最高の暗号取引プラットフォーム

FXブローカーを見極めるための方法

FXブローカーを見極めるための方法
こちらの 「XM Trading」 さんがおすすめだ。

FXをこれから始める、信頼できるブローカーを探している方に「XM Trading」がおすすめ!

FXって考えることがいろいろとあってとっても難しいっキュ…

分かるぞ、FXはバックが多い分

その中の一つが 「ブローカー」 だ。

ぶろーかー?

ブローカーとは、簡単に言えばFXの取引の際に

介入する仲介業者のことを指します。

ブローカーも数多く存在しているが、

俺のオススメは 「XMTrading」 さんだな

あんまり聞いたことないけれどどんな会社なんだっキュ?

〇こちらの記事はこんな人におすすめです!

    FXにおけるブローカーについての知識に乏しく、詳しく勉強をしたい方

FX初心者でブローカーをどこにすればいいか悩んでいる…という方

「XM Trading」さんというブローカーについて、その魅力を知りたいという方

こちらの記事を読んで、ブローカーの知識と

1.FXにおけるブローカーとブローカーの役割について知りたい!

そもそもブローカーってどんなものなんだっキュ?

まずはそこからかよ…。

「FXで取引を行う際に、間に入って取引を行ってくれる仲介企業」

例えば銀行で直接金庫に俺たちがお金を入れて、

確かにっキュ

ところで、どこのブローカーさんが

直接的だな…次の項目で説明していくからしっかり聞けよ。

2.FX初心者、新規の口座開設のブローカーなら「XM Trading」さんがおすすめ!

こちらの 「XM Trading」 さんがおすすめだ。

XMTrading…?なんか横文字でカッコイイ感じだっキュ

まぁすごいのは名前だけじゃない

「XMTrading」のここがすごい!メリットや魅力について説明していく

そんじゃ、XMTradingの魅力や信頼できるポイントについて

はい!勉強させていただきますっキュ!

2-1.トレーダーのことを考えたブローカー、社員も丁寧に育成された人材のため信頼感高!

XMTradingの魅力の一つは 「人間との関わりを重んじている」 ところだ。

だからこそ、信頼できる相手と手を取り合って

だからこそ「XMTrading」は人間関係を重んじて、

◎ここがポイント!

・8か国語対応

・24時間、週5の個別対応カスタマーサービス

このような人間を重んじたスキルを

2-2.対応プラットフォームは怒涛の15種類!

次に、対応しているプラットフォームも魅力の一つだな

「XMTrading」では2種類の口座が存在している。

◎ここがポイント!

・MetaTrader4(以降MT4)

・MetaTrader5(以降MT5)

最高でなんと0pips!スプレッドなし!

スプレッドなしはすごいっキュね…

MT5はMT4にプロ向けの様々な機能を搭載

多様な分析ツールなども搭載しているため

ある程度FXの知識があって、

◎ここがポイント!

これならどこからでも取引が可能っキュね!

2-3.XMはボーナスがとにかく手厚い!

ぜひとも皆さんチャレンジしてみてほしいっキュ!

3.XM Traderさんの口座開設のやり方について簡単にまとまってるサイトはないの?

もしも興味を持ったのであれば、

特にFX初心者で口座開設でつまづいちゃう…と

ブローカーとは、間に入ってお金の取引を行ってくれる仲介業者のこと。会社によって特徴や強みなどが様々なため、自分に合った会社を選ぶ必要がある

FX初心者ならMetaTrader4、FXに慣れているならMetaTrader5での口座開設がおすすめ!

ぜひともこの記事を切っ掛けに

BigBossの口コミ評判

Big boss スプレッド


口座の種類によってスプレッドが異なります。

通貨ペア スタンダード口座 プロスプレッド口座
USD/JPY 1.5pips 0.4pips
EUR/JPY 1.9pips 0.6pips
GBP/JPY 2.5pips 1.0pips
EUR/USD 1.7pips 0.7pips
GBP/USD 2.2pips 1.2pips

スタンダード口座は、 取引手数料がかからないかわりに広めのスプレッド になっています。

プロスプレッド口座は、 取引手数料が往復$9かかるかわりに狭いスプレッド になっています。

BigBossの口座開設方法

Big boss 口座開設


公式サイトより口座開設をすることが可能です。

BigBossのログイン方法

口座開設時に自身で登録した「メールアドレス」と、口座開設時に届くメールに記載がある「パスワード」
を使用してログインすることが可能です。

BigBossの入金方法

Big boss 入金方法


入金方法は以下の7種類あります。

国内送金には 5万以上、海外送金は500ドル以上の入金で入金手数料が無料 になります。
国内送金が 5万以下の場合は、手数料1000円 かかってきますので、注意が必要です。

両建ての種類と各海外FX業者の対応について総まとめ|禁止されている両建て、禁止されていない両建てを徹底解説

海外FXの基礎知識

両建てのメリットとリスク

両建て取引のメリット

メリット1:損益を固定して相場を様子見できる

両建て取引は、先述したように 同じ通貨ペアのポジションを反対方向に同時に保有している状態 です。つまり、両建て取引をしている最中に損益幅は全く変化しないということになります。

決済するかどうか迷った際に両建てをしておけば、 損益を確保したまま戦略を練ることが可能 になり、その後の相場の流れに応じて一方を決済すれば、トレードをより有利に進めることができるというわけです。

両建て取引のメリット・・相場の様子見ができる

例)ドル円を110円で買いエントリーしている

メリット2 うねり取りができる

FX相場は、波のように一定のリズムで上下しながらトレンドを形成していきます。例えば、長期目線では上昇相場でも短期的に見れば下降トレンドになっているという場合がありますね。うねり取り取引は、この 波打つ現象を利用して、利益を得る取引方法 です。

両建て取引のメリット・・うねり取り取引ができる

両建てをする上で注意するポイント

相場の乱高下でどちらも損切りになってしまう

相場が乱高下するとロスカットの確率が高まる

相場のボラティリティが安定しているときであれば、両建てであっても一定の利益を狙うことが可能ですが、このように変動が激しく 相場のボラティリティが高い時には損失を拡大させる要因にもなってしまいます ので注意が必要です。

タイミングを見計らうのが難しい

両建て取引は、タイミングを見計らうのが非常に難しい取引手法と言えます。両建て中は損益幅が変化することはありませんが、 いざ片方を決済するというタイミングで想定とは違う動きになった場合、損失が発生してしまう 可能性があるためですね。せっかく両建てで戦略を練っても、このようなことになってしまっては台無しです。そのため決済タイミングにはかなり気を使う必要がでてきます。

2022年決定版!絶対おすすめしたい海外FX業者ランキングTOP18

メカックス

ロボックス師匠

1位~18位まで当サイト運営者が ガチ検証 してランキング付けをしています。FX業者の基本情報から 実際の使用感 FXブローカーを見極めるための方法 を簡潔に正直にお伝えしていくので、ぜひ最後までご参照ください。

海外FX業者 安全性 スプレッド サポート ボーナス 評判 詳細
5455口コミ詳細
3455口コミ詳細
FXブローカーを見極めるための方法 FXブローカーを見極めるための方法 5551口コミ詳細
5543口コミ詳細
4411口コミ詳細
4444口コミ詳細
4434口コミ詳細
3334口コミ詳細
3233口コミ詳細
4324口コミ詳細
4431口コミ詳細
4433口コミ詳細
3244口コミ詳細
3344口コミ詳細
4224口コミ詳細
3322口コミ詳細
2323口コミ詳細
1312口コミ詳細

2022年最新版|おすすめ海外FX業者18社の一覧表

FXブローカーを見極めるための方法 FXブローカーを見極めるための方法 FXブローカーを見極めるための方法 FXブローカーを見極めるための方法
安全性スプレッドボーナスレバレッジ約定力口コミ詳細

ライセンスあり ノースプレッド
口座は狭い
3種類 1000倍 高い 評判 > 詳細を見る

ライセンス多数 XMPを考慮
すると狭い
3種類 888倍 高い 評判 > 詳細を見る

ライセンスあり 全体的に狭い ボーナスなし 500倍 非常に高い 評判 > 詳細を見る

金融ライセンスと
信託保全あり
ECN口座が狭い 不定期開催 400倍 非常に高い 評判 > 詳細を見る

スポンサー提携 やや狭い ボーナスなし 無制限 2種類のNDD採用 評判 > 詳細を見る

ライセンスあり固定スプレッド 初回入金
ボーナス
400倍 やや不安定 評判 > 詳細を見る

信託保全 全体的に狭い 条件が厳しい 500倍 非常に高い評判 > 詳細を見る
ライセンスが
マイナー
やや狭い 利息3%あり 400倍 平均的 評判 > 詳細を見る
金融ライセンス
なし
口座による クッション機能
なしだが高額
3000倍 高い 評判 > 詳細を見る FXブローカーを見極めるための方法
金融ライセンス
なし
手数料が安い クッション機能
なし
3000倍 波がある 評判 > 詳細を見る
金融ライセンスと
信託保全あり
全体的に狭い ボーナスなしで
最低入金10万円
500倍 高い 評判 > 詳細を見る
ブローカー賞
多数受賞
やや狭い クッション機能
なしだが高額
1000倍 平均的 評判 > 詳細を見る
ライセンスが
マイナー
やや広め 取引ボーナス
あり
999倍 サーバーが
高スペック
評判 > 詳細を見る
ライセンスあり やや広め高額ボーナスあり 1000倍 平均的 評判 > 詳細を見る
経営破綻した
過去あり
やや広め 不定期開催 1000倍 サーバーが
高スペック
評判 > 詳細を見る
親会社が最難関
ライセンス所持
口座によって
かなり差がある
ボーナスなし 500倍 サーバーが
高スペック
評判 > 詳細を見る
日本語対応の
質が良くない
広い 口座の余剰金に
7%利子がつく
400倍 DMA方式採用 評判 > 詳細を見る
追証の可能性あり 口座による 不定期開催 500倍 スリッページが多い 評判 > 詳細を見る

メカックス

MT4を使ってバックテスト!設定や評価方法について解説

MT4バックテストのやり方

HOWTO

MT4バックテストのやり方

FXブローカーを見極めるための方法 チャートのチェックが難しい

トレードの機会損失を防ぎたい

自己ルールがはっきりしている

そんな方にはEAを使った自動売買をオススメします!!

EAって難しいんじゃないの?

①EA入手

②バックテスト

③フォワードテスト

④稼動

今回はMT4を使ったバックテストの方法について徹底解説!早速見ていきましょう!!

バックテストはデモ口座でやった方が良い

XMデモ口座

リアル口座とバックテスト用の口座は分ける事をオススメします。

管理人はバックテストにはXMのデモ口座を利用しています。すぐに開設できる上に取引環境がリアル口座と同じの為、そのままフォワードテストも行えるメリットがあります。また、口座の有効期限もありません。

EAはどうやって入手したらいいの?

EAは無料・有料・自作するのいずれかで入手しますが、今の世の中、Google先生に聞けばすぐに関連するEAを教えてくれます。

高機能なものは有料のモノが多いですが、必ずしも優秀とは限らないのがEAの難しいところです。要は 「どういった自動売買をしたいのか?」 が問題なので、フリーで間に合えばそれで充分といえます。

注意点として、フリーEAはバグなどが存在する可能性があります。

海外サイトで探せばフリーEAは多く見つかりますが、 必ずバックテスト を行いましょう!リアル口座で稼動させて予期せぬ動きがあってからでは遅いです。

MT4でバックテストをやってみよう!

バックテストとは、過去のレートを使いEAを適用・稼動させてどういった結果を残すのか検証する事をいいます。

後述しますが、検証後にEAの成績が発行されます。 運用に値するかどうかはこの成績によって判断 されます。

ヒストリカルデータを入手

過去の為替レートをデータ化したものを ヒストリカルデータ といいます。通常は通貨ペアのレートが数年分まとめらているデータファイルとなっています。

ヒストリカルデータの入手場所

① FX業者独自のヒストリカルデータ

② MetaQuotes社のヒストリカルデータ

③ FXDDのヒストリカルデータ

ヒストリカルデータをMT4に組み込む

①データダウンロード

②自動化有効

③.hstファイル削除

④.hstファイル追加

⑤全てのデータ足作成

FXDDのヒストリカルデータ

エキスパートアドバイザー設定

ヒストリー内の最大バー数

バー数が多いとMT4が重くなるのでリアル口座では少ない方が良いです。バックテストは過去のデータを参照する必要があるのでMAXにしておくことが望ましいんですね!

.hstファイルはヒストリカルデータが格納されているファイル のことで、MT4を開いていると勝手に作成されます。

データフォルダを開く

ここで一旦MT4を閉じてください(.hstファイルの自動生成を防ぐため)

.hstファイル

バックテストしたい通貨ペアの.hstファイルを全て削除します。

自動生成されたティックデータ

EURUSDの1分足をチェック!

MT4を起動すると 自動的に直近のバーデータが生成 されます。テスト期間を調整すれば問題はありませんが、ダウンロードしたFXDDとの間に期間の抜けが発生するので一応削除しておきましょう。

FXDDの.hstファイル

今作ったのは1分足のティックデータのみです。ここから5分足~月足のデータを作成します。

Period Converter ALL

MT4付属の「Period Converter」で作成できますが、1つずつ作る必要があり面倒です。「Period Converter ALL」というスクリプトが無料配布されているのでこちらを使いましょう!

ナビゲーターから【スクリプト】→【perido_converter_ALL】をEUR/USDの 1分足 チャートにドラッグ&ドロップ。

EURUSD全てのヒストリカルデータ

ストラテジーテスターの使い方

ストラテジーテスターの設定方法

ストラテジーテスター設定方法

バックテストはストラテジーテスターというMT4の機能を使って実行します!

① エスキスパートアドバイザー

② 通貨ペア

③ モデル

④ 期間を指定

⑤ ビジュアルモード

⑥ 期間

⑦ スプレッド

⑧ 最適化

証拠金の設定

収支を確認するために証拠金などの設定もしておきましょう

パラメーターの入力

【パラメーターの入力】から EAのパラメーター が設定できます。

サンプルEAで自動売買を実行

ストラテジーテスター設定方法

① エキスパートアドバイザー

② 通貨ペア

③ モデル

④ 期間を指定

⑤ ビジュアルモード

⑥ 期間

⑦ スプレッド

⑧ 最適化

⑨ パラメーター値

以上を設定したら 【スタート】を押してバックテストを開始 します。スタート横の緑バーが右端までいったらバックテスト終了です!

バックテスト後の成績評価について

バックテストの後に成績表が発行されます。 成績評価は見る項目が多く、評価の仕方は人それぞれです。

結果

グラフ

レポート

成績評価の要 。純益、ドローダウン、プロフィットファクタなどを確認。

ストラテジーテスターレポート

様々な統計を確認できますが、 赤枠で囲んだ統計はより重要 です。各データの内容は以下の通り

モデリング品質

不整合チャートエラー

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ = 総利益 ÷ 総損失。 1.0以上だと利益をだせるEA、1.0未満だと利益をだせないEA と簡単に理解できる。バックテストの設定によって変化するが、当然ながら1.0未満のEAは使い物にならない。

期待利得

1回のトレードあたりの損益(平均値)。期待利得 = 純利益 ÷ トレード回数

絶対ドローダウン

最大ドローダウン

バックテスト期間中に 最も大損した金額

相対ドローダウン

バックテスト期間中に 最も大損した割合

総益や純利益よりも プロフィットファクタの方がより重要な指標 になります!!

A → PFは2.FXブローカーを見極めるための方法 0

B → PFは5.0

Bのレバレッジを10倍にしてやれば 純利益100万の純損失20万 になりますよね?AのEAより利益が30万円も上乗せされている事が分かります。

このように 利益よりプロフィットファクタを見た方が正しい評価 に繋がるわけです!

また、 ドローダウンは単利運用と複式運用 で重視すべき項目が違います。

単利と複利

単利なら最大ドローダウン、複式なら相対ドローダウンを重視すべきです。というのも単利は固定ロットで運用されるのに対して複利は損益に合わせてロット数が変化します。

複利で元金が大きくなればなるほど、必然的に利益も損失も大きくなります。

そのため金額よりも 相対ドローダウンの比率を見た方が正当な評価 につながります。

自動売買の最適化で時間短縮!

そんな時は最適化を使いましょう!

ストラテジーテスターの 最適化にチェックを付けると様々なパラメーターを利用してバックテスト が実行されます。パラメーターを複数組み合わせることができますが、数が多すぎると極端にテスト時間が掛かるのでご注意ください。

最適化の設定方法

これによって明らかに悪い結果を試行から除外してくれるため、テストが高速化します。

最適化の設定方法

パラメーターの設定項目はEAごとに異なります。

基本はチェックを付けてスタート(初期値)、ステップ(増加)、ストップ(最後値)を設定です。上画像だとLotsのパラメーターをスタート0.1、ステップ0.1、ストップ0.6に設定しています。「0.FXブローカーを見極めるための方法 1から0.6まで0.1刻みの値を全てテスト」という意味で、全部で6パターンですね。

続いて 何に最適化するか? を設定します。

例えば【利益】と【ドローダウン】にチェックを入れると、先ほど設定したパラメーターの組み合わせを色々変えながら、 利益とドローダウンが最も良くなるパラメーター値を出力 してくれます。

最適化の実行と結果

最適化した上でのバックテスト

自動的に パラメーターの組み合わせによる結果を出力 してくれます。

パラメーターごとの結果

最適化グラフ

パラメーターの組み合わせはパスとして管理されています。(番号管理)

バックテストの問題点

①スリッページを考慮していない
②スプレッドの拡がり考慮していない
③リクオートを考慮していない
④設定次第でいくらでも良い結果が得られる

期間や時間足を変えると大抵ボロボロの結果になります(^▽^;)

重要なのは、「この状況なら得意」「この状況は苦手」というように EAの得意不得意(性質)をしっかり理解すること です!

EAはただ使えば良いわけではなく、トレーダーの使い方が重要になってきます。

EA稼働にはVPSを使った方がいい

VPS使ってる?

バックテストの次は フォワードテストで す。

VPSとは、MT4/5がインストールできるWindowsサーバーの事をいいます。本気で自動売買で運用を考えている方は検討してみると良いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる