FXのおすすめ勉強法

サポート水準

サポート水準
図7 誤差因子の割付

ドル指数は反落、10日線のサポート水準に接近=ロンドン為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng サポート水準 Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

◆世界一わかりやすい実験計画の解説。

超音波溶着に使用するホーンのイメージ図です。

図1 溶着用ホーンのイメージ図

◆L8直交表を使った実験

7つの因子に2つの水準を設けます。

図2 7つの因子と2つの水準

L8直交表です。7つの因子2つの水準を総当たりでは128通りになりますがL8直交表では8通りの組合せで確認できます。

図3 L8直交表

8通りの実験結果から得られるデータをμとします。

図4 特性値μ

各因子の水準毎の結果の平均値を算出します。

図5 結果の整理

解析の結果得られた数値をグラフ化したものです。

図6 要因効果図

◆外乱の影響を最小にする。

まずは誤差因子が一つの場合です。

σ12^2=[ (μ11-μ1)^2+(サポート水準 μ12-μ1)^2] /N

σ22^2=[ (μ21-μ1)^2+(μ22-μ1)^2] /N

制御因子は直交表に割り付けて、誤差因子はその外側に割り付けます。

図7 誤差因子の割付

SN比を算出したらその要因効果図を作成します。

図8 SN比の要因効果図

N1とN2実験結果の平均値から要因効果図を作成します。

図9 結果平均値の要因効果図

◆誤差因子がたくさんある場合

誤差因子の影響を要因効果図から評価します。

図10 誤差因子の要因効果図

サポート水準

Question

昔のテクニクスとどこが違うの?

Question

Answer

Question

どこで試聴できるの?

Question

Answer

Question

どこで予約購入できるの?

Question

Answer

Question

ハイレゾとは?

Question

Answer

Question

ハイレゾ音源はどこから購入できるの?

Question

Answer

「e-onkyo music」のような、ハイレゾ音源配信サイトでの購入、ダウンロードが可能です。
また、Blu-rayなどのパッケージソフトの販売もあり、ハイレゾ音源の入手方法も多様化しています。

Question

受注品の納期は?

◆世界一わかりやすい実験計画の解説。

超音波溶着に使用するホーンのイメージ図です。

図1 溶着用ホーンのイメージ図

◆L8直交表を使った実験

7つの因子に2つの水準を設けます。

図2 7つの因子と2つの水準

L8直交表です。7つの因子2つの水準を総当たりでは128通りになりますがL8直交表では8通りの組合せで確認できます。

図3 L8直交表

8通りの実験結果から得られるデータをμとします。

図4 特性値μ

各因子の水準毎の結果の平均値を算出します。

図5 結果の整理

解析の結果得られた数値をグラフ化したものです。

図6 要因効果図

◆外乱の影響を最小にする。

まずは誤差因子が一つの場合です。

σ12^2=[ (μ11-μ1)^2+(μ12-μ1)^2] /N

σ22^2=[ (μ21-μ1)^2+(μ22-μ1)^2] /N

制御因子は直交表に割り付けて、誤差因子はその外側に割り付けます。

図7 誤差因子の割付

SN比を算出したらその要因効果図を作成します。

図8 SN比の要因効果図

N1とN2実験結果の平均値から要因効果図を作成します。

図9 結果平均値の要因効果図

◆誤差因子がたくさんある場合

誤差因子の影響を要因効果図から評価します。

図10 誤差因子の要因効果図

サポート水準

Question

昔のテクニクスとどこが違うの?

Question

Answer

Question

どこで試聴できるの?

Question

Answer

Question

どこで予約購入できるの?

Question

Answer

Question

ハイレゾとは?

Question

Answer

Question

ハイレゾ音源はどこから購入できるの?

Question

Answer

「e-onkyo music」のような、ハイレゾ音源配信サイトでの購入、ダウンロードが可能です。
また、Blu-rayなどのパッケージソフトの販売もあり、ハイレゾ音源の入手方法も多様化しています。

Question

受注品の納期は?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる