株取引

スワップってなに

スワップってなに
「そう。“氷上のチェス”スワップってなに といわれることにも納得できたんじゃないかい?」

アマゾンのAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)
部門の強さにウォール街が唖然! 株価が急騰!
その原因となった「IaaS事業」ってなに?

facebook-share

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株
●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測 スワップってなに
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェット が10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

使ってない証券口座を解約デメリットはなに?【解約前に気にしたい!】

使ってない証券口座を解約デメリットはなに?【解約前に気にしたい!】-サムネイル画像

ここからは、口座を解約するメリットを紹介します。

  • 資産管理が楽になる
  • マイナンバーの提供先が減る

①資産管理が楽になる

資産管理をする際に1番大切なことは、 資産の現状 を把握しやすくすることです。

②マイナンバーの提供先が減る

プライバシーの観点からマイナンバーカードのような個人情報の預け先は 必要最小限 で留める必要があります。

証券口座を解約しないデメリットを2つで解説!【解約しないとどうなる?】

デメリット①不正ログインされる可能性がある

日頃から使っている口座は、不正ログインに気づきやすいですが、長年使っていない口座は、不正ログインをされても 気付きにくい スワップってなに でしょう。

デメリット②資産管理がしづらくなる

資産管理がしやすいように、使っていない証券口座を解約して、 すっきりした状態 にしましょう。

休眠口座・休眠預金とは?【基礎知識】

休眠口座・休眠預金とは、 スワップってなに 10年以上取引 がない預金口座のことです。

休眠預金になると何か変わるの?

休眠口座が社会問題解決のために使われますが、休眠口座に入っている残高から使われることはないので 安心 してください。

解約前に検討するべき5つのこと【NISA口座の解約を検討している方へ】


  • 銘柄変更
  • 金融商品の売却
  • NISA口座の投資の一時的休止
  • 金融機関の変更
  • NISA口座をつみたてNISA口座に変更

投資の選択肢を増やすことで、自分の好きな投資スタイルがわかってくるでしょう。

投資で大事なことは、 投資スタイル が自分に合っていることです。

②金融商品の売却

今後、NISA口座で資産運用することの メリット が大きい場合があるので、解約する前に対処法を考える必要があるでしょう。

③NISA口座の投資を一時的に休止

投資が不安という方は、一度投資をストップして、 投資から距離を置くこと をおすすめします。

④金融機関の変更

NISAの非課税投資枠を使用して投資を行なった場合は、その年に 金融機関を変更 することができません。

⑤NISA口座をつみたてNISA口座に変更

NISAとつみたてNISAの違いは、 NISAは、最大5年間、年間120万円 の非課税投資枠があり、国内株式や外国株式、投資信託を買うことができます。

暗号通貨ってなに?特徴やメリット、取引の始め方などについて徹底解説

ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン (スワップってなに ENJ) オーエムジーコイン(OMG) パレットトークン(PLT)

LINE BITMAX

  • 直感的に操作できる
  • LINEpayとの連携で便利に使える
  • 運営元が超大手企業

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 スワップってなに *
取り扱い通貨 6通貨

ビットフライヤー(スワップってなに bitFlyer)

  • 最短即日の取引が可能
  • 各種手数料が無料
  • ビットコイン取引国内No.1

\ ビットコインの取引量、6年連続No.1! (※) /

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

暗号通貨のまとめ

暗号通貨はビットコインやイーサリアムなどさまざまな種類がありますが、どれもオンライン上で取引ができる電子データです。

日本国内の企業でも仮想通貨に投資しているところも多く、これからどんどん暗号資産が身近になっていくことでしょう。

スワップってなに

「ありがとうございます!じつは僕、カーリングのゴシゴシしている“アレ”に憧れていて、いつかは“アレ”になりたいと思ってるんです!先生、早速ですがそもそも“アレ”って何ていう名前なんですか?」

「そこからかッ!!! ちなみにその“アレ”でゴシゴシされた氷の上を滑っている私が“ストーン”。そして、君が知りたい“アレ”は“ブラシ”、または“ブルーム”というんだよ。そういえば君は似ているね。」

「ぶ、ブルーム?!そんな呼び名もあるんですね、しゃれた名前!いや~僕、本当によく似てるって言われるんですよッ!」

「たしかに似ているがカーリングのブラシとは中身がだいぶ違うぞ。柄の部分は、グラスファイバーのような強くて軽い素材でできているんだ。より軽く扱いやすくするために、最近ではカーボン素材の物も出回り始めているぞ。

「おぉぉ!! 素材は違っても僕だってブラシの意地があります!ゴシゴシッぷりなら自信がありますよ!!ますます憧れが強くなりましたよ、先生!!」

「そうか。なんだかもっと君にカーリングについて教えてあげたくなったよ。まずはルールからだな!」

「ありがとうございます! もっといろいろ教えてください!!カーリングを理解して立派なブルームに近づくために!!」

カーリングのチーム構成ってどうなっているの?

「まず、カーリングを楽しむ上で知っておいて欲しいのは、チーム構成と試合の流れ。まず1チームのメンバーは何人か知っているかな? さあ、答えてくれたま…」

「はいッ! 1チーム3人です!1人が投げて、2人でこすっているのをよく見ます!」

「かなり食い気味で答えてくれたけど不正解!! これ基本中の基本なんだけど…」

「えっ…?!」

「えっ? 指示って何ですか? カーリングって指示が必要なスポーツなんですか?!」

「その指示が試合を左右すると言っても過言ではないぞ。“氷上のチェス”と呼ばれるほど、カーリングは頭脳戦なんだ! 君にできるかな?」

「氷を磨きまくって円の中に入れたら良いってそんな単純なものじゃないんですね!!なんだか自信がなくなってきました…」

試合は2時間30分! カーリングの試合の流れとは?

「続いて試合の流れだけど、カーリングは、対戦する2チームが交互にストーンを投げるんだ。」

「ボウリングみたいですね。だから色の違う2つのストーンを用意するんですね!」

4人が2回ずつ投げて、計16回投げると1エンドが終わるんだ。」

「それで試合終了ってことですね!」

「いやいや、そんなすぐに終わるわけがないだろ! カーリングの試合は10エンドを繰り返して勝敗をつけるんだぞ。」

「16回投げるのを10エンド繰り返すということは… 160回もストーンを投げ続けるのですか?!」

「そうだ! だから一試合は約2時間30分にも及ぶんだ!意外とハードだろう? ああ見えて実は長い時間、体力と頭脳を使っているんだ。」

「に、2時間30分…?!カーリングって想像を絶する過酷なスポーツだったんですね…。思っていたのと違い過ぎます!」

そもそもカーリングの得点の数え方って?

「カーリングの得点って真ん中に近ければ高いんですよね? ダーツみたいに!」

「うむ、確かにハウスと呼ばれる円の中心に近いチームのみが得点を得られるが、ちょいと複雑でね。
得点は1エンド終了後に、中心に近いストーンのチームが、相手チームのストーンより内側にあるストーンの数だけ得点を得られる。
言ってること、分かるかな?」

「つまりこの状態だと、一番真ん中に近い赤チームだけが得点を得る権利があって、黄色のストーンより内側にあるストーンの数、つまり3点が赤チームの得点になるってことだ。」

「黄色ストーンも円の中に3つ入ってるけど、得点はどうなるんですか?」

「いくら円の中に入っていようが、真ん中に一番近いストーンがないチームは0点になる。

「えっ? 0点ですか? 意外とシビアなルールなんですね! 最後の一投まで勝負は全くわからないってことですか…」

「そう。“氷上のチェス”といわれることにも納得できたんじゃないかい?」

カーリングは戦術が大事!でもその戦術って?

「つまり、カーリングは戦術が大事ということだ!仕事も!恋も!大事なのは戦術!戦術無くして勝つことなどできん!」

「戦術と言ったって、ストーンを投げてその通り道を磨くだけですよね?」

「そんな単純なもんじゃないんだ!ストーンをどこに、どう投げるかがとっても重要になるんだ。例えば…」

「えっ? 全然ハウスにも入ってないですよ…? スワップってなに ミスショットですか?」

「つまりこれが作戦なのだよ! ここにストーンをガードとして置いておくと、次に投げる相手チームの選手が困る!というようなね。つまり妨害工作!」

「なるほど! 確かに…。真ん中が狙えなくてとっても困りますね!!」

「フフフ。じつは、ストーンはカーブさせることもできるんだ!だから、ガードを避けて中心に置くこともできるってワケだ!」

「エーッ?!本当ですか!? でも…そんな上手く投げられるのかなぁ~」

「ここで大事になるのが、ブラシでゴシゴシすること! そもそもなんで氷の上をゴシゴシするかというと、氷の表面を溶かして滑りやすくするためなんだ!」

「回転をかけて曲がるように投げたストーンの前でゴシゴシすると、曲がらずにスーッと滑っていくんだ。ちょうどイイところでゴシゴシをやめると、すっと曲がって見事にカーブをかけられるんだよ!!」

「す、すごいですね…!! 分かった!そこでゴシゴシのタイミングとかの指示を出すのが、 4人目のスキップ の役割なんですね!」

「するどい! その通り! カーリングの面白さ、理解できてきたかな?」

「分かってきました! こんなにも戦略や技術が必要だとは!!そして長時間戦うための体力…。もっとシンプルなスポーツだと思っていました。」

「そう、簡単なように見えて、じつはものすごく繊細でハードなスポーツなんだよ。」

「いや~簡単に憧れの“アレ”になれると思ってましたが、学ぶべきことがまだまだありそうです!でも僕がカーリングに向いているというのはなんとなく分かりました!!」

「そ、そうか! それは良かった…(でもこのブラシじゃないんだよな~)」

Q.Access って1万件超えると遅くて使い物にならないって本当ですか?

Access に限らず、現在のすべてのコンピューター上で動作するアプリケーションにおいて、一定のパフォーマンスを保証することは不可能です。
動作するハードウェア、ソフトウェア環境によって大きく違ってしまうため、ソフトウェア実行においてのベンチマークになんの意味もないからです。
つまり、「あるマシンで1時間かかった処理が違う環境では1秒かからない」ことも当然ありえる、いえありえるどころじゃない、現実としてあるのです。
よく「マイク○ソフトはベンチマーク結果を公表しないんですかっ!?」としたり顔で(実際は電話ですから顔は見えないんですけど)文句言ってくる人もいましたが、こんなこと言ってる人は素人ですから言うことをきいては駄目です。

一般的なパソコン、サーバーというのは、ハードウェア環境がすべて一定に保証されている汎用機と違って、自作マシンもあればメーカー機もあり、AT 互換機もあれば PC98 マシンもありと (さすがにもうないだろそんなもの…歴史を感じるなあ) 、ハードウェアの性能が一定じゃないんですから、処理時間なんて計ったって完全一致する環境があるワケがないんです。そんな信用できない情報を欲しがる人の気が知れません。

「じゃあ、一般的な環境でいいから・・・」一般的ってなんですか??一般的って??余計わかりませんよね。
マシン購入時には「標準スペック」とか気軽にいいますけど、これも「買う人の予算範囲内で納得できるスペック」って意味ですからぜんぜんアテにはなりませんよね。自分のまわりの人(会社の人?)が使っている環境=世間の標準と思ってるなんて、なんて幸せな人なんでしょう。

先日こんなご相談がありまして。(ここだけ最新クラウド環境での話)スワップってなに
Azure Database for PostgreSQL に対してよくわからないベンチマークを実行したお客様が、「プランをあげてもスコアが上がらない!!どういうことだ!!」
(プランをあげる=vCore の数とメモリを増やす という意味) と言っている、とのことでしたのでそのスコアとやらを見せてもらいました。
確かに、vCore の数が倍になろうと 4 倍になろうとスコアは全く変わっていませんでした。ただし、HyperScare に変更したらスコアは 20 倍ぐらいに上がっています。
で、よく見たら、実行してる SQL 文が Update と Insert なんですよ。1 万件だか 10 万件だか、同じような Update、Insert を 1 件ずつ淡々と実行するという。

Azure Database for PostgreSQL では明記されてないですが、HyperScare はストレージが SSD と明記されてます。ということは、HyperScare じゃないプランは SSD ではないってことです。この差がスコアに出たってだけの話っすよね。

とまぁ、このように、ハードウェア環境が変わればデータベースのスループットは変わっちゃうんです。
自分が使う予定の環境とは違う環境で実行してるのが確実であるベンチマークなど公表してもらって何になるというのでしょう。「参考までに」聞いたところでどうしようというのですか。他の人のシステムも遅いと確認して安心したいのでしょうか。
原因を追求することもせず、遅いのを全部 Access のせいにして「Access なんて使い物にならねぇぜ!」と堂々と言う奴には、

「使えねぇのはおまえだよ」

いや、確かに遅いんじゃないですかね、Oracle や SQL Server と比べたら。(^^;)それは値段にもハッキリ現れていますよね。
最近はマイ○ロソフトが Oracle に負けまいと SQL Server のベンチマークを公表してるみたいですが、製造元が出したベンチマークなんて信じちゃ駄目です。
どんな都合のいい環境でどんな都合のいいデータを出したのかわかんないんですから。いくら他社製品と比較してたって、自社の環境での結果なんですから、いわゆる「広告用当社比」だと思っていいと思います。
ま、ベンチマーク出したら出したで、誰も信用してないんでいいと思いますけど(^^;)

たしかに、安定性や排他制御の点では Oracle に1歩どころか 200歩ぐらい先にいかれている感のある Access スワップってなに ですが(そもそも比べるな)、データベース設計や使いようによってはそこそこのパフォーマンス出るし、開発期間・準備期間は断然短いから導入費用は安くてすむし、バックアップさえしっかりとれば運用もラクだし、Access ならではのメリットもたくさんあるのです。
カネをかけりゃぁパフォーマンスアップできて当たり前です。安くて質の良い物を提供するのが技術者の心意気ってもんじゃぁないですか?!

なにをしている部分に一番時間がかかっているのか

まず原因を突き止めることです。「決まってるじゃん、検索だよ検索」としか言わない上司、アナタ検索って意味わかってますか?
Access での検索処理のやりかたには無限に方法があります。クエリーにまかせっきりの場合や、DAO で1件づつ判定して他テーブルに抽出している場合、複数のクエリーを実行して絞り込みを行っている場合。
複数フェーズで実行している場合には各フェーズでしっかり時間を計測しましょう。
3つのクエリーを実行していて、2つめだけが異常に遅いといった場合、そのクエリーの条件式を見直すだけで処理時間は 100 分の1、1000 分の1にもなりえます。
モジュール内で DAO を使っている場合、マイクロソフトのサポート情報にバッチ処理時のパフォーマンスアップのコツを記述した資料がありますので参考にしてください。

インデックスは適切か

1万件でも 10 万件でも、適切なインデックスがはられていて適切なデータ量単位で検索して使えばそれほど遅さは感じません。10 万件から1件検索するのも、1件から1件検索するのも、インデックスを使用して検索する場合には速度の違いを体感することはほとんどないんです。
データ量が増えて遅くなった場合、テーブル構造とインデックスに問題があります。よく検索に使用したり、他テーブルとの結合に使用する項目には「重複あり」でもいいですからインデックスをつけるようにしましょう。
ただし、むやみにインデックスをつければいいってものでもありません。インデックスが多ければ更新に時間がかかるので必要最小限のインデックスを効果的に使うようにしましょう。
適切なインデックス構築は、データベースソフトにおいて設計者のセンスと腕のみせどころです。

スワップしていないか

たぶん、1万件だの3万件だのを超えると突然遅くなるって言う人たちの場合、そこがスワップするかしないかの境目なのではないかと想像しています。(または、ただデータ量が多くなって処理時間を体感できるようになっただけなのに、大袈裟に遅くなったと騒いでいるだけ こういう人はパフォーマンスチェックなんてやったことがない素人です)
スワップが起きるのと起きないのでは処理時間が雲泥の差です。見直せるものならハードウェア構成を見直す、余計な常駐アプリケーションを終了するなどしてみましょう。
そうは言っても、通常はハード構成なんて変更できないですよね。こういう場合は、1度に処理する件数をフォームやレポートの仕様で制限してしまうのです。
だいたい1画面に 100 件だの スワップってなに 1000 件だののレコードを一度に表示したって、たいがいの場合は該当レコードを探すだけでイヤになってしまいます。
適切な検索条件を入力させて、画面に表示する前にデータを絞り込んでしまえばだいぶストレスを感じなくなります。

頻繁におこるイベントで余計な処理を実行していないか

フォーム上でカーソルが動くのが遅い!とイライラする場合、フォーカス喪失時やフォーカス取得時、レコード移動時などに指定している処理がいちいち動いてしまって余計な負荷をかけている場合もあります。
たとえばコンボボックスの再クエリー。これはコンボボックスがフォーカス取得するたびにやっていたら、条件が複雑で処理時間がかかるクエリーの場合などはさすがに気になります。
こういう処理はコンボボックスの絞込条件が変わらなければ再クエリーする必要はないんですから、絞込条件になるテキストボックスの更新後処理などでやるようにしましょう。
最適なイベントで最適な処理をすることもレスポンスアップの重要なカギです。

ネットワークのパフォーマンス

ネットワークが遅い場合。サーバーに mdb スワップってなに を置いて共有アクセスしていれば、当然ネットワーク負荷の影響をもろにかぶります。
ダイヤルアップ接続でログインしていて「Access だから遅い」なんていわれちゃ Access も浮かばれません。(もうそんなやつはいない)
こんなとき遅いのを Access のせいにしてはいけません。このままのネットワーク環境Oracle に乗せかえる、なんて話がでてきちゃったらどうします?
開発費用だけがかさんでパフォーマンスは全然あがらないってことになったら、信用問題どころが訴訟が起こりますよ。

ちょっと具体的な例をひとつ。
ODBC 経由で、某汎用機のデータベースの中身を参照し画面に一覧表示するというプログラムを Access で作ったことがあります。
なにしろ相手は汎用機、データは4万件以上あり、さらにインデックスがはられていない!!いや単に ODBC で利用できるインデックスが無かっただけかもしんないですけど
こんな状態なので、リンクテーブルをただ開くだけで、最初の文字が出るまでに約 15 秒かかっていました。
「遅いのはわかってるから、少しでも早くして」(–;;) ナンジャソレといわれて、試行錯誤を繰り返した結果、次のようなことがわかりました。

どうも「or」条件をつけると遅いのです。絞り込むため結果レコード数は少なくなるのですが、10 件該当したとしても 40 秒以上かかっていました。
ところが「or」がつかない条件だと、結果は 4 万件あっても 15 秒程度で終わるのです。
ODBC トレースをとった結果、Where 条件式に「or」が入ると ODBC ドライバはお手上げするらしく、or 条件以外の式を評価した結果のレコードセットをいったん作成し、Fetch して再度絞り込みを行っていました。

そこで、いったん or スワップってなに 条件ぬきの条件式である程度絞り込んだ結果レコードセットを取り、それをそのまま自 mdb のワークテーブルに落とし込みました。つまりデータを複写しちゃったんですな。
そのあと or 条件にあたる条件式で再度絞り込みを行い、再抽出するようにした結果、2度目の抽出は時間計測不可能な処理時間(つまり、1秒未満)で終わるため、どんな条件式を設定しても 15 秒で画面を表示できるようになりました。
普通であれば2度手間抽出したほうが速いなんてことは想像もしないでしょう。わたしもしませんでした(^^;;) 通常はなるべく1度の SQL で終わらせるのが良いとされていますし。

この例に限らず、「or 条件式」が入る抽出は一般的に遅いです。同じ結果レコードセットなら、条件式が少ない方が処理時間は圧倒的に短くてすみます
Select * from A_Master
Where Key_Code = forms![MyForm]![KeyCode] or isnull(forms![MyForm]![KeyCode])
というクエリーと、
Select スワップってなに * from A_Master
というクエリーでは、たとえ結果が一緒でも処理速度は全然下の方が早いですから、isnull(forms![MyForm]![KeyCode])が True の状態のときには条件式をつけずに検索するのが一番速いのです。
パフォーマンス にこだわるのなら、何も考えずただクエリーを実行するよりは、状況に応じて SQL 文を構築して実行するぐらいのことはしなくてはダメだと言えるでしょう。

きちんと遅い原因を追求し明確にさえしてしまえば、このような手段をとることはそれほど難しくはないのです。
パフォーマンスアップはケースバイケース、経験がモノを言う匠の世界です。遅い遅いと文句ばかり言うだけではなく、遅い原因をさぐりパフォーマンスアップすることに生きがいを感じるぐらいのほうが骨のあるエンジニアだと思いますが、いかがでしょうか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる