初心者向けおすすめFX動画

サポートラインの基礎と原理をやさしく解説

サポートラインの基礎と原理をやさしく解説
【股関節周囲の筋肉を後ろから見た図】 サポートラインの基礎と原理をやさしく解説
次は後ろから見た図です。

シーケンス図(リレー回路図)の読み方

リレーシーケンス

リレー回路を表現する方法

実体配線図

実際の配線図

実際の配線図

実体配線図

実体配線図

シーケンス図

シーケンス図

シーケンス図

フローチャート(ブロックシーケンス)

ランプを点滅するフローチャート

フローチャート

タイムチャート

タイムチャート

タイムチャート

裏面接続図

シーケンス回路図の記号について

電気用図記号

電気用図記号の例

電気用図記号

電気用図記号の例

品目記号の例

  • MCCB:配線用遮断器【Molded-Case Circuit Breakers】
  • MC:電磁接触器【Magnetic Contactor】
  • THR:サーマルリレー【Thermal Relays】
  • PL:パイロットランプ【Pilot サポートラインの基礎と原理をやさしく解説 Lamps】
  • BS:ボタンスイッチ【Button Switches】

制御器具番号

制御器具番号は、制御機器に割り当てられた1から99までの固有の番号です。固有番号でその制御機器の種類がわかるようにしています。例えば 52 は「交流しゃ断器」を表します。また、機器の種類や性質を示すためにアルファベットをもとにした、補助記号を付記します。

制御器具番号の例

  • 51:交流過電流継電器、または地絡過電流継電器
  • 52:交流遮断器、または接触器
  • 63:圧力スイッチ、または継電器
  • 69:流量スイッチ、または継電器
  • 88:補機用遮断器・スイッチ・接触器、または継電器

補助記号の例

  • F:周波数【Frequency】
  • F:ファン【Fan】
  • F:フリッカ【Flasher】
  • T:変圧器【Transformer】
  • T:温度【Temperature】
  • T:限時【Time-lag】
  • T:遅延【Time-delay】

シーケンス図の読みかたの基本

  • 制御用の電源線は、図の上下に横線で示すか、図の左右に縦線で表します。
  • 制御機器を接続する接続線は、電源線と垂直に表します。
  • 接続線は動作の順序とおりに、左から右 または 上から下の順に並んでいます。
  • 制御機器は休止状態で自然な状態で表しています。
  • 電源はすべて切り離した状態で表しています。
  • 1つの制御機器を離れ離れで表現するときは、文字記号で関連を明らかにします。

シーケンス図の例

シーケンス図の例

シーケンス図の例

  • 制御用の電源線は、図の上下
  • 制御機器を接続する接続線は上下
  • 電源は入っていない
  • BS【押しボタンスイッチ】は押されていない(自然な状態)
  • RやBSは付記を示している

電源を入れた時

シーケンス図の例 電源投入時

シーケンス図の例 電源投入時

  1. BS【押しボタンスイッチ】以下は電気が流れないので、R【リレー】は動作しません。
  2. R【リレー】は動作しないので、Ra【リレーのa接点】は開いたままで、RL【レッドランプ】に電流が流れず、消灯のままです。
  3. R【リレー】は動作しないので、Rb【リレーのb接点】は閉じたままで、GL【グリーンランプ】に電流が流れ、点灯します。

BS【押しボタンスイッチ】を押した時

シーケンス図の例 ボタンを押した状態

シーケンス図の例 ボタンを押した状態

  1. BS【押しボタンスイッチ】の接点を通り、R【リレー】のコイルに電流が流れ、R【リレー】が動作します。
  2. R【リレー】の動作により、Ra【リレーのa接点】は閉じ、RL【レッドランプ】に電流が流れ、点灯します。
  3. R【リレー】の動作により、Rb【リレーのb接点】は開き、GL【グリーンランプ】に電流が流れず、消灯します 。

シーケンス図の読みかたの実践

シーケンス図は本来制御動作を表現したものですが、それと同時に機器間の接続状況まで明示したい要求が出てきたため、シーケンスの描き方もその目的に応じてEWD方式(Elementary Wiring Diagram)とCWD方式(Control Wiring Diagram)の2つがあります。また、2つの方式の利点を取り入れたECWD方式というものあります。

シーケンス図の EWD方式

シーケンス図の EWD方式

シーケンス図の EWD方式

股関節の解剖を画像でやさしく解説!どんな骨や筋肉があるの?

【股関節を前から見た図】

【股関節を後ろから見た図】

もう少し詳しくお伝えすると、骨盤の 寛骨臼(かんこつきゅう) というくぼみに、 大腿骨頭(だいたいこっとう) が収まっています。

ただし肩の解剖学のところでもお伝えしましたが、深く収まっているとたくさん動くことができませんので収まりはやや浅めです。 関節唇(かんせつしん) で深さを補ったり、靭帯で脱臼しないように補強しています。

人の股関節周囲の筋肉

よく動く関節にはたくさんの筋肉あります。これは肩関節や手首でもお伝えしましたね。 人体で2番目によく動く股関節の周囲にもたくさんの筋肉があります

【股関節の筋肉の全体像】
まず初めに全体像です。

【骨盤周囲の筋肉を前から見た図】
まず最初は股関節の上部、骨盤周囲を前からみていきましょう。

ここで重要なのはなんといっても 大腰筋(だいようきん)腸骨筋(ちょうこつきん) です。

大腰筋と腸骨筋は合わさって 腸腰筋(ちょうようきん) となります。(※実際は小腰筋も含まれます)

腸腰筋は最近テレビや雑誌でよく取り上げられている筋肉で、 股関節・骨盤のインナーマッスルとして姿勢保持や歩行で大切な役割 を担います。

【大腿部の筋肉を前から見た図】
次に股関節の下部、大腿部前面の筋肉をみていきましょう。

大腿部前面で重要なのは 大腿直筋(だいたいちょっきん) です。

大腿直筋は 大腿四頭筋(だいたいしとうきん) という太ももの前面の筋肉のひとつで、股関節と膝関節の両方の運動に関わっています。

その他、太ももの前面を斜めに走行する 縫工筋(ほうこうきん) も股関節と膝関節の両方の運動に関わります。

【股関節周囲の筋肉を横から見た図】
次は股関節周囲の筋肉を横から見た図です。

ここで重要なのは 大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん) です。

大腿筋膜張筋は上の方のみが筋肉の線維で、あとは 腸脛靭帯(ちょうけいじんたい) という長い線維となっています。膝に痛みを抱える人の多くは、この筋肉がカチコチに硬くなっています。

【股関節周囲の筋肉を後ろから見た図】
次は後ろから見た図です。

いわゆるお尻の筋肉として有名な 大殿筋(だいでんきん) が目につきますね。

太ももの裏には 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)半腱様筋(はんけんようきん)半膜様筋(はんまくようきん) があり、これらの3つの筋肉は合わせてハムストリングス(略称はハムスト)と呼ばれています。

骨盤の上部には 中殿筋(ちゅうでんきん) があります。中殿筋は姿勢を保持したり、まっすぐ歩くために重要です。

骨盤の中央部には 外旋六筋(がいせんろっきん) と呼ばれる小さい筋肉が見えます。外旋六筋とは股関節外旋のために働く6つの筋肉で、

    サポートラインの基礎と原理をやさしく解説
  1. 梨状筋(りじょうきん)
  2. 内閉鎖筋(ないへいさきん)
  3. 外閉鎖筋(がいへいさきん)
  4. 上双子筋(じょうそうしきん)
  5. 下双子筋(かそうしきん)
  6. 大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

さらに中殿筋をはがすと、そこには 小殿筋(しょうでんきん) が現れます。

【股関節の筋肉を内側から見た図】
最後は股関節の内側の筋肉です。

内転筋は股関節に近いところに 恥骨筋(ちこつきん) サポートラインの基礎と原理をやさしく解説 、 短内転筋(たんないてんきん) 、大腿骨の中央部まで広がる 大内転筋(だいないてんきん) 、膝関節付近まで広がる大きく広がる 長内転筋(ちょうないてんきん) があります。

太ももの内側の表層には 薄筋(はっきん) があります。開脚のストレッチをしたときに太ももの内側でピンと張るのはこの筋肉です。

【Excel VBA入門】オブジェクトとは?初心者向けに概念をやさしく解説!

実行結果

メソッドは機能

オブジェクトにはそれぞれ機能があり、その機能のことをメソッドと呼びます。

実行結果

メソッドはただオブジェクトを操作する機能だけを提供するわけではありません。返り値という概念も覚えましょう。

返り値とはメソッドを実行した結果、得られる値です。返り値は変数に代入する形で使えます。

よく使うオブジェクト一覧

オブジェクト説明
ApplicationExcelアプリケーション全体を指す。
Workbookワークブックを操作する。
Worksheetワークシートを操作する。
Rangeセルを操作する。

オブジェクトを使って簡単なプログラムを作る

実行結果

【最新】Microsoft 365とは? 知っておきたい基礎知識と導入メリットを解説

【最新】Microsoft 365とは? 知っておきたい基礎知識と導入メリットを解説

Microsoft 365とは、Microsoftのさまざまなアプリケーションがパッケージングされたクラウドサービスです。プランによって詳細は異なりますが、最新のWindows OS、デスクトップアプリケーションのOffice 365、ストレージサービスのOneDrive、コラボレーションツールのMicrosoft サポートラインの基礎と原理をやさしく解説 Teams、セキュリティを強化するEMS(Enterprise Mobility+Security)などが1つにまとめられた統合ソリューションです。

Office365との違い

Microsoft 365とOffice365は製品名も機能も似ているため、混同されやすいサービスです。結論を先に述べると、Office 365は2020年4月にMicrosoft 365に統合され、内包されるアプリケーションの1つとなっています。

Office 365がリリースされたのは2011年で、Microsoft Business Productivity Online Services(BPOS)の後継としてサービスが開始されました。WordやExcelといったOfficeアプリケーション、コラボレーションツールのMicrosoft Teamsなどがパッケージされた、クラウド型の統合ソリューションで、Microsoft 365と非常によく似た機能を備えています。

Microsoft 365とOffice 365の大きな違いとして挙げられるのがEMSの有無です。Microsoft 365は、Office 365とほぼ同等の機能に加え、高度なセキュリティソリューションのEMSを含むクラウドサービスとして2017年に提供が開始されました。Office 365はMicrosoft 365やOffice 2019などとネーミングが似通っており、ユーザーの混乱を招きます。そこでOffice365はMicrosoft 365へと統合され、Microsoft 365に含まれる1つのアプリケーションとなったのです。

買い切り型のWordやExcelとの違い

売れる会社のつながるマーケティング

(自習書)対話型サービス ハブを使ったお客様サポート案件管理

サブスクリプション型のMicrosoft 365は、月額課金制のため初期費用が不要で、常に最新バージョンのアプリケーションを利用できる点が大きなメリットです。契約を更新するかぎり永続的に毎月の支払い義務が発生しますが、一般企業向けプランのMicrosoft 365 Business Standardで月額約1,360円(税別 )、大企業向けプランであるMicrosoft 365 E3でも月額約3,480円(税別)で利用可能。OSやデバイスを問わず利用でき、サポート終了の心配がないためセキュリティを担保できる点もメリットです。

Microsoft 365で利用できる代表的な機能一覧

Microsoft 365で利用できる機能は各種プランによって大きく異なります。Microsoft 365のプランは「家庭向け」「一般企業向け」「大企業向け」という3つのカテゴリーに分類され、そこからさらに細分化されるのが大きな特徴です。基本的な機能として、最新のOffice系アプリケーションやストレージサービスのOneDriveなどが利用可能。

  • Office系アプリケーション
  • OneDrive
  • Skype
  • Office系アプリケーション
  • OneDrive
  • Microsoft Teams
  • Exchange
  • Office系アプリケーション
  • OneDrive
  • Microsoft Teams
  • サポートラインの基礎と原理をやさしく解説
  • Exchange
  • Planner
  • Power BI Pro
  • サポートラインの基礎と原理をやさしく解説
  • EMS(Enterprise Mobility+Security)

一般企業向け3つのプランの比較

先述したように、Microsoft 365は「家庭向け」「一般企業向け」「大企業向け」という3つの大きなカテゴリーに分類され、そこからさらに細かくプランが分かれます。一般企業向けとして提供されるプランは「Microsoft サポートラインの基礎と原理をやさしく解説 365 Business サポートラインの基礎と原理をやさしく解説 Basic」「Microsoft 365 Business Standard」「Microsoft 365 Business Premium」の3つです。

Microsoft 365 Business Basic

540円/月(税別・年間契約)
Business Basicはデスクトップ版のOffice系アプリケーションが付属しておらず、Microsoft TeamsやSharePointのようなコラボレーションツールに特化したプランです。買い切り型のOfficeを導入しており、Microsoft TeamsやOneDriveといったクラウドサービスを利用したいという企業におすすめのプランと言えます。

Microsoft 365 Business Standard

Microsoft 365 Business Premium

大企業向け3つのプランの比較

一般企業向けとして提供されるMicrosoft 365のプランは3つあります。それが「Microsoft 365 E3」「Microsoft 365 E5」「Microsoft 365 F3」の3つです。ここからは、各プランの特徴や料金について見ていきましょう。

Microsoft 365 サポートラインの基礎と原理をやさしく解説 E3

3,480円/月(税別・年間契約)
大企業向けプランであるE3は、Office系アプリケーションやストレージサービスのOneDrive、コラボレーションツールのMicrosoft TeamsやSharePointなどに加えて、セキュリティソリューションのEMSが搭載されています。ここまでは一般企業向けの上位プランBusiness Premiumと大きな違いはありません。大きく異なるのは、一般企業向けプランは300名という制限があるのに対し、大企業向けプランはユーザー数に制限がない点です。

Microsoft 365 E5

6,200円/月(税別・年間契約)
Microsoft 365の中で最上位に位置するプランがE5です。Microsoft 365に搭載されている、およそすべての機能を備えています。E3との相違点として挙げられるのが、より強固なセキュリティシステムを搭載している点です。とくにCASB(Cloud Access Security Broker)と呼ばれるセキュリティソリューションのMicrosoft Cloud App Securityが搭載されているのはE5のみです。また、高度な分析ができるPower BI Proも含まれています。

Microsoft 365 F3

Microsoft 365の導入メリットとは?

コストの最適化が図れる

更新作業が不要

デバイスやOSを選ばない

安全性が高い

Microsoft 365はセキュリティ管理に優れるという点も大きなメリットと言えます。スパムやマルウェアの自動検出、データ漏えいや損失を防ぐためのDLP(Data Loss Prevention/データ損失防止)機能など、さまざまなセキュリティ機能が備わっています。とくに一般企業向けの上位プランから大企業向けのプランに関しては、数あるクラウドサービスの中でも最高峰のセキュリティ環境を構築可能です。

Microsoft 365は、DXを実現するために不可欠なソリューションです。しかし、実際に導入し、運用効率を最大化するためには深い知見が求められます。Microsoft 365の導入を検討している企業は、TCS社が提供する導入支援サービスを活用してはいかがでしょうか。詳しい情報は下記URLをご覧ください。

サポートラインの基礎と原理をやさしく解説

社内複業が会社にもたらすメリットと他社での推進事例を解説

社内複業が会社にもたらすメリットと他社での推進事例を解説

クロスファンクショナルチームとは?クロスファンクションを機能させるために何が必要か?

クロスファンクショナルチームとは?クロスファンクションを機能させるために何が必要か?

【後編】高橋由伸さん✕安藤広大対談<第二回>

働くことで成長するということは「理不尽」の裏側を知ることなのだ。

働くことで成長するということは「理不尽」の裏側を知ることなのだ。

リスクマネジメントとは?リスク対応の具体的な4つの対応策や重要…

経営幹部を育てるには? ~幹部育成は組織拡大への大きな覚悟~

記事ランキング

サイト内検索

【マンガで解説!】部下に細かく指示を出しているのに成長しないワケ

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍 「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる