FXのご案内

バイナリーオプション業者選びのポイント

バイナリーオプション業者選びのポイント
業者の選び方

副業でバイナリーオプションするなら業者選びが重要!おすすめ業者3選

副業でバイナリーオプションするなら業者選びが重要!おすすめ業者3選

<プラス評価項目>
1.「Bi-Winnig」は、引き分け(同値)判定は、返金されるフェアーなルール。
2.ペイアウト倍率が何れの通貨ペアでも高く、損益分岐勝率が低く勝ちやすい。
3.ペイアウト倍率が、すべての通貨ペアで統一されているので、どの通貨ペアで取引しても、損益分岐勝率と期待値に大きな変化がなく、資金を増やしやすい。
4.取引ツールで、取引履歴がすぐに反映され、現在の勝率や負けた際のレートが確認しやすい。(不正がないかをチェックしやすい) バイナリーオプション業者選びのポイント
5.「ハイローオーストラリア」と「Bi-Winnig」は入出金手数料が無料で、国内銀行送金に対応しており、入金の際に銀行からバイウイニングの口座に振り込む際の銀行の振込手数料のみ負担すればよいので、こまめな資金管理がしやすい。
6.入金ボーナスが充実している。(但し、Bi-Winnigは取引量の条件をクリアしないとボーナスで得たお金は出金できない)。
7.エントリー時に約定拒否されることが少なく、約定力が高い。
8.バイナリーオプション業者のなかで、理不尽な出金拒否や言いがかり的な口座凍結履歴は見当たらない。
9.NDD方式を採用しているFXブローカーやASPと提携しており、FXの採用レートがインターバンクレートに限りなく近い。

<マイナス評価項目>
1.バイウイニングは、2021年4月からサービスを開始している新しい業者なので、実績が少ない。
2.3社とも日本の金融庁に登録していない。(この理由は次項で解説)
3.他の業者同様に、短期取引でもスプレッドが設定されることがある。(30秒~3分取引は注意)

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションのルールの違い

バイナリーオプション業者選びのポイント バイナリーオプション業者選びのポイント
日本国内業者 海外業者
取引時間 2~3時間(選択できない) 30秒から1日(選択できる)
取引回数 制限あり 制限なし
取引金額(1回あたり) 1,000円以下 100円から200,000円
ペイアウト倍率 変動制 1.6倍~2倍で
基本的に固定制
取引通貨ペア 主要通貨ペアのみ 通貨ペア以外に、仮想通貨・商品先物・株式もある
バイナリーオプション業者選びのポイント

以上の理由から、当サイトは海外バイナリーオプション業者をおすすめします。

海外バイナリーオプション業者の比較

海外バイナリーオプション業者選びで重要視すべきポイント

1.金融ライセンス、分別管理※、業歴、本店所在地(国)、出金拒否履歴の有無。
2.入出金方法、入出金手数料、最低入金額、口座維持手数料、最低出金額。
3.ペイアウト倍率、最小取引額、最大取引額、取引判定時間、途中売却の可否、土日取引の可否

金融ライセンスと分別管理、業歴、本店所在国をチェック

binaryoptions-broker

その他は、 規約で禁止されている自動売買の使用やポジションを短時間に複数もつ、いわゆる連打エントリー、他者の名義を借りて口座を運用したケース、マーチンゲール法取引、その他1,000万円前後の利益をあげた場合に、出金拒否や口座凍結が発生 していることが多いようです。

入出金方法、最低入出金額、入出金手数料を比較

本記事では、この解説は割愛しますが、簡単にいうと、何回トレードしても破産する確率が0%の範囲の資金を投じてトレードしましょうということです。

参考のために調べましたが、やはり「ザバイナリー」と「トレード200」は、口座からの出金方法が海外銀行送金でしか出金できないために、 日本の銀行の受け取り手数料と中継銀行のリフティングチャージまでとられてしまう ため、資金管理が難しい業者だと分析します。

・bitwalletに入金する際、 クレジットカードやデビッドカードを使って入金すると、8~8.5%の手数料 がかかってしまう。

・bitwalletで外貨に両替してしまうと、円からUSドルの場合で、 2.5%前後の手数料 がかかってしまう。

ペイアウト倍率からみた損益分岐勝率の比較

海外のバイナリーオプション会社を選択する際に外せない要素が ペイアウト倍率 です。トレードをビジネスとして捉えると、損益分岐点が重要であるのと同様に「 損益分岐勝率 」が大変重要になるからです。

初心者必見|バイナリーオプションをはじめてみよう!

業者の選び方

初心者必見|バイナリーオプションをはじめてみよう!

Joe

日本国内にもバイナリーオプションを取り扱っている業者は沢山ありますが、なんとなく特定の業者を使い続けているという方も多いと思います。複数の業者で口座開設するのは面倒ですし、どこも大して変わらないだろうと考えられているのかもしれません。
しかし、実際にはそれぞれの業者に大きな特徴があり、どの業者を選択するかによって投資のリターンは大きく変わってきます。実際に各業者がホームページ上で公表しているデータを元に客観的に比較判断できるように統計処理(といっても基本統計量のみですが…)しておりますので是非ご覧いただき皆様の投資に役立てていただければと思っています。

トレードの基本

トレードの基本・トレード画面の見方

バイナリーオプション取引は、基本的には「開始レート」から予め決められた判定時間に「目標レート」より上へ行くか下へ下がるかを予測してその権利(オプション)を購入するトレードです。
スマホ・パソコン上で簡単に購入できますが、各業者で口座開設する必要があります。ほとんどの業者はFX口座を開設したうえで、追加でバイナリーオプションの口座を開設する形をとっているようです。スマホを使えば概ね20分程度で手続きはできます。

バイナリーオプショントレード画面説明

外貨NEXTバイナリーのトレード画面

オプションの購入価格と売却価格

Joe

オプションタイプ|アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ

時間内であればいつでもオプションの購入は可能ですが、判定時間前に権利の売却を行うことが可能なアメリカンタイプと判定時間前は売却できないヨーロピアンタイプの2タイプがあります。私が利用しているオプトレ(外貨ex by GMO)や外貨NEXTバイナリー(外為ドットコム)、外為オプション(GMOクリック証券)の3社は全てアメリカンタイプで、国内のバイナリーオプションではこのアメリカンタイプが主流となっているようです。

取引に必要な資金

取引のは数百円から可能ですが…

最初の頃の資金管理

開催時間と開催回数

開催時間や開始時間も各社いろいろ

複数業者の併用でチャンスを拡大

例えば開催開始1時間経過した時点でピークに達したと判断(トレンドが転換)した場合に残りの1時間でボトムに達するかということです。基本的には収益を最大化するためには判定時間までより長い時間があった方が良いはずです。その場合には開催時間のずれている複数業者を併用する、または開催時間の長い業者を加えることでこの問題が解決する場合があります。
このブログでご紹介する業者は私が実際に長年トレードしている業者で、開催開始時間が1時間ずつずれていたり、開催時間自体が2時間のところと3時間のところがあります。
相場の状況に合わせてタイプの違う複数業者を利用することで、一つの業者だけでトレードしていた時よりも収益アップをしやすくなることを誰もが実感できると思います。

取引数量の制限

業者ごとに1開催当たりだったり1日当たりの取引数量の上限が設定されています(中には無制限の所もありますが)
これは口座開設時に申告した本人の収入や資産、投資可能額によって設定されているのですが、実際にその投資可能額の全額を口座に振り込む訳ではないですし、所得の証明を添付するわけではないので、余り過小に申告し過ぎると取引数量の上限が低すぎたり、業者によっては予め設定している年間の損失限度額にすぐに達してしまい、一定期間トレードができなくなってしまう場合があります。
数百万円の申告であれば大体どの業者でも1回当たり数百ロット(数十万円)のトレードが可能です。1通貨ペアにつき○○ロットという業者であれば1開催で複数通貨ペアのトレードをすれば更に上限は上がります。1日当たりで考えると千~万単位のロット数(数百万円~数千万円)のトレードが可能なところが多いです。

バイナリーオプションのメリット

少額から始められます

一般のFXトレードと比較して少額でトレードを始めることができるのが最大のメリットです。
まず、前提として、FXトレードでは、国内FX事業者のレバレッジ上限は25倍と制限されているため、USD/JPYを10,000通貨購入するには1ドル120円として48,000円必要になります。実際にFXトレードを行いある程度(数万円から数十万円)の収益を得ようとするとこの数倍(数万通貨=数十万円が必要になってくるかと思います。
このFXトレードで仮にUSD/JPYを100,000通貨購入(480,000円分)し20pips動いた場合、収益は20,000円になりますが、バイナリーオプションでは条件にもよりますが20pips程度の変化だと3~4倍の払い戻し倍率も期待できるので数千円~20,バイナリーオプション業者選びのポイント 000円程度の投資で同様の収益が期待できます。
最初に準備する投資資金が1/10程度でも同様の利益を得ることができるということになります。

ボラティリティが乏しい時にも収益を出しやすい

実際のトレード結果実例(※稀に上手にトレードできた時です…)

外貨NEXTでのトレード例画面

外貨NEXTバイナリー トレード画面

外貨NEXT購入履歴例1

購入履歴画面

開始レートは122.621円で判定レートが122.753円ということで、13PIPSの変動しかなかった(ボラティリティーが乏しい)にもかかわらず3.8倍程度のリターンを得られたという珍しくうまくいった(?)例です。

投資した金額以上に損失が出ない

精神的に結構安心できる

バイナリーオプションのデメリット

手数料(オプションの買値と売値の差)がすごく高い

バイナリーオプション トレードのヒント

実際のトレードでポイントとなる点を挙げるとすると、まずは
1.ボラティリティーが高い通貨ペアを選ぶ
2.上がるか下がるか見極める ということになります。

そして同じくらい重要なのは
3.どの目標レートを選ぶか
4.どの業者を使うか ということです。

のボラティリティーに関しては、とにかくレートが時間内に動かなければFXであればプラスもマイナスもありませんが、バイナリーオプションにおいては確実に負けになります。限られた時間でトレードしている方は特に注意が必要になります。

の上がるか下がるかの見極めというのも当たり前すぎますが、自分の予測が外れ続けると、インジケーターを活用するのも一つの方法になります。複数業者で口座を持つと様々なインジケーターを利用することができます(個人的に外為ドットコムの「ぴたんこテクニカル」というゆるゆるのシグナルが気になっています。当たるかどうかは別としてですが…)

の目標レートですが、これはFXにはないバイナリーオプション特有の最も悩ましいところです。
上がる・下がるが予測通りになったとしても期待したレートに達しなかったらリターンは0になってしまいます。そうなると、目標レート間のPIPSが小さいほうが当たり易くなるのではないか?とか、実際にリターン倍率の高い一番上または一番下のレートで判定される率はどのくらいあるのか?等様々な疑問が生じてくるかと思います。
このサイトの別投稿で、業者別・通貨ペア別に判定結果のまとめをデータとして示しておりますのでそちらを是非参考にしてみてください。ここでは書ききれませんので、すいません。また、目標レート間のPIPSについても投稿もありますので是非ご参照ください。
上の実例で目標レートAを購入しなかった理由やちょっとカルト的データで外貨NEXTバイナリーのUSD/JPY7PIPSは買っちゃいけない説などちょっと面白いと思います(笑)

のどの業者を使うかということに関しては、上でも書きましたが、一つのバイナリーオプション業者を決めて利用するということではなく、 「複数の業者で口座を持ちながら、その時の状況に一番合った業者を使う」 ということです。ポイントはオプションを購入しようと思った時から 開催時間の残り がどのくらいあるかということと ボラティリティーの大きさ に対する 目標レートの幅 が大きすぎないか・小さすぎないかということになります。
自分の使っている業者の開催時間に合わせてレートが動いているわけではありません。レートの変化(相場の状況)に合わせてより自分に有利な条件の業者でオプションを購入しなければいけないということです。
そうすることで有利な条件での購入機会が増え、無理なポジション購入も減ってきます。
くどいようですが、この複数業者の併用が第一のの収益アップの条件だと思います!

ファイブスターズマーケッツの30秒取引について解説

ファイブスターズマーケッツの30秒取引について解説

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ記事一覧はこちら

koara

ペイアウト倍率
約1.50~1.80倍
出金日
最短当日
出金手数料
1,000円
デモ口座
無し
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
10,000円
取引時間
30秒/1分
2分/5分
15分/1日
営業時間
平日:24時間

海外のバイナリーオプション業者は30秒などの超短期取引が可能

ファイブスターズマーケッツも30秒取引に対応

バイナリーオプション業者には有名な所とそうでない所がありますが、ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)は海外業者の中だと知名度は高いです。 ペイアウト率などの条件も良く、日本の規制に影響を受けないのは大きな.

30秒取引のメリット

バイナリーオプションでは『 予想を当てるのが難しい判定時間ほどペイアウト率が高い 』という傾向が強く、30秒は高めの設定になっています。

30秒取引のデメリット

30秒取引を制するポイント

もう少し長めの時間のほうが扱いやすい?

ペイアウト倍率
約1.50~1.80倍
出金日
最短当日
出金手数料
1,000円
デモ口座
無し
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
10,バイナリーオプション業者選びのポイント 000円
取引時間
30秒/1分
2分/5分
15分/1日
営業時間
平日:24時間

ファイブスターズマーケッツの評判についてはこちらから

ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)が気になる方は…

ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短翌日
出金手数料
無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円or10,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/1時間
1日
営業時間
日本時間
月曜午前7:00〜土曜午前6:00

ペイアウト倍率
約1.50~1.80倍
出金日
最短当日
出金手数料
1,000円
デモ口座
無し
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
10,000円
取引時間
30秒/1分
2分/5分
15分/1日
営業時間
平日:24時間

ペイアウト倍率
約1.80~2.00倍
出金日
最短即日
出金手数料
bitwallet:出金額の4%
銀行口座:2,000円
※口座ランクによって無料
デモ口座
有り
キャッシュバック
5,000円
25,000円
50,000円
最低入金額
5,000円
取引時間
30秒/1分
3分/5分
15分/30分
1時間/22時間
23時間
営業時間
日本時間
平日:朝7時~翌日の朝6時

ペイアウト倍率
約200%
デモ口座
無し
キャッシュバック
不明
最低入金額
10,000円
取引時間
1分
2分
5分
15分

初心者におすすめバイナリーオプションランキング

【初心者向け】おすすめ海外バイナリーオプションを紹介

ファイブスターズマーケッツはオートトレードが使える??

いつでもエントリー可能?ファイブスターズマーケッツの取引時間

すでに投資を経験されたことのある方なら、取引時間については意識してきたと思います。 投資というのは大抵取引できる時間が決まっており、それを逃すと次の営業日までは何もできなくなることが多いです。 一方で、取引時間に余裕のある商品も.

【出金方法は?】ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)の出金条件をチェックしましょう

この記事では【ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)の出金】について解説しているページになります。 koara ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)で利益.

ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)でデモ取引を行う方法

バイナリーオプション業者には有名な所とそうでない所がありますが、ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)は海外業者の中だと知名度は高いです。 ペイアウト率などの条件も良く、日本の規制に影響を受けないのは大きな.

ファイブスターズマーケッツで出金拒否されることはある?

バイナリーオプションをしている人の中には、「出金を拒否された…」経験がある方もいます。 「お金の持ち逃げをされそう…」と不安になるかもしれませんが、全ての人が拒否されたわけではありません。 バイナリーオプション業者が出金を拒否す.

ファイブスターズマーケッツでのインジケーターを使った取引

ファイブスターズマーケッツはバハマに拠点があるバイナリーオプション業者であり、日本国内にも多くのユーザーを抱えています。 海外業者というだけで怪しむ方もいるのですが、利用者が多い以上は安全性も十分と考えるべきです。 ファイブスタ.

ファイブスターズマーケッツの30秒取引について解説

『バイナリーオプションなら短時間で儲けることができる』…こうした話は、ネット上にたくさんあります。 バイナリーオプション業者選びのポイント 投資というのは時間をかけて利益を重ねていくものですが、バイナリーオプションに関しては短時間での成果を主張する人も多いです。 そし.

ファイブスターズマーケッツ(five stars markets)バイナリーオプション業者選びのポイント を攻略する際に知っておく事

バイナリーオプションを始めたら、まずは攻略情報について調べる人は多いでしょう。 あるいは開始前に攻略方法を検索し、「これなら自分でも実践できそうだな…」と感じてから口座を作る人もいるでしょう。 どちらにせよ、攻略情報を知るという.

InvestorsONE(インベスターズワン)の評判 詐欺だった?

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

■Investors ONE とは ※以下サイト内の記載を引用
“Investors ONE コミュニティでは為替投資について、日々情報発信させて頂いております。企業の副業解禁が進み、インターネット上でたくさんの間違った情報や、実際には稼げない副業情報があふれている中本当に正しい情報を得て頂き自分自身の人生の為に、投資を学ぶ方の為のコミュニティを運営をしております。インターネット上で最も再現性が高いコミュニティを目指し多くの方に『楽をするための努力』を提案し続けます。また、活動していく上で得た資金は更なるサービス向上の為、皆様がより良いトレードを行なっていただく環境作りの為に使わせて頂きます。”

まあ、 この程度の運営方針を敷く投資情報サイトは他にも多数存在する ので特段興味は惹かれません。…検証開始から一向に魅力が垣間見えませんが、この先何かどんでん返しは起こるのでしょうか?

■大井竜也 バイナリーオプション業者選びのポイント
“1979年生まれ、静岡県出身。高校卒業後はアメリカへ留学。前職はZARAの店舗運営管理最高責任者として、社長から3つ下のポジションだった。留学や海外転勤などで両替をよくしていたのがきっかけだったのか、為替相場に馴染みを感じて約10年ほど前に始める。現在は専業トレーダー。”

■安藤啓
“大阪出身、育ちは兵庫県。為替歴7年。投資を始めて3ヶ月目に月収100万円を達成したことをきっかけに、当時勤めていた職場を退社。手法を開拓するためにネットで情報収集をしコンサルティングを受けるがサポートの適当さに苛立ちを感じる。被害者が多くいると感じたため、独自のサービスを立ち上げることを決意。再現性90%以上を記録。”

講師の経歴を見て感じることは、内容が薄い ということ。金融関連の資格を保有しているわけでもなく、トレードでどのくらいの実績を残しているのか具体的に記載されているわけでもありません。

自身の顔出しもしないで、ふざけたアイコン画像で誤魔化すような人間を信頼できる人間の方が少ないですね。個人的には「InvestorsONE(インベスターズワン)」も、 巷にある有象無象な連中と変わり無い ように見えます。

■ブログ
講師を名乗る大井竜也と安藤啓のどちらかが日々ランダムでブログ記事をアップしています。ブログ記事の内容は、会員が稼げるようになった報告や、稼ぐ為のマインドに関する内容がほとんど。

講師がいくら稼いでいるという実績を証拠として掲載するのが何よりユーザーの信頼を得る材料。にも拘わらず、 ひたすら講釈ばかり垂れている 様子を見ると、不信感を抱かざるを得ません。

■Twitter
講師を名乗る大井竜也と安藤啓の両名ともTwitterアカウントを保有しており、日々の雑感やトレードに関してツイートしている様子。※安藤啓のアカウントは「@b_e5f」、大井竜也のアカウントは「@Tatsuya_Oi」

ツイートしている内容はコミュニティへの入会を誘導する内容が目立っており、 投資に直接参考になる内容はほぼ見当たりません

■LINEによる無料カウンセリング
どの様にして投資を取り組むのが最適なのか、どんな情報に注意を向けなければならないのかをマンツーマンで指導してくれるとのこと。指導方法は主にLINE、更に実際にサービスを利用した会員の声を見ていると、講師と直接電話できることが分かります。

金融商品取引業の登録を受けていない業者との消費者トラブルが増加 しているようなので、それに該当する可能性もあります。利用を検討する際は慎重な判断が重要になってきそうですね。

たまに、このような有料コンテンツに関して一切明記されていないサイトがあるのですが、大抵が悪徳サイト。なぜなら、有料コンテンツを取り扱っていると 公表できない都合の悪い理由がある からです。

そして気になるのが一体どのような有料コンテンツを提供しているのか?という点。徹底的にネット検索してみたところ、とある検証サイトに実際に「InvestorsONE(インベスターズワン)バイナリーオプション業者選びのポイント 」とコンタクトをとったユーザーの体験談が掲載されていたので引用して紹介します↓

・カウンセリングは「安藤 啓」以外の若い担当者とLINE通話で行った
・リスクに対する言及が無かった
・現在どの位利益が出ているのか等、実績は一切教えてくれなかった
・コミュニティ参加費は40万円と高額だったため断った

「 リスクに対する言及無し 」「 実績非開示 」「 運営者の実態不明 」という利用を検討する余地が一切ない状況で、参加費40万円を請求するなんて正気の沙汰ではありません。

ウェブマーケティングで利益を得ようとする素人が、 詐欺師の真似ごと バイナリーオプション業者選びのポイント をしている残念な状況としか捉えられませんね。怪しさMAXです。

ドメイン情報とは別ですが、「InvestorsONE(インベスターズワン)」はSEO対策(検索エンジン最適化)として、「評判」「詐欺」とネット検索された際に上位が狙えるよう施策されていることが分かりました。

しかも通常、ホームページ上で右クリックするとソースというページ(サイト構成情報)が確認できますが、「InvestorsONE(インベスターズワン)」のホームページは 右クリックができないように設定されています

以上の検証結果をご覧いただけた通り、「InvestorsONE(バイナリーオプション業者選びのポイント バイナリーオプション業者選びのポイント インベスターズワン)」は信頼できるサイトではありませんし、むしろ、詐欺行為を目的とした 悪徳サイトの可能性が十分に疑えます

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
爆発的高騰銘柄を選別するAI!
最大株価上昇率1951.9% の衝撃。
至高の銘柄を次々に輩出! バイナリーオプション業者選びのポイント
⇒グローイングAIの記事を確認

《勝ちやすい》海外バイナリーオプションおすすめ7社を徹底比較

theoptionの入金はマジで早い。 昨日の夜出金申請したら、翌朝には入金されていた

他社と比べてもペイアウト率が絶対的に高く世間の評判も良いので、海外バイナリーオプションを始める時の第一選択肢になる業者で、海外バイナリーオプションを利用している人の中では知らない人はいないと思われるサービスです。 手数料0円で日本円の入出金が可能。出金から着金までは1銀行営業日で対応。また、正午までに入金された場合は即日対応。口座開設後のお取引時に¥5000のキャッシュバックがあり、初めての方でも安心でお得です。

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツの取引スペック

バイナリーオプション業者選びのポイント
最大ペイアウト1.9倍
最低入金額10,000円
最低出金額10,000円
最低投資単位500円
入出金手段国内銀行/クレジット/仮想通貨/bitwallet
対応取引時間30秒、60秒、2分、5分、以降一定間隔で60分まで
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨、 株式、Wowfx
デモ口座なし
取引ツールWEB・Androidアプリ
同値判定払い戻し
出金手数料1回1,000円
1取引最大100,000円

ファイブスターズマーケッツの口コミ

8/3、8/4のUSD/JPY9時台ように 9:30-9:55に上昇する日が 少なくありませんね その対策としてお勧めは ファイブスターズマーケッツです エントリー時にトレード終了時刻を 30分後まで5分刻みで選択できます turboではハイロー にはない 2分や4分turboも選択できますし 他社と使い分けると便利ですね

ファイブスターズマーケッツチャート

  • 他社にはないサービスを提供。株式のバイナリーオプション、「Wowfx」など他社では取引できないサービスを提供。仮想通貨は土日も取引可能です。
  • 業界最速の当日出金に対応。ファイブスターズマーケッツ も国内銀行入出金に対応した業者ですが、特筆すべきは対応の早さ。業界最速の当日出金対応で、その日のうちに着金を確認できます。出金に不安はありません。
  • (マイナス点)ペイアウト率が若干他社より低いのと、本人確認の提出書類が多いのがマイナスポイント。

出金対応をはじめとした対応の速さとユニークなWowFX取引など、独自の魅力の高いバイナリーオプション業者です。株式のバイナリーオプションも取引可能です。仮想通貨(暗号資産)バイナリーオプションは土日も対応可能です。WowFX取引でも仮想通貨(暗号資産)に対応しており、土日も取引可能なので、土日はファイブスターズマーケッツ を利用している人も多いと思われます。

Bi-Winning(ビーウィニング)

BIwinning(ビーウィニング)の取引スペック

バイナリーオプション業者選びのポイント
最大ペイアウト1.95倍
最低入金額5,000円
最低出金額10,000円
最低投資単位500円
入出金手段国内銀行/仮想通貨
対応取引時間30秒、60秒、2分、5分、以降一定間隔で60分まで
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨、
デモ口座あり
取引ツールWEB・Androidアプリ
同値判定払い戻し
出金手数料無料
1取引最大200,000

Bi-Winning(ビーウイニング)の口コミ

通貨ペアも多く2分や4分のトレードもできるbi winningの方がハイローオーストラリアよりもいいかも! ただデモで慣れてからじゃないと少し見づらかったりやりづらいから操作ミスするかも

バイウィニングマーケッツチャート

  • 取引可能対象が多い!。株式のバイナリーオプションも提供。暗号資産(仮想通貨)は20種類以上も取引可能。しかも土日も取引OKです。
  • 同値負けなし「アット・ザ・マネー」(買値と判定時点の値段が同一)の場合負けにならず払い戻しになるため、心理的負担が違います
  • (マイナス点)ペイアウトがもうひと頑張りほしいところ

Zentrader(ゼン・トレーダー)


Zentrader(ゼン・トレーダー)の取引スペック

バイナリーオプション業者選びのポイント
最大ペイアウト1.95倍
最低入金額5,000円
最低出金額5,000円
最低投資単位500円
入出金手段国内銀行/クレジット/仮想通貨/bitwallet
対応取引時間30秒、60秒、3分、5分、15分、30分、60分、2時間、4時間
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨
デモ口座あり(要登録)
取引ツールWEB・Androidアプリ・PCアプリ
同値判定負け
出金手数料無料
1取引最大100,000円

Zentrader(ゼン・トレーダー)の口コミ

ゼン・トレーダーは金融派生商品および外国為替のオンライン証券会社です。他に類を見ない高いペイアウトのバイナリーオプションが好評を頂いており、取引の透明性を第一に、即時の入金・最短翌日の確実な出金が自慢です

zentrader

  • 通常時取引ペイアウトが高いスプレッド取引は提供されていませんが、通常取引のペイアウトが高めに設定されています。特に1分以内のスプレッドのない通常の取引は業界トップクラスです。
  • セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証。Zentrader(ゼン・トレーダー)はセントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証のバイナリーオプションサービスです。チャットサポート提供しておりサポートも充実しています。
  • バイナリーオプション業者選びのポイント
  • (マイナス点)2019年に参入しているため、実績や口コミ情報が少ないのと、連勝すると割と簡単に口座凍結されるという報告が散見されるのがマイナスポイント

Zentrader(ゼン・トレーダー)は2019年に日本に参入を果たした比較的新しいバイナリーオプションで、ペイアウト、入出金、入出金など特に欠点がないのが大きな特徴です。口座解説+初回入金(最低5,000円)と取引10回で5,000円のボーナスがもらえるので実質無料で取引開始できます

Spectre.ai(スペクター)

スペクターアイ

  • ブローカーなしの取引環境を実現。トレーディングの世界には 如何わしいブローカーは存在せず、 バイナリーオプション業者選びのポイント バイナリーオプション業者選びのポイント 全ての取引、結果、ペイアウトをグローバルブロックチェーン上で 管理するため100パーセント明瞭でピュアな取引、不正の心配がありません。
  • 入金なしで取引可能。ウォレット口座は自分の仮想通貨ウォレットとリンクする口座で、入金なしで取引可能。取り引きに応じて自動的に引き去りや利益が入金されます。入金しないので万一業者の破綻でもお金が返らないリスクがありません。
  • (マイナス点)取引ツールは様々な取引が提供されているのですが、日本語対応されておらず、わかりずらいのがマイナスポイント。

Spectre.ai(スペクター)の取引スペック

最大ペイアウト1.9倍
最低入金額 0.10 ETH
最低出金額
最低投資単位1$
入出金手段仮想通貨/advcash
対応取引時間1秒、3秒、5秒、10秒、30秒、60秒、5分、10分
取引可能資産為替・株価指数
デモ口座あり(要登録)
取引ツールWEB、Androidアプリ
同値判定
出金手数料無料
1取引最大$1000(アイテム利用で$2000)

spectre.ai(スペクター)の口コミ

Time to switch brokers. https://t.co/nAXOGxlCS4 is an amazing alternative. I'll be using it A LOT more now.

— Jones (@Bitcoinapp1) January 28, 2021

エムトトランザクション

エムトランザクションの取引スペック

バイナリーオプション業者選びのポイント
最大ペイアウト2倍
最低入金額10,000円
最低出金額10,000円
最低投資単位200円
入出金手段国内銀行/クレジットカード
対応取引時間1分/2分/3分/4分/5分
取引可能資産為替
デモ口座なし
取引ツールWEB
同値判定払い戻し
出金手数料1回2,000円
1取引最大

エムトランザクションチャート

  • ペイアウト率が高い通常のバイナリーオプション取引でも1.9倍程度、スプレッド取引では2倍のペイアウト率を提示。スプレッド幅も0.003と他社より狭いのが特徴
  • (マイナス点)取引対象数が少ないのと出金1回あたり2,000円の出金手数料が必要。また、口座維持費用も別途必要となるので、とりあえず口座を作る人にはあまりおすすめではないのが正直なとこと。出金に関して悪い口コミが散見される

今、海外バイナリーオプションを選ぶ理由

バイナリーオプション業者選びのポイント
 

海外バイナリー業者が淘汰され、怪しい会社が減った

海外バイナリーオプションは出始めの頃は実際に悪質な業者が存在しており、出金トラブルなどの報告も出ていました。
しかしながら、詐欺業者はネット上ですぐ悪評が立つため淘汰されてゆき、現在ある程度名前が知れている業者は特にトラブルの報告もないような安全な業者ばかりになってきているため、より安心できるようになってきています。

入金・出金が国内業者並みに早くなった

一昔前は海外バイナリーオプションの入金手段はクレジットカード、出金は海外送金というのが主流でした。特に海外送金は2週間近く時間がかかる上に数千円の送金手数料がかかるため気軽に始めずらい状況にありました。しかし現在は国内金融機関を利用し、当日中に着金するスピード入出金やビットコインなどの仮想通貨での直接送金が可能になったため出金トラブルも減り、より安心な環境になってきています。

国内業者では行えない短期取引や土日取引が可能

「外為オプション」などの国内バイナリーオプションは規制により短期取引などができません。短期取引や高いペイアウトを狙おうとした場合、海外バイナリー業者を選ぶしか手段はないため、海外業者を利用する人が増加している事実があります。また、「仮想通貨バイナリーオプション」は土日も取引できるため人気が上昇中です。

海外バイナリーオプション業者比較のポイント

出金が早く、国内銀行振込対応可能な業者であること

海外バイナリーオプション取引での一番トラブルになる要素は出金対応です。そのため出金対応がしっかりしている業者を選ぶのは重要な要素です。国内銀行を利用したクイック入出金やbitwalletを使った入出金、仮想通貨による入出金など、数日以内に着金が確認できる入出金手段を提供している業者を選びましょう。

ペイアウト率が高い業者であること

ペイアウト率が低ければ50%の勝率で勝っている状況でもジリ貧に陥ります。
ペイアウト率が高い海外バイナリーオプション業者を選ぶことは勝つための第1歩です。できるだけ2倍に近い、もしくは2倍以上のペイアウト率の業者を選びましょう。

バルサラの破産比率で破産可能性を知るバルサラの破産確率とは、数学者ナウザー・バルサラさんの「マネー・マネジメント・ストラテジー・フォー・フューチャーズ・トレーダーズ(Money Management Strategies for Futures Traders)」で書かれたもので、「トレードを繰り返した結果、資金が底をつく確率」を計算したものを言います。運用資金に対する最大損失の割合によってこの表の内容が変わります。 計算が大変なので下記にバルサラの破産比率表を用意しました。 毎回軍資金の10%を投資する場合(最大損失割合.

信頼度が高く実績がある業者であること

海外バイナリーオプション業者は日本の金融庁の管轄外となるため、信頼できるかどうかは自分の目で確かめる必要があります。
実際、出金できない詐欺業者も残念ながら存在しているのは事実です。
長い間サービスを提供している業者や、ライセンス番号を持っている業者を選ぶ方がより安心です。

取引ツールが充実している業者であること

多彩な取引ができる業者であること

危険な海外バイナリーオプション業者の見分け方


CAUTION

運営者の情報が少ない

怪しい海外バイナリーオプション業者の共通点として、運営者情報の情報が少ないことが挙げられます。運営会社の所在地を含めた情報や会社登録番号、当局のライセンス番号がある場合より安心感がある業者と言えます。

やたらとボーナスの条件が良い

入金額の100%ボーナスとか記載されている業者は要注意です。大抵の場合は条件がつきます。これらの業者は、ボーナス付与額の40倍など、相当厳しい条件が利用規約に記載されており、口座開設時に利用規約に同意しているため、条件を満たすことができず結果的に出金に応じてもらえずトラブルになるケースがあります。
タチが悪い業者の場合、入金すると勝手にボーナスを付与してくる業者もあるので注意しましょう。

利用規約サンプル

口コミが悪い

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの違い

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションは同じバイナリーオプションと言えども、内容的にはかなり異なっており、別物と捉えた方が良いと思った方が良いと思います。
海外バイナリーオプションで一番人気のあるハイロードットコム(ハイローオーストラリア)と国内バイナリーオプションで一番人気のあるGMOクリック証券の外為オプションの違いを見てみましょう。


バイナリーオプション業者選びのポイント
取引時間平日24時間平日24時間
1日の取引数 制限なし 10回
1回の取引時間 30秒〜24時間 3時間
最低投資単位1,000円50〜999円
(判定時間に近くなるにつれて上昇)
最低投資時のペイアウト¥1,850〜¥2,300(取引時間・種類により変動)1,000円
取引可能資産 為替・株価指数・商品指数・仮想通貨 為替
判定方法判定時に【購入時の価格】より上か下か判定時に【選んだ基準価格】より上か下か
信託保全なし あり
利益の課税方式総合課税 申告分離課税
損益通算繰越不可能 可能
取引手数料無料無料
口座維持手数料無料無料
口座開設ボーナス あり(5,000円) なし

取引の種類や取引機会の多さは海外バイナリーオプションが有利

国内のバイナリーオプションは、1回の取引の開始時間と判定時間が決まっています。例えば外為オプションの場合、1日目の取引は8時から始まり11時に終了するので、この間に買った場合11時まで待たないと結果が出ません。対して、海外バイナリーオプションは買ったタイミングから最短30秒のカウントダウンが始まり、カウントダウン終了時に勝負が決まるのでいつでも取引ができます。国内のバイナリーオプションのように、1時間後とか、長い場合24時間後に終了するオプションもあり、取引の長さはかなり柔軟に選べます。また、取引対象も外為オプションの場合5通貨ペアだけですが、ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)の場合、為替17通貨ペアに加えて商品指数・株価指数・仮想通貨の32種類と圧倒的に取引対象が多いのも特徴的です。

ペイアウトも海外バイナリーオプションが有利

ペイアウトの考え方も国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションは全く異なります。国内バイナリーオプションは買うときの1枚あたりの価格が変動しており、勝ったときは1枚=1,000円で払い戻されます。海外バイナリーオプションの場合、買った額×ペイアウト倍率の払い戻しとなります。国内バイナリーオプションの場合、1回の取引開始直後で、目標価格がかなり現在の値段と異なる(勝つ確率が低い)場合)20倍程度の高い倍率になる場合もありますが、勝てる確率も低いので、30秒後の価格の上下を予想するだけで最大2.3倍のペイアウトがもらえるハイロードットコム(海外バイナリーオプション)の方が勝てる確率とペイアウトの比率から考えても有利と言えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる