、資産が有効に活用されているかについての分析も大切です。資産の効率性を測る指標はいくつかありますが、代表的なのが総資産利益率(ROA)でしょう。経常利益(または営業利益)を総資産で割って求めます。総資産利益率が高ければ、より少ない資産で利益を生み出し、資産が有効に活用されていると判断することができます。

キャッシュ・フローが悪化し、たとえば手形が不渡りになるようなことがあれば、会社は信用を失い銀行からの融資を受けることもできず、一気に倒産に向かって進むことになってしまいます。
とくに、最近のような厳しい経済情勢下では、資金繰りをしっかり把握し、資金繰りの目途をつけることこそが、経営を左右するといっても過言ではないのです。
このような資金繰りを把握するためのキャッシュ・フローや損益計算書、貸借対照表の財務分析は、経営者自身でもある程度はできます。しかし、正確に経営分析を行うためには、やはり専門家のサポートを受けることがおすすめです。

営業キャッシュ・フローについて相談できる税理士を探す


freee税理士検索
では2,800以上の事務所の中から、キャッシュ・フローの意味や決算書の分析、経営分析について相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」 もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」 で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

東京税理士会

通常の消費税の計算


仕入等にかかる消費税額は、課税売上割合が95%以上の場合全額控除できます。

(2)簡易課税制度による消費税の計算

簡易課税制度による消費税の計算


簡易課税を選択した場合には、実際の仕入等にかかる消費税額とは関係なく、課税売上高によって納付すべき消費税額が決まります。複数税率の下では課税売上に対する税率と課税仕入に対する税率が異なる場合が生じますが、あくまでも課税売上高によって計算します。

※ 一定の日
(原則)その適用を受けようとする課税期間の開始の日の前日。
(特例)令和元年10月1日から令和2年9月30日までの日が属する課税期間において、課税仕入等を税率ごとに区分して合計することにつき困難な事情がある事業者は、経過措置として簡易課税制度の適用を受けようとする課税期間の末日までに提出することができます。

■ みなし仕入率
事業区分 みなし仕入率
第1種事業 卸売業 90%
第2種事業 小売業 80%
農林水産業(食 用)
第3種事業 農林水産業(非食用) 70%
鉱業、建設業、製造業
第4種事業 飲食店業(1.2.3.5.6以外の事業) 60%
第5種事業 運輸通信業、金融・保険業、サービス業(飲食店業を除く) 50%
第6種事業 不動産業 40%
例題1 原則課税による消費税計算

(注1)売上は全て課税売上とします。
(注2)科目の( )内は消費税の適用区分を表します。
標 準:10%(国7.8%・地方2.2%)損益の計算方法と1日の獲得目安 課税
軽 減: 8%(国6.24%・地方1.76%)課税・・・食品、定期購読新聞
旧税率: 8%(国6.3%・地方1.損益の計算方法と1日の獲得目安 7%)課税・・・経過措置分、リース等
非・不課税:課税なし

損益の計算方法と1日の獲得目安 損益の計算方法と1日の獲得目安 損益の計算方法と1日の獲得目安
1 売上にかかる消費税額 仮受消費税(1+2):3,損益の計算方法と1日の獲得目安 200,000・・・A
売上(標準)20,000,000×10%=2,000,000・・・1
売上(軽減)15,000,000× 8%=1,200,000・・・2
2 経費等にかかる消費税額 仮払消費税(3+4+5):2,720,000・・・B
経費等(標 準)16,000,000×10%=1,600,000・・・3
経費等(軽 減)13,000,000× 8%=1,040,000・・・4
経費等(旧税率) 1,000,000× 8%= 80.000・・・5
3 納付すべき消費税額 480,000(仮受消費税A-仮払消費税B)

例題2 簡易課税による消費税計算

1 損益の計算方法と1日の獲得目安 売上にかかる消費税額 仮受消費税(1+2):3,200,000・・・A 損益の計算方法と1日の獲得目安
売上(標準)20,000,000×10%=2,000,000・・・1
売上(軽減)15,000,000× 8%=1,200,000・・・2
2 経費等にかかる消費税額 みなし仕入税額:2,880,000・・・B
仮受消費税 3,200,000×90%=2,880,000
3 納付すべき消費税額 320,000(仮受消費税A-みなし仕入税額B)

4.免税事業者

(例外)
①課税事業者を選択した者。(消費税課税事業者選択届出書を提出)
②法人で、その事業年度開始の日の資本金の額又は出資の金額が1,000万円以上の場合。
③特定新規設立法人に該当する場合。
④特定期間の課税売上高が1,000万円を超えている場合。
※(1)の(例外)参照

ページの先頭へ戻る

東京税理士会

Copyright © 1997- 東京税理士会 Tokyo Certified Public Tax Accountants’ Association. All Rights Reserved.

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXのPIPSの計算がわかりません。 知恵袋で結構この質問が沢山あるかと思いますが自分が仮定した数字でなかったり自分の計算を実際に見てもらわないと理解できないので申し訳ございませんが質問させていただきます。

FXのPIPSの計算がわかりません。
知恵袋で結構この質問が沢山あるかと思いますが自分が仮定した数字でなかったり自分の計算を実際に見てもらわないと理解できないので申し訳ございませんが質問させていただきます。例えば

0.01ロット
米ドル/円
6pips儲かった、10pips取れました、なんて言うときは


0.損益の計算方法と1日の獲得目安 01ロット=1,000通貨
1pips=0.01円
1,000×0.01円=10円が1,000通貨の時の1pipsの値動き。

6pips×10円=60円 または
10pips×10円=100円 損益の計算方法と1日の獲得目安

上記分儲かった。

すると10,000通貨の場合は(0.1ロット)
10,000×0.01=100円
100×6=600円または
100×10=1,000円

という感じで合ってますか?

※非常に少ない金額ですがこれくらいの方が私にはわかりやすくて。

よろしくお願い致します。

ベストアンサーに選ばれた回答

業者により、
1ロット= 1000 通貨
1ロット= 1万 通貨
1ロット= 10万通貨
などと定義が決まっているので、その都度トレードする時に注意把握する。

私の場合、値洗い、損益を計算する時、

1ロット= 1万 通貨、1pips = 100 円

として、記憶し、これを基準に、
10ロットなら10倍で 1 pipsは1000円とか、
1ロット= 1万 通貨で10 pipsなら1000円とすぐに計算できるようにしています。

ただし、口座によって、1 pips の意味が異なることも出てきました。
1 pips は取引き最小単位が元々の意味で、以前は、ドル円やユロドルでは、
100.00 や 1.3034 までしかありませんでしたが、今は
100.001 や 1.30345 が普通になってきて、場合によっては
最小桁の1を1 pips 損益の計算方法と1日の獲得目安 の意味していることもあって注意しないといけません。

とにかく、桁違い間違いは致命傷となるのでお気をつけて。

よくあるご質問

利益確定(または損切)のために株式を一度売却し、すぐに買戻しましたが、特定口座の損益と簿価単価の計算が合いません。

特定口座で同一日に同一銘柄(現物株式)を売買した場合、売却の損益計算よりも先に買付の簿価単価(平均取得単価)の計算が行われます
計算は受渡日を基準に行われ、約定(売却⇒買付)順とはなりません
その結果、同一日に同一銘柄を売却し買戻した場合に、想定した損益額・簿価単価とならないことがあります。


<元々の銘柄Aの残高>

簿価単価 数量 単価×数量
前日保有残高 800円 1,000株 80万円
<当日の銘柄Aの取引内容>
約定単価 数量 単価×数量
当日一回目の約定 (売り) 1,200円 1,000株 120万円
当日二回目の約定 (買い戻し 1,000円 1,000株 100万円
先に売却をしてから同日に買い戻していますが、買い戻した際の金額で簿価単価を計算し直した後、売却による損益を計算します

800円 × 1,000株 = 80万円
…前日保有残高1,000株全体の取得金額
1,000円 × 1,000株 = 100万円
…買い戻した1,000株全体の約定金額

(80万円 + 100万円)÷(1,000株 + 1,000株)= 900円
…A銘柄の簿価単価

1,200円 × 1,000株 = 120万円
…売却した1,000株の約定金額
900円 × 1,000株 = 90万円
…1で計算した簿価単価を元に、売却した1,000株の取得費を計算

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる