FXの口座開設

ダブルトップとダブルボトムとは

ダブルトップとダブルボトムとは
もっちゃん

FXチャートパターンの種類と本当の鉄板ポイントを紹介します!

もっちゃん

もっちゃん

今回は、 チャートパターン について書いていきたいと思います。

しかし、 実際にトレードしてみると思ったようにいかない・・・ なぜ?

もっちゃん

もっちゃん

もっちゃん

  • 機能しやすい場面
  • ダウ理論と相場の大衆心理の面
  • 各チャートパターンの一般的な使い方
  • チャートパターンの本質

もっちゃん

FXチャートパターン① Wトップ・Wボトム

最初は、みんな大好き Wトップ ・ Wボトム 。反転パターン ですね。

  1. ネックラインブレイク
  2. ネックラインレジサポ転換

Wトップ・Wボトムが機能しやすい場面

WトップWボトムは反転のパターンなので、 上位足の重要なライン付近 で発生すると 長期と短期の足並みが揃うので反転の確率が高まります。

大衆心理で見ると

  • ネックラインブレイク=赤①で買ってた人の損切り注文(売り注文)+青①②からの売り圧力
  • ダブルトップとダブルボトムとは
  • ネックブレイク後のレジサポ転換=赤①で買ってた人が含み損を抱えて、建値まで戻ってきて決済(売り注文)

ダウ理論で見ると

ダウ理論で見る場合、WトップやWボトムができても 押し安値や戻り高値を抜けていない ことが多いです。

つまりトレンドが継続中なので、 目線が変わっていない状態 です。

FXのダウ理論とは?どこよりもわかりやすく本当の使い方教えます! 絶対に外せないテクニカル分析はこれだ! こんにちは!もっちゃんです! 今回はFXにおけるダウ理論について話していきたいと思います。 ・ダウ理論って何?・ダウ理論っ…

FX本には載ってない?ダブルトップとダブルボトムの本当の使い方はこれだ! ダブルトップとダブルボトムとは 本には載ってないダブルボトムトップがここにはある 今回は、みんな大好きダブルトップ・ダブルボトムについて書いていきたいと思います。 ・ダブルボトム・ダブルトッ…

FXチャートパターン②ヘッドアンドショルダートップ・ボトム

  1. ネックラインブレイク
  2. ネックラインレジサポ転換

ヘッドアンドショルダートップ・ボトムが機能しやすい場面

大衆心理で見ると

  • ネックラインブレイク=赤①②の買いポジションの損切り(売り)+上からの青①②の売り圧力
  • ネックラインレジサポ転換=赤①②の買いポジションの含み損を建値まで戻ったところで決済(売り)

ダウ理論で見ると

つまり、Wトップ・ボトムより 非常に優位性が高くなる ということ。

FXチャートパターン③ 上昇フラッグ・下降フラッグ

上昇・下降フラッグが機能しやすい場面

大衆心理で見ると

赤①②③買い VS 青①②③売り で、直前は上昇してきているので 上有利 。

ダウ理論で見ると

考え方は人それぞれですが、 本質 を掴むことによって、 優位性が高い場所・理由 などがわかるので、 自信を持ってエントリーできる ということにも繋がります。

FXチャートパターン④ 上昇ペナント・下降ペナント

フラッグとの違いは、 高値切り下げ 安値切り上げ で、徐々に値幅が小さくなっているということ。エントリーはもみ合い抜けの矢印。

上昇・下降ペナントが機能しやすい場面

大衆心理で見ると

基本は上昇フラッグと同じで、違う所は 安値も切り上げている ところ。つまりフラッグよりも、買い圧力が強いので上に抜けた場合は上がりやすい。

ダウ理論で見ると

FXチャートパターン⑤ 上昇トライアングル・下降トライアングル

別名、 アセンディングトライアングル ・ ディセンディングトライアングル とも呼ばれています。

もっちゃん

今まで紹介した継続のチャートパターンよりも、 大衆心理とダウ理論で見ても意識されるポイント になるので、優位性が高いと思います。

上昇・下降トライアングルが機能しやすい場面

他の継続チャートパターンと同じく、 近くに長期のサポートやレジスタンスがないところ での出現が優位性が高い。

大衆心理でみると

ダウ理論で見ると

つまり上昇・下降トライアングルは、 大衆心理 でも ダウ理論 でも、ブレイクした時に伸びる確率が高いと思います。

FXのチャートパターンのまとめ

そうすることで ダブルトップとダブルボトムとは トレードにも自信が持てる ようになるはずです。

もっちゃん

ダブルボトムってなに?株式のチャートパターン (投資初心者向け)

ダブルボトム チャートパターン テクニカル分析 底 株価

資産形成

  • 株を買うタイミングが分からない
  • 財務がわからないが株を始めていて何かしら判断をしたい

テクニカル分析 ダブルトップとダブルボトムとは ダブルボトムとは?

株式の「ダブルボトム」って何?どんな形のチャート?

  • 1度目の下落からいったんは株価が回復し、1つめの底を描きます。上の①~②
  • その後再下落、再び上昇に転じることで2つめの底を描きます。③~④

「ダブルボトム」の買いポイント。オニールの成長株発掘法でのチェックポイント

  • Wの真ん中の高い山を越えるポイントが買いポイント
  • 前提として2つめの底は1つ目の底と同じか、やや(1~2%程度)明確に下回る

「ダブルボトム」の形成にかかる期間は1か月以上。 ジョン・J・マーフィーのテクニカル分析

「ダブルボトム」は反転シグナル。下落時のダブルボトムを注目。

ダブルボトムを覚えると「無造作にW型のチャートを探し、危機感を覚える」

「窓を開ける、空けた窓を埋めに行く」とは。チャートでわかる 株式用語のカンタン解説

2021年8月22日のじっちゃまライブ 預金封鎖とは?

2021年8月22日のじっちゃまライブです。 本記事は情報の整理を目的としており、特定の銘柄や取引を推奨する目的はございません。投資にはリスクを伴いますので、自己責任でお願いします。 かなり言葉を省略しています。細かいニュアン.

じっちゃまライブ2021年2月15日ARKインベストメントの投資スタイルについて

世界各国のGDP成長率の予測 2022年4月版

2022年4月発表の IMFのレポート より世界各国のGDP成長率の予想について記載いたします。 2021年と2027年の6年間のGDP成長率について記載しています。 2021年10月版の記事 ダブルトップとダブルボトムとは も作成してます。 本記事を読むにあたってのご確認 本記事はGDP予想を2022年4月24日段階で調べたものを掲載しています

【米国株】セクターETFと構成銘柄上位10銘柄紹介

じっちゃまメモ2021年7月28日

「北野誠のトコトン投資やりまっせ。」7月28日 - YouTubeでの広瀬隆雄さん登場シーンの備忘メモです。ざっくりとしたメモになっています。詳しくは番組をご確認ください。 本記事は情報の整理を目的としております。 .

FXの重要なトレンド転換シグナル「リバーサルパターン」6種類とトレード戦略とは

FXの重要なトレンド転換シグナル「リバーサルパターン」6種類とトレード戦略とは

ダブルトップ ダブボトム

ダブルトップ/ボトムは、同じ価格水準で高値(安値)を二度付けたあと、ネックラインをブレイクしトレンドが反転する、 M 字(W字) を描くリバーサルパターンです。

ダブルトップ/ボトムのエントリータイミング

  • ①ダブルトップを想定したショート
  • ②ネックラインをブレイクしたタイミングのショート(ブレイクアウト)
  • ③ネックラインがレジスタンスラインに切り替わったタイミングのショート(ロールリバーサル)

2.トリプルトップトップ/ボトム

トリプルトップ トリプルボトム

トリプルトップ/ボトムは、同じ価格水準で 高値(安値)を三度付けてネックラインをブレイク し、トレンドが反転するパターンです。

トリプルトップトップ/ボトムのエントリータイミング

  • ①トリプルボトムを想定したロング
  • ②ネックラインをブレイクしたタイミングのロング(ブレイクアウト)
  • ③ネックラインがサポートラインに切り替わったタイミングのロング(ロールリバーサル)

3.ヘッドアンドショルダーズトップ/ボトム

ヘッドアンドショルダーズトップ ヘッドアンドショルダーズボトム

ヘッドアンドショルダーズは、三度高値(安値)を付けたうち、 ダブルトップとダブルボトムとは 中心が最高値(最安値) となっているリバーサルパターンです。

ヘッドアンドショルダーズは、天井圏(底値圏)で高値掴み(安値掴み)を行った市場参加者のストップロス(損切り)が発生するため、 トレンドの反転を強く示唆 しています。

ヘッドアンドショルダーズトップ/ボトムのエントリータイミング

  • ①ヘッドアンドショルダーズを想定したショルダーラインのロング
  • ②ネックラインをブレイクしたタイミングのロング(ブレイクアウト)
  • ③ネックラインがサポートラインに切り替わったタイミングのロング(ロールリバーサル)

ボックスレンジ

レンジには様々な形状のものがありますが、特にリバーサルパターンとして現れやすいレンジに 「ダイヤモンド・フォーメーション」 というひし形のレンジパターンがあります。

レンジのエントリータイミング

  • ①トレンドの反転を想定したレンジ内のショート
  • ②ネックラインをブレイクしたタイミングのショート(ブレイクアウト)
  • ③ネックラインがレジスタンスラインに切り替わったタイミングのショート(ロールリバーサル)

5.スパイクトップ/スパイクボトム

スパイクトップ スパイクボトム

スパイクは、急騰(急落)したあとに V字 を描き、トレンドが反転するリバーサルパターンです。

スパイクはトレンドの終盤で異常な過熱を伴った出来高の急増により発生し、 それ以上は出来高が増加しない ことを表しています。

スパイクトップ/ボトム形成時のエントリータイミング

  • ①スパイクを想定したロング。
  • ②ネックラインをブレイクしたタイミングのロング。
  • ③ネックラインがサポートラインに切り替わったタイミングのロング。

6.ラウンドトップ/ボトム

ラウンドトップ/ボトムは、明確な波形をつくらず徐々に反転する、 半円型 のリバーサルパターンです。

カップアンドハンドル

Wトップ・Wボトムとは? 為替・金融FX用語解説


図を見たほうが早いとは思いますが。

Wトップは、上昇トレンドの終わり。
Wボトムは、下降トレンドの終わり。


Wトップと同じように真ん中の曲がり角のところに水平ラインを引いて、それを超えたら「Wボトム完成」です。

Wトップ・WボトムはーFXでどう使われているか


どちらも、最後にネックラインを超えたらはじめて「完成」ということになります。

たまたま上の図はネックラインを過ぎてずっと同じ方向に向かっていますが、いつもこんなにうまくいくとは限りません。

上の図は、スイスフラン/ノルウェークローネの4時間足です。
こんなふうにWトップやWボトムみたいに見えてもすぐに反対に向かってしまい、テクニカル分析どころではありません。

Wトップ・Wボトムは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?


チャートの形全体を見て判断するテクニカルですので、「1分後に上」とかのバイナリーオプションで直接使うことはありません。

でも、全体の流れを見ていて「Wトップ」「Wボトム」ができそうになったときにはチャンスを見極めるために使えます。上の図だと2回目にはねるところを狙って「上」ということはできます。


それから、FXのときに考えた「完成」するかどうかですが、バイナリーオプションでラインに当たって跳ね返るのを狙う人には、キホン関係ありません。
逆にトレンドを追いかけて、トレンドと同じ方向を買いたい人は、いちおう「完成するかどうか」を見ておいたほうが良いと思います。

Wトップ・Wボトム何時間足が使いやすい?

Wトップ・Wボトムまとめ

Wトップ・Wボトムに関係する専門用語解説


Wトップ・Wボトム・・チャートがWの字みたいになってから、トレンドが反転すること。
ネックライン・・Wトップとかの基準になる大切な線。Wの真ん中のへこみの終わったところに引く。上の図を参考にしてください。

反転型チャートパターン

ヘッドアンドショルダーの例

高値安値を切り上げながら上昇トレンドが続いて来たが、次第に勢いを失いかける場面を考えてみましょう。A点で高値を付けて、B点まで押し目を付けました、ここまでは上昇トレンドの中の動きと判断できます。
その後、C点で高値を付けた時に、A点の高値を大きく更新できませんでした、そして、D点で押し目を付ける過程で上昇トレンドラインをブレイクしてしまいました。
その後トレンドが継続するのであれば、C点の高値を上抜けて行く値動きが必要ですが、そこまでの勢いは見られず、上昇トレンドに変調を来していることが見受けられます、高値はE点止まりとなりました。
そして、B点とD点を結ぶネックラインをブレイクしてヘッドアンドショルダーのパターン完成です。

逆(リバース)ヘッドアンドショルダー

逆(リバース)ヘッドアンドショルダーの例

3.トリプルトップ・トリプルボトム

・トリプルトップ

トリプルトップの例

・トリプルボトム

トリプルボトムの例

4.ダブルトップ・ダブルボトム

・ダブルトップ

ダブルトップの例

・ダブルボトム

ダブルボトムの例

5.ラウンドトップ・ラウンドボトム

ラウンドトップとラウンドボトムはソーサー(皿)トップ、ソーサーボトムとも呼ばれます。
上記3つのチャートパターンに比べると頻度は低いのですが、下値を固め、上値を固めてから、次のトレンドがゆっくり発生するパターンなので見つけたら、じっくりトレンドに乗れる可能性があるので覚えておかれると良いと思います。
トレンドの終えんで、値動きが小さく長くトップの期間が続き、トップの期間後チャートの形状がお皿をかぶせたような形状がしているからそう呼ばれています。
ボトムでは、お皿で受け止めるようなチャートの形になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる