内部者取引

サポートラインの定義

サポートラインの定義

Custom CAD

コマンド エイリアス Alias フォルダ、追加の軽量フォント Fonts サポートラインの定義 フォルダ、線種定義ファイル Linetype フォルダ、印刷スタイルテーブルファイル Print Styles フォルダ、プロファイル ファイル Profiles フォルダ、リッチライン定義ファイル Richline Styles フォルダ、サポート各種ファイル Support フォルダ、図面テンプレート Template フォルダ、ユーザーインタフェース定義ファイル UI フォルダ、ワークスペース定義ファイル Workspace フォルダ。
ARES 独自の設定ファイルの多くは XML ファイルです。線種定義ファイルやハッチング定義ファイルなど AutoCAD の設定ファイルと同じ形式のファイルもあります。

図面データファイル
DWG 図面ファイル
DWT 図面テンプレート
DWS 標準図面ファイル
DXF DXFデータ交換ファイル

OPENコマンドでフォーマット変換できる図形ファイル
DWF Autodesk Drawing Web Format ファイル
SHP ESRI シェイプファイル(GISデータ)
FLX Flex CADD 図面ファイル

図面にアタッチできる図形/画像ファイル
DWG 図面ファイル(外部参照)
PDF Adobe PDFファイル(アンダーレイ)
DGN Microstation DGN図面(アンダーレイ)
BMP Windowsビットマップ
GIF GIFファイル
JPG Jpegファイル
PNG Portable Network Graphics ファイル
TIF TIFFファイル

PRINTコマンドで出力可能な図形/画像ファイル
PDF Adobe PDFファイル
DWF Autodesk サポートラインの定義 Drawing Web Format ファイル
SVG Scalable Vector Graphics ファイル
JPG Jpeg ファイル
PNG Portable Network Graphics ファイル

EXPORTコマンドで出力可能な図形/画像ファイル
BMP Windowsビットマップ
DWF Autodesk Drawing Web Format ファイル
WMF Windpwsメタファイル
EMF 拡張メタファイル
SLD AutoCADスライドファイル
JPG Jpeg ファイル
PNG Portable Network Graphics ファイル
SVG Scalable Vector Graphics ファイル
TIF TIFFファイル
STL ステレオリソグラフィー(サポートラインの定義 立体視)ファイル
EPS ポストスクリプトファイル

AutoCAD互換の定義ファイル
LIN 線種定義ファイル
MLN リッチライン(マルチライン)定義ファイル
PAT サポートラインの定義 ハッチングパターン定義ファイル
SHX 軽量フォントファイル
CTB 色従属印刷スタイルテーブルファイル
STB 名前の付いた印刷スタイルテーブルファイル
CUS スペルチェック ユーザー辞書ファイル
ACB 色名定義ファイル

ユーザーによる機能拡張ファイル
LSP LISPソースファイル
DCL ダイアログ定義ファイル
DLL FDT 機能拡張ファイル(C/C++ 旧形式)
TX ARES SDK 機能拡張ファイル(C++)
ARX FxARX API 機能拡張ファイル(C++)
DLL FxCorMgd/ArgonMgd クラスライブラリ (.Net)
DLL DSAPI SDK 機能拡張ファイル(.Net)
SCR コマンドスクリプトファイル
AM アクションマクロ定義ファイル XML形式
ARESCMacros.zip ARES VSTAマクロファイル(ZIP圧縮された.Netプロジェクトファイル)

XMLファイルの設定ファイル
Alias.xml エイリアス定義ファイル
Application.xml ユーザーインターフェース定義ファイル
Profile.xml プロファイル定義ファイル
Profile_fixed.xml サポートラインの定義 プロファイル定義ファイル(共通)
ScaleList.xml 異尺度係数定義ファイル
Workspace.xml ワークスペース定義ファイル

インストールされる主なファイル
ARESC.EXE ARES commander 実行ファイル
ARES.CHM ARESヘルプファイル
XtraTools.LSP XtraTools LISP機能拡張(暗号化LISPファイル)
TX Teigha 機能拡張ファイル (オブジェクトイネーブラ、コマンドの定義他)
TXV Teigha ビデオドライバファイル
DLL ダイナミックライブラリ
QM Qtメッセージリソースファイル

Supportフォルダにインストールされるカスタマイズファイル
PCLispTools.dll PowerCADD サポートラインの定義 互換の拡張LISP関数(FDT)
start.lsp 自動ロードLISPファイル。main.lsp,loadXtratools.lsp,startup.lspをチェインロードする
main.lsp ARESが提供しているLISPファイル
loadXtratools.lsp XtraToolsをロードするためのLISPファイル
startup.lsp ユーザーが修正してよい自動ロードLISPファイル

柔軟なアラート通知を可能にするWorkflowの管理について

Environmentとは、Workflowの管理単位で、一つ以上のアカウントと関連づきます。例えば、以下の図の場合、各アカウントはそれぞれ独立したEnvironmentと関連付いています。この場合、”Account A"で発生したインシデントに対するアラート通知ルール(Workflow)は、”Environment Account サポートラインの定義 A”に定義し、それ以外のアカウントで発生したインシデントには関与しません。

Single environment

場合によってはアカウント横断でルールを定義したいケースもあるでしょう。その場合は、該当する複数のアカウントを一つのEnvironmentにまとめて関連づけることができます。以下の図の”Manual Cross-Account A”というEnvironmentに定義されたWorkflowは、”Account サポートラインの定義 A"および”Account B"で発生したインシデントの両方をハンドリングすることができるようになります。

cross environment

現在のEnvironmentの確認

まずは、現在のEnvironmentがどうなっているのか確認してみましょう。New Relicのアカウントの作成の時期によって、複数のアカウントが関連づいたEnvironmentがあるか、1つのアカウントごとにEnvironmentアカウントがあるか、両方のパターンがありますので、まずは今の構成が期待にあっているかどうかを確認することが大事です。Environmentの確認や変更は、GraphQL APIであるNerdGraphを使って行います。

まず、GraphQL サポートラインの定義 Explorerを開きます(参考:GraphiQLエクスプローラーを使用する)。
以下のクエリを実行し、現在の構成を確認します。

query single

list single

query cross

list cross

Environmentの構造を変更する

現在の構成が期待と異なる場合は、同様にGraphQLを利用してEnvironmentの構成を変更していきます。ケースとしては、アカウント横断のEnvironment(kind: CROSS_ACCOUNT_ENVIRONMENT)をアカウント別のEnvironment(kind: SINGLE_ACCOUNT_ENVIRONMENT)に分割するか、もしくはその逆に大別できます。

柔軟なアラート通知を可能にするWorkflowの管理について

Environmentとは、Workflowの管理単位で、一つ以上のアカウントと関連づきます。例えば、以下の図の場合、各アカウントはそれぞれ独立したEnvironmentと関連付いています。この場合、”Account A"で発生したインシデントに対するアラート通知ルール(Workflow)は、”Environment Account A”に定義し、それ以外のアカウントで発生したインシデントには関与しません。

Single environment

場合によってはアカウント横断でルールを定義したいケースもあるでしょう。その場合は、該当する複数のアカウントを一つのEnvironmentにまとめて関連づけることができます。以下の図の”Manual Cross-Account A”というEnvironmentに定義されたWorkflowは、”Account A"および”Account B"で発生したインシデントの両方をハンドリングすることができるようになります。

cross environment

現在のEnvironmentの確認

まずは、現在のEnvironmentがどうなっているのか確認してみましょう。New Relicのアカウントの作成の時期によって、複数のアカウントが関連づいたEnvironmentがあるか、1つのアカウントごとにEnvironmentアカウントがあるか、両方のパターンがありますので、まずは今の構成が期待にあっているかどうかを確認することが大事です。Environmentの確認や変更は、GraphQL APIであるNerdGraphを使って行います。

まず、GraphQL Explorerを開きます(参考:GraphiQLエクスプローラーを使用する)。
以下のクエリを実行し、現在の構成を確認します。

query single

list single

query cross

list cross

Environmentの構造を変更する

現在の構成が期待と異なる場合は、同様にGraphQLを利用してEnvironmentの構成を変更していきます。ケースとしては、アカウント横断のEnvironment(kind: CROSS_ACCOUNT_ENVIRONMENT)をアカウント別のEnvironment(kind: SINGLE_ACCOUNT_ENVIRONMENT)に分割するか、もしくはその逆に大別できます。

実践Rustプログラミング入門 (単行本)

実践Rustプログラミング入門

Part 1 入門
Chapter1 プログラミング言語 Rust
1-1 Rust の魅力
1-2 とにかく実行速度が速い
Rust は機械語に直接コンパイルされる
ガベージコレクションをもたない
「ゼロコスト抽象化」を追求している
1-3 モダンな言語機能が一通り入っている
不変・可変を明示的に制御できる
filter, map などを使ってコレクションを操作できる
代数的データ型とパターンマッチング
強力な型推論
トレイト
1-4 OS から Web アプリケーションまで幅広く実装できる
1-5 ツール群がとても充実している
Cargo
エディタサポート
標準フォーマッタ rustfmt、標準リンター clippy
1-6 「安全性」が強力に担保されている
1-7 エディションという考え方によって互換性を担保している
1-8 Rust の利用事例
Chapter2 サポートラインの定義 環境構築
2-1 Webサイトで試せるRust - The Rust Playground
2-2 開発環境を構築する
rustupをインストール
動作確認
cc
エディタ
Rust Language Server(rls)
rust-analyzer
cargo-edit
リリーストレインモデル:nightly, beta, stable
2-3 まとめ
Chapter3 Rustの基本
3-1 基本的な文法
基本的な型
変数宣言
制御構文
関数
マクロ
3-2 Rustを支える言語機能
ゼロコスト抽象化
所有権と借用
スレッド安全性
非同期処理
3-3 クレートとモジュール
入門 クレート
入門 モジュール
3-4 Cargo - ビルドシステム・パッケージマネージャ サポートラインの定義
サブコマンド
Cargo.toml
3-5 テスト
assertマクロ
パニックを発生させるテスト
普段は無視するテスト
testsモジュール
testsディレクトリ
ドキュメントのテスト


Part 2 実践
Chapter4 プログラムを作成する
4-1 プロジェクトの準備
アプリケーションの仕様
プロジェクトの作成
コマンドライン引数の処理
4-2 計算ロジックを追加する
アプリケーションの枠組みの作成
逆ポーランド記法の計算ロジックの作成
4-3 テストを書く
4-4 エラーハンドリングを追加する
エラーをハンドリングしない実装
Resultでエラーを受け取る
独自のエラーを定義する
エラー処理クレートを使う
逆ポーランド記法計算機へのanyhowの適用
4-5 ファイルパスの表現について
4-6 実行パスへのインストール
4-7 まとめ
Chapter5 Webアプリケーションの開発
5-1 Webフレームワークのセットアップ
Hello world!
エラーハンドリングの定義
5-2 テンプレートエンジン
Web アプリの設計
HTML テンプレート
HTML の表示
5-3 サポートラインの定義 データベース
テーブルの設計
SQLite に Rust でアクセスする
サーバーアプリケーションでアクセスする
5-4 Todo アプリを仕上げる
POST リクエストを受け取る
5-5 Docker イメージの作成
Dockerfile の作成
イメージビルドの高速化
イメージサイズの削減
5-6 まとめ サポートラインの定義
Chapter6 WebAssembly
6-1 WebAssemblyとは
6-2 開発の準備
npm
cargo-generate
wasm-pack
6-3 サンプルプログラム:マンデルブロ集合を描く
マンデルブロ集合とは
マンデルブロ集合を計算するプログラム
wasmを呼び出すJavaScriptの実装
JavaScriptから呼び出せるようにする
JavaScriptとの速度比較
6-4 サンプルプログラム:ナンバープレースを解く
ナンバープレースとは
ナンバープレースを解くプログラム
Rustの実装
JavaScript側の実装
6-5 まとめ
Chapter7 GUIアプリケーション
7-1 RustにおけるGUIの現状
GUIクレートの紹介
IcedによるGUIの実装
7-2 ウィンドウ
プロジェクトディレクトリの準備
アプリケーション基盤の作成
main関数からの実行 サポートラインの定義
7-3 ウィジェット
ウィジェットの配置
フォントの使用
ウィンドウのサイズ変更
7-4 メッセージ
メッセージと状態変数の定義
メッセージの送信
メッセージの受信
7-5 サブスクリプション
レシピの作成
サブスクリプションの作成
メッセージの受信 サポートラインの定義
時間の表示
完成
Chapter8 組み込みシステム
8-1 環境構築
ターゲットとするプラットフォームについて
クロスコンパイルの環境構築
QEMU
8-2 Hello, world!
8-3 Lチカ
LEDの操作方法
Peripheralsの取得
Peripheralsの有効化
GPIOの取得
LEDの操作
ウェイトを入れる
Lチカのプログラム
8-4 embedded-hal
単一のPeripherals
クロックの凍結
型制約されたピン設定
その他のデバイス
8-5 組み込み向けクレート
alloc
heapless
パニックハンドラ
cortex-m-rtic
8-6 参考資料
Chapter9 開発ツール
9-1 実践Cargo
プロジェクトのディレクトリ構成
フィーチャ
依存クレートの修正
ワークスペース
サブコマンド
9-2 フォーマッタ・リンター
rustfmt
clippy
9-3 コードカバレッジ
cargo-tarpaulin
9-4 ベンチマーク・プロファイラ
cargo bench
criterion
cargo-profiler
flamegraph
hyperfine
9-5 CI
Travis CI
GitHub Actions
Chapter10 プロダクトをリリースする
10-1 シングルバイナリ
10-2 ビルドの再現性
Cargo.lock
rust-toolchain
10-3 バイナリサイズの最適化
最適化のオプション
サイズ比較
10-4 Profile-Guided Optimization
実行方法
10-5 クレートの信頼性
rustsec.org
cargo-audit
cargo-crev
10-6 ファジング
cargo-fuzz
10-7 プライベートなクレート
cargo publishを禁止する
代替レジストリ


Part 3 サポートラインの定義 Tips
Chapter11 いろいろなRustの発展的Tips
11-1 マクロ
宣言的マクロ
手続きマクロ
関数的マクロ
deriveマクロ
アトリビュートマクロ
11-2 FFIによる他言語との連携
サンプル:RustからC言語の関数を呼ぶ
サンプル:RubyからRustの関数を呼ぶ
FFIを使う上での注意点
その他のバインディングを作るクレート
まとめ
11-3 パニック
自己診断としてのパニック
パニックとResultの使い分け
パニックが起こるとどうなるか
パニックを捕捉する
巻き戻しが起こらない場合
パニックハンドラを置き換える
パニックとポイズニング
パニックのまとめ
11-4 unsafe
UB (未定義動作)
安全性と健全性
unsafeアンチパターン
契約で理解するunsafe
unsafeの2つの使い方
妥当性不変条件と即時UB
unsafeをできるだけ安全に使うために
valgrind
デバッガを使う
サニタイザ
参考資料
unsafeのまとめ
11-5 Rust のエディション
エディションとは何か?
エディションの歴史
今後予定されているエディション
エディション間の互換性について サポートラインの定義
Cargo でのエディションの設定方法
11-6 Rust製のOSS
ripgrep
Alacritty
Rust製のOSSでよく使われるライセンス サポートラインの定義
cargo-license
11-7 Rust のコミュニティ
Rust のコミュニティについて
Rust 商標ポリシーについて
最新情報を得るために
日本のコミュニティの現状
11-8 Rust と競技プログラミング
11-9 Rustを仕事で使う
業務で使われている例
自社の業務にRustを取り入れるためのヒント
まとめ


Column 目次
機械語とは何か
ゼロコスト抽象化
関数型プログラミング言語 Rust?
ビルトインマクロ
PartialEqとPartialOrd
2015エディションのモジュールシステム
Rust の文字列型
Rust におけるasync/await と非同期ランタイム
Webフレームワーク
汎用 SQL ライブラリ: diesel
Rust とサーバーレスアプリケーション
Rust と Prometheus
wasm-bindgen
web-sys
Tierについて
xargoとstd Aware Cargo
cross によるクロスコンパイル
svd2rust
RustとOS
バイナリにリビジョンを埋め込む
清潔なマクロ
2015エディションのマクロと名前解決

柔軟なアラート通知を可能にするWorkflowの管理について

Environmentとは、Workflowの管理単位で、一つ以上のアカウントと関連づきます。例えば、以下の図の場合、各アカウントはそれぞれ独立したEnvironmentと関連付いています。この場合、”サポートラインの定義 サポートラインの定義 Account A"で発生したインシデントに対するアラート通知ルール(Workflow)は、”Environment Account A”に定義し、それ以外のアカウントで発生したインシデントには関与しません。

Single environment

場合によってはアカウント横断でルールを定義したいケースもあるでしょう。その場合は、該当する複数のアカウントを一つのEnvironmentにまとめて関連づけることができます。以下の図の”Manual Cross-Account A”というEnvironmentに定義されたWorkflowは、”Account A"および”サポートラインの定義 Account B"で発生したインシデントの両方をハンドリングすることができるようになります。

cross environment

現在のEnvironmentの確認

まずは、現在のEnvironmentがどうなっているのか確認してみましょう。New Relicのアカウントの作成の時期によって、複数のアカウントが関連づいたEnvironmentがあるか、1つのアカウントごとにEnvironmentアカウントがあるか、両方のパターンがありますので、まずは今の構成が期待にあっているかどうかを確認することが大事です。Environmentの確認や変更は、GraphQL APIであるNerdGraphを使って行います。

まず、GraphQL Explorerを開きます(参考:GraphiQLエクスプローラーを使用する)。
以下のクエリを実行し、現在の構成を確認します。

query single

list single

query cross

list cross

Environmentの構造を変更する

現在の構成が期待と異なる場合は、同様にGraphQLを利用してEnvironmentの構成を変更していきます。ケースとしては、アカウント横断のEnvironment(kind: CROSS_ACCOUNT_ENVIRONMENT)をアカウント別のEnvironment(kind: SINGLE_ACCOUNT_ENVIRONMENT)に分割するか、もしくはその逆に大別できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる