FX入門

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
バイナリー

【FX業者】国内vs海外 徹底比較します!

記事

今回は FXの国内業者と海外業者はどちらが良いのか について

国内業者メリット

①信頼性が高い

日本の業者は 金融庁から厳しい審査 を受けています。


そして国内業者のほとんどが 上場している 点から

詐欺に合うといったことはまずありません。

②スプレッドが狭い


海外業者に比べて、 スプレッドが圧倒的に狭い のが特徴です。

買値と売値の差 のことを言います。

低コストで抑えることができるため 私たちにとって有利です。

③税率が一律20%である


どれだけ稼いでも 税率は20% であるため、

年間利益が195万円以下であれば海外業者、

年間利益が330万円以上であれば国内業者がお得です。

国内業者デメリット

①追証がある


追証:追加の証拠金

その マイナス分を業者から請求 され

支払わなければならないということがあります。

これがFXでいう 最大のデメリット と言っても過言ではありません。

大きなデメリットになります。

②レバレッジ最大25倍


レバレッジ:持っている資金を何倍にも自由に増やせることができるもの。

そのレバレッジが 国内業者は最大25倍に制限 されています。

資金効率を求めるトレーダーにとっては国内レバレッジの低さは懸念点 となっています。

海外業者メリット

①取引の透明性が高い


FX業者は大きく分けて2つの取引方式があります。

1つ目はNDD方式

2つ目はDD方式。

透明性の高い取引がしやすいというのがメリットです。

②最大レバレッジが高い


海外業者のレバレッジは 数百~数千倍で取引 を行うことができます。

国内の場合は最大で25万円分の取引しかできませんが、

海外の場合(私が使っている海外業者)は 最大888万円分の取引 ができるのです。

国内:1万円 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 ⇒ 25万円

同じ1万円でも海外業者のほうが 圧倒的に大きな金額でトレードができる ため

資金効率が良く なります。

③追証がない

口座残高以上(入金額以上)の損失は全て業者側が負担 してくれます。

④ロスカット水準が低い

海外業者はロスカット水準 平均20%程度です。 (稀に0%の業者も)

海外は 損失に耐えやすいため トレーダーにとっての大きなメリットと言えます。

⑤ボーナス・キャンペーンがある

小額から始める方にとって

とても 嬉しいサービス 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 ですよね。

⑥業者を変更しても同じトレードツールが使える

業者を変更したとしても 継続してツールを使う ことができます。

海外業界のデメリット

①日本語が通じない可能性

為替ニュースやメール配信は 基本的に英語 です。

その業者に日本人スタッフが在籍しているか、

利用規約が日本語で書いているか、

②取引手数料やスプレッドが大きい

入出金の手数料が、 国内よりも多くかかる可能性 があります。

③取引方法や入出金方法が複雑である可能性

日本語表記がなくすべて英語である可能性があります。

④稼げば稼ぐほど高い税金が適応される

年間330万円以上 稼ぐと、

330万円以上 稼ぐと国内よりも高い 30%の税金が適応 されます。

おすすめ業者

『XMTRADING(エックスエムトレーディング』

レバレッジが 888倍 で、もちろん 追証はありません 。

やりづらいと感じたことや、入出金のトラブルは一度もありません。

海外FX業者の 最大手 であり、

信頼性があり安全性の高い業者 だと言えます。

今回は FXの国内業者と海外業者はどちらが良いのか についてまとめました。

安全性・信頼性

個人的には 海外業者(XMTRADING)を最もおすすめ します。

XMはほぼ補ってくれるので間違いない業者 です。

アメリカ大統領選挙後のドル円!!実際のエントリーポイント解説!!

こんにちは! いよいよアメリカ大統領選挙が始まり、そして 決着が着いた、、ようですね。 本日は、そのアメリカ大統領選挙後にドル円がどのように動いたのか、 そしてどのような局面で先生はエントリーしたのか、 実際.

自分の生活スタイルに合ったトレード方法

こんにちは。 今回は、自分の生活に合わせたトレード方法はどんなスタイルか?について考えていきたいと思います。 ぜひ、参考にしていただいて、今一度トレード生活を見直し、より良い結果を出すきっかけにしていただければと思います。 .

ロシアとウクライナの情勢不安で、豪ドル(AUD)が買われる理由

【FX/バイナリーオプション】大きな下落の反発ポイントを見極めるコツ紹介します

どこで跳ね返るの? この下落はいつまで続くんだろう? チャートを見ていてそんな風に思ったことは誰しも、1度はあるはずです。 僕もトレードをスタートした時は、大きな上昇、大きな下落がどこまで続くのか全然わからないままトレード.

バイナリー海外業者選びサポートサイト

ハイローオーストラリア 人気・実績No.1!業者選びに迷ったらまずはココ! ザオプション 出金条件無しのキャンペーンが豊富!お得に始めたい方はココ! 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 ゼン・トレーダー 最大ペイアウト率1.97倍!スプレッド取引が苦手な方はココ! ファイブスターズマーケッツ 自動分析ツールで勝率70%!?自分の分析が不安な方はココ! Betc.io 相場の大小でペイアウト額が変わる!刺激を求めるならココ! 海外バイナリーオプションの攻略法とは 最も選ばれているハイローオーストラリアの攻略法をご紹介!

ハイローオーストラリア

海外バイナリーオプション業者最大手 として評価の高いハイローオーストラリア!
最大ペイアウト率も2.30倍 なので利益が大きい。また入出金も国内銀行振込に対応している為、 翌日に出金完了 と言う魅力つき。迷ったらまずはココ。

最大ペイアウト率2.30倍
出金日数1営業日

この海外業者の口コミや評価を確認!! ユーザーの 92% が高評価

ハイローオーストラリアは他の海外業者と違って、国内銀行振込を利用して入金できる。午前中に入金しておけば、昼過ぎには口座残高に反映される。 他の業者が取り扱う海外送金だと、反映までに時間がかかる上に3,000円程度の海外送金手数料まで取られてしまうからたまったもんじゃない。 その一方で国内銀行振込でかかるのは、せいぜい他銀行間の振込手数料くらい。 また、これは一度も使ったことがないが、ビットコインでも入金出来るらしく手数料も一切発生しないらしい。

ザオプション

最低入金額5,000円 からなので初期投資を抑えたい方に人気!PC専用の取引ツール デスクトップアプリ が便利でテクニカル分析を誰でも簡単に使う事ができます。

最大ペイアウト率2.00倍
出金日数1営業日

この海外業者の口コミや評価を確認しよう!! ユーザーの 89% が高評価

最初5,000円しか入金していないのにキャッシュバックキャンペーンで10,000円貰えました! また定期的にイベントをやっているので良く分からないけど口座開設後も高い頻度でキャッシュバックを受け取っている気がする。 ハイローオーストラリアを抜く為に、この業者はユーザーに対して色々努力している様に感じました。

ゼン・トレーダー

最大ペイアウト率1.97倍
出金日数1~2営業日

この海外業者の口コミや評価を確認しよう!! ユーザーの 89% が高評価

ファイブスターズマーケッツ

最大ペイアウト率1.80倍
出金日数2時間~1営業日

この海外業者の口コミや評価を確認しよう!! ユーザーの 88% が高評価

僕はオートチャーティストに惹かれて登録しました。システムが自動で分析してくれるのでそれに従って取引をするだけなので楽。 後は最低投資額が500円だったのでそれも決めてになりました。 分析が苦手な方にはこのファイブスターズマーケッツはオススメですね。少額ですがオートチャーティストだけで勝てています。

海外銀行送金じゃなくて国内銀行振込で出金処理されるから、出金申請当日に着金が確認できた。 出金についてはハイローオーストラリアでさえ最短翌日の着金となっていたので、それと比べてもファイブスターズマーケッツのクイック出金は早い。 正直出金できるまで不安だったが、実際に出金完了まで行けたのでホッとした。また機会があれば利用したい海外業者ではあります。

【トレード編】バイナリーを取り扱う国内業者と海外業者の主な違い!それに合わせてスプレッドの説明も!

pcモニター

バイナリー

そのついでに別の記事で登場した「 スプレッド 」というものについても説明していきます。

海外業者(今回はハイローオーストラリアを例とします。)の場合ハイロー取引を採用していますが、国内業者は規制の関係で「 ラダー取引 」という形をとっています。

スプレッド

スプレッドというのは前にも説明したのですが、一言でいえば ズレ 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 のことです。正確にはちょっと違うのですが、バイナリーオプションを利用する者としてはこのイメージのほうがあっているのかなと思います。

では、 国内業者と海外業者の違い についてです。

海外業者の場合、単純に同時アクセス数の増加などによって エントリーしようとしたポイントがずれてしまった分の差 をスプレッドといいます。

それともう一つ、スプレッド取引というのがあって、簡単に言うと 予想するのが難しくなる代わりにペイアウト率が上がる取引方法 です。

Highエントリーで取引したい場合、通常であれば100.101円以上になれば勝ちですがスプレッド取引の場合、100.110円以上でないと勝ちにならなくなってしまうんです。

こっちは 途中決済や転売時に、買値と売値の差のこと を指します。ですが、国内業者は規制によってペイアウトが1,000円に固定されてしまって購入金額が変動している形をとっています。

その取引方法をラダー取引といって、一回の取引金額が少なく済む代わりに途中決済や転売を行った際に ペナルティ的に売値が下がる と思ってください。

スプレッドの分 不利な位置からのトレード が始まるものだと思ってください。

国内業者と海外業者の違い

理由はシンプルにラダー取引は 難易度が高いから 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 です。

大きい利益を目指すなら予想する幅が大きいもの を選べばいいし、 手堅く利益を上げたいなら、予想する幅の小さいもの を選べばいいだけです。

ですが、1円が1,000円になる値幅を予想するとなればそれだけ難しくなるので、 勝率やロジックなどがちゃんと通用するものではないのか と私は考えてしまいますね。

それなら、 しっかりと分析した分成果を上げてくれるハイロー取引 のほうが現実的に利益を上げる続けることができると思います。

国内業者の例として1円からといいましたが、業者によって最低のベット金額は変化しますので取引前に確認することを忘れないようにしましょう。

海外業者はハイロー取引を扱うものが多いですが、その中でもペイアウト率の違いやしっかりと出金ができるかどうかなどを確認しましょう。

スプレッドが意味するものは、ハイロー取引の場合は配信レートのズレ、ラダー取引の場合転売時に差し引かれる分のペナルティ的なもの、fxの場合は買値と売値の差になります!

私が個人的に海外業者をオススメしているのは、 ハイロー取引を行えるということ と、ハイローオーストラリアの場合 しっかりと出金してくれる という点が確認できているためです。

FXと国内バイナリーオプションの違い!BOのほうが勝ちやすいかも

FXと国内バイナリーオプションの違い!BOのほうが勝ちやすいかも

FX

  • FXであまり勝てなくてBOをしようか悩んでいる人
  • 国内のBOについて知りたい人

国内BOと海外BOのざっくりとした違い

  • 判定時間が違う
  • ペイアウトが違う

国内 2時間固定で開始時間と終了時間は業者によって違う
海外 最短30秒から1日単位で自分で選べる *業者によって違う

国内 オプションによって購入金額が異なるがペイアウトは一律1000円
海外 購入場所から上か下かを当てると1.8~1.95倍 *業者や取引方法によって異なる

国内バイナリーオプションの仕組み

引用:https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/demo/

  • 開始時の値段を基準に上記の画像の紫部分のレートが決まる
    *各証券会社によって価格が異なる
  • さらに終了時までの時間やレートの位置によってリアルタイムで上記画像の黒部分の価格が変化する *各証券会社によって変化の仕方が異なる
  • 終了時に自分の選択したレートより円高方向か円安方向かを予想する
  • 当たれば1枚あたり1000円かえってくる。外れれば1円もかえってこない。
  • 利益は1000円-1枚あたりの購入した価格✖️枚数となる
  • 終了時間を待たずとも売却できる転売という仕組みもある
  • 売却した場合は黒部分の売却価格で売却することになるので購入時の価格より安ければ損失、高ければ利益になる

黒部分の価格を見てもらうとリアルタイムレートよりレートが高い円高方向のオプションは値段が高く、円安オプションは値段が安くなっているのがわかると思います。
*リアルタイムレートよりレートが低い場合は逆になります。
値段が高いオプションは利益率が低く低倍と呼ばれています。
逆に値段の安いオプションは利益率が高く高倍と呼ばれています。

theoption(ザオプション)の評価|口コミ評判と安全性について

theoption10回取引達成で5000円キャッシュバック

また、キャンペーンは、何かと制限の多いボーナスという形ではなく、シンプルなキャッシュバックという点が安心です。

キャッシュバックをもらうためには、他社同様に厳しい達成条件がありますが、入金額に応じて最大40%の金額が、あらかじめ決められた取引金額を達成することでもらえます。この 「後からもらえる」 という点がポイントです。

その点theoptionでは、 キャンペーンエントリー中の取引制限や出金制限が一切ない ため、キャンペーンがらみでトラブルに発展することはまずないでしょう。

ただ、theoptionは大口トレーダーほどキャッシュバックや出金手数料が優遇されるポイントシステムを採用しています。 少額の資金で取引し、おこずかい程度の利益をこまめに入出金する人にはあまり向いていない ので注意してください。

口座レべル 必要ポイント 必要取引金額 キャッシュバック額 出金手数料
チャレンジャー - - なし 初回入金のみ無料
トレーダー 500P 50万円 5千円 月1回無料
ベーシック 1,000P 100万円 月2回無料
プロ 3,000P 300万円 3万円 月5回無料
エキスパート 5,000P 500万円 5万円 無制限で無料

また、しっかりした会社であるからこそ、 不正には非常に厳しい罰則がある ので注意してください。特に、 自動売買取引ツールの利用・グループ取引は禁止 されています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる