外為オプション取引

本質的価値の定義

本質的価値の定義
東京・中野の丸井グループ本社2 階にあるワークラウンジスペースにて。後ろの棚には青井氏の推薦図書などが置かれている。
Photo =勝尾 仁

【「シン・ウルトラマン」評論】古典の現代的反復が「ウルトラマンとは何か?」を定義づける

「ウルトラマンとは何か?」を定義づける

「ウルトラマンとは何か?」を定義づける

DVD・ブルーレイ

Powered by

シン・ゴジラ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]

シン・ゴジラ DVD[DVD]

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu. [Blu-ray/ブルーレイ]

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu. [Blu-ray/ブルーレイ]

関連ニュース

「シン・ウルトラマン」斎藤工×長澤まさみ×西島秀俊が繋ぐ、現代の“子ども心”に向けた創造のバトン

斎藤工、長さ60メートルのレッドカーペットに圧倒! 「シン・ウルトラマン」出演者が雨の歌舞伎町ゴジラロードに“降着”

「シン・ウルトラマン」緊迫の“82秒”予告映像が初披露! 極秘資料「ウルトラマン抹殺計画」の存在も…

「シン・ウルトラマン」禍威獣、外星人、ウルトラマン抹殺計画、メフィラス……最新特報で新事実発覚

「シン・ウルトラマン」斎藤工らが所属するのは「禍特対(カトクタイ)」! キャラクター情報&場面写真12点披露

初代スーツアクター古谷敏が語る「シン・ウルトラマン」感想と「ウルトラマン」の思い出

オソレゾーン

映画.com注目特集

ベイビー・ブローカーの注目特集

鬼が笑うの注目特集

エリザベス 女王陛下の微笑みの注目特集

ナワリヌイの注目特集

PLAN 75の注目特集

ショーシャンクの空に 4Kデジタルリマスター版の注目特集

ザ・ロストシティの注目特集

ALIVEHOON アライブフーンの注目特集

シネマ映画.comで今すぐ見る

おすすめ情報

【2週間無料トライアル】ディープでマニアックな世界中のホラー映画・TVシリーズ、オリジナルビデオや短編作品が≪見放題≫

  • フォトギャラリー

セレブの水着ショット2019

ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行

エリザベス 女王陛下の微笑み

炎の少女チャーリー

大崎清夏

シネマ映画.comスタッフ

ニュースメール

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

野中郁次郎の経営の本質 丸井グループ 代表取締役社長 CEO 青井 浩氏

w168_keiei_01.jpg

東京・中野の丸井グループ本社2 階にあるワークラウンジスペースにて。後ろの棚には青井氏の推薦図書などが置かれている。
Photo =勝尾 仁

丸井グループ 代表取締役社長 CEO 青井 浩氏
Aoi Hiroshi
1961年東京都生まれ。1983年慶應義塾大学文学部卒業。1986年丸井(現・丸井グループ)入社。1991年取締役営業企画本部長、1995年常務取締役営業本部副本部長兼営業企画部長、2004年代表取締役副社長などを経て、2005年4月より現職。丸井は祖父、青井忠治が創業し、父、忠雄が2代目、そして本人が3代目社長を務める。2020年10月より世界経済フォーラム Global Future Council On Japan メンバー。オフタイムは生け花や瞑想、読書などをして過ごす。

多様なステークホルダーを想定した共創経営

月賦という言葉をクレジットに

w168_keiei_02.jpg

Photo =丸井グループ提供

信用はお客さまと共につくる

w168_keiei_03.jpg

Photo 本質的価値の定義 =勝尾 仁

Nonaka's view
小売・金融一体の二項動態経営
多様な関係性から知を紡ぐ

野中郁次郎氏 一橋大学名誉教授 Nonaka Ikujiro 1935年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。カリフォルニア大学経営大学院博士課程修了。知識創造理論の提唱者でありナレッジマネジメントの世界的権威。2008年米経済紙による「最も影響力のあるビジネス思想家トップ20」にアジアから唯一選出された。『失敗の本質』『知識創造企業』など著書多数。

本質的価値の定義

#ブランディングを起点とすると、「PR」の本質が見えてくる。 | 事業変革のヒントが見つかるリブランディングマガジン

  • 本質的価値の定義
  • #ブランディングを起点とすると、「PR」の本質が見えてくる。

ブランディングを起点とすると「PR」の本質が見えてくる(リブランドならYRK&)(BtoBブランディング)

そもそも PRとは?

ブランディングを起点とすると、「PR」の本質が見えてくる_image01(リブランドならYRK&)(BtoBブランディング)

そもそも PRは、1775 年に始まったアメリカの独立戦争が起源とされています。かつてイギリスの植民地であったアメリカが独立するためには、民衆と想いを共有し、共に行動を起こすことが必要であり、世の中との関係構築を実現しなければならなかったのです。ここから、PRという概念が生まれました。元々政治的な要素が強かった PRですが、歴史を重ねていくうちに、マーケティングの一部となったのです。

世界のPRと日本のPRの違い

2-1 世界のPRの捉え方

こうした時代背景からアメリカは、いち早く PRをビジネスにうまく取り入れ、経済発展を実現させた国の一つです。マーケティングの世界で広告代理店が主に最前線に立っている日本に対し、アメリカでは PR会社が最前線に立っています。世界的にファンが多いブランドや世界的企業を数多く輩出しているアメリカではPRという戦略が非常に重要視されているのです。

UXデザインのリーディングカンパニーに聞く、UXの本質的な役割

土屋:まず、当事者意識を持っていただくことが重要です。方法は状況に応じてさまざまですが、例えばユーザーインタビューに担当者も同席してもらい、ユーザーの生の声を聞いていただく機会を設けるなどです。市場調査やユーザーニーズをパワポにまとめて説明するだけでは、残念ながら事業に魂は乗りません。事業の責任を持つ人がユーザー側に身を置き、ニーズを肌で感じたからこそ、可視化・構造化された資料にも腹落ちできるのです。

グッドパッチのユーザーインタビュー

筧:自分で体感したニーズに加えて、情報として整理されたニーズが積み上がると納得感が得られますし、事業をやる意義をジブンゴトとして捉えられるようになりますよね。

土屋:はい。そのためには、僕たちもプロジェクトにフルコミットし、膝を突き合わせて議論を交わさないといけません。単なる受注請負ではなく、課題に併走するデザインパートナーとしてコミットするからこそ、事業の設計段階からデザイナーを参加させたり、ユーザー起点で事業を設計・デザインしたりする文化を根付かせることができるのだと思います。

筧:確かに、グッドパッチの仕事は請負というより「共創」というイメージです。

土屋:サントリー食品インターナショナルの新規事業プロジェクト「SUNTORY+」も、最初は「ヘルスケア領域でサントリーのアセットを生かしたサービスをつくる」といった大枠しか決まっていませんでした。

SUNTORY+

筧:企業でDXや新規事業が実現しない要因のひとつに、短期的な事業成果を求めてしまうところがあると思います。社会的インパクトと事業的インパクトを長期的な視点で検討し、投資を実行する。これが社会に新しい価値を創出するためには必要ではないでしょうか。


2社で大きな社会インパクトを起こしたい

筧:これまで述べてきたように、ビジネスの潮流はUXなしでは成立し得ない状況です。そんな中、UXを起点としたサービスデザインと、事業成長のマーケティング戦略を一気通貫で提供する、電通とグッドパッチの共同プロジェクト「X Design Partner」がスタートしました。土屋さんはどのような期待を抱いていますか?

Goodpatch X Dentsu

土屋:当社が得意とするUI/UXデザインやサービス開発の領域と、電通が得意とする広告PRやグロース戦略の領域。これらを掛け合わせることで新たな可能性が開けると思っています。

筧:まだ始まったばかりですが、両社の強みを一気通貫で提供することに、大きなニーズがあると感じています。対等な関係でシナジーを生みながらプロジェクトを発展させていけたらうれしいです。

土屋:僕らのような会社をイコールパートナーとして認めていただけるなんて、ひと昔前は考えられませんでした。今までとは違うことが起こりそうだとワクワクしています。

筧:ものすごく大きなプレッシャーを受けたつもりでいます(笑)。世の中がアッと驚くような代表事例をクライアントと共につくれるように頑張ります。本日はありがとうございました!

野中郁次郎の経営の本質 丸井グループ 代表取締役社長 CEO 青井 浩氏

w168_keiei_01.jpg

東京・中野の丸井グループ本社2 階にあるワークラウンジスペースにて。後ろの棚には青井氏の推薦図書などが置かれている。
Photo =勝尾 仁

丸井グループ 代表取締役社長 CEO 青井 浩氏
Aoi Hiroshi
1961年東京都生まれ。1983年慶應義塾大学文学部卒業。1986年丸井(現・丸井グループ)入社。1991年取締役営業企画本部長、1995年常務取締役営業本部副本部長兼営業企画部長、2004年代表取締役副社長などを経て、2005年4月より現職。丸井は祖父、青井忠治が創業し、父、忠雄が2代目、そして本人が3代目社長を務める。2020年10月より世界経済フォーラム Global Future Council On Japan メンバー。オフタイムは生け花や瞑想、読書などをして過ごす。

多様なステークホルダーを想定した共創経営

月賦という言葉をクレジットに

w168_keiei_02.jpg

Photo =丸井グループ提供

信用はお客さまと共につくる

w168_keiei_03.jpg

Photo =勝尾 仁

Nonaka's view
小売・金融一体の二項動態経営
多様な関係性から知を紡ぐ

野中郁次郎氏 一橋大学名誉教授 Nonaka Ikujiro 1935年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。カリフォルニア大学経営大学院博士課程修了。知識創造理論の提唱者でありナレッジマネジメントの世界的権威。2008年米経済紙による「最も影響力のあるビジネス思想家トップ20」にアジアから唯一選出された。『失敗の本質』『知識創造企業』など著書多数。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる