外国為替に関する取引戦略

安全なアービトラージシステムの開発

安全なアービトラージシステムの開発

プレゼント内容はこちら
↓ ↓ ↓

安全なアービトラージシステムの開発

画像のキャプション

画像のキャプション

竹中工務店は、東芝ライテック、ホーチキと共同で火災の発生場所に応じて危険な避難経路に人が進入しないように「進入禁止」表示を行う独自の避難口誘導灯(特許出願済み)を開発した。商業施設や展示場など大規模施設の安全かつスムーズな避難誘導に役立つ。今後、不特定多数が利用する施設や避難経路が複雑な施設などを対象に適用拡大を目指す。 避難経路で火災が発生した場合、火災によって使用できなくなった避難経路にある誘導灯に進入禁止の「×」印を表示することで、火災の発生状況に応じて、建物利用者を安全な避難口に誘導する仕組みとなる。
日本消防設備安全センターの「消防防災システム評価」を取得。6月に竣工した名古屋モノづくりメッセの「名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業」(設計=久米設計・竹中工務店JV、施工=竹中工務店)に適用した。
商業施設や展示場など不特定多数が利用する施設・建物は、避難口や避難方向を指示する表示設備として「避難口誘導灯」の設置が義務付けられている。
一定規模以上の建物は建物にいる人々が安全に避難できるように複数の避難経路を計画しているが、出火場所によっては一部の避難経路が利用できなくなってしまう。
避難口誘導灯が表示されたままだと、避難者が誤って危険な避難経路に誘導されてしまうという懸念があった。
新たに開発した避難口誘導灯は火災報知器(センサー)が火災が検知すると、制御盤を介して、あらかじめ設定された避難口誘導灯に進入禁止の「×」印を表示。使用できない避難経路にある階段などに避難者が押し寄せて事故や混乱を引き起こすのを防ぐ。
商業施設や展示場のような不特定多数が利用する施設や大規模倉庫などを対象に、火災の発生状況に応じた適切な避難誘導を促すためのサポートツールとして、今後の積極的な適用が期待される。

【公認】おすすめ蓄電池メーカー14社を徹底解説!-丸紅エネブル蓄電池

【公認】おすすめ蓄電池メーカー14社を徹底解説!-丸紅エネブル蓄電池

【業界最多】厳選ポータブル電源30種・スペック比較表(←click here!!)


史上最高のポータブル電源 ECOFLOW「DELTA PRO」特設ECサイトにて絶賛発売中(←click here)



ニチコンは、馴染みの少ない方が多いかも知れませんが、実は蓄電池業界では広く知られた老舗メーカーの1つです。実際に、 家庭用蓄電池の累計販売台数が国内No.1 となっており、まさに蓄電池トップメーカーと言えます。ニチコンの蓄電池の特徴は、なんといってもラインナップの豊富さでしょう。蓄電池のタイプは、単機能蓄電池とハイブリッド蓄電池はもちろん、トライブリッド蓄電池、そしてポータブル型蓄電池まで扱っています。


※ニチコンの製品を調べたい方は下記リンクからご確認をお願いします!!

村田製作所

村田製作所は、電子部品を開発する世界で有数の会社ですが、2018年に「All−in−One蓄電池システム」を引っさげて蓄電池業界へ参入しました。蓄電池業界へ参入して日が浅いですが、もともと村田製作所は車載用やスマホ用のリチウム電池で世界上位シェアを誇っており、その技術を生かした蓄電池となっています。村田製作所は、ハイブリッド型蓄電池の容量を細かくきざめる点、長寿命で安心という特徴をもった蓄電池を用意しています。

また、 村田製作所の蓄電池は、独自技術であるオリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池FORTELIONを採用しており長寿命化を実現しています。このことから保証が無償で15年となっており、日本国内での製品組み立てによる製品品質もあって安心感の高い蓄電池 といえるでしょう。

※村田製作所の製品を調べたい方は下記リンクからご確認をお願いします!!

長州産業は、中国エリアを拠点とした住宅設備メーカーであり、太陽光発電・蓄電池の製品を開発・展開しています。蓄電池シェアは、同率1位の2メーカーについで3位の位置につけており、蓄電池メーカーとして確固たる地位を築いている1社です。 長州産業の蓄電池の特徴としては、屋内設置の蓄電池を多く採用している点、保証期間が長い点が挙げられるでしょう。

屋内設置の蓄電池は、6.5kWhと9.8kWh2つの容量から選べる単機能型蓄電池「スマートe-ストレージ」、ハイブリッド型6.5kWhの「スマートPV」をラインナップ。また、屋外設置のハイブリッド型蓄電池として、7.04kWhの「スマートPV plus」も用意されています。特にスマートPV plusは、12,000サイクルという長寿命に加えて、200V電化製品に対応した高出力などスペックが非常に高い蓄電池です。

さらには、上記の す べての蓄電池が無償の15年保 なので、安心して長く使い続けられるでしょう。 このほか2020年7月には、新電力のみんな電力とともに、「CICフレンズプラン」という独自の電力料金プランの取り扱いもスタートしています。NTTスマイルエナジーの「ちくでんエコめがね」で太陽光発電・蓄電池をAIで最適制御しながら、太陽光発電で不足する分を再エネ100%の電力で供給するプランです。料金体系が600kWhまで3段階の定額料金になっており、経済面と環境面を両立した新しい取り組みとなっています。

ELIIY POWER(エリーパワー)

エリーパワーは、 世界トップレベルの安全性を持つ大型リチウムイオン電池および蓄電システムの開発、製造、販売を行うメーカー です。中でも代表的な2機種が、室内用可搬型「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」とハイブリッド据置型のPOWER iE5 Link(パワーイエ・ファイブ・リンク)になります。

「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」は、 エリーパワーが2010年に初めて発売した室内用可搬型蓄電システムの3代目モデル 。サイズはコンパクトに、性能は大きく進化しました。ユーザーのニーズに応えた最新の機能と、IoT時代にフレキシブルに対応できるクラウド管理機能を備えています。 安全なアービトラージシステムの開発 オフィスや自治体でのBCP(事業継続計画)対策、ご家庭でのピークシフト対策や非常用電源として幅広く活用できます。

「POWER iE5 Link(パワーイエ・ファイブ・リンク)」は、大型リチウムイオン電池を使用した蓄電システムと太陽光発電システムのパワーコンディショナを一体化した「ハイブリッド蓄電システム」です。太陽電池で発電した電力や商用電源から供給される電力を貯めて、必要なときに電気を活用することができます。

太陽電池と蓄電池が自動で連携するため、効率のよい安定した電力供給が可能です。 蓄電容量は用途によって選べる2タイプ(5.4kWh/10.8kWh)が用意されています。長時間の停電にも安心して備えることができます。さらにパワーコンディショナを壁掛け式にすることで、設置床面積の省スペース化を実現しました。

※エリーパワーの製品を調べたい方は下記リンクからご確認をお願いします!!

ジンコソーラー

※ジンコソーラーの製品を調べたい方は下記リンクからご確認をお願いします!!


低価格・大容量・高品質「SUNTANK」カタログのダウンロードはこちら(←click here!!)

安全なアービトラージシステムの開発 新潟電子工業


※新潟電子工業ーの製品を調べたい方は下記リンクからご確認をお願いします!!

【業界最多】厳選ポータブル電源30種・スペック比較表(←click here!!)

価格一覧表.png

Looop

Looopは、太陽光発電をセット販売するメーカーで、現在は蓄電池や新電力事業へも参入しています。Looopの蓄電池「Looopでんち」が売りにしているのは、 製品本体価格が圧倒的に安価という点、そして電力プランの組み合わせでさらにお得 という2点です。

まず製品本体価格は、 ハイブリッド型蓄電池でありながら約90万円と、非常に安い価格設定となっています。 容量が4.0kWhと小型の部類に入るものの、AI制御機能を搭載したことで各家庭ごとの最適な充放電設定が可能で、4.安全なアービトラージシステムの開発 0kWhの容量を無駄なくフルに活用できます。また、Looopでんちは「Looopでんき」の料金プランと組み合わせることで、電力会社の電気料金よりも3円/kWh安くなります。

(※出典 :株式会社Looopホームページ)

田淵電機は、太陽光発電のパワーコンディショナーの上位シェアメーカーの1つです。そのノウハウを活かして、蓄電池用のパワーコンディショナー、ハイブリッド型蓄電池の開発を行っています。田淵電機の蓄電池の特徴は、ラインナップをハイブリッド型蓄電池「EIBS(アイビス)」に絞ることで、高性能化を図っている点でしょう。

EIBS7は3機種のラインナップがありますが、蓄電池の容量はどれも7.04kWhで共通です。 3機種で異なる点は、パワーコンディショナーの出力と回路数で、太陽光発電の容量の大きさに合わせて調節ができます 。 そして、このEIBS7はハイブリッド型蓄電池の中では珍しい、全負荷タイプが採用されています。

そのため、停電時にも家の電化製品を普段どおりに使える点が大きなメリットです。加えて、 自立運転出力が5.5kWと非常に大容量ですので、停電時でも200Vの電化製品を含めた多くの電化製品を同時に利用できる点 も、嬉しいポイントになっています。7.04kWhで容量が足りない場合も、蓄電ユニットを増設することで14.08kWhまで増強でき、安心感が高いです。


(※出典 :田淵電機株式会社 ホームページ)

体温計などの家庭用医療機器で知られるオムロンですが、実は太陽光発電のパワーコンディショナーのシェアNo.1メーカーであり、蓄電池でも主要なメーカーの1つです。田淵電機と同様に、パワーコンディショナーのノウハウを生かして、積極的に蓄電池の開発に取り組んでいます。オムロンの蓄電池は、なんといっても 蓄電池のサイズが世界最小・最軽量、コンパクト設計となっている点が特徴的 です。

蓄電池といえば、大きくて重いというイメージが強いですが、オムロンの蓄電池はほぼ空気清浄機ほどのサイズ感なので、室内に省スペースでスッキリと納まります。そして、 2020年10月からは蓄電池業界初、マルチ蓄電プラットフォーム「KPBP-A シリーズ」が販売 されます 。なんと機器の組み合わせを変えるだけで、 単機能型、ハイブリッド型、全負荷対応ハイブリッド型の3種類へ自由自在に変わる蓄電池 なのです。

たとえば、 当初は単機能型蓄電池として導入したとしても、住宅や制度などの変化にあわせて後からオプションユニットを追加してハイブリッド型や全負荷対応ハイブリッド型に変更できます。 売電重視から自家消費へ、非常時対策を手厚くしたい、といったニーズに合わせて柔軟な対応が可能です。


(※出典:オムロン ソーシアルソリューションズ ホームページ)

住友電気工業

住友電気工業は、自動車用のワイヤーハーネスや通信ケーブルを開発している非鉄金属メーカーで、近年は蓄電池の開発にも力を入れています。住友電気工業は、小型軽量かつ容量を最大限に活用した使い方ができる「POWER DEPO Ⅲ」をラインナップしています。サイズが エアコン室外機の2/3ほどという小型で、重量も55kgと軽いためコンクリート基礎工事が不要で、設置場所を柔軟に決められる でしょう。

また、 容量は単機能型蓄電池の中でも小さい3.2kWhながら、1日2サイクルにより容量の少なさをカバー しつつ効率的な電力利用が可能です。容量を2台設置で増強もできるので、6.4kWhの蓄電池にもなります。このほか、スタンドアローンの可動式蓄電池「POWER DEPO Ⅱ」もラインナップしています。2.9kWhと小容量ですが、 設置工事が不要で室内にそのまま設置、コンセントから給電できる のですぐに利用したい人に向いた蓄電池です。


太陽光発電の老舗メーカーである京セラからも、創蓄連携を提案する一環として蓄電池がラインナップされています。他の太陽光発電メーカーと比べても、京セラの蓄電池への取り組みは早くノウハウを生かした販売を行っています。京セラは、容量やサイズでまんべんのなく、そして自然環境に強い蓄電池を展開しています。

さらに、2020年の秋から世界初のクレイ型リチウムイオン蓄電池、「Enerezza(エネレッツァ)」の販売を発表しています。クレイ型は、電極を粘土状としたことで製造プロセスを簡素化、長寿命・高安全性・低コストを実現した蓄電池です。 容量は5.0kWh、10.0kWh、15.0kWhと5kWhきざみで用意、また2019年度のグッドデザイン賞を受賞しており、デザイン性にも優れた蓄電池 となっています 。


(出典:京セラ株式会社 ホームページ)

【業界最多】厳選ポータブル電源30種・スペック比較表(←click here!!)

プラズマクラスターなど電化製品で知られるシャープは、 太陽光発電の累計販売台数が1位のメーカーであり、蓄電池でもNo.1シェア を持っています。特に、太陽光発電の高いシェアを活かして、 ハイブリッド型蓄電池でNo.1シェアを得ている「クラウド蓄電池システム」 をラインナップしています。単機能型蓄電池の取り扱いはありませんが、そのかわり4.2kWh、6.5kWh、8.4kWhと容量を細かく3種類も設定しており選択肢が多いです。

さらに、6.5kWhは特定負荷タイプと全負荷タイプを選べるため、停電時に不安な方でも困りません。そして、COCORO ENERGYというAIによる最適な充放電に加えて、業界で初となるAI雷注意報連携を搭載しています。日々の電力使用状況から停電に必要な充電量を把握、頻度の多い雷による停電に備えられる充電量を確保します

また、 「蓄電池Webモニタリングサービス」という遠隔監視サービスを提供 しており、保証を申し込めば無償でついてきます。蓄電池に不具合があると、直ぐに発見・対応してくれる体制を整えているため安心です。


(出典:シャープ株式会社 ホームページ)

パナソニック

家庭用蓄電池では、ハイブリッド型蓄電池のシェアがシャープについでNo.2 です。パナソニックは 多彩なラインナップが特徴で、ハイブリッド型蓄電池「創蓄連携システムS+」から、単機能型蓄電池まで幅広く 取り揃えています 。 ハイブリッド型蓄電池は、蓄電池ユニットの組み合わせで3.5kWh、5.6kWh、7.0kWh、9.1kWhと小刻みに容量の調整が可能で、最大33.6kWhまで増設OKです。単機能型も、3.5kWhと5.安全なアービトラージシステムの開発 0kWhに加えて、1.0kWhの分電盤型蓄電池の3種類を用意しています。

このほか、 蓄電池を後から追加設置できる「創蓄連携システムR」も展開 しています。最初の太陽光発電導入時に「創蓄連携システムR」にしておけば、数年後に蓄電池を購入するとき、ハイブリッド型蓄電池として利用が可能となり便利でしょう。



(出典:パナソニック株式会社 ホームページ)

伊藤忠商事

総合商社として資源・繊維・金融などの事業を幅広く展開する伊藤忠商事は、エネルギー事業の領域で蓄電池も取り扱っています。 その蓄電池が、エヌエフ回路設計ブロックと共同開発している「Smart Star」シリーズです。 Smart Starシリーズは、2021年2月時点で累計販売台数が4万台を突破しており、十分な実績を有した蓄電池となっています。

Smart Starシリーズの主力である「Smart Star L」は、9.8kWhの大容量に加えて、200V家電対応、さらに自立運転出力3.0kWとパワフルな蓄電池です。 さらに、Smart Star LはグリッドシェアのAIを搭載しており、電力需要パターンを学習、太陽光発電や深夜帯の電力を最大限活用できるよう、蓄電池の充放電を自動的に最適化してくれます。 そして2021年5月からは、この「Smart Star」シリーズへ新たに「Smart Star 3」が仲間入りします。

新製品であるSmart Star3は、蓄電池容量がSmart Star Lで9.8kWhだったところから、13kWhとさらに大容量となりました。 加えて自立運転出力は3.0kWから5.5kWにパワーアップ、EV向け充電機能も新たに備わっており、より高性能な蓄電池としての活躍を期待できる蓄電池となっています。 もちろんAI機能が標準搭載なので、グリッドシェアサービスによる最適充放電や災害警報検知機能の働きで、蓄電池を効率的かつ安心して使っていくことも可能です。 さらには、新たな試みとしてSmart Star 安全なアービトラージシステムの開発 3から業界初の環境価値ポイントを導入、家庭で消費したクリーンな電力が買い物等に使えるポイントになるサービスも始まります。 蓄電池で電気代の節約をしつつ、さらにポイントももらえるとなると、かなりお得に蓄電池を使っていけそうです。

使い方別おすすめ蓄電池メーカー

蓄電池を太陽光発電と連携して使いたい

蓄電池を太陽光発電と併用したい場合、おすすめな蓄電池メーカーは大きく2つに分かれます。1つ目は、太陽光発電がシャープなら蓄電池もシャープといったように、太陽光発電メーカーと蓄電池メーカーを揃える方法です。太陽光発電・蓄電池ともに動作確認も取れており、HEMSなど周辺機器も含めて最適な制御で最大限の性能を引き出せるでしょう。
2つ目が、ニチコンやオムロン、田淵電機といった、パワーコンディショナーや蓄電池の上位メーカー機種を選択する場合です。

これまでさまざまな 太陽光発電との度重なる動作確認を行っており、太陽光発電・蓄電池いずれも十分な性能を発揮するような設計 がされています。太陽光発電と同じメーカーの蓄電池よりも、性能面や価格面で惹かれるメーカーがある場合はこちらを選ぶべきでしょう。

できる限り長く蓄電池を使いたい

できる限り長い期間、蓄電池を使い続けたいという方におすすめなメーカーは、機器保証以外に容量保証をしているメーカーです。長く利用していく上では、メーカー保証年数と容量保証の保証値に注目しましょう。メーカー保証年数は、10年もしくは15年が主流ですが、15年は有償のメーカーも多いです。無償で15年保証を提供するメーカーは、やはり嬉しいポイントになるでしょう。

また、容量保証の保証値は10年・15年で50%〜60%程度と、ほぼどのメーカーも横並びの設定です。そんな中、オムロンのKPAC-Bシリーズは、15年無償保証で70%の容量保証を行っており、他メーカーと比べても頭一つ抜けています。また、インターネット経由での遠隔監視サービスが付帯しているかどうかも、比較ポイントの1つになるでしょう。

容量保証値でオムロンに及ばないものの、15年無償保証を提供しているニチコン、村田製作所、長州産業、京セラといったメーカーもおすすめです。 安全なアービトラージシステムの開発

蓄電池を屋内に設置したい

設置スペースの問題で、蓄電池を屋外ではなく屋内に設置したい場合は、屋内設置の蓄電池を取り扱うメーカーがおすすめとなります。
数年前までは、蓄電池といえば基本的に屋外設置でしたが、現在は屋内設置の機種もかなり増えており、ほとんどのメーカーが扱っています
そのため、特定のメーカーには絞れませんが、屋内でも設置スペースに限りがあるので、なるべくコンパクトで軽量な機種を選ぶのがおすすめです。

なるべく安価に蓄電池を導入したい

なるべくなら安価に蓄電池を導入したいと考えている方は、容量の少ない蓄電池をラインナップしているメーカーがおすすめです。
具体的には、ニチコン、村田製作所、住友電気工業、Looop、京セラ、パナソニックなど、4.0kWhを下回る蓄電池を扱うメーカーが挙げられるでしょう。 安全なアービトラージシステムの開発
価格で比較する際は、同じメーカー・機種でも複数の販売店から相見積を取り、kWh単価でどこがお得かをじっくり見極めましょう。

非常時にも安心して蓄電池を使いたい

非常時などの停電があっても、蓄電池で安心した生活を送りたい方は、ニチコン、田淵電機、オムロンといったメーカーがおすすめです。
どれも12kWh以上の大容量であり、かつ全負荷タイプで200V対応の高出力な機種を揃えています。容量が大きければ、その分だけ停電時に使える電力が増えるので安心です。
また、家全体で電気を利用できる全負荷タイプ、同時に使える電化製品が増える高出力が評価できるポイントとなっています。

最適な蓄電池メーカーは使い方で決まる

蓄電池は、ここで挙げた国内主要メーカーだけでも11社あり、比較の仕方がわからない場合も多いでしょう。
11社がそれぞれに特徴を持っていますが、あなたに最適な蓄電池メーカーはあなたの蓄電池の使い方次第で変わります。
まずは、蓄電池の使い方をよく検討した上で、各蓄電池メーカーの特徴を捉えて後悔のない選択ができるようにしましょう。

AMLアービトラージが飛んだ?怪しい神田清人や口コミ評判を徹底レビュー

今までのPGAなど出金するのに3〜5日もかかってた。自分の資金なのに引き出すときに許可や申請必要だったのは時代遅れ

AMLは

365日24時間いつでも何度でも【30秒で出金👉着金】#AML #アービトラージ #アビトラ #4角アービトラージ #投資 #副業 #勝てるビジネス #副業紹介 #PGA #jenco

— 投資家【今アツイのはAML】【副業紹介】【プラチナパッケージ】【LD】 (安全なアービトラージシステムの開発 @AML29179120) November 5, 2020

AMLアービトラージの否定的な口コミ評判

口コミ評判のまとめ

AMLアービトラージに対して肯定的・否定的な口コミ評判をざっくりまとめると、以下の通り。

AMLアービトラージに投資するリスク

口コミ評判で見た通り、現状では問題なく稼げていて出金もできているようです。

しかし個人的には「AMLアービトラージはいずれ出金できなくなり飛ぶ可能性が高い」と予想し、投資することをおすすめしません。

AMLアービトラージの怪しい実態

②:神田清人が関わっている

①:実はほとんど稼げていない?

AMLアービトラージでは、デモトレードで実際に利益が出ている様子を公開しています。

一見その様子を見ると「AMLアービトラージはしっかり稼げる」と信用しがちなのですが、注意するべきポイントなのが小額でしか運用していないという点です。

デモトレードでは小額でのトレードした様子しか公開しておらず、 生み出された利益もたったの数百円 でした。

②:神田清人が関わっている

AMLアービトラージでは、日本のマネージャー(日本法人のトップ)としてセミナーやイベントにも出演してるのが「神田清人」という方です。

この方は大蔵省(現金融庁)の電子開示システム開発に寄与するなど実績を持っているそうですが、実は 過去に飛んだビットライフという投資詐欺案件の勧誘を行っていた人物 ということで話題になっています。

実際に神田清人の勧誘を信じてしまい、投資したのに運営会社に飛ばれてしまった 被害者が多く存在している ようです。

なのでネット上では「AMLアービトラージも同じように飛ぶのでは?」「神田氏は詐欺に関わっている」といったコメントもあり、過去と同じように飛ぶ可能性は十分に考えられます。

③:出資法違反の疑いあり

上でも解説しましたが、AMLアービトラージでは 元本保証を謳っており投資のリスクは低いことをアピール していました。

しかし実を言うと投資に関して元本保証を謳うことは、 出資法違反 です。

まとめ:AMLアービトラージには投資しないことをおすすめします

今回は、AMLアービトラージ評判口コミ怪しい実態などについて解説していきました。

現時点では出金停止されたり、連絡がとれなくなったりする問題は発生していませんが、今後そのような問題が発生する 安全なアービトラージシステムの開発 リスクは高い です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを友だち追加してくださった方には、
投資初心者の私でも日給10,000円以上を達成した
FX自動売買ツールプレゼント しています。


プレゼント内容はこちら
↓ ↓ ↓

本当に稼ぎたいと思っている方の一つのきっかけとして、
私が紹介するFX自動売買ツールを無料でお渡ししています。


ご希望の方は、

日本初、ボッシュが二輪車向け安全運転支援システムの公道試験を開始
日本の二輪車ユーザーにより安全で快適な運転環境を提供

Download image

Download image

Download image

Download image

Download image

東京 — ボッシュは、2019年3月より日本国内でアドバンスト ライダー アシスタンス システムの公道実証試験を開始しました。今回の試験は、警察組織に届け出が提出された先進的な二輪車向け安全運転支援システムの公道試験では日本初となります。日本の道路交通環境にもとづいたシステムの開発により、日本の二輪車ユーザーにより安全で快適な運転環境を提供すること、またグローバルに事業を展開する車両メーカーの日本市場への対応をサポートすることを目的としています。

自動車のADAS技術を活用したボッシュの二輪車向け安全運転支援技術
二輪車のユーザーは、道路交通においてリスクにさらされています。日本では、自動車のドライバーと比較すると死亡事故のリスクが13倍も高い *1 ことが分かっています。二輪車ユーザーにより安全な運転環境を提供するため、ボッシュは1995年に第一世代の二輪車用ABS(アンチロック ブレーキシステム)を市場に投入して以降、20年以上にわたり二輪車向けの製品、技術を提供してきました。以来、特にアシスタンスシステムの分野ではマーケットリーダーとして市場をけん引しています。

ボッシュは、3つのステップにもとづき二輪車の安全性向上に貢献する技術の開発をしています。1つ目のステップは、ABSやMSC(モーターサイクル用スタビリティコントロール)による車両安定性の向上です。ABSは、日本をはじめ、EU、インド、台湾、ブラジルといった国・地域で新型車(EUは新型車および継続生産車)への搭載が義務付けられているほか、中国、オーストラリアについても2019年内の新型車への搭載の義務化が決定しています。2つ目のステップが、今回公道試験の対象となるサラウンドセンシング技術を活用したアドバンスト ライダー アシスタンス システムです。そして、3つ目のステップは、二輪車と四輪車の車車間通信(B2V)やeCall(自動緊急通報システム)に代表される、二輪車と周辺環境とのネットワーク接続です。

アドバンスト ライダー アシスタンス システムは、ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)、衝突予知警報、死角検知からなる、二輪車の安全性と走行快適性を向上させる一連の安全運転支援システムです。このシステムは、レーダーを使った自動車のADAS(先進運転支援システム)の関連技術をベースに開発されました。レーダーにより、二輪車が周辺の状況を正確に把握できるようになり、ACCなどの機能が実現します。ボッシュの事故調査報告によると、レーダーベースの安全運転支援システムの装備により、二輪車事故の7件に1件を防ぐことができたとされています。これは、電子制御式のアドバンスト ライダー アシスタンス システムが周囲を常にモニターし、危機的状況下において人間よりも迅速に対応できるためです。ボッシュのアドバンスト ライダー アシスタンス システムは2020年から量産され、最初にDucatiとKTMのモデルに搭載されることが決まっています。

日本市場に対応したシステム開発
今回の公道試験は、東京都、神奈川県、栃木県の高速道路で行われます。日本特有の道路環境として、道幅が狭く、レーダーの検知に影響を及ぼす可能性がある遮音壁やガードレールなどの外乱が多いことが挙げられます。また、山の多い地形に対応するため、トンネルや曲がりくねった道の多さも日本特有です。こうした環境に対応したシステムを開発することで、日本の二輪車ユーザーにより安全で快適な運転環境を提供するだけでなく、世界で車両を販売するグローバルな車両メーカーの日本市場への対応をサポートできるようになります。また、日本での公道試験の知見や経験の蓄積により、日本の車両メーカーのニーズに的確に応えることができる体制を整えることにもつながります。日本の車両メーカーの全世界における市場シェアが約5割 *2 にものぼることから分かるように、日本は二輪車市場のマーケットリーダーである車両メーカーが集積する、世界の二輪車産業において重要な位置を占める国です。日本の車両メーカーをサポートするため、ボッシュは二輪車事業のグローバル本部、およびアシスタンスシステムのプラットフォーム開発拠点を日本に有しています。二輪事業を担当するモーターサイクル&パワースポーツ事業部門を率いるジェフ・リアッシュ(Geoff Liersch)は、「日本におけるアドバンスト 安全なアービトラージシステムの開発 ライダー アシスタンス システムの公道試験により、ボッシュが日本の二輪車ユーザーと全世界の車両メーカーへさらなる貢献ができることを期待しています」と述べています。

ボッシュのアドバンスト ライダー アシスタンス システム

ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)
交通量の多い道路を走行しながら前走車との距離を正確に保つのはかなりの集中力を要し、それが長時間にわたると疲労を招くものです。ACCは交通の流れに合わせて車速を調整し、前走車との安全な距離を維持できるため、前走車との距離が不十分だったために発生する追突を効果的に防ぐことができます。ACCを装備することで、ライダーは利便性の向上を感じるだけでなく、渋滞の中でも走行により集中できるようになります。

衝突予知警報
道路交通では、集中力が一瞬でも途切れると、それが深刻な結果につながることもあります。そこでボッシュは、追突事故のリスクを低減、または二次衝突の被害をできるだけ軽減する二輪車向けの衝突予知警報を開発しました。他の車両が危険なほど接近し、ライダーがその状況に何も対処しないことを検知すると、聴覚的、視覚的、または触覚的な信号を通じてライダーに警告します。

死角検知
死角検知は、車両の周囲をモニターし、ライダーが安全に車線を変更できるように支援します。その際に電子の目として機能するのがレーダーセンサーです。ライダーから見えづらい位置にある対象物を確認し、ライダーの死角に車両が来た際には、ミラーに視覚信号などを表示し警告します。

*1 警察庁「平成22年警察白書」および総務省統計より、二輪車ライダーおよび四輪車ドライバーにおける走行距離1億kmあたりの致命傷を負うリスクをボッシュが算出、比較
*2 Motorcycles Industry Profile 2014, Mintel

報道関係対応窓口:
角谷 清彦
松本 有可
電話:+81-3-5485-3393

日本のボッシュ・グループ概要
日本のボッシュはボッシュ㈱、ボッシュ・レックスロス㈱、ボッシュ パッケージングテクノロジー㈱その他の関係会社から構成されます。ボッシュ㈱は自動車用パーツの開発、製造、販売そしてサービスの業務を展開し、また自動車用補修パーツや電動工具も取り扱っています。ボッシュ・レックスロスは油圧機器事業、FAモジュールコンポーネントやその他のシステムの開発と生産を行い、日本の産業機器技術に貢献しています。ボッシュ パッケージングテクノロジーは包装機械メーカーおよびインスペクション・テクノロジーの開発を行う会社です。さらにボッシュセキュリティシステムズ株式会社は、人命や建築物、財産などを守る製品とソリューションの提供を主要な事業としています。2017年の日本のボッシュ・グループの第三者連結売上高は約2,950億円で、従業員数は約6,600人です。

モビリティ ソリューションズは、ボッシュ・グループ最大の事業セクターです。2018年の暫定決算では、売上高470億ユーロ(約6兆1500億円*)で、総売上高の60%を占めています。モビリティ ソリューションズの売上により、ボッシュ・グループはリーディングサプライヤーの地位を確立しています。モビリティ ソリューションズ事業は、Accident-free(交通事故のない)、Emmision-free(排出ガスのない)、Stress-free(ストレスのない)をビジョンに、自動化、電動化、ネットワーク化の領域においてグループ全域にわたる知見を結集させ、お客様にモビリティのためのトータルソリューションを提供します。その事業領域は主に、内燃機関の燃料噴射テクノロジー/パワートレイン周辺機器、パワートレイン電動化のさまざまなソリューション、車載向け安全システム、ドライバー アシスタンス システム/自動化機能、ユーザーフレンドリーなインフォテインメントやVehicle-to-Vehicle(車車間)およびVehicle-to-Infrastructure(路車間)通信、オートモーティブ アフターマーケット向けのリペアショップコンセプト/テクノロジー/サービスなどです。さらにボッシュは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック スタビリティ コントロール)、ディーゼル用コモンテールシステムなどの自動車の重要な革新技術を生み出してきました。

世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2018年の従業員数は約41万人(2018年12月31日現在)、暫定決算報告での売上高は779億ユーロ(約10兆円*)を計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・ビルディングテクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュはIoTテクノロジーのリーディングカンパニーとして、スマートホーム、スマートシティ、コネクテッドモビリティ、さらにコネクテッドインダストリーに関する革新的なソリューションを提供しています。ボッシュはセンサー技術、ソフトウェア、サービスに関する豊富な専門知識と「Bosch IoT cloud」を活かし、さまざまな分野にまたがるネットワークソリューションをワンストップでお客様に提供することができます。ボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的な目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、ボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービスパートナーを含むグローバルな製造・エンジニアリング・販売ネットワークは世界中のほぼすべての国々を網羅しています。ボッシュの未来の成長のための基盤は技術革新力であり、世界125の拠点で約6万9,500人の従業員が研究開発に携わっています。

FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 位

D評価商材

  • https://kantou.mof.go.jp/content/000041526.pdf
  • https://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp032000017.html

サブライムストアで販売されている商材

一方、 サブライムストアについては後発でのスタートとなっており、 既存のASPにない、サービスの提供をしております。

現状、インフォトップ様の一人勝ち(?)の業界ですが、 今後、 この業界はインフォトップ様に頼らない形に変化していくと考えて おります。

また、 インフォトップ様の提供している無料登録からの商品販売のシステ ムは、 業界でも有名ですが、非常に使い勝手が悪く、 評判がよくありません。

それに加え、 今回の第四のアービトラージはアフィリエイター様にご協力をして 安全なアービトラージシステムの開発 頂いておらず、 当社独自のマーケティングで販売を行っております。

FX第4アービトラージシステムの検証記事

100% 勝つことができる投資手法

取引する前から利益が確定されている・・・

ドローダウン0%・・・

初年度利回り50%以上保証・・・

一度でも負けたら全額返金・・・

100%勝つことができる投資手法・・・

例外なく全員が、一度たりとも負けることのない安全な資産運用を行うことが可能・・・

奇跡の資産運用・・・

『あらかじめ勝てることが分かっている場面』でしか取引を行いません・・・

聖杯なのか?

一般公開はしておりませんが、 フロント商品購入後、 上位コースの提案をさせていただいております。

そのため、 第四のアービトラージのAコースは29800円で販売しておりま す。

アービトラージって何だう?

裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)ともいう。

引用:Wikipedia

その1:業者間アービトラージ

その2:先物/現物アービトラージ

その3:通貨間アービトラージ

FX第4アービトラージとは何なのか?

  • 第1のアービトラージ・・・インターバンク&ブローカー間アービトラージ
  • 第2のアービトラージ・・・ブローカー同士のアービトラージ
  • 第3のアービトラージ・・・通貨ペア間のアービトラージ

ポジションを両建てするロジックか?

利食いはさまざまですが、 0.1~0.5pipsの利食いとなります。
非常に小さな鞘を利食います。

「ドローダウンは0%」というのも、うなずけます。 何故なら、ポジションを放置(塩漬け)するので、 損切りが発生しないからです。

そういうことではありません。
当社のDVDをご覧になりましたか?
ポジションは塩漬けにしますが、 両建て状態の塩漬けです。
損失が膨らむことはあり得ません。 安全なアービトラージシステムの開発
両建て状態の塩漬けをなぜするのかは、 1回分のスプレッドを損をしないためです。

また、この「決済の概念を無くす建てたポジションを放置する」、 は、第四のアービトラージでは、行っておりません。
第四のアービトラージはすべての取引を数秒で決済します。
塩漬けポジションは一切ありません。

  • リミットは(ほぼ)1~2pips。
  • ストップは設定しない(もしくは、信じられないほど深い)。
  • そして、戻らないポジションは塩漬けが基本(と思われる)。

1pips抜きであれば、勝率も高いでしょう。 でも万が一レートが逆行して戻らなかったら? もしかしたら、1ヶ月以上、あるいはもっと長期間、 塩漬け状態になるかもしれません。

その間は、膨大な含み損を抱えてしまう可能性もあります。 そしてレートが戻し、1~2pipsのプラスになったところで、決済。 そうすれば、全戦全勝(勝率100%)です。

両建てによってドローダウン0%を実現している?

また、ポジションを塩漬け状態にしている場合は、含み損を常に抱えている状態となります。 この推測が正しいと仮定して、今回の手法を実行するためには、 複数ポジションを塩漬け状態にしても耐えられるだけの 巨額の資金を口座に用意し、 なおかつ、最小(ミニマム)ロットで運用するなどの慎重さが求められます。 さらに、極力含み損を抱えないタイミングでポジションを持つという ロジックの優位性も要求されます。

FX第4アービトラージシステムでは、 安全なアービトラージシステムの開発 この「極力含み損を抱えないタイミングでポジションを持つ」という部分に、 何らかのアービトラージを採用していると考えられます。 あとは、ポジションを持ったら1~2pipsの利益が出るまで決済しない、 というシンプルな手法であると推測しています。

想定されるリスクは?

リスクについては、我々も「0」だとは、発表しておりません。
当社の商品以外の他者様の商品と同じように、 FXである以上、さまざまなリスクは考えられます。

あくまで推測に基づくリスクですが、 1pips抜きの塩漬けポジション手法における最大のリスクは、 突発的な暴騰・暴落です。 暴騰・暴落の直前に保有したポジションが戻らなければ、 口座破綻という悲惨な結末をむかえます。 損切りが設定されていない(もしくは限りなく深い)わけですから、 レートが一方的に逆行すれば 口座が耐えられません。 もちろん、巨額の資金が口座に入っていて 最小ロットで運用していれば、 1ドル=50円位になっても耐えられるかもしれません(一例です)。 かなりの確率で、1pips抜きができるポイントを予測しているのでしょうか? ロジックが非公開のため、 断定することは難しいですが、潜在的にリスクを感じる手法に思えます。

それから、指定されている業者ですが、First Financial Brokerというブローカーです。私は初めて聞くブローカー名です。イギリスのブローカーですので、当然、日本の金融庁の管轄外です。

ポジション保有中の取引停止はできない

このシステムは、損切りをしない仕様と思われますので、 含み損のポジションを保有している場合、 そのポジションがプラスに転じるまで取引停止ができないということになります。 含み損ポジションが発生した場合、いったい、いつ戻すのか? 暴騰・暴落が起これば、 数ヶ月~場合によっては数年、戻さない場合もあり得ます。 自分で損切りできないので、 最悪の場合は、含み損を抱えたまま口座破綻の可能性があります。

FX第4アービトラージシステムのリスクとは?

販売に必要なリスクについては、簡単ではありますが、 記載しております。
https://global-vision.asia/ secret/sublime/

ページ最下部の「投資にかかわるリスクおよび手数料について」
https://global-vision.asia/ secret/sublime/kiyaku.html

同業の多くが、上位の「 投資にかかわるリスクおよび手数料について」のみの説明しか、 行っていないのが現状ですが、我々では、購入後、 トラブルをできるだけ避けるために、 こちらのページを用意しております。
購入される方は必ず、こちらを同意し、 安全なアービトラージシステムの開発 購入していると認識しております。
合わせて、電話サポートにご連絡いただければ、 お電話でも商品の説明を行っております。
情報業界の投資ジャンルの中では、比較的、 リスクや商品説明をしっかりしている方だと思います。
ただ、業界自体を否定される場合、 確かに十分なリスクの説明ができていないかもしれません。

しかしながら、第4アービトラージシステムのリスクについて、 販売ページの、どこにも触れられていません。 仮に損切りをしない手法であれば、 それなりの含み損を抱えるリスクがあります。 損切りしなければ、最悪の場合、口座破綻リスクも想定されます。 しかし、販売ページに書いてあることは、 この手法が対策を講じられる可能性がある、という程度です。 1度でも負ければ全額返金保証と謳っていますが、 負けたときは、このロジックが崩壊したとき、 つまり口座破綻するときと思われます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる