バイナリーオプション取引

なぜ人は投信で失敗するのか

なぜ人は投信で失敗するのか

あわせて読みたい:
ウェルスナビとテオはどちらを選ぶべき?ロボアドバイザー比較のまとめ

積立投資と一括投資では、どちらが得なのか?

セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO
1963年生まれ。東京出身・明治大学商学部卒業。
1987年、現在の株式会社クレディセゾンへ入社。セゾングループの金融子会社にて債券ポートフォリオを中心に資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。その後、株式会社クレディセゾン インベストメント事業部長を経て2006年セゾン投信株式会社を設立、2007年4月代表取締役社長就任。2020年6月より現職。

積立投資のメリットは、値段が安くなったところで
通常より多くの量を仕込むことができること

しかし、定期的に同じ金額で同じものを積立投資していけば、値段が高い時は買う量を抑えられ、値段が安い時は多くの量を買うことができます

しかし、値段が上下動を繰り返しているならば、値段が安くなったところで通常よりも多くの量を仕込むことができる積立投資は、有効だと考えられます。

フェアバリューを計算できない以上、一括投資はリスクが高いだけですから、投資信託は積立投資が有効ということになります。

中野晴啓(なかの・はるひろ) なぜ人は投信で失敗するのか
セゾン投信代表取締役会長CEO
一般社団法人投資信託協会副会長、公益財団法人セゾン文化財団理事
1987年明治大学商学部卒業、クレディセゾン入社。2006年セゾン投信を設立。2020年6月より現職。つみたてで、コツコツと資産をふやす長期投資を提言。国際分散型投資信託2本を15年以上運用し、個人の長期資産形成を支えている。客観的な定量評価を行う「R&Iファンド大賞」最優秀ファンド賞を9年連続受賞。
口座開設数16万人、預かり資産5000億円を突破。
主な著書に『最新版 投資信託はこの9本から選びなさい』『投資信託はこうして買いなさい』(以上、ダイヤモンド社)他多数。

積立投資と一括投資では、どちらが得なのか?

セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO
1963年生まれ。東京出身・明治大学商学部卒業。
1987年、現在の株式会社クレディセゾンへ入社。セゾングループの金融子会社にて債券ポートフォリオを中心に資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。その後、株式会社クレディセゾン インベストメント事業部長を経て2006年セゾン投信株式会社を設立、2007年4月代表取締役社長就任。2020年6月より現職。

積立投資のメリットは、値段が安くなったところで
通常より多くの量を仕込むことができること

しかし、定期的に同じ金額で同じものを積立投資していけば、値段が高い時は買う量を抑えられ、値段が安い時は多くの量を買うことができます

しかし、値段が上下動を繰り返しているならば、値段が安くなったところで通常よりも多くの量を仕込むことができる積立投資は、有効だと考えられます。

フェアバリューを計算できない以上、一括投資はリスクが高いだけですから、投資信託は積立投資が有効ということになります。

中野晴啓(なかの・はるひろ)
セゾン投信代表取締役会長CEO
一般社団法人投資信託協会副会長、公益財団法人セゾン文化財団理事
1987年明治大学商学部卒業、クレディセゾン入社。2006年セゾン投信を設立。2020年6月より現職。つみたてで、コツコツと資産をふやす長期投資を提言。国際分散型投資信託2本を15年以上運用し、個人の長期資産形成を支えている。客観的な定量評価を行う「R&Iファンド大賞」最優秀ファンド賞を9年連続受賞。
口座開設数16万人、預かり資産5000億円を突破。
主な著書に『最新版 なぜ人は投信で失敗するのか 投資信託はこの9本から選びなさい』『投資信託はこうして買いなさい』(以上、ダイヤモンド社)他多数。

【やらなきゃ損】含み損の投信ホルダーが今すべきことTOP3

出所:アライアンスバーンスタイン

出所:アライアンスバーンのデータを元にかわ吉作成

出所:三井住友DSアセットマネジメント

出所:三井住友DSアセットマネジメントのデータを元にかわ吉作成

先ほどの、アライアンスバーンスタイン米国成長株投信と比較すると、より金利敏感株の比率が高いですね。これが何を意味するかというと金利上昇局面での下落率は、 『グローバルAIファンド>アライアンスバーンスタイン米国成長株』 になる可能性が高いということです。

出所:モーニングスター

出所:三菱UFJ国際投信

出所:三菱UFJ国際投信のデータを元にかわ吉作成

出所:モーニングスター

②現在地とPFの守備範囲を確認

①で保有しているファンドの中身を精査した後にやってほしいのが 『現在地の確認とファンドの守備範囲の照合』 です。

毎月分配型の米国リート投信は良くないのか?

「やはり減配か」

顧客の元本を取り崩す場合も多い毎月分配型の投信は、金融庁の目指す安定的な資産形成にそぐわないとの意思表示だ。

金融庁の姿勢を待つまでもなく、毎月分配型投信は曲がり角にある。

「やはり減配か」。仕事始めから間もない今月5日。アセットマネジメントOneは「新光US―REITオープン」の分配金を約4年ぶりに減らすと発表した。純資産残高が約1兆5000億円規模と国内2位の投信の決定に業界で驚く関係者はいなかった。

背景にあるのが運用難だ。米長期金利上昇で借り入れコストが高まると、不動産投資信託(REIT)の収益は圧迫される。米REIT指数は昨年11月、8カ月ぶりの安値をつけた。運用収益が目減りすれば、元本の一部を取り崩して分配金に回す手法は行き詰まる。国内最大級の残高を持つフィデリティ投信の「フィデリティ・USリート・ファンドB」が分配金引き下げを決めたのは、昨年11月だった。

毎月分配型投信の残高上位に並ぶのは、米国など海外のREITで運用するタイプだ。

人気の要因は元本の取り崩しを含む見た目の利回りだ。分配金を、基準価額と呼ぶ投信の価格で割った利回りが年率20%超のものも多い。超低金利下で売れ筋の乏しい証券会社や銀行にとって、海外REIT型は安定した手数料収入が期待できる「最後のとりで」(楽天証券経済研究所の篠田尚子氏)だった。

「とりで」は崩れようとしている。投資信託協会は17日、昨年12月に海外REIT型(国内外含む)から1686億円の資金が流出したと発表。流出規模は2年1カ月ぶりの大きさだった。

16年は海外REIT型を筆頭に毎月分配型の3分の1が減配し、販売現場は説明に追われる。大和証券の川根浩志投資信託サポート部副部長は「適正な分配金水準が望ましい一方で、毎月分配への顧客ニーズは依然強い」と板挟みに悩む。

「分配金として元本の一部が払い戻されることもあると理解している人は37%」。金融庁が昨年の金融審議会で示した資料には、こんな数字が載った。ある金融庁幹部は「半分以上の顧客は元本を食いつぶしていると知らずに購入しており、大いに問題だ」と話す。

取り崩し構わず

株式投信の分配金総額は年間5兆円規模。日本の投信残高が90兆円台で伸び悩む一因は分配金の多さにあり、これが金融庁のいら立ちを招く。

一方、「元本から取り崩していると説明しても、高分配を好む年配の顧客は多い」(東海東京証券の古田英彰商品企画部長)という。毎月分配型を持つ個人の多くは高齢者で、年金制度への不安を抱える層と重なる。

毎月分配の投信を保有する安井孝子さん(84)は「2カ月に1度の年金と違って毎月の生活費の足しになるので重宝してきた」と話す。

世界のREITを中心に運用するスイスのヘッジファンド、B&Iキャピタル。同社のクリスチャン・ベルナスコーニ氏は「運用益がないのに高分配を続けるのは理解できない」と、日本の投信市場の「ガラパゴス」ぶりに驚く。同氏が日本の個人マネー動向を注視するのは、各国のREIT市場に与える影響がそれだけ大きいためだ。

バブル崩壊後に長引いた株価低迷や超低金利、将来不安による生活防衛、高齢者への資産の偏在――。毎月分配型投信が日本でブームになった背景には根深い問題が潜む。「ポスト分配金」時代に資産形成の中核となる投信はまだみえない。

日経新聞記事の内容まとめ

  • 金融庁は元本を取り崩して分配金利回りを高めている毎月分配型投信を問題視
  • 金利上昇などの影響もあり、米国REIT指数は昨年11月、8ヵ月ぶりの安値をつけた
  • 運用難により、投資信託の運用残高で国内1位、2位であるフィデリティ・USリート・ファンド、新光US―REITオープン(ゼウス)が分配金を引き下げ
  • 2016年12月は海外REIT型から約2年ぶりとなる1686億円の資金流出
  • 分配金の中に元本部分が含まれていることを知らないケースも多くこれは問題であるが、一方、年金感覚で高い分配金を受け取りたいニーズも高い

毎月分配は是正すべきか

上記の日経新聞記事にあるように 年金感覚で受け取りたいというニーズ もそれなりにあるようですので、一部元本の切り崩しであることを理解していただければ問題ないと思います。

ETFと投資信託の違い、信託報酬はなぜ安いのか?メリット・デメリット

ETFと投資信託の違い


あわせて読みたい:
ウェルスナビとテオはどちらを選ぶべき?ロボアドバイザー比較のまとめ

ファイナンス


あわせて読みたい:
ロボアドバイザー選び方入門、つみたてNISAとiDeCoでロボアドを使うには?

こちらの記事もおすすめです

ETFと投資信託の違い、信託報酬はなぜ安いのか?メリット・デメリット

ETFと投資信託の違い、信託報酬はなぜ安いのか?メリット・デメリット

ETFと投資信託の違い、信託報酬はなぜ安いのか?メリット・デメリット

この記事の執筆者

川原裕也 執筆者の詳細プロフィール 右も左もわからない状態で株式投資をはじめ、10年以上が経ちました。その間に、引きこもりになったり、会社を設立したり、いろいろなことがありました。「いい人」がたくさんいる世界の実現が目標です。「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」 - アインシュタイン 姉妹サイト「今日の経営」でも記事を書いています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる