外国為替市場

キャッシュマネージメントシステム

キャッシュマネージメントシステム

Windows 11でメモリをクリアする方法

あなたは彼らが現在使用されているとして、いくつかのファイルを削除することはできませんと言ってプロンプトが表示される場合があり、いくつかのバックグラウンドサービスやアプリがそれらを使用しているかもしれないので、それは全く問題ありません。今、 “キャッシュマネージメントシステム すべての現在のアイテムに対してこれを行う “の前にあるチェックボックスをクリックし、 “スキップ “ボタンをクリックして、そのままファイルを残す.

4.ブラウザのキャッシュをクリアする

Microsoft Edgeでキャッシュをクリアする

その後、Edgeウィンドウでキーボードの Ctrl+H キーを一緒に押します。これにより、画面にフライアウト・メニューが表示されます。ここで、フライアウトメニューの右上にある「省略記号」アイコンをクリックし、オーバーフローメニューにある「閲覧データの消去」オプションをクリックして続行します。すると、Microsoft Edgeに別のタブが表示されます。

Google Chromeのキャッシュをクリアする

Google Chromeのキャッシュクリアは、Microsoft Edgeと同様の手順ですが、いくつかの追加手順があります。

Google Chromeからキャッシュをクリアするには、まず、スタートメニューに向かい、メニューにChromeと入力して検索を実行します。次に、検索結果から、「Google Chrome」タイルをクリックして、アプリを開きます。

Mozilla Firefoxからキャッシュを消去する

余分なステップと他の2つのブラウザとは少し異なるタブであるプロセスのカップルがあるかもしれません, しかし, それはまだ非常に簡単で、従うのは簡単です.

5.オプション機能をアンインストールして空き容量を確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルメニューをクリックして存在 ‘ピン留めアプリ’ セクションを続行する.キャッシュマネージメントシステム それ以外の場合は、メニューに「設定」と入力して検索を実行します。または、キーボードのWindows+Iキーを押して、デバイス上でアプリを開くこともできます。

6.未使用の言語を削除してメモリを確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルをクリックして存在 ‘ピン留めされたアプリ’ セクションを続行する.または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

7.検索インデックスの調整と検索データベースの再構築による空き容量の確保

これを行うには、まず、スタートメニューに向かい、「ピン留めされたアプリ」セクションの下に存在する「設定」アイコンのタイルをクリックして続行します。または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

8.Storage Senseを使用してメモリを自動的にクリーンアップする

PCの最高のパフォーマンスを維持するために、システムからメモリを消去するたびに手作業をしたくない場合、Windows 11 PCでStorage Senseを有効にすると、非常に賢い決断であることが証明されます。

基本的に、Storage Senseは、PCの空き容量が少なくなったときにストレージ・ドライブを自動的にクリーンアップし、さらに、一時システム・ファイルやアプリ・ファイルをクリーンアップすることもできます。さらに、Windows 11 PCでStorage Senseを定期的に実行するようにスケジュールを設定することもできます。ただし、スケジュールを設定する前に、まず、デバイスでストレージセンスを有効にする必要があります。

StorageSenseを有効にするには、スタートメニューに移動し、「ピン留めされたアプリ」セクションの下にある「設定」タイルをクリックします。それ以外の場合は、メニューに設定を入力して検索を実行することもできます。

次に、Storage Senseの定期的なスケジュールを作成したい場合は、「クリーンアップスケジュールを設定する」セクションに進みます。次に、「Storage Senseを実行する」オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックします。

次に、’Delete my キャッシュマネージメントシステム files in recycle bin if they have been there for over’ オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックし、システムからファイルを永久に削除するのに適した日数を選択します。

今、あなたはかなりの時間のために開いていないあなたの “ダウンロード “フォルダ内のファイルを削除したい場合は、 “彼らは以上のために開かれていない場合は、私のダウンロードフォルダにファイルを削除 “オプションの下に存在するドロップダウンメニューをクリックします。

好みに合わせて設定を行ったら、ページの下にある「Run Storage Sense now」ボタンをクリックしてウィザードをすぐに実行し、Storage Senseをコンピュータ上で実行させてコンピュータのメモリを解放します。

Windows 11でメモリをクリアする方法

あなたは彼らが現在使用されているとして、いくつかのファイルを削除することはできませんと言ってプロンプトが表示される場合があり、いくつかのバックグラウンドサービスやアプリがそれらを使用しているかもしれないので、それは全く問題ありません。今、 “すべての現在のアイテムに対してこれを行う “の前にあるチェックボックスをクリックし、 “スキップ “ボタンをクリックして、そのままファイルを残す.

4.ブラウザのキャッシュをクリアする

Microsoft Edgeでキャッシュをクリアする

その後、Edgeウィンドウでキーボードの Ctrl+H キーを一緒に押します。これにより、画面にフライアウト・メニューが表示されます。ここで、フライアウトメニューの右上にある「省略記号」アイコンをクリックし、オーバーフローメニューにある「閲覧データの消去」オプションをクリックして続行します。すると、Microsoft Edgeに別のタブが表示されます。

Google Chromeのキャッシュをクリアする

Google Chromeのキャッシュクリアは、Microsoft Edgeと同様の手順ですが、いくつかの追加手順があります。

Google Chromeからキャッシュをクリアするには、まず、スタートメニューに向かい、メニューにChromeと入力して検索を実行します。次に、検索結果から、「Google Chrome」タイルをクリックして、アプリを開きます。

Mozilla Firefoxからキャッシュを消去する

余分なステップと他の2つのブラウザとは少し異なるタブであるプロセスのカップルがあるかもしれません, しかし, それはまだ非常に簡単で、従うのは簡単です.

5.オプション機能をアンインストールして空き容量を確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルメニューをクリックして存在 ‘ピン留めアプリ’ セクションを続行する.それ以外の場合は、メニューに「設定」と入力して検索を実行します。または、キーボードのWindows+Iキーを押して、デバイス上でアプリを開くこともできます。

6.未使用の言語を削除してメモリを確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルをクリックして存在 ‘ピン留めされたアプリ’ セクションを続行する.または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

7.検索インデックスの調整と検索データベースの再構築による空き容量の確保

これを行うには、まず、スタートメニューに向かい、「ピン留めされたアプリ」セクションの下に存在する「設定」アイコンのタイルをクリックして続行します。または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

8.Storage Senseを使用してメモリを自動的にクリーンアップする

PCの最高のパフォーマンスを維持するために、システムからメモリを消去するたびに手作業をしたくない場合、Windows 11 PCでStorage Senseを有効にすると、非常に賢い決断であることが証明されます。

基本的に、Storage キャッシュマネージメントシステム Senseは、PCの空き容量が少なくなったときにストレージ・ドライブを自動的にクリーンアップし、さらに、一時システム・ファイルやアプリ・ファイルをクリーンアップすることもできます。さらに、Windows 11 PCでStorage Senseを定期的に実行するようにスケジュールを設定することもできます。ただし、スケジュールを設定する前に、まず、デバイスでストレージセンスを有効にする必要があります。

StorageSenseを有効にするには、スタートメニューに移動し、「ピン留めされたアプリ」セクションの下にある「設定」タイルをクリックします。それ以外の場合は、メニューに設定を入力して検索を実行することもできます。

次に、Storage Senseの定期的なスケジュールを作成したい場合は、「クリーンアップスケジュールを設定する」セクションに進みます。次に、「Storage Senseを実行する」オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックします。

次に、’Delete my files in recycle bin if they have been there for over’ オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックし、システムからファイルを永久に削除するのに適した日数を選択します。

今、あなたはかなりの時間のために開いていないあなたの “ダウンロード “フォルダ内のファイルを削除したい場合は、 “彼らは以上のために開かれていない場合は、私のダウンロードフォルダにファイルを削除 “オプションの下に存在するドロップダウンメニューをクリックします。

好みに合わせて設定を行ったら、ページの下にある「Run Storage Sense now」ボタンをクリックしてウィザードをすぐに実行し、Storage Senseをコンピュータ上で実行させてコンピュータのメモリを解放します。

Windows 11でメモリをクリアする方法

あなたは彼らが現在使用されているとして、いくつかのファイルを削除することはできませんと言ってプロンプトが表示される場合があり、いくつかのバックグラウンドサービスやアプリがそれらを使用しているかもしれないので、それは全く問題ありません。今、 “すべての現在のアイテムに対してこれを行う “の前にあるチェックボックスをクリックし、 “スキップ “ボタンをクリックして、そのままファイルを残す.

4.ブラウザのキャッシュをクリアする

Microsoft Edgeでキャッシュをクリアする

その後、Edgeウィンドウでキーボードの Ctrl+H キーを一緒に押します。これにより、画面にフライアウト・メニューが表示されます。ここで、フライアウトメニューの右上にある「省略記号」アイコンをクリックし、オーバーフローメニューにある「閲覧データの消去」オプションをクリックして続行します。すると、Microsoft Edgeに別のタブが表示されます。

Google Chromeのキャッシュをクリアする

Google Chromeのキャッシュクリアは、Microsoft Edgeと同様の手順ですが、いくつかの追加手順があります。

Google Chromeからキャッシュをクリアするには、まず、スタートメニューに向かい、メニューにChromeと入力して検索を実行します。次に、検索結果から、「Google Chrome」タイルをクリックして、アプリを開きます。

Mozilla Firefoxからキャッシュを消去する

余分なステップと他の2つのブラウザとは少し異なるタブであるプロセスのカップルがあるかもしれません, しかし, それはまだ非常に簡単で、従うのは簡単です.

5.オプション機能をアンインストールして空き容量を確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルメニューをクリックして存在 ‘ピン留めアプリ’ セクションを続行する.キャッシュマネージメントシステム それ以外の場合は、メニューに「設定」と入力して検索を実行します。または、キーボードのWindows+Iキーを押して、デバイス上でアプリを開くこともできます。

6.未使用の言語を削除してメモリを確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルをクリックして存在 ‘ピン留めされたアプリ’ セクションを続行する.または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

7.検索インデックスの調整と検索データベースの再構築による空き容量の確保

これを行うには、まず、スタートメニューに向かい、「ピン留めされたアプリ」セクションの下に存在する「設定」アイコンのタイルをクリックして続行します。または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

8.Storage Senseを使用してメモリを自動的にクリーンアップする

PCの最高のパフォーマンスを維持するために、システムからメモリを消去するたびに手作業をしたくない場合、Windows 11 PCでStorage Senseを有効にすると、非常に賢い決断であることが証明されます。

基本的に、Storage Senseは、PCの空き容量が少なくなったときにストレージ・ドライブを自動的にクリーンアップし、さらに、一時システム・ファイルやアプリ・ファイルをクリーンアップすることもできます。さらに、Windows 11 PCでStorage Senseを定期的に実行するようにスケジュールを設定することもできます。ただし、スケジュールを設定する前に、まず、デバイスでストレージセンスを有効にする必要があります。

StorageSenseを有効にするには、スタートメニューに移動し、「ピン留めされたアプリ」セクションの下にある「設定」タイルをクリックします。それ以外の場合は、メニューに設定を入力して検索を実行することもできます。

次に、Storage Senseの定期的なスケジュールを作成したい場合は、「クリーンアップスケジュールを設定する」セクションに進みます。次に、「Storage Senseを実行する」オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックします。

次に、’Delete my files in recycle bin if they have been there for over’ キャッシュマネージメントシステム オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックし、システムからファイルを永久に削除するのに適した日数を選択します。

今、あなたはかなりの時間のために開いていないあなたの “ダウンロード “フォルダ内のファイルを削除したい場合は、 “彼らは以上のために開かれていない場合は、私のダウンロードフォルダにファイルを削除 “オプションの下に存在するドロップダウンメニューをクリックします。

好みに合わせて設定を行ったら、ページの下にある「Run Storage Sense now」ボタンをクリックしてウィザードをすぐに実行し、Storage Senseをコンピュータ上で実行させてコンピュータのメモリを解放します。

Windows 11でメモリをクリアする方法

あなたは彼らが現在使用されているとして、いくつかのファイルを削除することはできませんと言ってプロンプトが表示される場合があり、いくつかのバックグラウンドサービスやアプリがそれらを使用しているかもしれないので、それは全く問題ありません。今、 “すべての現在のアイテムに対してこれを行う “の前にあるチェックボックスをクリックし、 “スキップ “ボタンをクリックして、そのままファイルを残す.

4.ブラウザのキャッシュをクリアする

Microsoft Edgeでキャッシュをクリアする

その後、Edgeウィンドウでキーボードの Ctrl+H キーを一緒に押します。これにより、画面にフライアウト・メニューが表示されます。ここで、フライアウトメニューの右上にある「省略記号」アイコンをクリックし、オーバーフローメニューにある「閲覧データの消去」オプションをクリックして続行します。すると、Microsoft Edgeに別のタブが表示されます。

Google Chromeのキャッシュをクリアする

Google Chromeのキャッシュクリアは、Microsoft Edgeと同様の手順ですが、いくつかの追加手順があります。

Google Chromeからキャッシュをクリアするには、まず、スタートメニューに向かい、メニューにChromeと入力して検索を実行します。次に、検索結果から、「Google Chrome」タイルをクリックして、アプリを開きます。

Mozilla Firefoxからキャッシュを消去する

余分なステップと他の2つのブラウザとは少し異なるタブであるプロセスのカップルがあるかもしれません, しかし, それはまだ非常に簡単で、従うのは簡単です.

5.オプション機能をアンインストールして空き容量を確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルメニューをクリックして存在 ‘ピン留めアプリ’ セクションを続行する.それ以外の場合は、メニューに「設定」と入力して検索を実行します。または、キーボードのWindows+Iキーを押して、デバイス上でアプリを開くこともできます。

6.キャッシュマネージメントシステム 未使用の言語を削除してメモリを確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルをクリックして存在 ‘ピン留めされたアプリ’ セクションを続行する.または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

7.検索インデックスの調整と検索データベースの再構築による空き容量の確保

これを行うには、まず、スタートメニューに向かい、「ピン留めされたアプリ」セクションの下に存在する「設定」アイコンのタイルをクリックして続行します。または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの キャッシュマネージメントシステム Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

8.Storage Senseを使用してメモリを自動的にクリーンアップする

PCの最高のパフォーマンスを維持するために、システムからメモリを消去するたびに手作業をしたくない場合、Windows 11 PCでStorage Senseを有効にすると、非常に賢い決断であることが証明されます。

基本的に、Storage Senseは、PCの空き容量が少なくなったときにストレージ・ドライブを自動的にクリーンアップし、さらに、一時システム・ファイルやアプリ・ファイルをクリーンアップすることもできます。さらに、Windows 11 PCでStorage Senseを定期的に実行するようにスケジュールを設定することもできます。ただし、スケジュールを設定する前に、まず、デバイスでストレージセンスを有効にする必要があります。

StorageSenseを有効にするには、スタートメニューに移動し、「ピン留めされたアプリ」セクションの下にある「設定」タイルをクリックします。それ以外の場合は、メニューに設定を入力して検索を実行することもできます。

次に、Storage キャッシュマネージメントシステム Senseの定期的なスケジュールを作成したい場合は、「クリーンアップスケジュールを設定する」セクションに進みます。次に、「Storage Senseを実行する」オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックします。

次に、’Delete my files in recycle bin if they have been there for over’ オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックし、システムからファイルを永久に削除するのに適した日数を選択します。

今、あなたはかなりの時間のために開いていないあなたの “ダウンロード “フォルダ内のファイルを削除したい場合は、 “彼らは以上のために開かれていない場合は、私のダウンロードフォルダにファイルを削除 “キャッシュマネージメントシステム オプションの下に存在するドロップダウンメニューをクリックします。

好みに合わせて設定を行ったら、ページの下にある「Run Storage Sense キャッシュマネージメントシステム now」ボタンをクリックしてウィザードをすぐに実行し、Storage Senseをコンピュータ上で実行させてコンピュータのメモリを解放します。

Windows 11でメモリをクリアする方法

あなたは彼らが現在使用されているとして、いくつかのファイルを削除することはできませんと言ってプロンプトが表示される場合があり、いくつかのバックグラウンドサービスやアプリがそれらを使用しているかもしれないので、それは全く問題ありません。今、 “すべての現在のアイテムに対してこれを行う “の前にあるチェックボックスをクリックし、 “スキップ “ボタンをクリックして、そのままファイルを残す.

4.ブラウザのキャッシュをクリアする

Microsoft Edgeでキャッシュをクリアする

その後、Edgeウィンドウでキーボードの Ctrl+H キーを一緒に押します。これにより、画面にフライアウト・メニューが表示されます。ここで、フライアウトメニューの右上にある「省略記号」アイコンをクリックし、オーバーフローメニューにある「閲覧データの消去」オプションをクリックして続行します。すると、Microsoft Edgeに別のタブが表示されます。

Google Chromeのキャッシュをクリアする

Google Chromeのキャッシュクリアは、Microsoft Edgeと同様の手順ですが、いくつかの追加手順があります。

Google Chromeからキャッシュをクリアするには、まず、スタートメニューに向かい、メニューにChromeと入力して検索を実行します。次に、検索結果から、「Google Chrome」タイルをクリックして、アプリを開きます。

Mozilla Firefoxからキャッシュを消去する

余分なステップと他の2つのブラウザとは少し異なるタブであるプロセスのカップルがあるかもしれません, しかし, それはまだ非常に簡単で、従うのは簡単です.

5.オプション機能をアンインストールして空き容量を確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルメニューをクリックして存在 ‘ピン留めアプリ’ セクションを続行する.それ以外の場合は、メニューに「設定」と入力して検索を実行します。または、キーボードのWindows+Iキーを押して、デバイス上でアプリを開くこともできます。

6.未使用の言語を削除してメモリを確保する

これを行うには, まず, スタートメニューに頭と ‘設定’アイコンのタイルをクリックして存在 ‘ピン留めされたアプリ’ セクションを続行する.または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの キャッシュマネージメントシステム Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

7.検索インデックスの調整と検索データベースの再構築による空き容量の確保

これを行うには、まず、スタートメニューに向かい、「ピン留めされたアプリ」セクションの下に存在する「設定」アイコンのタイルをクリックして続行します。または、メニューに「設定」と入力して検索してください。または、キーボードの Windows+I キーを一緒に押して、アプリを開きます。

8.Storage Senseを使用してメモリを自動的にクリーンアップする

PCの最高のパフォーマンスを維持するために、システムからメモリを消去するたびに手作業をしたくない場合、Windows 11 PCでStorage Senseを有効にすると、非常に賢い決断であることが証明されます。

基本的に、Storage Senseは、PCの空き容量が少なくなったときにストレージ・ドライブを自動的にクリーンアップし、さらに、一時システム・ファイルやアプリ・ファイルをクリーンアップすることもできます。さらに、Windows キャッシュマネージメントシステム 11 PCでStorage Senseを定期的に実行するようにスケジュールを設定することもできます。ただし、スケジュールを設定する前に、まず、デバイスでストレージセンスを有効にする必要があります。

StorageSenseを有効にするには、スタートメニューに移動し、「ピン留めされたアプリ」セクションの下にある「設定」タイルをクリックします。それ以外の場合は、メニューに設定を入力して検索を実行することもできます。

次に、Storage Senseの定期的なスケジュールを作成したい場合は、「クリーンアップスケジュールを設定する」セクションに進みます。次に、「Storage Senseを実行する」オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックします。

次に、’Delete my files キャッシュマネージメントシステム in recycle bin if they have been there for over’ オプションの下にあるドロップダウンメニューをクリックし、システムからファイルを永久に削除するのに適した日数を選択します。

今、あなたはかなりの時間のために開いていないあなたの “ダウンロード “フォルダ内のファイルを削除したい場合は、 “彼らは以上のために開かれていない場合は、私のダウンロードフォルダにファイルを削除 “オプションの下に存在するドロップダウンメニューをクリックします。

好みに合わせて設定を行ったら、ページの下にある「Run Storage Sense now」ボタンをクリックしてウィザードをすぐに実行し、Storage Senseをコンピュータ上で実行させてコンピュータのメモリを解放します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる