ポイント投資

適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します

適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
食と健康

Dell DXオブジェクトストレージテクノロジーパートナー

Atempoとデルは、企業や業界固有のポリシーを順守しつつデータの管理とアーカイブのコストを削減するという課題の解決に役立つソリューションを、共同で提供しています。Atempo Digital ArchiveとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることにより、適切な方法でのデータの長期保存が可能になり、さらに、ピア拡張アーキテクチャを活用することができるようになります。

  • 長期間のデータ保持に適した高度なファイルアーカイブの活用
  • ストレージコストの最適化とビジネスの成長に合わせたストレージの拡張
  • 冗長データの大幅な重複除外、およびバックアップウィンドウの短縮
  • 長期的なアーカイブ、データ量、および保存の一元管理
  • 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • 階層型ストレージの自動ポリシーまたはユーザーが適用するポリシーの実装

- PACS(DICOM)、患者記録、および非構造化コンテンツの管理
- 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
- 数十億ものオブジェクトに拡張
- 画像の自動保存方式により、さまざまな種類の画像を効率的に管理
- ログ管理システムによる容易な監視と管理
- 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 効率的な画像転送テクノロジーによる、信頼性に優れたデータのバックアップとリモートでのディザスタリカバリ

- マルチスレッド機能 - バッチファイルおよび大規模なファイルの処理に適した、優れた読み取り/書き込み性能
- DXカスタムメタデータのサポート - オブジェクトファイルをカスタマイズできる優れた柔軟性
- データベースバックアップのアーカイブ – 社内データベースをDXにバックアップし、ディザスタリカバリソリューションで使用可能にすることで、データの整合性と信頼性を向上

DXオブジェクトストレージの新しい機能であるDX6000G Storage Compression Nodeにより、AvePointでは、データを移動させることなく、アーカイブされたデータセットやSharePointバイナリラージオブジェクト(BLOB)を圧縮することができます。これは、「保存データの最適化」と呼ばれている方法です。コンプライアンスで必要となる古いSharePointデータやアーカイブされたSharePointデータセットのサイズを小さくする際に、データを別の場所に移動させたり、圧縮後に元のストレージにデータを戻すという処理をする必要がありません。AvePointは、ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにあるSharePointコンテンツのメタデータをアップデートして圧縮できるようにするだけで、後はDXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Nodeが自動で処理を行います。

  • ファイル共有、Exchangeのパブリックフォルダ、および旧バージョンのSharePointからSharePoint 2010への迅速な移行
  • SharePointコンテンツをSQLストレージから、柔軟性と拡張性に優れたオブジェクトベースのストレージにオフロードすることで、SharePointのパフォーマンスを向上
  • ポリシーに基づいたコンテンツのライフサイクルの自動管理により、SharePointストレージにかかるコストを削減し、情報収集機能を強化
  • 厳密な目標リカバリポイント(RPO)を実現できるように、コンテンツ、インデックスサーバ、WebフロントエンドエレメントなどのSharePoint資産を保護
  • 目標リカバリ時間(RTO)を短縮するために、SharePointコンテンツと資産を迅速に細かく復元(完全な状態のメタデータを含む)
  • ビジネスニーズに応じて、PB単位の容量にまで拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりできる柔軟性を活かし、業務を中断させることなく、各自のペースで拡張
  • 共通のストレージインフラストラクチャを利用することで、組織全体でのデータのサイロ化を回避
  • 複数の形式またはPACSのDICOMデータを一元管理できる場所に保存
  • 検索可能なアーカイブを複数コピーすることで、患者記録や患者に関する文書のスキャンデータを保護
  • Microsoft® Exchange、SharePoint®、Windows®やLinux®のファイルシステムのデータを管理
  • DX6000G Storage Compression Node機能の活用(オブジェクトの作成時にアーカイブおよびバックアップデータセットに圧縮ポリシーを適用する、など)
  • プライマリストレージのスペースの解放、データ保持の管理、情報ガバナンスのニーズへの対応
  • 付属のグローバルな重複除外機能により、不要なデータを90 %削減
  • 1つのリポジトリにバックアップデータとアーカイブデータをすべて保存し、両方を検索可能
  • 付属のストレージリソース管理機能を使用して、ストレージ使用率と運用効率を追跡可能
  • コーポレートガバナンスの要件を満たすために、データの保持と廃棄に関するポリシーを自動で適用
  • 共通のインターフェイスを使用した、法的に正当な情報管理戦略が利用可能
  • ポリシーベースの一元管理により、データのライフサイクルを通じて、場所を問わずにデータの複数コピー、保持、アクセスを管理可能

CTERA Networks Cloud Attached Storage®ソリューションとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることで、サービスプロバイダと企業ユーザーはいずれも、CTERA Portalによる一元的なプロビジョニングと管理、およびCTERAクラウドストレージゲートウェイによるリモートサイトからの高速アクセスを利用して、ストレージ管理、コラボレーション、およびデータ保護サービスを提供できるようになります。このソリューションは、リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)や、ローミングを利用するノートパソコンユーザーのために、ストレージ、データ保護、コラボレーションを効率的に管理する方法を探している企業に最適です。また、中小規模ビジネスやミッドマーケットの顧客企業向けにストレージベースのクラウドサービスの提供を始めたいと考えるサービスプロバイダにとっても役立ちます。

  • ハイブリッドクラウドと社内アーキテクチャ: CTERA独自のクラウドストレージゲートウェイテクノロジーにより、標準のLANネットワーキングプロトコルを使用してクラウドにアクセスすることが可能になります。また、CTERAアプライアンスはNASデバイスとしても機能し、CIFS、NFS、rsync、FTP、AFP、WebDAV、iSCSIをサポートします。
  • 完全な一元管理: CTERA Portalを使用すると、クラウドサービスのプロビジョニング、リモートアプライアンスの管理、およびユーザー管理のあらゆる側面を、使いやすいUIで制御できます。
  • マルチ階層のサポート: CTERA Portalのマルチ階層型マルチテナントアーキテクチャにより、サービスプロバイダはこのシステムを使用してチャネルパートナーにサービスを提供できます。同様に、企業のプライベートクラウド環境では、企業のIT部門が地域ごと、および部門ごとのソリューションを構築できます。
  • 包括的なデータ保護: 完全なバックアップ/リカバリ機能により、ファイルレベルおよびディスクレベル(ベアメタル)のバックアップが可能になります。ローカルコピーとクラウドコピーは、セルフヒーリング機能を備えたDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに格納されます。
  • 拡張性: ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、数十億ものファイル数と数PBのデータ容量まで拡張できるうえ、ファイルシステムの複雑さや制約が生じることもありません。CTERA Portalは、管理対象のリモートサイトとユーザー数を数万規模に拡張できます。

KGS Softwareは、SAP向けのアーカイブおよび文書管理用ソリューションを提供しています。このソリューションをデルのディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、SAPのライセンスモデルに基づいた、KGS Content 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します Server4Storageプラットフォームを含む総合的なターンキー方式のアーカイブソリューションを実現できます。

  • ビジネス文書をSAPのトランザクションおよびワークフローに組み込むことにより、運用効率と生産性を向上する。
  • SAPのデータおよび文書のコンプライアンスアーカイブを実現する。
  • SAPのパフォーマンスが向上し、本番稼働データへの高速アクセスが可能になる。
  • データ移行プロジェクトが不要になる。
  • データベースと関連するライセンスのコストを削減できる。
  • 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • アーカイブ済みの文書およびデータに、HTTPでどこからでも安全にアクセスできる。

ストレージコストを削減し、データの増加を管理しようとしているのに、既存のPACSベンダーによる相互運用性の問題が原因で実現できずにいませんか?DeJarnetteのxDL™(Cross-Enterprise Document Librarian)とDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにより、堅牢で信頼性が高く、拡張性に優れたDICOMオブジェクトアーカイブソリューションが実現します。xDLは、1つの管理部門の管理下で医用画像、検査結果、その他の関連文書を保存するための長期的な医療文書アーカイブです。これにより、お客様の施設のITスタッフが効率的に管理できる「ベンダーに依存しない」アーカイブを導入して、履歴データを管理できるようになります。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームでは、インテリジェントなピア拡張アーキテクチャにより、長期的ニーズと合致しない高コストかつ柔軟性に欠ける戦略にとらわれることなく、デジタルコンテンツの保存、管理、配信を効率よく効果的に実行できます。

  • 移行作業を最小限に抑える - xDLで履歴データを管理できるほか、xDLのインテリジェントなプリフェッチ機能やPACS再設定機能も利用できます。
  • 拡張性の向上を図る - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量を1 TB単位で追加してPB単位の容量まで拡張し、数十億ものオブジェクトに対応することが可能です。
  • コストを削減する - リソースの共有、末端のPACSレガシーシステムの移行の支援、臨床用アプリケーションに影響を与えることなくストレージをアップグレードできる機能、および臨床用データの情報ライフサイクル管理(ILM)による古くなった不要データの自動削除機能を活用して、コストを削減します。
  • データの整合性を維持する - データの整合性を維持するために、すべての文書にチェックサムを適用し、データを転送する前にストレージ上で暗号化してデータのプライバシーを確保します。

デルとMerge Healthcareは、企業のイメージング戦略をサポートし、増え続けるデータの管理に役立つ統合アーカイブソリューションを提供しています。Merge iConnect® VNA™は、拡張性に優れ、ベンダーに依存しないアーカイブソリューションです。30以上の統合PACSで利用されており、1億を超える研究論文がアーカイブされています。

  • 治療の質の向上 - 治療中、どの組織からも現在と過去の画像や情報にアクセスできます。
  • コストの節約 - 管理、ストレージ、移行、および統合にかかる投資を削減します。
  • エンタープライズ戦略の策定 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します - ベンダーに依存しない標準ベースの単一ソリューションを使用して、複数のPACSを施設や部門全体で統合し、診断画像を患者の視点に立ったニーズに合わせて提供します。
  • 拡張性の向上 - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量をTB単位で追加し、最大でPB単位の容量に拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりすることが可能です。
  • パブリッククラウドへのデータ漏洩、セキュリティホールやコンプライアンスの課題の発生を防止する。
  • PC、タブレット、スマートフォン(AndroidおよびiOS)を介して、企業ファイアウォール内からファイルの同期および共有サービスを提供する。
  • 既存のバックアップおよびアーカイブ環境の互換性、柔軟性、拡張性を向上する。
  • オンデマンドのストレージソリューションとプライベートクラウドソリューションを構築する。
  • 数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる。

ハイパフォーマンスなファイルアーカイブインフラストラクチャ

Moonwalkとデルが提供する統合ファイル管理 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
Moonwalkは、データをプライマリストレージからストレージインフラストラクチャ内の別の階層に自動でアーカイブし、インテリジェントに管理する機能を提供します。Moonwalkはネットワーク対応で、プロジェクト、場所、ユーザー、グループ、サイズ、名前、時間別にデータ管理が可能です。そのため、ポリシーを使用したストレージの定義、割り当て、最適化が可能になり、TCOを削減することができるようになります。また、データの安全性を維持しつつ、迅速にアクセスできるようにすることも可能です。Moonwalkソフトウェアは、データの移行を管理するための単一のツールとして機能し、使用頻度の低いファイルをプライマリストレージからディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに自動的にアーカイブできます。アーカイブしたデータは、要求に応じて容易に取得できます。

  • 企業で扱うあらゆる種類の情報(データ、文書など)を監査に対応できる方法でアーカイブ
  • 包括的なデータ保持管理
  • 情報の完全なライフサイクル管理
  • 企業がソリューションに費やす予算やコストを可能な限り削減
  • 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • 保存したオブジェクトの整合性を確実に維持するための継続的な自己管理
  • システムを停止することなく拡張できるため、成長に合わせて柔軟に対応可能

詳細については、 www.optimal-systems.de をご覧ください(現在、 このソリューションは欧州、中東、およびアフリカでご利用いただけます)。

データの大幅な増加、ファイルサーバの無秩序な増加、バックアップシステムの多様化に対応するために、拡張性に優れた、シンプルで管理しやすいストレージソリューションをお探しですか?Nasuni Filerは、エンドユーザーが標準的な共通インターネットファイルシステム(CIFS)およびネットワークファイルシステム(NFS)プロトコル経由でDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにアクセスできるようにする、仮想ファイルサーバアプライアンスです。このソリューションには、使いやすくダウンロード可能な仮想アプライアンスであるNasuni Filerと、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム内でのデータ利用パターンを把握することができる各種の管理/監視サービスを含むNasuni.comが付属しています。また、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの自己管理型のピア拡張アーキテクチャにより、ニーズに合わせて拡張できるため、容量とスループットの最適なバランスを実現できます。さらに、ダウンロード可能なNasuni 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します Filerでは、拡張性が高いDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されている無数のデータセットを比較的少ないキャッシュで処理可能なため、ネットワーク接続ストレージ(NAS)の大規模な移行が不要になります。

NTP Softwareのソリューションを利用すると、拡張性に優れたDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに手動または自動でファイルを移行できます。移行したファイルをEメールやその他のタイプのデータと組み合わせて、企業アーカイブとして統合できます。また、場所やストレージの種類、あるいはストレージのメーカーを問わず、1つのインターフェイスで手動のデータ管理プロセスを自動化し、シームレスに管理できるため、時間とコストを節約することができます。NTP SoftwareのソリューションとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの組み合わせによって、ファイルデータのリアルタイムでの移行が可能になり、管理/状況把握機能が強化されるため、ファイルデータをコスト効率に優れた方法で保存および管理できるようになります。DXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Node機能をNTP Softwareのソリューションと組み合わせて利用すると、オブジェクトを作成する際に圧縮ポリシーを指定することができます。またDXクラスタでは、アーカイブデータセットとバックアップデータセットが自動的に圧縮されます。

  • ファイルデータ環境の構造とファイルがどのように利用されているかについて把握できる
  • 大量のデータを長期間に渡ってアーカイブできるうえ、長期の保存に必要なコストとリソースを削減できる
  • ポリシーに基づく自動移行、ユーザーによる手動の移行、またはこれらの両方を利用することで、データの移行を柔軟に行うことができる
  • セットアップや複雑な管理を必要とせず、さらに従来のファイルストレージやブロックストレージのようなコストをかけることなく、数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる
  • ファイルデータ環境全体でのリアルタイムのファイルデータ管理、状況把握、監査のための機能を利用できる
  • システムパフォーマンスを維持し、すべてのユーザーが利用できるようにするために、適切な使用ポリシーを適用できる

Dell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されているデータをどのように検索していますか?例えば、3 TBのディスクに保存されている情報を検索しようとすれば、いろいろな問題が生じる可能性があります。インデックスが作成されていなければ、ディスクの容量が12 TB、24 TB、さらには48 TBと増えるにつれ、問題はさらに深刻になります。Perfect SearchアプライアンスはDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとシームレスに統合されるため、迅速、正確、かつ適切なデータアクセスが可能になります。Perfect Searchを利用すると、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上に保存されているファイルやデータのインデックスを作成でき、必要なデータを探すことができるようになります。Perfect Searchは、処理速度とコスト効率に優れており、検索テクノロジーソリューションの中で最も拡張性が高いソリューションの1つです。必要な情報を必要なときに見つけ出すための方法。それがPerfect Searchです。

  • あらゆる種類のデータソース/形式/種類の構造化データ、半構造化データ、非構造化データを1つのプラットフォームで保持
  • 機密データの保持と期限を決定するルールを設定し、ビジネスの機敏性を実現するためのニーズおよび企業ポリシーと業界標準のポリシーの順守に対応
  • バイナリデータとブロックデータの基本的な圧縮率以上の圧縮により、高度なデータ重複除外を実行
  • 1日あたり数十億単位のレコードを処理できるインジェスト速度で対応し、月あたりPB単位のデータを維持
  • データをオンラインでアクセス可能な状態に維持するためのTBあたりのコストを大幅に削減
  • アップグレードの際にもシステムの停止を必要としない、柔軟性に優れたピア拡張アーキテクチャを実現

Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとSTEALTH Content Store for Microsoft® SharePoint® 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します

Microsoft® SharePoint®をコラボレーションツールとして使用する組織が急激に増えてきています。SharePoint®環境が拡大するにつれ、作業を中断させることなく拡張でき、コスト効率に優れたストレージアーキテクチャが必要になります。デルとSTEALTH Softwareは、Microsoft® SharePoint®に特化したシームレスで透過的なストレージインフラストラクチャを共同で開発しました。このソリューションの主なメリットは、以下の通りです。

  • ストレージインフラストラクチャの長期的な柔軟性
  • ユーザーやコンテンツに関する制限のないSharePoint®環境
  • ビジネスの継続性に関するニーズを満たす包括的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に影響を与えない、シームレスで透過的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に対する設備投資を削減可能

デルは、Dell DXオブジェクトストレージパートナーであるStoredIQと連携して、企業コンテンツを管理し、さらに電子情報開示と訴訟対応準備に取り組むための包括的なソリューションを提供しています。StoredIQ Intelligent Information Management PlatformとDell DXオブジェクトストレージを組み合わせることで、インテリジェントな訴訟ホールドと文書保存が可能になり、電子情報開示のための重要なプロセスに対応できます。StoredIQのソリューションを使うと、Dell DXオブジェクトストレージ(電子的に保存された情報を変更できないように保存するための分離されたリポジトリ)に関連データのコピーや移動を行うことができます。StoredIQのソリューションでは、ファイルを保存したり削除したりするための記録保持ポリシーを自動で適用し、完全な監査ログを作成できます。また、デジタル署名や、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上でStoredIQソリューションによって管理されているすべてのデータオブジェクトのメタデータプロパティの完全なセットを保護することも可能です。

  • 電子情報(ESI)に関する訴訟ホールドプロセスの実装と管理の機能を強化することで、証拠を破棄するリスクを軽減
  • すべてのメタデータを保護し、デジタル署名を記録して、失われたデータがないことを証明
  • 徹底した統合により、ベンダー固有のデータ保持属性を自動で設定可能
  • 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • 保持ポリシーの期限が切れた記録を自動で期限切れにして破棄

Symantec Enterprise VaultソフトウェアとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームソリューションは、長期的なデータ保持のためのソリューションを提供します。この組み合わせにより、データの重複コピーを削減し、ストレージコストを抑え、訴訟や規制に関するコストも削減することができます。デルとSymantecが提供するソリューションにより、以下のことが可能になります。

  • 非構造化情報およびデータの大幅な増加を抑制
  • データのライフタイム全体を通じて、保持ポリシーと有効期限ポリシーを繰り返し適用
  • 迅速かつ効率的な検索のために情報を一元管理
  • データの維持、レプリケーション、配信、および削除をポリシーベースで安全かつ自動的に実行
  • 既存のストレージ環境への簡単な統合
  • 患者の治療に不可欠なコンテンツに、医師が1つの画面からワンクリックでアクセス可能
  • 1つの部門から複数の施設にまで拡張可能
  • HIPAAコンプライアンスの要件に対応

データの長期維持に関する要件と規制により、医療機関は将来的なデータの増加に対応するための準備として、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)やHL7(Health Level Seven International)などの規格に準拠したソリューションの選択を迫られています。Telepaxx e-pacsは、PACSアプリケーションとストレージテクノロジーの両方で利用できる抽象レイヤを備えています。これにより、データの所有権を明確にして、データの長期に渡る利用が可能になります。Telepaxxとデルが提供するこの統合ソリューションでは、e-pacsテクノロジーを活用して、現場環境でDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと、こうしたPACS(画像アーカイブ通信システム)アプリケーションとの完全な連携を実現しています。

医療データのプライバシーは、非常に重要な問題です。特に欧州地域では、数多くの規制への準拠が求められています。Telepaxxでは現在、欧州全体のプライバシー規制に準拠できるように、EuroPriSe(European Privacy Seal)の認定取得を申請中です。

  • Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを使用した施設でのローカルストレージ管理
  • プライバシーの認証を行うプライベートストレージクラウド(例えば特定の研究グループに限定など)
  • 医療機関のプライバシーニーズに合わせてプライバシーの認証を行うパブリックストレージクラウド

デルとUnis Vitovaは共同で、エンタープライズクラスの包括的なデジタルドキュメントアーカイブソリューションを開発しています。Unis Vitova TH-SCAN & TH-AMSソリューションをDX™オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることで、物理的な文書をデジタル画像に変換でき、包括的な保護と検索が可能になります。Unis Vitovaは、データの効果的な取得、管理、および制御機能を提供します。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、拡張性、安全性、およびコスト効率に優れたストレージを提供し、構造化された数十億もの項目に対応できるように設計されています。

  • エンタープライズクラスの高度なデジタルアーカイブ管理システムと自動管理プロセス
  • 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
  • さまざまな種類の画像を効率的に管理できる画像の自動保存方式
  • ファイルと画像を簡単に監視および管理できるログ管理システム
  • データのバックアップとリモートでのディザスタリカバリを可能にする効率的な画像転送テクノロジー
  • エンタープライズクラスのコンプライアンスを簡単に実現

企業が電子情報開示、コンプライアンス、レコード管理、およびストレージ管理用のソリューションを場当たり的に導入した結果、データの「サイロ化」が数多く発生し、今では解決できないほど多くの問題が引き起こされています。企業はこうした状況を痛切に実感しています。データのサイロ化によって生じる主な問題は、サイロ間でデータコピーが重複する、検索結果が一致しない(サイロごとに検索エンジンや検索機能が異なるため)、データ保持ポリシーに整合性がない、の3つです。これらの問題が組み合わさると、データを管理できなくなります。これに対し、ZL TechnologiesとそのUnified Archive®ソフトウェアは、すべてのサイロを1つのシステムに統合することで、データを完全に管理できるようにします。この強力なストレージとアーカイブのソリューションをDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、コンプライアンス、電子情報開示、レコード管理、およびストレージ管理に必要なファイル共有、Eメール、SharePointファイルなどの非構造化データをすべて完全に管理できるようになります。

Dell DXオブジェクトストレージテクノロジーパートナー

Atempoとデルは、企業や業界固有のポリシーを順守しつつデータの管理とアーカイブのコストを削減するという課題の解決に役立つソリューションを、共同で提供しています。Atempo Digital ArchiveとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることにより、適切な方法でのデータの長期保存が可能になり、さらに、ピア拡張アーキテクチャを活用することができるようになります。

  • 長期間のデータ保持に適した高度なファイルアーカイブの活用
  • ストレージコストの最適化とビジネスの成長に合わせたストレージの拡張
  • 冗長データの大幅な重複除外、およびバックアップウィンドウの短縮
  • 長期的なアーカイブ、データ量、および保存の一元管理
  • 階層型ストレージの自動ポリシーまたはユーザーが適用するポリシーの実装

- PACS(DICOM)、患者記録、および非構造化コンテンツの管理
- 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
- 数十億ものオブジェクトに拡張
- 画像の自動保存方式により、さまざまな種類の画像を効率的に管理
- ログ管理システムによる容易な監視と管理
- 効率的な画像転送テクノロジーによる、信頼性に優れたデータのバックアップとリモートでのディザスタリカバリ

- マルチスレッド機能 - バッチファイルおよび大規模なファイルの処理に適した、優れた読み取り/書き込み性能
- DXカスタムメタデータのサポート - オブジェクトファイルをカスタマイズできる優れた柔軟性
- データベースバックアップのアーカイブ – 社内データベースをDXにバックアップし、ディザスタリカバリソリューションで使用可能にすることで、データの整合性と信頼性を向上

DXオブジェクトストレージの新しい機能であるDX6000G Storage Compression Nodeにより、AvePointでは、データを移動させることなく、アーカイブされたデータセットやSharePointバイナリラージオブジェクト(BLOB)を圧縮することができます。これは、「保存データの最適化」と呼ばれている方法です。コンプライアンスで必要となる古いSharePointデータやアーカイブされたSharePointデータセットのサイズを小さくする際に、データを別の場所に移動させたり、圧縮後に元のストレージにデータを戻すという処理をする必要がありません。AvePointは、ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにあるSharePointコンテンツのメタデータをアップデートして圧縮できるようにするだけで、後はDXオブジェクトストレージのDX6000G Storage Compression Nodeが自動で処理を行います。

  • ファイル共有、Exchangeのパブリックフォルダ、および旧バージョンのSharePointからSharePoint 2010への迅速な移行
  • SharePointコンテンツをSQLストレージから、柔軟性と拡張性に優れたオブジェクトベースのストレージにオフロードすることで、SharePointのパフォーマンスを向上
  • 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • ポリシーに基づいたコンテンツのライフサイクルの自動管理により、SharePointストレージにかかるコストを削減し、情報収集機能を強化
  • 厳密な目標リカバリポイント(RPO)を実現できるように、コンテンツ、インデックスサーバ、WebフロントエンドエレメントなどのSharePoint資産を保護
  • 目標リカバリ時間(RTO)を短縮するために、SharePointコンテンツと資産を迅速に細かく復元(完全な状態のメタデータを含む)
  • ビジネスニーズに応じて、PB単位の容量にまで拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりできる柔軟性を活かし、業務を中断させることなく、各自のペースで拡張
  • 共通のストレージインフラストラクチャを利用することで、組織全体でのデータのサイロ化を回避
  • 複数の形式またはPACSのDICOMデータを一元管理できる場所に保存
  • 検索可能なアーカイブを複数コピーすることで、患者記録や患者に関する文書のスキャンデータを保護
  • Microsoft® Exchange、SharePoint®、Windows®やLinux®のファイルシステムのデータを管理
  • DX6000G Storage Compression Node機能の活用(オブジェクトの作成時にアーカイブおよびバックアップデータセットに圧縮ポリシーを適用する、など)
  • プライマリストレージのスペースの解放、データ保持の管理、情報ガバナンスのニーズへの対応
  • 付属のグローバルな重複除外機能により、不要なデータを90 %削減
  • 1つのリポジトリにバックアップデータとアーカイブデータをすべて保存し、両方を検索可能
  • 付属のストレージリソース管理機能を使用して、ストレージ使用率と運用効率を追跡可能
  • コーポレートガバナンスの要件を満たすために、データの保持と廃棄に関するポリシーを自動で適用
  • 共通のインターフェイスを使用した、法的に正当な情報管理戦略が利用可能
  • ポリシーベースの一元管理により、データのライフサイクルを通じて、場所を問わずにデータの複数コピー、保持、アクセスを管理可能

CTERA Networks Cloud Attached Storage®ソリューションとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを組み合わせることで、サービスプロバイダと企業ユーザーはいずれも、CTERA Portalによる一元的なプロビジョニングと管理、およびCTERAクラウドストレージゲートウェイによるリモートサイトからの高速アクセスを利用して、ストレージ管理、コラボレーション、およびデータ保護サービスを提供できるようになります。このソリューションは、リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)や、ローミングを利用するノートパソコンユーザーのために、ストレージ、データ保護、コラボレーションを効率的に管理する方法を探している企業に最適です。また、中小規模ビジネスやミッドマーケットの顧客企業向けにストレージベースのクラウドサービスの提供を始めたいと考えるサービスプロバイダにとっても役立ちます。

  • ハイブリッドクラウドと社内アーキテクチャ:適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します CTERA独自のクラウドストレージゲートウェイテクノロジーにより、標準のLANネットワーキングプロトコルを使用してクラウドにアクセスすることが可能になります。また、CTERAアプライアンスはNASデバイスとしても機能し、CIFS、NFS、rsync、FTP、AFP、WebDAV、iSCSIをサポートします。
  • 完全な一元管理: CTERA Portalを使用すると、クラウドサービスのプロビジョニング、リモートアプライアンスの管理、およびユーザー管理のあらゆる側面を、使いやすいUIで制御できます。
  • マルチ階層のサポート: CTERA Portalのマルチ階層型マルチテナントアーキテクチャにより、サービスプロバイダはこのシステムを使用してチャネルパートナーにサービスを提供できます。同様に、企業のプライベートクラウド環境では、企業のIT部門が地域ごと、および部門ごとのソリューションを構築できます。
  • 包括的なデータ保護: 完全なバックアップ/リカバリ機能により、ファイルレベルおよびディスクレベル(ベアメタル)のバックアップが可能になります。ローカルコピーとクラウドコピーは、セルフヒーリング機能を備えたDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに格納されます。
  • 拡張性: ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、数十億ものファイル数と数PBのデータ容量まで拡張できるうえ、ファイルシステムの複雑さや制約が生じることもありません。CTERA Portalは、管理対象のリモートサイトとユーザー数を数万規模に拡張できます。

KGS Softwareは、SAP向けのアーカイブおよび文書管理用ソリューションを提供しています。このソリューションをデルのディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、SAPのライセンスモデルに基づいた、KGS Content Server4Storageプラットフォームを含む総合的なターンキー方式のアーカイブソリューションを実現できます。

  • ビジネス文書をSAPのトランザクションおよびワークフローに組み込むことにより、運用効率と生産性を向上する。
  • SAPのデータおよび文書のコンプライアンスアーカイブを実現する。
  • SAPのパフォーマンスが向上し、本番稼働データへの高速アクセスが可能になる。
  • データ移行プロジェクトが不要になる。
  • データベースと関連するライセンスのコストを削減できる。
  • アーカイブ済みの文書およびデータに、HTTPでどこからでも安全にアクセスできる。

ストレージコストを削減し、データの増加を管理しようとしているのに、既存のPACSベンダーによる相互運用性の問題が原因で実現できずにいませんか?DeJarnetteのxDL™(Cross-Enterprise Document Librarian)とDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにより、堅牢で信頼性が高く、拡張性に優れたDICOMオブジェクトアーカイブソリューションが実現します。xDLは、1つの管理部門の管理下で医用画像、検査結果、その他の関連文書を保存するための長期的な医療文書アーカイブです。これにより、お客様の施設のITスタッフが効率的に管理できる「ベンダーに依存しない」アーカイブを導入して、履歴データを管理できるようになります。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームでは、インテリジェントなピア拡張アーキテクチャにより、長期的ニーズと合致しない高コストかつ柔軟性に欠ける戦略にとらわれることなく、デジタルコンテンツの保存、管理、配信を効率よく効果的に実行できます。

  • 移行作業を最小限に抑える - xDLで履歴データを管理できるほか、xDLのインテリジェントなプリフェッチ機能やPACS再設定機能も利用できます。
  • 拡張性の向上を図る - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量を1 TB単位で追加してPB単位の容量まで拡張し、数十億ものオブジェクトに対応することが可能です。
  • コストを削減する - リソースの共有、末端のPACSレガシーシステムの移行の支援、臨床用アプリケーションに影響を与えることなくストレージをアップグレードできる機能、および臨床用データの情報ライフサイクル管理(ILM)による古くなった不要データの自動削除機能を活用して、コストを削減します。
  • データの整合性を維持する - データの整合性を維持するために、すべての文書にチェックサムを適用し、データを転送する前にストレージ上で暗号化してデータのプライバシーを確保します。

デルとMerge Healthcareは、企業のイメージング戦略をサポートし、増え続けるデータの管理に役立つ統合アーカイブソリューションを提供しています。Merge iConnect® VNA™は、拡張性に優れ、ベンダーに依存しないアーカイブソリューションです。30以上の統合PACSで利用されており、1億を超える研究論文がアーカイブされています。

  • 治療の質の向上 - 治療中、どの組織からも現在と過去の画像や情報にアクセスできます。
  • コストの節約 - 管理、ストレージ、移行、および統合にかかる投資を削減します。
  • エンタープライズ戦略の策定 - ベンダーに依存しない標準ベースの単一ソリューションを使用して、複数のPACSを施設や部門全体で統合し、診断画像を患者の視点に立ったニーズに合わせて提供します。
  • 拡張性の向上 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します - 従来のファイルストレージやブロックストレージのように複雑なセットアップや管理を必要とせずに、容量をTB単位で追加し、最大でPB単位の容量に拡張したり、数十億ものオブジェクトに対応したりすることが可能です。
  • パブリッククラウドへのデータ漏洩、セキュリティホールやコンプライアンスの課題の発生を防止する。
  • PC、タブレット、スマートフォン(AndroidおよびiOS)を介して、企業ファイアウォール内からファイルの同期および共有サービスを提供する。
  • 既存のバックアップおよびアーカイブ環境の互換性、柔軟性、拡張性を向上する。
  • オンデマンドのストレージソリューションとプライベートクラウドソリューションを構築する。
  • 数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる。

ハイパフォーマンスなファイルアーカイブインフラストラクチャ

Moonwalkとデルが提供する統合ファイル管理
Moonwalkは、データをプライマリストレージからストレージインフラストラクチャ内の別の階層に自動でアーカイブし、インテリジェントに管理する機能を提供します。Moonwalkはネットワーク対応で、プロジェクト、場所、ユーザー、グループ、サイズ、名前、時間別にデータ管理が可能です。そのため、ポリシーを使用したストレージの定義、割り当て、最適化が可能になり、TCOを削減することができるようになります。また、データの安全性を維持しつつ、迅速にアクセスできるようにすることも可能です。Moonwalkソフトウェアは、データの移行を管理するための単一のツールとして機能し、使用頻度の低いファイルをプライマリストレージからディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに自動的にアーカイブできます。アーカイブしたデータは、要求に応じて容易に取得できます。

  • 企業で扱うあらゆる種類の情報(データ、文書など)を監査に対応できる方法でアーカイブ
  • 包括的なデータ保持管理
  • 情報の完全なライフサイクル管理
  • 企業がソリューションに費やす予算やコストを可能な限り削減
  • 保存したオブジェクトの整合性を確実に維持するための継続的な自己管理
  • システムを停止することなく拡張できるため、成長に合わせて柔軟に対応可能

詳細については、 www.optimal-systems.de をご覧ください(現在、 このソリューションは欧州、中東、およびアフリカでご利用いただけます)。

データの大幅な増加、ファイルサーバの無秩序な増加、バックアップシステムの多様化に対応するために、拡張性に優れた、シンプルで管理しやすいストレージソリューションをお探しですか?Nasuni Filerは、エンドユーザーが標準的な共通インターネットファイルシステム(CIFS)およびネットワークファイルシステム(NFS)プロトコル経由でDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームにアクセスできるようにする、仮想ファイルサーバアプライアンスです。このソリューションには、使いやすくダウンロード可能な仮想アプライアンスであるNasuni Filerと、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム内でのデータ利用パターンを把握することができる各種の管理/監視サービスを含むNasuni.comが付属しています。また、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの自己管理型のピア拡張アーキテクチャにより、ニーズに合わせて拡張できるため、容量とスループットの最適なバランスを実現できます。さらに、ダウンロード可能なNasuni Filerでは、拡張性が高いDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されている無数のデータセットを比較的少ないキャッシュで処理可能なため、ネットワーク接続ストレージ(NAS)の大規模な移行が不要になります。

NTP Softwareのソリューションを利用すると、拡張性に優れたDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに手動または自動でファイルを移行できます。移行したファイルをEメールやその他のタイプのデータと組み合わせて、企業アーカイブとして統合できます。また、場所やストレージの種類、あるいはストレージのメーカーを問わず、1つのインターフェイスで手動のデータ管理プロセスを自動化し、シームレスに管理できるため、時間とコストを節約することができます。NTP SoftwareのソリューションとDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームの組み合わせによって、ファイルデータのリアルタイムでの移行が可能になり、管理/状況把握機能が強化されるため、ファイルデータをコスト効率に優れた方法で保存および管理できるようになります。DXオブジェクトストレージのDX6000G 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します Storage Compression Node機能をNTP Softwareのソリューションと組み合わせて利用すると、オブジェクトを作成する際に圧縮ポリシーを指定することができます。またDXクラスタでは、アーカイブデータセットとバックアップデータセットが自動的に圧縮されます。

  • ファイルデータ環境の構造とファイルがどのように利用されているかについて把握できる
  • 大量のデータを長期間に渡ってアーカイブできるうえ、長期の保存に必要なコストとリソースを削減できる
  • ポリシーに基づく自動移行、ユーザーによる手動の移行、またはこれらの両方を利用することで、データの移行を柔軟に行うことができる
  • セットアップや複雑な管理を必要とせず、さらに従来のファイルストレージやブロックストレージのようなコストをかけることなく、数PBまで拡張でき、数十億ものオブジェクトに対応できる
  • ファイルデータ環境全体でのリアルタイムのファイルデータ管理、状況把握、監査のための機能を利用できる
  • システムパフォーマンスを維持し、すべてのユーザーが利用できるようにするために、適切な使用ポリシーを適用できる

Dell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームに保存されているデータをどのように検索していますか?例えば、3 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します TBのディスクに保存されている情報を検索しようとすれば、いろいろな問題が生じる可能性があります。インデックスが作成されていなければ、ディスクの容量が12 TB、24 TB、さらには48 TBと増えるにつれ、問題はさらに深刻になります。Perfect SearchアプライアンスはDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとシームレスに統合されるため、迅速、正確、かつ適切なデータアクセスが可能になります。Perfect Searchを利用すると、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上に保存されているファイルやデータのインデックスを作成でき、必要なデータを探すことができるようになります。Perfect Searchは、処理速度とコスト効率に優れており、検索テクノロジーソリューションの中で最も拡張性が高いソリューションの1つです。必要な情報を必要なときに見つけ出すための方法。それがPerfect Searchです。

  • あらゆる種類のデータソース/形式/種類の構造化データ、半構造化データ、非構造化データを1つのプラットフォームで保持
  • 機密データの保持と期限を決定するルールを設定し、ビジネスの機敏性を実現するためのニーズおよび企業ポリシーと業界標準のポリシーの順守に対応
  • バイナリデータとブロックデータの基本的な圧縮率以上の圧縮により、高度なデータ重複除外を実行
  • 1日あたり数十億単位のレコードを処理できるインジェスト速度で対応し、月あたりPB単位のデータを維持
  • データをオンラインでアクセス可能な状態に維持するためのTBあたりのコストを大幅に削減
  • アップグレードの際にもシステムの停止を必要としない、柔軟性に優れたピア拡張アーキテクチャを実現

Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームとSTEALTH Content Store for Microsoft® SharePoint®

Microsoft® SharePoint®をコラボレーションツールとして使用する組織が急激に増えてきています。SharePoint®環境が拡大するにつれ、作業を中断させることなく拡張でき、コスト効率に優れたストレージアーキテクチャが必要になります。デルとSTEALTH Softwareは、Microsoft® SharePoint®に特化したシームレスで透過的なストレージインフラストラクチャを共同で開発しました。このソリューションの主なメリットは、以下の通りです。

  • ストレージインフラストラクチャの長期的な柔軟性
  • ユーザーやコンテンツに関する制限のないSharePoint®環境
  • ビジネスの継続性に関するニーズを満たす包括的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に影響を与えない、シームレスで透過的なソリューション
  • Microsoft® SharePoint®環境に対する設備投資を削減可能

デルは、Dell DXオブジェクトストレージパートナーであるStoredIQと連携して、企業コンテンツを管理し、さらに電子情報開示と訴訟対応準備に取り組むための包括的なソリューションを提供しています。StoredIQ Intelligent Information Management PlatformとDell DXオブジェクトストレージを組み合わせることで、インテリジェントな訴訟ホールドと文書保存が可能になり、電子情報開示のための重要なプロセスに対応できます。StoredIQのソリューションを使うと、Dell DXオブジェクトストレージ(電子的に保存された情報を変更できないように保存するための分離されたリポジトリ)に関連データのコピーや移動を行うことができます。StoredIQのソリューションでは、ファイルを保存したり削除したりするための記録保持ポリシーを自動で適用し、完全な監査ログを作成できます。また、デジタル署名や、Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォーム上でStoredIQソリューションによって管理されているすべてのデータオブジェクトのメタデータプロパティの完全なセットを保護することも可能です。

  • 電子情報(ESI)に関する訴訟ホールドプロセスの実装と管理の機能を強化することで、証拠を破棄するリスクを軽減
  • すべてのメタデータを保護し、デジタル署名を記録して、失われたデータがないことを証明
  • 徹底した統合により、ベンダー固有のデータ保持属性を自動で設定可能
  • 保持ポリシーの期限が切れた記録を自動で期限切れにして破棄

Symantec Enterprise VaultソフトウェアとDell™ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームソリューションは、長期的なデータ保持のためのソリューションを提供します。この組み合わせにより、データの重複コピーを削減し、ストレージコストを抑え、訴訟や規制に関するコストも削減することができます。デルとSymantecが提供するソリューションにより、以下のことが可能になります。

    適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します
  • 非構造化情報およびデータの大幅な増加を抑制
  • データのライフタイム全体を通じて、保持ポリシーと有効期限ポリシーを繰り返し適用
  • 迅速かつ効率的な検索のために情報を一元管理
  • データの維持、レプリケーション、配信、および削除をポリシーベースで安全かつ自動的に実行
  • 既存のストレージ環境への簡単な統合
  • 患者の治療に不可欠なコンテンツに、医師が1つの画面からワンクリックでアクセス可能
  • 1つの部門から複数の施設にまで拡張可能
  • HIPAAコンプライアンスの要件に対応

データの長期維持に関する要件と規制により、医療機関は将来的なデータの増加に対応するための準備として、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)やHL7(Health Level Seven International)などの規格に準拠したソリューションの選択を迫られています。Telepaxx e-pacsは、PACSアプリケーションとストレージテクノロジーの両方で利用できる抽象レイヤを備えています。これにより、データの所有権を明確にして、データの長期に渡る利用が可能になります。Telepaxxとデルが提供するこの統合ソリューションでは、e-pacsテクノロジーを活用して、現場環境でDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと、こうしたPACS(画像アーカイブ通信システム)アプリケーションとの完全な連携を実現しています。

医療データのプライバシーは、非常に重要な問題です。特に欧州地域では、数多くの規制への準拠が求められています。Telepaxxでは現在、欧州全体のプライバシー規制に準拠できるように、EuroPriSe(European Privacy Seal)の認定取得を申請中です。

  • Dellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームを使用した施設でのローカルストレージ管理
  • プライバシーの認証を行うプライベートストレージクラウド(例えば特定の研究グループに限定など)
  • 医療機関のプライバシーニーズに合わせてプライバシーの認証を行うパブリックストレージクラウド

デルとUnis Vitovaは共同で、エンタープライズクラスの包括的なデジタルドキュメントアーカイブソリューションを開発しています。Unis Vitova TH-SCAN & TH-AMSソリューションをDX™オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることで、物理的な文書をデジタル画像に変換でき、包括的な保護と検索が可能になります。Unis Vitovaは、データの効果的な取得、管理、および制御機能を提供します。ディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームは、拡張性、安全性、およびコスト効率に優れたストレージを提供し、構造化された数十億もの項目に対応できるように設計されています。

  • エンタープライズクラスの高度なデジタルアーカイブ管理システムと自動管理プロセス
  • 自動レプリケーション機能とセルフヒーリング機能を備えたストレージインフラストラクチャ
  • さまざまな種類の画像を効率的に管理できる画像の自動保存方式
  • ファイルと画像を簡単に監視および管理できるログ管理システム
  • データのバックアップとリモートでのディザスタリカバリを可能にする効率的な画像転送テクノロジー
  • エンタープライズクラスのコンプライアンスを簡単に実現

企業が電子情報開示、コンプライアンス、レコード管理、およびストレージ管理用のソリューションを場当たり的に導入した結果、データの「サイロ化」が数多く発生し、今では解決できないほど多くの問題が引き起こされています。企業はこうした状況を痛切に実感しています。データのサイロ化によって生じる主な問題は、サイロ間でデータコピーが重複する、検索結果が一致しない(サイロごとに検索エンジンや検索機能が異なるため)、データ保持ポリシーに整合性がない、の3つです。これらの問題が組み合わさると、データを管理できなくなります。これに対し、ZL TechnologiesとそのUnified Archive®ソフトウェアは、すべてのサイロを1つのシステムに統合することで、データを完全に管理できるようにします。この強力なストレージとアーカイブのソリューションをDellディーエックス・オブジェクトストレージプラットフォームと組み合わせることにより、コンプライアンス、電子情報開示、レコード管理、およびストレージ管理に必要なファイル共有、Eメール、SharePointファイルなどの非構造化データをすべて完全に管理できるようになります。

フロー状態とは

フロー状態にある人物

今の仕事が大好きだという人でも、業務内容のすべてに情熱を注げるわけではありません。しかし、それをもって業務中のフロー状態が不可能だというわけではありません。チクセントミハイ氏は、フローは一般的な幸福感だけでなくモチベーションとも相関があることを示唆しています。職場に置き換えてみると、企業文化、ワーク ライフ バランス、オフィスや在宅勤務の環境はすべて、フローの心理状態を作り上げるうえで一定の役割を担っていることになります。

チームをフローに導くには

集中を乱す要素を排除する

心を落ち着ける

チーム メンバーそれぞれのタイミングを知る

手応えのある仕事にする

ビデオ ゲームに何日も費やしてしまうのには、心理学的に明白な理由があります。同じ課題に何度も挑戦し続けると、目標を達成したときに高揚感と達成感を味わうことができます。ビデオ ゲームは仕事とはあまりにかけ離れていると思うかもしれません。しかしゲームの本質には、フロー状態に入るうえでのモチベーションの要件が隠されています。具体的には、没頭できる環境、継続的なチャレンジ、克服可能な知識的課題、向上や新たな技術の取得ができているという継続的な感覚です。実際に、チクセントミハイ氏のフロー概念をテーマにしたビデオ ゲームまで存在します。つまり、表計算ソフトで単純作業をしているメンバーは、フロー状態になりにくいということです。わかりやすく魅力的な方法でタスクを入念に組み立て、各メンバーの強みが活かせるような割り振りをする必要があります。退屈こそがフローの大敵です。

チームが集中できる環境を作る

ビデオ ゲームが熱中できるよう作られているのと同じで、適切なツールを用意しておくこともチームの集中にとって効果的です。アプリの切り替えが最小限になると、集中して取り組めるようになります。スマート ワークスペースのツールを使うと、チーム メンバーは自分たちなりの自由な方法で共同作業ができるようになります。業務を自分の手で管理し、業務を通して自己表現が可能になります。その一例が、Dropbox Paper ドキュメントです。汎用的な 1 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します つのテンプレートから、ビデオ ギャラリー、プロジェクト タイムライン、To-do リストなどを作成できます。チームで Dropbox Paper を使用すれば、必要なツールが 1 か所に集約され、各自が好きな方法で共同作業できるようになり、フロー状態に入りやすい環境が生まれます。

耳掃除の正しい方法と適切な頻度とは?:【医師監修】耳掃除のやり過ぎは耳の病気のもと?!

綿棒

外耳道には、顎を動かすことなどで耳垢を自然に排出させるシステムがあるため、耳掃除は必要ないと主張する医師もいます。
しかし一般的には、耳掃除を全くしないと「耳垢塞栓(じこうそくせん)」といって、耳垢で耳の奥がふさがれてしまう病気になる可能性があると言われています。耳垢塞栓は綿棒で掃除をする時に、誤って耳垢を奥に押し込んでしまうことが繰り返されることによって起きることもあります。
また耳垢を取り過ぎると、外耳は乾燥しやすくなり、カビや細菌が繁殖することで慢性的に炎症を起こすことがあります。これを、「慢性外耳炎」と呼びます。
正しい耳掃除の方法を知って、耳の病気を防ぎましょう。

正しい耳掃除の方法。耳掃除のやり過ぎは禁物!

耳掃除

●耳掃除は月2回まで 耳掃除は、2週間に1度程度で十分です。毎日掃除をしていた方は、がまんして2週間に1度程度に抑えましょう。 ●掃除するのは、入り口から1センチが目安 耳垢を鼓膜の方へ押し込んでしまうと、鼓膜自身を傷つけることがあります。耳の穴(入口)から1cmぐらいの所で耳垢を取るようにしましょう。 ●外耳の壁面を強くこすらない 耳かきや綿棒で耳垢をとろうと強くこすってしまうと、外耳の皮膚を傷つけて外耳炎を起こすことがあります。力任せに外耳の壁面をこすることはやめましょう。また、全ての耳垢を取りきらないようにしましょう。

こんなときは耳鼻咽喉科を受診しましょう

●外耳が痛い、腫れている 外耳が痛くて腫れている場合には、外耳炎の可能性があります。できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。 ●耳が急に聞こえなくなった 他の疾患がないのに、急に耳が聞こえにくくなったという場合には、耳垢が鼓膜をおおっている場合があります。また、中耳炎や鼓膜が炎症を起こしている場合にも耳が聞こえにくくなります。耳鼻咽喉科を受診して耳の状態を確認してもらいましょう。 ●子どもがよく耳を触る 中耳炎は、子どもがかかりやすい耳の病気のひとつです。言葉を話せない赤ちゃんが盛んに耳を触っている場合には耳が痛い可能性があります。 ●耳掃除がうまくできない 耳の穴の形によっては耳掃除ができにくい人がいます。また、中には耳掃除が嫌いな人もいるでしょう。時間がたって固まった耳垢は、素人では取れません。 ●子どもの耳掃除 子どもの耳掃除を行う場合には、耳を傷つけて外耳炎になってしまうケースが多く、耳鼻咽喉科で行った方がよいかもしれません。

食物繊維のとりすぎは体に悪い?過剰摂取の影響と適切な摂取量を解説

食と健康

しかし反対に 食物繊維を摂り過ぎてしまうと体に悪い影響はないのか 気になる方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、 食物繊維の摂り過ぎによって起こる体への影響や、摂取基準や平均的な摂取量 について分かりやすく解説していきます。

1.そもそも食物繊維とは何か

食物繊維には 便の材料となったり大腸内で良いはたらきをする善玉菌を殖やしたりして腸内環境を整えてくれるはたらき があります。

一方で 不溶性食物繊維には、便の量を増やすことで大腸の粘膜を刺激して排便を促す 作用があるのです。

このようにさまざまな健康に良いはたらきを持つ食物繊維ですが、 多くの日本人は食物繊維不足の傾向にある といわれています。

2.食物繊維を摂り過ぎるとどうなるの?

しかし サプリメントなどで度を超えて摂取した場合には体に悪影響が生じる可能性がある ため注意が必要です。

影響1 栄養素が吸収されにくくなる

食物繊維のうち、 水溶性食物繊維は小腸で栄養素を吸収するスピードを緩やかにする作用 を持っています。

しかしその反面、 摂り過ぎるとビタミンやミネラルなど必要な栄養素の吸収も抑えてしまう *2と報告されています。

影響2 下痢を起こしやすくなる

食物繊維を含む食品は、種類や量によって 「おなかの調子を整える」「糖の吸収をおだやかにする」「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」 といった用途を表示することが可能です。

影響3 便秘を悪化させる

水溶性食物繊維は摂り過ぎると下痢を起こしやすくなりますが、反対に 適切なタイミングで適切なバイナリ指標を選択します 不溶性食物繊維は便秘を悪化させる ことがあります。

そのなかでも大腸の収縮が強くなって排便がしにくくなる「痙攣性便秘」の場合、 不溶性食物繊維を摂取するとさらに大腸が刺激されて便秘を悪化させてしまう のです。

3.食物繊維はどのくらい摂るべき?

ここでは、 食物繊維をどれくらい摂取すべきか目安量と日本人の平均的な摂取量 についてご紹介します。

3-1.食物繊維の食事摂取基準

ただし本来であれば 成人は1日に24g以上の食物繊維を摂ることが理想的 だとされています。

3-2.食物繊維の平均摂取量

摂取目標量と比べると、 男性はすべての年代で、女性は70〜79歳を除く年代で食物繊維が不足している ことがわかります。

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に大別され、それぞれ 食後の血糖値や血液中のコレステロール値の上昇を抑えるはたらきや、腸を刺激して排便を促すはたらき を持っています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる