弱気相場での取引

AIによるFX取引分析

AIによるFX取引分析

ここからが、本当に感動的。AIが、自動で最適なアニメーションをつけてくれるんです!!

動画編集の「VEGAS Pro 18」、エフェクトでAIを活用し、4コアでも10コアCPUに迫る性能に

日本のユーザーにとって「VEGAS」と言えば、ソニーの米国子会社ソニー・アメリカの子会社となるSony Creative Softwareが開発、販売していた動画編集ソフトウェアというイメージが強い製品となるだろう。じっさい、VEGASは日本でもソニーの4Kハンディカム「FDR-AX1」(僚誌AV WatchのFDR-AX1レビュー記事参照)に「Vegas Pro 12 EDIT」のライセンスがバンドルされるなどしており、ソニーカメラユーザーにはお馴染みのソフトウェアと言って良い。

このVEGAS Proを始めとしたSony Creative Softwareが開発、販売してきたソフトウェアの権利の大部分は、2016年にドイツ企業であるMAGIXに譲渡され、以降は同社が開発、販売を担当している。なお、日本ではソースネクスト株式会社が代理店となって販売しており、8月には最新版のVEGAS Pro 18の日本市場への投入も発表され(AIによる着色機能など追加の動画編集ソフト「VEGAS Pro 18」参照)、直販価格は17,600円となっている。

そのVEGAS Pro 18には新しくエッジAIを利用した2つの機能が追加されている。それが「Style Transfer」、「Colorization」の2つだ。それらのAI機能は、VEGAS Pro 18のインストール時に「VEGAS Deep Leaning Models」という追加モジュールを導入することで利用可能になる。

Style Transferの導入にあたり、そうした画家の画風をVEGAS AIによるFX取引分析 Pro 18のAIエンジンが事前に学習(Training)されており、その学習データがVEGAS Pro 18をユーザーがインストールするときに導入される。パソコンはその学習データを利用して、ニューラルネットワークを利用した推論(Inference)を行なうことで、各フレーム、各ピクセルごとに画風のタッチを適用していく。

将来のバージョンではGPUによる処理も

具体的には、いわゆるIntel Deep Leaning Boost(AIによるFX取引分析 以下DL Boost)を活用。DL Boostはサーバー向けCPUとしては第2世代Xeon Scalable Processors(Cascade Lake)から、クライアント向けのCPUとしてはノートPC向けの第10世代Coreプロセッサ以降でサポートされており、9月に発表されたばかりの第11世代Coreプロセッサでもサポートされている、ディープラーニングを利用したAIでの処理能力を高める新しい命令セットだ。

AVX512の追加命令として、これらのプロセッサでサポートされているVNNI(Vector Neural Network Instruction)を利用する。VNNIでは従来はFP32(32bitの浮動小数点)というデータの精度で演算されてきたAIの推論処理を、INT8(AIによるFX取引分析 8bitの整数演算)に置き換えて演算する仕組みだ。こうしたAIの推論処理ではFP32の精度を、INT8に置き換えても結果にはほとんど影響を与えないことがわかっており、FP32をINT8に置き換えることで転送するデータ量が減り、かつデータの演算効率が大きく改善する。

VEGAS Pro 18には「Accurate」(正確さ優先)と「Fast」(速度優先)と2つのモードが用意されていて、前者はFP32で演算し、後者はINT8で演算し、可能であればVNNIを利用ようになっている。

VNNIには対応していないCore i9-10900K(Comet Lake-S)とVNNIに対応しているCore i7-1065G7(Ice Lake)、Core i7-1185G7(Tiger Lake)、さらにはCore i7-1185G7にはDG1ことIris Xe MAXの外付GPUを追加した状態も含め、同社がテストした結果が以下の表だ。

【表1】MAGIXが公開した処理能力の結果(出典:MAGIX)
CPUでの処理GPUでの処理CPU+GPUでの処理
CPUGPUFP32Int8FP32Int8FP32Int8
Core i9-10900KIntel UHD Graphics 630(iGPU、Gen9 GPU)29.858.610.4410.39--
Core i7-1065G7Iris Plus Graphics(iGPU、Gen11 GPU)6.0724.761324.76--
Core i7-1185G7Iris Xe Graphics(iGPU、Xe-LP)11.4545.935.26127.42--
Core i7-1185G7Iris Xe MAX(dGPU、Xe-LP)--33.3131.24--
Core i7-1185G7Iris AIによるFX取引分析 Xe Graphics(iGPU、Xe-LP)+Iris Xe MAX(dGPU、Xe-LP)--68.65257.25--
Core i7-1185G7Iris Xe Graphics(iGPU、Xe-LP)+Iris Xe MAX(dGPU、Xe-LP)----70.86274.55

これを見てわかるように、VNNIを利用すると4コアのCore i7-1185G7(Tiger Lake)は、10コアCPUを持つCore i9-10900Kに近い性能を発揮できる。GPUを利用した場合はさらに圧倒的で、Tiger LakeのGPUでDP4aの命令セットを利用してINT8の精度で演算すると127.42fps、さらにはTiger LakeのCPU、内蔵GPU、さらにIris Xe MAXの外付GPUを利用した場合には274.55fpsとなっており、その性能は圧倒的になっている。

もうプレゼン作成で迷わない!AIが資料レイアウト・配色を最適化する「Beautiful.AI」


そして、画面上部の「CREATE NEW PRESENTATION」をクリックすると…

AIによるFX取引分析
スライドのテーマが出てきます。早速、好きなテーマを選んで作成を始めましょう。


すると、テーマ別に画像素材が出てきました。この画像、なんとすべてフリー素材なんです!これなら、Googleで画像検索したり、無料の画像素材サイトから別途探す必要がなくなりますね。

▼テーマ別の画像素材から、スライドのテーマに合うものを選択(検索も可能)

▼今回は、「work」を選択してみました!


AI」の本領発揮はここから!画像と文字のバランスから、最適なレイアウトを自動で選択してくれます。もちろん、左側にあるメニューバーから、自分で変更することも可能です。

今回は、こんな感じにしてみました。自分でレイアウトや色合いを考えると案外時間がかかってしまうのですが、Beautiful.AIを使えば、ここまでたったの3分で出来ます。

豊富なテンプレートから、グラフィックなスライドが簡単に作れる

Beautiful. AIの優秀な部分は、AIによるレイアウトや配色の最適化だけではありません。60種類以上の豊富なテンプレートから、グラフィックなスライドを、誰でも簡単に作成できることが可能です。

▼ベーシックなものから、タイムライン、チャートなど、テンプレートは60種類以上

▼タイムラインのテンプレート

チャートの編集も簡単!外部データのインポートも可能


AIによるFX取引分析
さらに、チャートの種類や、レイアウト、色の変更も、すべてワンクリックで簡単に行えます。自分で配置する手間もなく、きれいに仕上がりますね。

▼チャートの種類変更

▼チャートのレイアウトは、1〜4つまで対応

▼色の変更はサイドバーから。配色もお任せ


文字入力以外、ほとんどがワンクリックなので、5枚程度のスライドであれば、たったの15分で完成できました。

出来上がったスライドは、AIで最適なアニメーションに!


ここからが、本当に感動的。AIが、自動で最適なアニメーションをつけてくれるんです!!

▼作業なしで、自動でアニメーションがつきます!

外部リンクでの共有や、PDFやパワポ形式でのダウンロードも可能

AIによるFX取引分析
豊富な画像とテンプレート、そしてAIによる自動配置とアニメーションで、あなたのプレゼンテーションをワンランクアップさせてみませんか?

AIによる売買審査業務開始のお知らせ

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」)は、フィンテック技術活用の一環として、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長 兼 CEO:新野隆、以下「NEC」)が提供するクラウドサービス「NEC AIによるFX取引分析 AI売買審査支援サービス」を導入し、2020年1月[予定]よりAI(人工知能)を用いた売買審査業務を開始しますので、お知らせいたします。
「NEC AI売買審査支援サービス」では、NECの最先端AI技術群「NEC AIによるFX取引分析 the WISE」で高精度な予測を実現する「RAPID機械学習」と、分析結果の根拠を可視化できるホワイトボックス型AI「異種混合学習技術」を活用しています。過去の不公正取引をAIに学習させることで、審査担当者による初期調査の大部分をAIが判断し、審査担当者の負担を減らしてより高度な分析が必要な取引に注力することができると期待しております。
当社は2017年8月より、NECとの間で実証実験及びAIの学習・チューニングを行ってまいりましたが、十分な効果が実証できたため、2020年1月より実業務での利用の開始を予定しております。当社は今後もさまざまな分野でAIの活用を促進し、お客さまに安心してお取引いただける環境を提供してまいります。

■売買審査へのAIの適用イメージ

<金融商品取引法に係る表示> AIによるFX取引分析
商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場 合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプショ ン取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失 が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なり ますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は 契約締結前交付書面等をご確認ください。

Microsoft Dataverse で簡単にイノベーションを実現する

Microsoft Dataverse for Teams でアプリやインテリジェント ボットをすばやく作成する

Teams に搭載されたローコード データ プラットフォームである Dataverse for Teams AIによるFX取引分析 により Microsoft Teams での作業の生産性と協働性はさらに向上します。エンドツーエンドのエクスペリエンスにより、複数のサービスとアプリを切り替えなければならないユーザーのストレスを解消します。Microsoft Power Apps でセキュアな統合ソリューションを作成し、Microsoft Power Virtual Agents を使用するインテリジェント ボットで従業員をサポートしましょう。

編集可能なノーコード グリッドを使用して Teams のローコード アプリおよびボットをすばやく開発し、データ モデルを簡単に構築します。

レスポンシブ レイアウトと、リレーショナル データやファイルおよび画像のデータをサポートする組み込みのデータベースを使用して、アプリ開発者とユーザーのプロセスを合理化します。

Power Virtual Agents で作成した埋め込みインテリジェント ボットを使用して、膨大な「よくある質問」に回答し、すべてのチーム メンバーが専門知識とサポートを共有します。

DeepSky(AI ラインナップ)

検索

「検 査 革 命」
AI(ディープラーニング)で画像検査が劇的に簡単になります。
DeepSky(ディープスカイ)は現場ユーザーが簡単に運用できるオールインワン&シンプル操作のAI画像検査ソフトです。様々なディープラーニングの中から物体認識や良品学習などを採用し、さらにFAに最適なモデルを研究してラインナップ。FA現場の画像処理製品を1000例以上提供・サポートしてきたスカイロジックが現場目線で設計しました。

次のような現場に向けて開発されました

  • これからAIの活用を小さく始めたい: 標準パッケージソフトが基本なので、「時間的コストを抑え」「すぐに始める」ことができます。
  • 今の検査機の判定精度に不安がある: DeepSkyは欠陥を検出するための画像処理をルール化できないような欠陥の検出も可能です。さらに、学習データを増やすことにより精度を向上させることができます。
  • 検査機の設定ができる人が限られている: DeepSkyは画像処理の知識が無くても「簡単に」使いこなすことができます。細かい設定やテスト&パラメータ調整の繰返しも不要です。
  • 検査員の人材確保・育成が困難
  • 精度や検査基準がばらつく

DeepSkyのディープラーニング

スカイロジックでは 1,000例以上の導入実績 をもとに、複数のラインナップから性能&費用の両面でお客様の目的に沿った仕組みを考えます。2つ以上の仕組みが提案できる場合はそれぞれのメリットとデメリットを可能な限り正確にお伝えし、費用対効果の点で最適なものをご選択頂けるように努めています。照明、カメラ、レンズはもちろん、ご要望があれば外部制御なども合わせて提案いたします。

DeepSkyの特徴

  • シンプルを極めた操作: 「撮影する」→「欠陥を教える」(DeepSky-SSでは不要)→「学習ボタンをクリックする」 の3ステップで設定が完了します。AIが初めての現場担当者でも早期かつ簡単に導入できるよう、シンプルさに重点を置いています。
  • FAに適した高精度なモデル: 柔軟性・認識精度の高い多層のディープラーニングモデルを採用しています。ピンホールや欠けなど小さな欠陥、変形する物体、ランダムパターン中の欠陥にも対応しています。
  • 少量のサンプルで学習可能: 転移学習を使用しているため少ないサンプルでも学習が可能です。また画像回転や明るさ変化などのデータの水増し機能も標準で搭載しています。
  • 良品だけで学習可能(DeepSky-SS): 良品でない特徴を広く検出できるモデルを採用しているため、不良サンプルを収集したりアノテーションで欠陥を教えたりする必要はありません。
  • 外部システムとの連携: I/O、RS-232C、ソケット通信など、外部のシステムと連携するためのインターフェースを標準装備しています。PLCや上位ソフトとの連携により、DeepSkyを組み込んだシステムも簡単に構築できます。
  • 拡張性: 2000万画素を超える超高画素カメラへの対応、複数のカメラを使ったシステム構築への対応など、FAにおける様々な用途に対応するための拡張性を考慮して設計されています。

DeepSkyのラインナップ

物体認識 AI により従来では検出が困難だった欠陥(例:複雑な背景の中に埋もれた欠陥)も簡単な設定で検出できます。アノテーション(検出したい物体をマウスで囲む作業)が必要ですが少ない教師画像で学習ができ、微小な物体でも高い精度で検出可能です。

良品にないパターンに反応して欠陥検出を行う AI のため、取り溜めた良品画像のみを教師画像として学習することができます。ある程度一様なパターン(柄の入った布、網目など)や一定の形状や姿勢で撮影できる物体の欠陥検査に適しています。検査結果はヒートマップで見ることができます。

DeepSky(物体認識)と DeepSky-SS(良品学習)

特徴とメリット・デメリット

- 物体認識: 検出したい物体(欠陥や部品など)を予め学習させておき、撮影した画像から物体を検出します。学習時に行うアノテーション(見つけるべきものにマークを付ける作業)に基づいて計数や分類を行うこともできます。
- 良品学習: 不良品を用意する必要がなく、アノテーションも不要です。良品のみで学習が可能であり、撮影した画像の中から良品に存在しないものを欠陥として検出します。

AIによるFX取引分析
DeepSky DeepSky-SS
方式 物体認識 良品学習
不良品の準備 必要 不要
アノテーション 必要 不要
計数・分類 ×
必要画像枚数(※1) 10枚 50枚
微小な欠陥の検出 △(※2)

主な構成例

マルチコントローラを使ったカメラ2台の構成(両面同時検査)

超高画素カメラとFXCaptureを使った構成(微小欠陥の検出・大きな対象物)

超高画素カメラ(3600万画素以上の一眼レフや2000万画素以上の産業用カメラ)とFXCapture(カメラ制御ソフト)を組み合わせることで従来AIで扱うことが困難だった超高画素画像を使った微小欠陥の検出が可能になります。
この仕組みでは広範囲を撮像した1枚の大きな画像を、ディープラーニングで処理できる大きさまで分割して処理を実行します。小分けにされた画像は最終的に1枚の大きな画像に復元されます。
広い範囲を高解像度で撮影・画像処理できるため、従来ロボットなどを使って何度も撮影しなければならなかった大きな対象物あるいは微小な検出対象でもシンプルなシステム構成で実現できるようになりました。(超高画素カメラを使用した微小欠陥の検出の例はこちら)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる